おめでとう ござい ます microsoft アカウント は 待機 中 です。 おめでとうございます microsoft アカウントは待機中です メールは詐欺?

おめでとうございます microsoft アカウントは待機中です メールは詐欺?

おめでとう ござい ます microsoft アカウント は 待機 中 です

こんにちはホワイト目指して勉強中のセキュヒロです。 email engage.. com からのメールは詐欺? 先日、 以下のメールを受信しました。 実に怪しい。。。 典型的な詐欺の手口にしか見えない。。。 結論 安心してください。 今回のは、どちらも同じ「engage.. com」になっており信頼できると判断できそうです。 上側にある情報のほうが受け取り側に近く、下側の情報が送信側に近くなります。 今回の例で言うと、10. 152. 238というからメールが送信されたことを示していますが、これはLANで使用されているプライベートなので、その次のを確認します。 以上より送信元は、13. 111. 229となります。 111. 111. engage..

次の

「同期を待機中」から進みません。

おめでとう ござい ます microsoft アカウント は 待機 中 です

このチュートリアルでは、Azure Active Directory Azure AD でユーザーアカウントが変更されたときに通知 webhooks を使用してクエリを実行し、ユーザーにすべての変更を反映するためにデルタクエリ API を使用してクエリを実行する. NET コアアプリを構築する方法について説明します。 最後のクエリが実行されてからのアカウント。 This tutorial teaches you how to build a. NET Core app that uses the Microsoft Graph API to receive notifications webhooks when a user account changes in Azure Active Directory Azure AD and perform queries using the delta query API to receive all changes to user accounts since the last query was made. ヒント 完成したチュートリアルをダウンロードするだけで済む場合は、 をダウンロードするか、クローンを作成できます。 If you prefer to just download the completed tutorial, you can download or clone the. 前提条件 Prerequisites このチュートリアルを開始する前に、開発用コンピューターにとをインストールしておく必要があります。 Before you start this tutorial, you should have and installed on your development machine. 注意 このチュートリアルは、. NET コアバージョン2. 2 で記述されています。 This tutorial was written with. NET Core version 2. このガイドの手順は、他のバージョンでは動作しますが、テストされていません。 The steps in this guide may work with other versions, but that has not been tested. チュートリアルを見る Watch the tutorial このモジュールは、Office 開発 YouTube チャネルで記録されており、利用できます。 This module has been recorded and is available in the Office Development YouTube channel. ポータルでアプリを登録する• 残り 51 分 この演習では、Azure Active Directory 管理センターを使用して、新しい Azure AD web アプリケーション登録を作成し、必要なアクセス許可スコープに対して管理者の同意を付与します。 In this exercise, you will create a new Azure AD web application registration using the Azure Active Directory admin center and grant administrator consent to the required permission scopes. ブラウザーを開き、 に移動します。 Open a browser and navigate to the. 職場または学校のアカウントを使用してログインします。 Login using a Work or School Account. 左側のナビゲーションで [ Azure Active Directory ] を選択し、[ 管理] の下にある [ アプリの登録] を選択します。 Select Azure Active Directory in the left-hand navigation, then select App registrations under Manage. [新規登録] を選択します。 Select New registration. [ アプリケーションの登録] ページ On the Register an application page 値を次のように設定します。 Set the values as follows:• Name: graphnotificationtutorial Name: GraphNotificationTutorial• サポートされているアカウントの種類: 任意の組織ディレクトリ内のアカウントと個人の Microsoft アカウント Supported account types: Accounts in any organizational directory and personal Microsoft accounts• Select Register. Graphnotificationtutorialページで、 アプリケーション クライアント idと ディレクトリ テナント idの値をコピーします。 保存するには、次の手順を実行する必要があります。 On the GraphNotificationTutorial page, copy the value of the Application client ID and Directory tenant ID save it, you will need them in the next step. [ 新しいクライアントシークレット] を選択します。 Select New client secret. [ 説明] に値を入力して、[ 有効期限] のオプションの1つを選択し、[ 追加] を選択します。 Enter a value in Description and select one of the options for Expires and select Add. クライアント シークレットの値をコピーしてから、このページから移動します。 Copy the client secret value before you leave this page. 次の手順で行います。 You will need it in the next step. 