膵臓 癌 ブログ。 膵臓がん闘病ブログまとめ

#膵臓癌 人気記事(一般)|アメーバブログ(アメブロ)

膵臓 癌 ブログ

腫瘍マーカーCA19-9の数値 腫瘍マーカーの数値は、37以下が問題なしとされていて 100以上だと異常ありだとされている。 3月に測った時は、100オーバー。 6月に測った時は、300オーバーだった。 じゃあ、今回測った数値がどれくらいなら、 どんな状況だと判断できるのだろう? どれぐらいの数値が対応しているのかわからず、 先達が残してくれた膵臓ガンブログから、 CA19-9の情報を調べてみた。 旅立ちの前のCA19-9 引用ブログ名は控えるが、いくつかのブログを調べさせてもらった。 ある方のCA19-9の推移。 4ヶ月前:2000 3ヶ月前:5000 2ヶ月前:11000 旅立ち。 ある方のCA19-9 3ヶ月前:25000 2ヶ月前:150000 1ヶ月前:440000 旅立ち。 ある方のCA19-9 9ヶ月前:1200 4ヶ月前:2000 3ヶ月前:3000 旅立ち ある方のCA19-9 6ヶ月前:5000 3ヶ月前:150000 2ヶ月前:200000 1ヶ月前:300000 旅立ち。 ある方のCA19-9 4ヶ月前:35000 3ヶ月前:15000(手術後) 旅立ち。 ある方のCA19-9 5ヶ月前:2500 3ヶ月前:10000 1ヶ月前:650000 旅立ち。 CA19-9 なんだかまとまりがなくて、一概にこうとは言えない結果だ。 旅立ちの直前には急激にCA19-9の数値が上がっている。 1ヶ月前には30万、45万、65万の方がいる。 1万を超えたら危ない? 数値1万を超えたあたりから加速度的に 数値が上がっていくような印象を受けた。 けれど調べている数量が少ないのでなんとも言えない。 1000ぐらいなら、1年ほどは猶予があるのだろうか。 もっと遡って調べればよかった。 父のCA19-9はどこまで上がるのか 6ヶ月前には100オーバー。 3ヶ月前には、300オーバーだった。 3ヶ月で3倍になっていることを考えると、 3倍の900だろうか? これより更に増加していたらガン対策を大きく見直さざるをえない。 微増なら受け入れられる範囲。 横ばいなら御の字。 増えていかないならガンと共生できる。 減っていたら泣くほど嬉しいが、 きっとそんなに甘くはないんだろう。 血液検査のことを考えると、 緊張が取れない。 落ち着かない。

次の

膵臓癌の初期症状は血液検査にでる!生存率と余命は?

