うさぎ ドロップ 映画 監督。 『うさぎドロップ』大阪舞台挨拶で芦田愛菜に松ケンも観客もメロメロ!

うさぎドロップ

うさぎ ドロップ 映画 監督

ネタバレ! クリックして本文を読む この映画の第一印象、 綾部?!(笑) 綾部と成宮くん出てるくらいだから 結構前のやつだよね?? ヤンキーの喧嘩で友情が生まれる 物語になってるけど、 ヒロシと達也が喧嘩してヒロシがボコられた時に ヒロシパシられるのかと思ったら、 「ご飯でも行こうぜ」 こっから男の友情が始まったんだなー。 段々ヒロシもガチのヤンキーに染まっていって 最後、お姉ちゃん殴ったり ひでにも酷いこと言っちゃって、 でもヒデもユカもちゃんと許してるんだよね。 若干大二郎と華ちゃん思い出したわ。 達也がみゆきに酷い振り方して 可哀想だなって思ったけど、 みゆきはヒロシの事速攻振ってるし(笑) 鼻くそ拭いたシーンは笑ったわ(笑) コメディだけどヒデ最後死んじゃったしね。 なんかどこにでもあるような話だったから 涙は出なかったけど、 いい話だったなー。 この映画は友情の大切さを学べたな。 喧嘩から生まれる友情ね。 あと家族の大切さもね。 「ドクター・ドリトル」 C 2019 Universal Pictures. All Rights Reserved. 「ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷」 C 2018 Danger House Holding Co. , LLC. All rights reserved. 「ANNA アナ」 C 2019 SUMMIT ENTERTAINMENT,LLC. ALL RIGHTS RESERVED. 「ハリエット」 C 2019 Focus Features LLC.

次の

うさぎドロップ : 作品情報

うさぎ ドロップ 映画 監督

松山ケンイチもSABU監督も芦田愛菜にぞっこん!? 『うさぎドロップ』松山ケンイチ&芦田愛菜ら舞台挨拶レポート 人気同名コミックを松山ケンイチ&芦田愛菜共演で映画化した『うさぎドロップ』が8月20日 土 より大阪ステーションシティシネマほかにて公開される。 ひょんなことから共同生活することになった28歳の独身男・ダイキチとその祖父の隠し子である6歳の少女・りんの日常を描く心温まる人間ドラマだ。 天才子役・芦田愛菜のキュートな笑顔と松ケンのイクメンぶりに注目にしてほしい本作の公開に先立ち、主演の松山ケンイチとりんを演じた芦田愛菜、SABU監督が来阪し、舞台挨拶を行った。 3人が登場する前からざわざわと期待度に満ちている会場に3人が登場するや、特に芦田は西宮出身ながら関西での舞台挨拶は初めてということもあり、会場には芦田への「可愛い~」という声が溢れかえっていた。 そんな中登場した3人に、それぞれの印象や作品についての思いを聞いた。 松山:僕は子どもがいるわけじゃないし、小さい子と生活するのも初めての体験だったんですが、本当に愛菜ちゃんが可愛くて、ずっと癒されてました 笑。 撮影の苦労は全然なくて、撮影の合間もずっと愛菜ちゃんと一緒に遊んでいて。 遊んでる延長線上にお芝居がある感じで、楽しい思い出しかないんですよ。 完成した作品を観た時も、自分と愛菜ちゃんの思い出アルバムを見ているような気持ちになりました 笑。 監督が僕と愛菜ちゃんが遊んでいるところを切り取ってくれたんだと思います。 芦田: 松山さんは 優しくて、休み時間もずっと一緒に遊んでくれて、すごく楽しかったです。 監督:松山くんは、弱みがないというか、要は嘘をつかないまっすぐな人でそこがいいと思いました。 役柄のダイキチについては、ほとんど丸投げでしたし 笑。 愛菜ちゃんは、とにかく可愛いんですが、繊細なお芝居もできますし、柔軟で身体は小さいけど大きい芝居もできるすごい女優さんです。 芦田:そんなことないです。 はにかみながら「そんなことないです。 」と話す芦田の姿に、松山と監督がメロメロになってしまう芦田の可愛さの片鱗が伺えるように、撮影中はふたりとも芦田に癒されていたようだ。 そして、松山と芦田に印象的なシーンについて聞いてみるとー 松山:全部楽しかったし、観ていただければ温かい気持ちになれるシーンがたくさんあると思います。 芦田:一番楽しかったのはお遊戯会のシーンです。 みんなで可愛い衣装を着たりお遊戯の練習をしたりして、みんなでダンスを踊ったのが楽しかったです 笑。 と、松山と芦田が見どころについて語っていくと、観客の期待度も増していたよう。 そんな盛り上がりも増す中、最後にそれぞれに作品へのメッセージを語ってもらった。 松山:すごく温かい作品で、人と人の繋がりをテーマにしていて、その繋がりの中にはたくさんの愛がつまっていて、たくさんの繋がりの中で生きていることを実感できる作品になっています。 ダイキチの男らしいカッコよさにも注目して観てください。 芦田:今日は来てくれてほんまにありがとう。 『うさぎドロップ』はめっちゃ可愛い映画になりました。 みんな楽しんで観てや~。 監督:松山くんや愛菜ちゃんをはじめ、俳優さんたちがすごくいいんです。 まぁ、俺の演出がもっといいんですけど 笑。 愛に満ち溢れた映画ですので、楽しんで観てください。 芦田の関西弁での最後の挨拶に、観客もメロメロの様子で、この日一番の拍手が送られていた。 そして、最後に劇中で芦田演じるりんの持っているぬいぐるみであるロップイヤーの着ぐるみが登場すると、芦田のテンションは最高潮に。 芦田は最後にはダンスまで披露、観客から惜しみない拍手を送られる中、3人は退場していった。 出演者や監督をはじめ、たくさんの人を虜にする、そんな芦田の可愛さや演技力が際立つ感動のハートフル・ドラマです! (2011年8月16日更新).