重要 このクライアント シークレットは今後表示されないため、今必ずコピーするようにしてください。 This client secret is never shown again, so make sure you copy it now. [ アクセス許可の追加] を選択し、[ Microsoft Graph] を選択します。 Select Add a permission and select Microsoft Graph. [ アプリケーションのアクセス許可] を選択し、 ユーザーグループを展開して、[ すべてのスコープ] を選択します。 Select Application Permission, expand the User group and select User. ReadWrite. All scope. [ アクセス許可の追加] を選択して変更を保存します。 Select Add permissions to save your changes. アプリケーションは、 ユーザーのすべてのスコープでアプリケーションのアクセス許可を要求します。 The application requests an application permission with the User. ReadWrite. All scope. このアクセス許可には、管理者の同意が必要です。 This permission requires administrative consent. [ Contoso に対する管理者の同意を付与する] を選択し、[ はい] を選択して、このアプリケーションに同意し、指定した範囲を使用してテナントへのアプリケーションアクセス権を付与します。 Select Grant admin consent for Contoso, then select Yes to consent this application and grant the application access to your tenant using the scopes you specified. Ngrok を実行してローカルホストの URL を作成する• 残り 48 分 開発用コンピューターで実行しているアプリケーションに通知を送信するために Microsoft Graph を使用するには、ngrok などのツールを使用して、インターネットから開発マシンへの呼び出しをトンネリングする必要があります。 In order for the Microsoft Graph to send notifications to your application running on your development machine you need to use a tool such as ngrok to tunnel calls from the internet to your development machine. Ngrok では、ファイアウォール規則を作成することなく、インターネットからの呼び出しをローカルで実行しているアプリケーションに転送できます。 Ngrok allows calls from the internet to be directed to your application running locally without needing to create firewall rules. 続行する前に、開発用のコンピューターにがインストールされている必要があります。 Before you continue you should have installed on your development machine. Ngrok がない場合は、「以前のリンク」にアクセスして、ダウンロードのオプションと手順を参照してください。 If you do not have ngrok, visit the previous link for download options and instructions. コマンドラインから次を実行して、ngrok を実行します。 Run ngrok by executing the following from the command line: ngrok http 5000 これは ngrok を開始し、外部 ngrok url からの要求をポート5000の開発用コンピューターにトンネルします。 This will start ngrok and will tunnel requests from an external ngrok url to your development machine on port 5000. Https 転送アドレスをコピーします。 Copy the https forwarding address. ngrok. ioのようになります。 ngrok. 後で必要になります。 You will need this later. 重要 Ngrok を再起動するたびに、新しいアドレスが生成され、再度コピーする必要があります。 Each time ngrok is restarted a new address will be generated and you will need to copy it again. ngrok by inconshreveable Session Status online Account???? Plan: Free Version 2. ngrok. ngrok. 00 0. 00 0. 00 0. NET Core WebAPI アプリを作成する• 残り 45 分 コマンドプロンプトを開き、プロジェクトを作成する権限があるディレクトリに移動し、次のコマンドを実行して新しい. NET Core 「Microsoft. aspnet. webapi. tracing」アプリを作成します。 Open your command prompt, navigate to a directory where you have rights to create your project, and run the following command to create a new. NET Core WebApi app: dotnet new webapi -o msgraphapp アプリケーションを作成した後、次のコマンドを実行して、新しいプロジェクトが正常に実行されるようにします。 After creating the application, run the following commands to ensure your new project runs correctly. cd msgraphapp dotnet add package Microsoft. Identity. Client dotnet add package Microsoft. Graph dotnet run アプリケーションが起動し、次の内容が出力されます。 The application will start and output the following: info: Microsoft. AspNetCore. DataProtection. KeyManagement. XmlKeyManager[0]... info: Microsoft. AspNetCore. DataProtection. KeyManagement. XmlKeyManager[58]... warn: Microsoft. AspNetCore. DataProtection. KeyManagement. XmlKeyManager[35]... info: Microsoft. AspNetCore. DataProtection. Repositories. FileSystemXmlRepository[39]... 