古希 の お祝い プレゼント。 古希祝いを迎える母に贈りたい絶対に喜ばれるプレゼント12選!

【古希祝い】70歳のお祝い!古希のプレゼント探しに役立つ由来や風習をご紹介

古希 の お祝い プレゼント

今回は、 古希の お祝いのプレゼントに相応しいお品物についてリサーチしてみました。 古希のお祝いとして人気の高いプレゼントを11ほど選びましたので、どうぞ参考にしてください。 その中の一つに「古希」のお祝いがあります。 長寿の祝いは60歳の還暦から始まり、70歳に達したときには古希の祝い、80歳に達したときには傘寿の祝い、そして88歳になったときには米寿の祝いがあるのです。 60歳の「還暦」は、最初のお祝いであり、最も有名な長寿のお祝いでしょう。 赤いちゃんちゃんこをプレゼントする慣例があるため、多くの人が悩まずにパーティーなどを開催することができるでしょうか。 その点、70歳になった記念の「古希」のお祝いに何をするのか?何をプレゼントするのか?をイメージできていますでしょうか。 どのようなものをプレゼントすればよいのか分からずに、困ってしまう人も大勢いると考えられます。 実は、「古希」の祝いには、いつにパーティーしましょうという決まりはありません。 お祝いの内容やプレゼントなども明確には決められておらず、当人が希望する日時で当人が希望することをすれば良しとされています。 お祝いの席を設ける日については、当人の誕生日や敬老の日に一緒に催すケースが多くなっています。 また、お祝いの方法も、本人の好きなものを食べて過ごすケースが多くなっているのです。 また、人によっては食事だけでなく、贈り物を選ぶ方もいるでしょう。 実際に専門店などでは「古希」の祝い用のギフト商品などを取り扱っているお店もあります。 しかし、実際に「古希」のお祝いでは、どんなプレゼントを贈ったら良いのでしょうか? 「古希」の贈り物の選び方・選ぶ基準・おすすめのプレゼントを贈り物を、この後詳しく解説していきたいと思います。 しかし、プレゼント選びの際には独特な注意点があります。 しっかり考えてプレゼント選びをしないと、場の雰囲気が悪くなってしまうことが考えられます。 具体的にはどのような点に留意して古希のプレゼント選びをすればよいのでしょうか。 最も気をつけなければならないこととしてまず挙げられるのが、「本人を年寄り扱いしない」ということです。 例えば、70歳の古希となると、杖やシルバーカーなどは実用性の高いものに目がいってしまうかもしれません。 本人がまだ自分は若々しく健康であると考えている場合、このような品物を送ってしまうと、本人のプライドを傷つけてしまうことになりかねませんよね。 古希の祝いは長寿を祝う席であるため、健康志向な品物を送るのは決して悪いことではありませんが、あまりにもお年寄り向けの実用品を送ってしまうと本人はショックを受けてしまうことが多いのです。 実用的なお年寄り向けの品物よりも、本人の趣味や嗜好にあったものを送るほうが喜ばれます。 また、場の雰囲気を盛り上げることができます。 それから、古希の贈り物を贈る際に熨斗をつけた方が良いのか迷ってしまう人もいるのではないでしょうか。 結論から言うと、古希は熨斗はつけて問題ありません。 感謝の気持ちを伝えやすくなるのでむしろつけたほうが良いと考えられます。 熨斗をつける際の注意点ですが、古希の祝いは一生に一度しか無いため、水引には結びきりを選んでしまいがちです。 しかし、実はこれは間違いです。 長寿の祝いの席は何度あっても良いことなどで、水引は蝶結びなどを選ぶようにするように気をつけましょう。 古希の贈り物選びに困ってしまった際に、選んでおけば間違いない人気のプレゼントを幾つかピックアップしていこうと思います。 男性向けの人気アイテムや女性向けの人気アイテム、さらには夫婦で楽しめる品物などをピックアップしたので、本人に一番合いそうなものを選ぶと良いでしょう。 