膵臓 癌 ブログ

お別れの言葉 本日は、私ことさらの葬儀にご参列いただき、ありがとうございます。 人生の半ばで、思いもよらない病に倒れてしまい、 志もまた半ばとなってしまった部分もありますが、 それでも今日まで、自分なりに精一杯生きることができたと思っています。 今日まで私を支えてくれた家族、暖かい友情をわけあって下さった友人達、 一緒に仕事をして下さった方々に、心から感謝しています。 病気になってから、一番に考えたことは、 当たり前ですが、健康の大切さでした。 食事をしたり、仕事をしたり、旅行をしたりすることが、 それだけでどれだけ素晴らしいことか実感しました。 皆さんはどうか、これからも、 今という瞬間を大切にして生きていって下さい。 本日が、皆さんにお会いする最後となりましたが、 またいつか、別の世でお目にかかれることを願っています。 本当に、ありがとうございました。 さら ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・ 生前にさらが用意し、 葬儀のときに妹さんが代読したものです。 ご家族の了解を得て、ここに掲載しました。 本名部分は「さら」に置き換えています。 ブログの管理人「さら」に代わり、 alzが引き続き記事を投稿しています。 ぬけがけして昨夜、自宅へお見舞いに行ってきました。 すみません。 「さら」の妹さんから 「ブログの記事にするならば、 できるだけ、ありのままを伝えて欲しい」と、 いうことなので、 今回はちょっと辛い内容です。 こういう内容をブログに書くべきか迷いましたが 「誰かの参考になれば」という ブログを始めた「さら」の意図を汲みました。 以下、心の準備をしてからお読み下さい。 ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ ・ 病状はかなり進行してしまっています。 朦朧としていて、ようやく会話できる状態。 奥底にある意識をようやく探り出して なんとか声に出しているようで、 それさえも辛そうです。 うわごとのような言葉を発することもあります。 そんな状態ですが、相談を受けました。 自宅療養を続けるべきか、病院へ戻るべきか。 現在、介護ケアは24時間体勢、往診も毎日行われ、 電話をすればいつでも駆けつけてくれる場所に先生がいて 自宅療養の体制としては十分な環境にはなっていると思います。 これはずいぶん以前に「さら」が自分で探した体制よりは遙かに良く、 望んでいた体制よりもむしろ良いほど。 本人はウェブで情報を集めていましたが、 やはりこういうことは ケアマネージャーが集めてくれた情報の方が優れています。 特に往診してくれる先生の携帯電話に 直接いつでも連絡できるというのは 世話をしている家族にとっては大変心強いようです。 しかし「さら」にとっては 専門の医療スタッフがいつでもそばにいる 病室の安心感が得られないのがどうしても不安なようです。 精神的な部分までは 実際に自宅療養をしてみないとわからないのは 当然のことでしょう。 病院よりもむしろ対応がよくて、 トラブルもなく、病状の急変もないのですが 病院ではないという不安は 大きなストレスになっているみたいです。 でも、自宅という心地よさも捨てがたい。 一生懸命に声を出して相談されたものの 明確な答えは出してあげられませんでした。 難しいです。 一度、病院へ戻るのは賛成です。 体力的にも移動ができるのは今の内です。 しかしまた自宅療養をしたくなっても、 今の体制を再び組むのは容易ではないでしょう。 移動できる体力が残っているのかも心配です。 移動自体が大きく体力を消耗しますから。 今日明日には、 自宅療養を中止して病院に戻るかを 決定しなければならないようです。 「自宅で病院並みの看護を受けるにはどうしたらいいのか」と がんセンターの先生に相談していた「さら」を思い出しました。 先生の答えは、 「大金持ちになって自分で病院経営するしかないよ」 alzは笑って「そりゃそうだ」なんて 言っていましたが・・・・。

次の

すい臓がん

膵臓 癌 ブログ

これまでの経緯 膵臓癌が見つかりました! しかし、あと30年は前向きに生きるつもりです。 腫瘍縮小の経緯 2015年4月8日の腫瘍発見時 膵臓尾部に4. 3センチの腫瘍あり肝臓にも転移しておりステージ4bで手術不可 7月28日フォルフィリノックス4回投与後:4. 0センチ 9月26日フォルフィリノックスを止め、ジェムザール5回投与後:3. 0センチ 2016年1月5日のCT検査結果では 大幅悪化! 膵臓尾部の腫瘍は2. 5センチと5ミリ縮小していたが 肝転移していた数ミリ程度の4つの腫瘍が それぞれ、1センチ、2. 5センチ、3センチ、4センチとかなり増大していた 私のプロフィール 姓名:石本 広喜 生年月日:昭和27年6月26日生 現住所:〒3890207 長野県北佐久郡御代田町馬瀬口1508-31 Eメール:kaizenluky yahoo. jp 私のガン治療の取り組みを体験を通して綴ります。 ガンは生活習慣病です。 生活習慣を改めればガンは治るとの信念で生きます。 癌治療で最も大切なことは笑う事だそうです。 ガン宣告を受けて気持ちが落ち込めば 免疫力が下がりガンが増殖するそうです。 楽しく無くて嘘笑いでも、笑えば免疫力が上がり 癌細胞が縮小するそうです。 ガンになって笑える人はいないと思いますが それでも笑いましょう。 このブログを読めば 本当に心の底から笑える日が来るかもしれません。 まずは、このブログを立ち上げた心情を綴った記事 「」 をご覧ください。 記事を読んでコメントを頂ければ嬉しいです。 宜しければ、遊びにも来て下さい 尚、このブログに書いてある事を試される方は 自己責任でお願いします.

次の