次のコマンドを使用して、Visual Studio Code でアプリケーションを開きます。 Open the application in Visual Studio Code using the following command: code. プロジェクトに必要なアセットを追加するかどうかを確認するダイアログボックスが Visual Studio code に表示された場合は、[ はい] を選択します。 If Visual Studio code displays a dialog box asking if you want to add required assets to the project, select Yes. Webhook を実装する• 残り 40 分 Startup. csファイルを開き、次の行をコメントにして ssl リダイレクトを無効にします。 Open the Startup. cs file and comment out the following line to disable ssl redirection. UseHttpsRedirection ; モデルクラスを追加する Add model classes アプリケーションは、Microsoft Graph との間でのメッセージのシリアル化 de に対して、いくつかの新しいモデルクラスを使用します。 プロジェクトファイルツリーを右クリックし、[ 新しいフォルダー] を選択します。 Right-click in the project file tree and select New Folder. モデル名 Name it Models [ モデル] フォルダーを右クリックして、3つの新しいファイルを追加します。 Right-click the Models folder and add three new files:• Notification. cs Notification. ResourceData. cs ResourceData. MyConfig. cs MyConfig. cs Notification. csの内容を次のように置き換えます。 Replace the contents of Notification. cs with the following: using Newtonsoft. Json; using System; namespace msgraphapp. Compare the value received with the notification to the value you sent with the subscription request. For example, a message uses the format.. csの内容を次のように置き換えます。 Replace the contents of ResourceData. cs with the following: using Newtonsoft. Json; namespace msgraphapp. This is the same value as the resource property. Graph. Message", " Microsoft. Graph. Event", or " Microsoft. Graph. Contact". csの内容を次のように置き換えます。 Replace the contents of MyConfig. csファイルを開きます。 Open the Startup. cs file. AddMvc. SetCompatibilityVersion CompatibilityVersion. Bind "MyConfig", config ; services. Open the appsettings. json file and replace the content the following. Replace the following variables with the values you copied earlier:• 以前にコピーした https ngrok url に設定する必要があります。 should be set to the https ngrok url you copied earlier. Office 365 テナント id である必要があります。 例: contoso. onmicrosoft. com。 should be your Office 365 tenant id, for example: contoso. onmicrosoft. com. 、 アプリケーション登録の作成時に前にコピーしたアプリケーション id とシークレットである必要があります。 and should be the application id and secret you copied earlier when you created the application registration. 通知コントローラーの追加 Add notification controller アプリケーションには、サブスクリプションと通知を処理するための新しいコントローラーが必要です。 The application requires a new controller to process the subscription and notification. Controllersフォルダーを右クリックし、[ 新しいファイル] を選択して、コントローラーに NotificationsController. csという名前を指定します。 Right-click the Controllers folder, select New File, and name the controller NotificationsController. NotificationController. csの内容を次のコードに置き換えます。 Replace the contents of NotificationController. cs with the following code: using System; using System. Collections. Generic; using System. IO; using System. Linq; using System. Net. Http; using System. Threading. Tasks; using Microsoft. AspNetCore. Mvc; using msgraphapp. Models; using Newtonsoft. Json; using System. Net; using System. Net. Http. Formatting; using System. Threading; using Microsoft. Graph; using Microsoft. Identity. Client; using System. Net. Http. Headers; namespace msgraphapp. Graph. Subscription ; sub. UtcNow. AddMinutes 5 ; sub. Subscriptions. Request. AddAsync sub. string. ReadToEnd ; Console. DeserializeObject content ; foreach var notification in notifications. ResourceData?. Result; requestMessage. Headers. Create config. AppId. WithClientSecret config. AppSecret. microsoftonline. microsoft. AcquireTokenForClient scopes. ExecuteAsync ; return result. Save all files. 