飾っておけばいつでも眺めることができ、可愛らしいデザインなので女性の方や夫婦向けのプレゼントとしてオススメです。 「花なまえの詩」は、本人の名前で詩を作ります。 そして、その周辺に家族や仲間を動物などのキャラクターに置き換えて、本人の長寿を祝う色紙としてプレゼントするものです。 イラストには本人の趣味や嗜好に合せてキャラクターの衣装などが変わる演出がありますし、色紙と一緒に額縁の購入もできるので、気軽に部屋に飾れるようになっています。 世界に一つしかない古希の贈り物になるのです。 実際に「花なまえの詩」を送られた人からは喜びの声がたくさん届いています。 贈り物に迷ったときには「花なまえの詩」を選んでおけば間違いないでしょう。 本人の似顔絵に本人のネームポエム、そして背景に思い出の風景を合せた色紙を作成して贈り物に仕上げてくれます。 「似顔絵ポエム」も部屋に飾れるようになっていますし、男性にも女性にも夫婦にもどのようなケースにも対応できるので、間違いのない古希の贈り物の一つです。 オーダーの仕方も簡単です。 本人の写真と希望する背景風景を伝えるだけでm鮮やかな色紙を作成してくれます。 もちろん色紙を飾る額を一緒に購入することも可能ですし、メッセージカードや熨斗も加えることができるようになっています。 そのため、感謝の気持ちを伝えやすい古希のお祝いと考えられます。 希望があればペットなどの似顔絵も一緒に描いてもらうこともできるようになっています。 そのような方たちにオススメをしたいのが「写真から作るマイフィギュア」です。 これはその名称からもわかるように、本人の写真を送ることでそっくりのフィギュアを制作するサービスです。 似顔絵では表現が難しい躍動感が出しやすい点が「写真から作るマイフィギュア」の人気の秘密です。 例えば、スポーツに打ち込んでいる写真であれば、格好よくて若々しくしいフィギュアを作ることができるでしょう。 制作は3Dプリンターなどを使用して行うのではなく、専門の技術者が一つ一つ手作業で作っています。 味のある品物が出来上がりますし、保証も整っているので安心して古希のプレゼントとして贈ることが可能です。 そのような場合に特に古希のプレゼントしておすすめなのが「Made In Japan with 日本のおいしい食べ物」というカタログギフトです。 こちらのカタログギフトは、雑貨と食べ物の両方からプレゼントを選ぶことができます。 受け取った本人は、2冊のカタログギフトの中から好きな方の1冊を選択できる点が特徴的です。 「メイドインジャパン」のカタログには、日本の伝統技術などを活用してできた品物などが多数掲載されています。 どの品物も長く使えるものばかりです。 また食べ物カタログも全国の美味しい食品が多数掲載されている点も魅力ですね。 人気の高い温泉宿や体験型の商品が多数掲載されている点に特徴があります。 もちろん夫婦二人で利用することも可能です。 旅行へ行く場合には予約や準備などを億劫に感じてしまう人も多いでしょうが、「旅のカタログギフト」では、電話一本で予約が完了します。 インターネットなどの扱いが苦手な場合でも問題ありません。 また、日帰り型のプランを選択した場合には、タオルやアメニティグッズなどはすべて施設側が用意をしてくれます。 古希を迎えた本人は何も用意せずに旅行へ出かけることができるというわけです。 全国の200を超える温泉施設の取り扱いがあるのも大きな特徴です。 色紙などに似顔絵を描いてプレゼントするサービスは多数ありますが、こちらはお酒の桐箱とラベルに本人の似顔絵を描いてプレゼントできる商品となっています。 お酒好きに人には、たまらない贈り物でしょう。 しかし、桐箱とラベルにイラストが描かれているため、お酒を飲み終わった後に瓶を捨てにくいと感じる人がいるかもしれません。 