次の

うさぎドロップ : 作品情報

うさぎ ドロップ 映画 監督

松山ケンイチもSABU監督も芦田愛菜にぞっこん!? 『うさぎドロップ』松山ケンイチ&芦田愛菜ら舞台挨拶レポート 人気同名コミックを松山ケンイチ&芦田愛菜共演で映画化した『うさぎドロップ』が8月20日 土 より大阪ステーションシティシネマほかにて公開される。 ひょんなことから共同生活することになった28歳の独身男・ダイキチとその祖父の隠し子である6歳の少女・りんの日常を描く心温まる人間ドラマだ。 天才子役・芦田愛菜のキュートな笑顔と松ケンのイクメンぶりに注目にしてほしい本作の公開に先立ち、主演の松山ケンイチとりんを演じた芦田愛菜、SABU監督が来阪し、舞台挨拶を行った。 3人が登場する前からざわざわと期待度に満ちている会場に3人が登場するや、特に芦田は西宮出身ながら関西での舞台挨拶は初めてということもあり、会場には芦田への「可愛い~」という声が溢れかえっていた。 そんな中登場した3人に、それぞれの印象や作品についての思いを聞いた。 松山:僕は子どもがいるわけじゃないし、小さい子と生活するのも初めての体験だったんですが、本当に愛菜ちゃんが可愛くて、ずっと癒されてました 笑。 撮影の苦労は全然なくて、撮影の合間もずっと愛菜ちゃんと一緒に遊んでいて。 遊んでる延長線上にお芝居がある感じで、楽しい思い出しかないんですよ。 完成した作品を観た時も、自分と愛菜ちゃんの思い出アルバムを見ているような気持ちになりました 笑。 監督が僕と愛菜ちゃんが遊んでいるところを切り取ってくれたんだと思います。 芦田: 松山さんは 優しくて、休み時間もずっと一緒に遊んでくれて、すごく楽しかったです。 監督:松山くんは、弱みがないというか、要は嘘をつかないまっすぐな人でそこがいいと思いました。 役柄のダイキチについては、ほとんど丸投げでしたし 笑。 愛菜ちゃんは、とにかく可愛いんですが、繊細なお芝居もできますし、柔軟で身体は小さいけど大きい芝居もできるすごい女優さんです。 芦田:そんなことないです。 はにかみながら「そんなことないです。 」と話す芦田の姿に、松山と監督がメロメロになってしまう芦田の可愛さの片鱗が伺えるように、撮影中はふたりとも芦田に癒されていたようだ。 そして、松山と芦田に印象的なシーンについて聞いてみるとー 松山:全部楽しかったし、観ていただければ温かい気持ちになれるシーンがたくさんあると思います。 芦田:一番楽しかったのはお遊戯会のシーンです。 みんなで可愛い衣装を着たりお遊戯の練習をしたりして、みんなでダンスを踊ったのが楽しかったです 笑。 と、松山と芦田が見どころについて語っていくと、観客の期待度も増していたよう。 そんな盛り上がりも増す中、最後にそれぞれに作品へのメッセージを語ってもらった。 松山:すごく温かい作品で、人と人の繋がりをテーマにしていて、その繋がりの中にはたくさんの愛がつまっていて、たくさんの繋がりの中で生きていることを実感できる作品になっています。 ダイキチの男らしいカッコよさにも注目して観てください。 芦田:今日は来てくれてほんまにありがとう。 『うさぎドロップ』はめっちゃ可愛い映画になりました。 みんな楽しんで観てや~。 監督:松山くんや愛菜ちゃんをはじめ、俳優さんたちがすごくいいんです。 まぁ、俺の演出がもっといいんですけど 笑。 愛に満ち溢れた映画ですので、楽しんで観てください。 芦田の関西弁での最後の挨拶に、観客もメロメロの様子で、この日一番の拍手が送られていた。 そして、最後に劇中で芦田演じるりんの持っているぬいぐるみであるロップイヤーの着ぐるみが登場すると、芦田のテンションは最高潮に。 芦田は最後にはダンスまで披露、観客から惜しみない拍手を送られる中、3人は退場していった。 出演者や監督をはじめ、たくさんの人を虜にする、そんな芦田の可愛さや演技力が際立つ感動のハートフル・ドラマです! (2011年8月16日更新).

次の