通知を受信する• 残り 25 分 Visual Studio Code でアプリケーションをデバッグするための起動構成を作成します。 Create a launch configuration to debug the application in Visual Studio Code. 環境の選択を求めるメッセージが表示されたら、[. Net Core] を選択します。 When prompted to select an environment, select. NET Core. 注意 既定では、. NET コア起動構成はブラウザーを開き、デバッガーを起動するときにアプリケーションの既定の URL に移動します。 By default, the. NET Core launch configuration will open a browser and navigate to the default URL for the application when launching the debugger. このアプリケーションでは、代わりに NGrok URL に移動します。 For this application, we instead want to navigate to the NGrok URL. 起動構成をそのままにしておくと、アプリケーションをデバッグするたびに、破損したページが表示されます。 If you leave the launch configuration as is, each time you debug the application it will display a broken page. URL のみを変更するか、起動構成を変更してブラウザーを起動しないようにすることができます。 You can just change the URL, or change the launch configuration to not launch the browser: Visual Studio デバッガーの起動構成を更新します。 Update the Visual Studio debugger launch configuration:• Visual Studio Code で、ファイル. In Visual Studio Code, open the file. json. 既定の構成で、次のセクションを見つけます。 enabledプロパティをに false設定します。 Set the enabled property to false. 変更内容を保存します。 Save your changes. アプリケーションをテストします。 VS コードによって、アプリケーションが構築され、星形になります。 VS Code will build and star the application. デバッグコンソールウィンドウに次のように表示されます。 Once you see the following in the Debug Console window... 成功した場合は、次のようなサブスクリプション id を含む出力が表示されます。 If successful you will see output that includes a subscription id like the one below: アプリケーションは、Office 365 テナントのユーザーに更新が行われたときに Microsoft Graph から通知を受信するようにサブスクライブされました。 Your application is now subscribed to receive notifications from the Microsoft Graph when an update is made on any users in the Office 365 tenant. 通知をトリガーします。 Trigger a notification:• ブラウザーを開き、 に移動します。 Open a browser and navigate to the. ログインするように求められた場合は、管理者アカウントを使用してサインインします。 If prompted to login, sign-in using an admin account. アクティブなユーザーを選択し、 連絡先情報として [ 編集] を選択します。 Select an active user and select Edit for their Contact information. 電話番号の値を新しい番号で更新し、[ 保存] を選択します。 Update the Phone number value with a new number and Select Save. Visual Studio Code デバッグコンソールに、通知が受信されたことが表示されます。 In the Visual Studio Code Debug Console, you will see a notification has been received. 場合によっては、到着までに数分かかる場合があります。 Sometimes this may take a few minutes to arrive. 出力の例を次に示します。 This indicates the application successfully received the notification from the Microsoft Graph for the user specified in the output. その後、この情報を使用して、ユーザーの詳細をアプリケーションに同期する場合に、Microsoft Graph についての詳細情報を検索することができます。 You can then use this information to query the Microsoft Graph for the users full details if you want to synchronize their details into your application. 通知サブスクリプションを管理する• 残り 20 分 通知のサブスクリプションの有効期限が切れ、定期的に更新する必要がある。 Subscriptions for notifications expire and need to be renewed periodically. 次の手順では、通知を更新する方法について説明します。 The following steps will demonstrate how to renew notifications NotificationsController. cs file NotificationsControllerクラスに次の2つのメンバー宣言を追加します。 Add the following new methods. これらは、サブスクリプションの有効期限が切れているかどうかを確認するために15秒ごとに実行されるバックグラウンドタイマーを実装します。 