キングヌー ツイッター。 キングヌー井口理がツイッター削除の理由説明。あのと熱愛交際、匂わせで物議。常田大希も心境告白にネットの反応は…

キングヌー井口が彼女を匂わせ?あのちゃんとのツイッター&フライデー画像!

キングヌー ツイッター

ニューアルバム「Sympa」の引っさげて全国をワンマンライブツアー中の 「King Gnu(キングヌー)」。 その楽曲のクオリティの高さは業界でも太鼓判を押されるほどであり、さらにステージパフォーマンスに関しても、観客を熱くするには十分すぎるほどの勢いです。 これで、もっともっとキングヌーのことが大好きになるはずです~。 笑 目次• King Gnuの面白ツイート特集 クイックジャパン番宣 【スペシャル動画】King Gnu特集のメンバー全員インタビューでは、本日配信開始の新曲「白日」の制作過程についても存分に語っていただきました。 音源を聴きながら読んでみてください。 新井さんがみんなをまとめて「せーの」って小さな声で言っているのがなんだか微笑ましい。 拍手をしているうちになんだか楽しくなってきたメンバーたち。 3回目の拍手のとこの変なテンションの盛り上がり方がめちゃウケる。 井口さんの相変わらずおかしなハイテンションで 「カモン!」って言ったあとの、微妙な空気がツボにはまります。 明日発売開始ーーー 売り切れる前に 皆の衆、急ぎなさい。 なんだーコノキャラクター!!って感じ。 iTunes StoreではNEW ALBUM「Sympa」の予約も同時スタート そして今回、動画視聴回数400回のゲーム実況者にSlumberlandを聴かせてみた。

次の

キングヌー井口|Twitter (ツイッター)を削除した理由は?

キングヌー ツイッター

KingGnuの注目ポイント 音楽と呼ぶには余りにも芸術過ぎる音楽 オシャレだけど泥臭く、そのバランスが絶妙 セクシーで色っぽい KingGnu(キングヌー)井口のプロフィール 井口理(いぐちさとる) 生年月日 1993年10月5日生 出身 長野県伊那市 井口理さんは同じくメンバーの常田大希さんと幼なじみだそうです。 2人とも長野県出身で小中学校が同じだったとか。 学年は井口さんが1つ年下で、顔見知り程度の仲だったようです。 そんな2人が再会したのは東京藝術大学。 井口さんは声楽科を専攻されていました。 常田さんはチェロを専攻していたよですが、1年足らずで大学を辞めました。 大学を辞めた後友人から文化祭の出演を頼まれ、そこで井口さんと再開したようです。 常田さんは井口さんの声を「嫌われない声」と表現しておりKingGnu(キングヌー)に加入しました。 これは過去に井口さんがクソリプを送った代償でした… 「King GnuのことをアジカンのGotchさんが呟いてくれたよ!! 」と喜ぶ新井から連絡が来たのでツイッター覗いて見たけど、井口は過去にクソリプを送ったせいで代償を払っていた…。