その点もフォローがしっかりとしており、ラベルや桐箱に描かれたイラストやメッセージと同じものが描かれた似顔絵入りフォトフレームも付属しているのです。 お酒を飲みほした後も余韻に浸ることができます。 こちらはワインのラベルに本人の似顔絵を入れてプレゼントできます。 更には、似顔絵入りの卓上フレームも同梱されています。 そのため、飲み終えた後も色褪せることなく思い出を残すことができるのです。 ペアでの注文にも対応してるので夫婦二人に贈るのにも適しています。 高級感を出したい場合には、金箔の似顔絵ワインや金箔の名入れワインなどの取り扱いもあります。 ニーズに合わせて様々な種類のオーダーが可能というわけです。 古希のお祝いということでお洒落で大人っぽいものを贈りたい場合に最適です。 そのような男性に贈るのに最適なのが「名入れ焼酎サーバー」です。 サーバーに焼酎を入れることで、焼酎が熟成されてより深い味わいのものになるというわけです。 焼酎が熟成されるまでには数日程度の日数を要するのですが、「名入れ焼酎サーバー」は飲む量に合わせて三種類からサイズ選択ができます。 頻繁に飲む人もたまに飲む人にも贈りやすい贈り物となっています。 金の文字で本人の名前やメッセージを入れることができるので、世界に一つだけのオリジナリティを出すことが可能です。 ギフト包装や古希のメッセージカードも無料で付帯しています。 プレゼント用の花の中でも、最も高級感があり喜ばれるのが蘭です。 蘭は比較的サイズの大きい種類であるため、人によってはプレゼントされても管理に困ることが考えられます。 その点、「ミディ胡蝶蘭」は一般的な蘭よりもサイズが小ぶりです。 そのため、家庭で管理がしやすく、鑑賞するのにも最適な品種と言えるのです。 色も豊富なので、部屋に飾るだけで華やかな雰囲気を作り出すことができます。 価格も比較的手頃となっています。 予算や花を飾る場所などを考慮しながら、ぜひ古希のプレゼントして選んでみてはいかがでしょうか。 ブランド食器は末永く利用できる上に実用的な品物でもあります。 贈った後は日常的に使ってもらえる可能性が高いです。 シンプルなデザインのお皿からヨーロッパの情緒があふれるカップなど、様々な種類から選択できるようになっています。 そのため、本人の嗜好に合せた商品選びがしやすいのです。 男性への贈り物にも女性への贈り物にも、そして夫婦二人への贈り物にも便利な古希祝いと言えるでしょう。 たち吉は創業から250年以上が経過している京都の老舗の和食器ブランドです。 上品でモダンな和食器を数多く取り扱っています。 夫婦二人で利用するのに便利な湯のみや、朝ごはんを食べるのに適した容器が一式になったセットが人気です。 あらゆるライフスタイルの人への贈り物に利用できるのが嬉しい点です。 夫婦二人へ贈る場合にも、女性に贈る場合にも、男性に贈る場合にも、オススメの商品です。 また予算別や贈りたい食器の種類別に商品検索ができるので、手間を掛けずに商品選びができる点もメリットです。 そのため、何を贈り物にしたら良いのか困ってしまう人も多いと考えられます。 基本的に古希のお祝いは、本人が好きなものや希望するものを贈るのが一番と言われています。 しかし、それがわからない場合には、今回紹介したものの中から本人の趣味や嗜好に合うものを選んでみてはいかがでしょうか。 そして、贈り物以上に大切になるのが、できるだけ多くの親族が集まり、素敵な時間を提供することです。 特に夫婦だけで暮らしている場合や、一人暮らしをしている場合には、親戚が大勢集まって賑やかに過ごすことを強く待ち望んでいることが考えられます。 贈り物は楽しい時間を過ごしたことを思い出すツールです。 贈り物を大切ですが、まずは楽しい時間を古希の記念で共に過ごすようにしたいものですね。