These will implement a background timer that will run every 15 seconds to check if subscriptions have expired. その場合は、更新されます。 If they have, they will be renewed. Now. ToString "h:mm:ss. Value. Graph. Subscription ; sub. UtcNow. AddMinutes 5 ; sub. Subscriptions. Request. AddAsync sub. Result; Subscriptions[newSubscription. Add the following statement after the existing using statements at the top of the file: using System. Threading; 変更内容をテストします。 これにより、新しいサブスクリプションが登録されます。 This will register a new subscription. Visual Studio Code デバッグコンソールウィンドウで、約15秒ごとに、サブスクリプションの有効期限を確認するタイマーに注目してください。 In the Visual Studio Code Debug Console window, approximately every 15 seconds, notice the timer checking the subscription for expiration: Checking subscriptions 12:32:51. 882 Current subscription count 1 数分待ってから、サブスクリプションの更新が必要になったときに次のように表示されます。 This indicates that the subscription was renewed and shows the new expiry time. 変更のクエリ• 残り 10 分 変更のクエリ Query for changes Microsoft Graph では、最後に呼び出した後に、特定のリソースに対する変更を照会することができます。 Microsoft Graph offers the ability to query for changes to a particular resource since you last called it. このオプションを変更通知と組み合わせて使用すると、リソースへの変更を見逃さないようにするための堅牢なパターンが有効になります。 Using this option, combined with Change Notifications, enables a robust pattern for ensuring you don't miss any changes to the resources. 次のコントローラーを見つけて開きます。 次のコードを既存 NotificationsControllerのクラスに追加します。 Add the following code to the existing NotificationsController class. このコードには、新しいメソッド CheckForUpdates が含まれています。 これにより、デルタ url を使用して Microsoft Graph を呼び出し、 deltalink結果の最後のページで新しい結果が見つかるまで、結果をページングします。 This code includes a new method, CheckForUpdates , that will call the Microsoft Graph using the delta url and then pages through the results until it finds a new deltalink on the final page of results. 別の通知がトリガーされたときに、コードが再度通知されるまで、その url をメモリに格納します。 It stores the url in memory until the code is notified again when another notification is triggered. while users. NextPageRequest! NextPageRequest. GetAsync. AdditionalData. TryGetValue " odata. Users. Delta. Request. GetAsync. InitializeNextPageRequest graphClient, deltaLink. NextPageRequest. GetAsync. string. ReadToEnd ; Console. DeserializeObject content ; foreach var notification in notifications. ResourceData?. The Post method will now call CheckForUpdates when a notification is received. メソッドの Post下に、次の2つの新しいメソッドを追加します。 Below the Post method add the following two new methods: すべてのファイルを 保存します。 Save all files. 変更内容をテストします。 これにより、新しいサブスクリプションが登録されます。 This will register a new subscription. ブラウザーを開き、 に移動します。 Open a browser and navigate to the. ログインするように求められた場合は、管理者アカウントを使用してサインインします。 If prompted to login, sign-in using an admin account. アクティブなユーザーを選択し、 連絡先情報として [ 編集] を選択します。 Select an active user and select Edit for their Contact information. 新しい番号を使用して 携帯電話の値を更新し、[ 保存] を選択します。 Update the Mobile phone value with a new number and Select Save. Visual Studio Code デバッグコンソールに示されているように、通知が受信されるまで待機します。 