次の

【井口理】Twitterアカウント削除の原因や理由は炎上?最後の意味深ツイートとは?|sugar news

キングヌー ツイッター

彼らはKing Gnuの音楽を「 トーキョー・ニュー・ミクスチャー・スタイル」と語っています。 確かに、彼らの楽曲を聴くと東京の街のような、「 何でもありでいろいろなサウンドが詰め込まれている、刺激的な音楽」だということが分かります。 なんとなく彼らの音楽を聴いていると、東京を思い浮かべてしまいますよね。 King Gnuの作曲スタイルは、常田がデモテープを作成し、その他の三人が自由にプレイして楽曲の良さを引き出すというものです。 個々の音楽的な力がしっかりしているからこそ、そのようなスタイルでの楽曲制作が可能なんですね。 また、King Gnuが多くの注目を集める一つの理由として、 それぞれのメンバーの個性が際立っていることが挙げられます。 今回はこのような唯一無二の楽曲を生み出しているメンバーのルーツに迫ります。 さん daikitsuneta がシェアした投稿 - 2019年 1月月16日午前12時19分PST バンドの リーダー兼プロデューサーです。 また、King Gnu全曲の作詞作曲を担当しています。 King Gnuのアートワーク・MV制作を手掛ける クリエイター集団「PERIMETRON」も立ち上げており、音楽だけでなく多方面でその独創的な才能を発揮しています。 PERIMETRONは、King GnuのMVの他にも、TempalayやTENDOUJIのMV、雑誌「anan」のスタイリストなど幅広く活躍しており、常田含むクリエイターはかなり個性的だと言えるでしょう。 音楽関係者の中にも彼のファンは多く、米津玄師の「爱丽丝 アリス 」の楽曲演奏・編曲・プロモーションを担当したことでも話題になりました。 King Gnuの常田くん、僕の新しいアルバムの「爱丽丝」という曲にアレンジで参加してもらってます。 彼のセンス最高よ。 しかし、在籍中には小澤征爾さんの楽団に参加し、オーケストラの壮大なサウンドを経験したことで、楽曲中にストリングスを大きく取り入れるなど、今のKing Gnuサウンドに繋がっています。 中学生の頃からMTRを使用して曲作りを始め、2014年にキングヌーの前身となるSrv. Vinci(サーヴァ・ヴィンチ)として活動を始めました。 現在も音楽活動と並行して、舞台役者としても活動しています。 リーダーの常田とは小学校・中学校が同じであり、幼馴染の関係です。 しかし、常田が一つ上の学年だったため、存在は知っている程度だったそうです。 また、彼はKing Gnuのムードメーカーとしても重要な存在です。 ライブやミュージックビデオで見せる姿とSNSで垣間見える普段の姿とのギャップがすごいですね。 井口クソリプ特集はこちら。 - 2017年 9月月4日午前6時11分PDT ベーシストとしてKing Gnuのサウンドの低音を担う新井。 一般の大学に入学後、音楽に没頭します。 なんと友人が在籍している音楽学校で授業を受け、音楽の知識をどん欲に吸収しました。 国立音楽大学のビックバンドにも参加してベースを弾いていました。 熱意が凄いですね。 そんな新井ですが、ベースを始めたきっかけはバンドに誘われたときにベースを弾く人がいなかったためであると語っています(ベースとドラムあるあるですね。。 ) ベースを始めたころはASIAN KUNG-FU GENERATIONのコピーをしており、その後ブラックミュージックにハマります。 ドラムの勢喜と同様にルーツはブラックミュージックにあり、 King Gnu のリズムの根幹はブラックミュージックだと言えます。 セッションを通してドラムの伊勢と出会い、ちょうどベースが不在だったSrv. Vinci(King Gnuの前身となるバンド)に加入。 現在も他アーティストのサポートや、ジャズセッションマンとしても活動しています。 井口とはルームシェアするほど仲が良いようです。 単独インタビューや機材解説、奏法分析などファン必見の内容になっています。 勢喜 遊(せき ゆう)• 1992年9月2日生• 徳島県阿南市出身• 何と三歳からドラムを叩き始めたというから驚きです。 中学では吹奏楽部に入部して、パーカッションを担当していました。 また、小学4年生からダンスを始めており、 将来はダンサーになりたかったとのこと。 しかしじん帯のケガによってその夢はあきらめたそうです。 そんな勢喜ですが、高校生でレッド・ホット・チリペッパーズに出会い、ファンク・ブラックミュージックにのめりこむようになります。 高校生でバンド活動を始めると、ドラムの面白さに引き込まれます。 そして19歳で上京し、セッションを重ねる中で常田と知り合いました。 ブラックミュージック・ファンクを好む勢喜のドラムは、King Gnuの楽曲にも反映されており、リズムの重心が後ろにきています。 また ヒップホップのノリを取り入れており、かなりノリやすいビートです。 勢喜のドラムはKing Gnuのサウンドにおいてかなり重要な役割を担っています。 ぜひ一度ドラムに耳を傾けて聴いてみてください。 ベースの新井と同時に、2020年3月号のドラムマガジンで表紙を飾っています。 ベースの新井が表紙を飾るベース・マガジン2020年2月号との連動企画"リズム体対談"が用意されています。

次の