The application will now initiate a delta query with the graph to get all the users and log out some of their details to the console output. User: 19e429d2-541a-4e0b-9873-6dff9f48fabe, Allan Deyoung User: 05501e79-f527-4913-aabf-e535646d7ffa, Christie Cline User: fecac4be-76e7-48ec-99df-df745854aa9c, Debra Berger User: 4095c5c4-b960-43b9-ba53-ef806d169f3e, Diego Siciliani User: b1246157-482f-420c-992c-fc26cbff74a5, Emily Braun User: c2b510b7-1f76-4f75-a9c1-b3176b68d7ca, Enrico Cattaneo User: 6ec9bd4b-fc6a-4653-a291-70d3809f2610, Grady Archie User: b6924afe-cb7f-45a3-a904-c9d5d56e06ea, Henrietta Mueller User: 0ee8d076-4f13-4e1a-a961-eac2b29c0ef6, Irvin Sayers User: 31f66f05-ac9b-4723-9b5d-8f381f5a6e25, Isaiah Langer User: 7ee95e20-247d-43ef-b368-d19d96550c81, Johanna Lorenz User: b2fa93ac-19a0-499b-b1b6-afa76c44a301, Joni Sherman User: 01db13c5-74fc-470a-8e45-d6d736f8a35b, Jordan Miller User: fb0b8363-4126-4c34-8185-c998ff697a60, Lee Gu User: ee75e249-a4c1-487b-a03a-5a170c2aa33f, Lidia Holloway User: 5449bd61-cc63-40b9-b0a8-e83720eeefba, Lynne Robbins User: 7ce295c3-25fa-4d79-8122-9a87d15e2438, Miriam Graham User: 737fe0a7-0b67-47dc-b7a6-9cfc07870705, Nestor Wilke User: a1572b58-35cd-41a0-804a-732bd978df3e, Patti Fernandez User: 7275e1c4-5698-446c-8d1d-fa8b0503c78a, Pradeep Gupta User: 96ab25eb-6b69-4481-9d28-7b01cf367170, Megan Bowen User: 846327fa-e6d6-4a82-89ad-5fd313bff0cc, Alex Wilber User: 200e4c7a-b778-436c-8690-7a6398e5fe6e, MOD Administrator User: 7a7fded6-0269-42c2-a0be-512d58da4463, Adele Vance User: 752f0102-90f2-4b8d-ae98-79dee995e35e, Removed? :deleted User: 4887248a-6b48-4ba5-bdd5-fed89d8ea6a0, Removed? :deleted User: e538b2d5-6481-4a90-a20a-21ad55ce4c1d, Removed? :deleted User: bc5994d9-4404-4a14-8fb0-46b8dccca0ad, Removed? :deleted User: d4e3a3e0-72e9-41a6-9538-c23e10a16122, Removed? :deleted Got deltalink Microsoft 365 管理ポータルで、ユーザーの編集と再 保存のプロセスを繰り返します。 In the Microsoft 365 Admin Portal, repeat the process of editing a user and Save again. アプリケーションは別の通知を受信し、最後に受信したデルタリンクを使用して、再びグラフを照会します。 The application will receive another notification and will query the graph again using the last delta link it received. ただし、今回は、変更されたユーザーのみが結果で返されることに注意してください。 However, this time you will notice that only the modified user was returned in the results. User: 7a7fded6-0269-42c2-a0be-512d58da4463, Adele Vance このような通知とデルタクエリの組み合わせを使用することで、リソースに対する更新を見落としないことが保証されます。 Using this combination of notifications with delta query you can be assured you wont miss any updates to a resource. 一時的な接続の問題により通知が失われることがありますが、アプリケーションが次回通知を受け取ると、最後に成功したクエリ以降のすべての変更が取得されます。 Notifications may be missed due to transient connection issues, however the next time your application gets a notification it will pick up all the changes since the last successful query. おめでとうございます。 You've completed the Microsoft Graph — Change Notifications and Track Changes tutorial. これで、Microsoft Graph を呼び出す作業アプリが完成しましたので、新しい機能を試して追加することができます。 Now that you have a working app that calls Microsoft Graph, you can experiment and add new features. Microsoft graphにアクセスして、microsoft graph でアクセスできるすべてのデータを表示します。 Visit the to see all of the data you can access with Microsoft Graph. フィードバック Feedback このチュートリアルに関するフィードバックは、 に記入してください。 Please provide any feedback on this tutorial in the.

次の

迷惑メール? その2

おめでとう ござい ます microsoft アカウント は 待機 中 です

こんにちはホワイト目指して勉強中のセキュヒロです。 email engage.. com からのメールは詐欺? 先日、 以下のメールを受信しました。 実に怪しい。。。 典型的な詐欺の手口にしか見えない。。。 結論 安心してください。 今回のは、どちらも同じ「engage.. com」になっており信頼できると判断できそうです。 上側にある情報のほうが受け取り側に近く、下側の情報が送信側に近くなります。 今回の例で言うと、10. 152. 238というからメールが送信されたことを示していますが、これはLANで使用されているプライベートなので、その次のを確認します。 以上より送信元は、13. 111. 229となります。 111. 111. engage..

次の