次の

古希のお祝い|プレゼントのマナーや古希のNGギフト

古希 の お祝い プレゼント

古希とは? 先ほどご紹介したように、古希とは、70歳の節目で行う長寿祝いのことです。 中国の唐時代の詩人、杜甫の詩『曲江』にある「人生七十古来稀なり(古くから、七十年生きる人は稀である)」という一説に由来しています。 数え年で70歳を迎える年、つまり満年齢で69歳を迎える年に行うのが一般的です。 しかし、近年は人生の節目におけるお祝い事を満年齢で行う方も増えており、家族や親族が集まりやすい年を選んで行うのも良いでしょう。 古希祝いの食事会は、誕生日の前後や敬老の日、誕生日を迎える年のお正月にお祝いするのが一般的です。 還暦祝いでは赤いちゃんちゃんこや頭巾、座布団などを贈りますが、古希をお祝いする色は紫色です。 これは、紫色が陰陽五行において最も位の高い色であることに由来しています。 古希祝いのマナー 古希祝いの食事会が開かれる場合は、お祝い金やプレゼントを用意したいですよね。 古希祝いの相場は、古希を迎える相手との関係によって変わります。 一般的に、両親の場合10,000~100,000円、祖父母の場合10,000~30,000円、親戚や知人・友人の場合5,000~20,000円程度が相場です。 また、地域によって古希祝いの相場は異なるため、あらかじめ家族や親戚に住んでいる地域の相場を尋ねておくことをおすすめします。 古希祝いのプレゼントには、古希のシンボルカラーである紫色の衣類や、思い出に残る旅行券などが人気です。 お金やお祝いの品を包む際は、表書きに「古希御祝」「御古希御祝」「祝古希」と記し、紅白または金銀の水引をかけます。 長寿祝いは何度あっても嬉しいお祝い事なので、繰り返し行いたいという思いを込め、水引は蝶結び(花結び)のものを選びましょう。 遠方で食事会に参加できない場合は、誕生日や敬老の日、お祝い会が開かれる時期に合わせて郵送するのがおすすめです。 これは、陰陽五行において最も位の高い色が紫色であることに由縁しています。 お祝いは、数え年で70歳を迎える年、つまり満年齢で69歳を迎える年に行うのが一般的ですが、近年は人生の節目におけるお祝い事を満年齢で行う方々も増えており、家族や親族が集まりやすい年を選んでお祝いをする傾向にあります。 一般的に、両親の場合10,000~100,000円、祖父母の場合10,000~30,000円、親戚や知人・友人の場合5,000~20,000円程度が相場です。 お金やお祝いの品を包む際は、表書きに「古希御祝」「御古希御祝」「祝古希」と記し、紅白または金銀の水引をかけます。 長寿祝いは何度あっても嬉しいお祝い事ですから、繰り返し祝いたいという思いを込め、水引は蝶結び(花結び)のものが最適です。 遠方で食事会に参加できない場合は、誕生日や敬老の日、お祝い会が開かれる時期に合わせて郵送するのがおすすめです。 おめでたい長寿のお祝い、 あれこれ。 還暦・古希・喜寿・傘寿・米寿・卒寿などの長寿のお祝いは、「数え年」や「満年齢」など、何歳でお祝いをしていいのか?いつどんな機会でお祝いの会を催すのか?いろいろと悩ましいものです。 しかし昨今では、還暦祝いを始め、その他のお祝いも「満年齢」でお祝いをされる方が多く、お祝いの日取りについてもあまりとらわれずに、家族や親戚が一同に会しやすい日程が選ばれているようです。 還暦(かんれき) 数え年は61歳、満年齢は60歳、お祝いの色は赤色です。 古希(こき) 数え年は70歳、満年齢は69歳、お祝いの色は紫色です。 喜寿(きじゅ) 数え年は77歳、満年齢は76歳、お祝いの色は紫色です。 傘寿(さんじゅ) 数え年は80歳、満年齢は79歳、お祝いの色は金や黄色などです。 米寿(べいじゅ) 数え年は88歳、満年齢は87歳、お祝いの色は金や黄色などです。 卒寿(そつじゅ) 数え年は90歳、満年齢は89歳、お祝いの色は白色です。

次の

【70歳の誕生日プレゼント】古希祝いに父(男性)と母(女性)へのプレゼント5選

古希 の お祝い プレゼント

youtube. 毎年の誕生日を祝うことももちろん大切ですが、「やはり古希祝いのような節目のお祝いには、いつもとは違う特別なものをプレゼントしたい」と考える方もいらっしゃると思います。 しかし、何をプレゼントするかで迷ってしまうこともありますよね。 そこで今回は、お母さんに古希祝いのプレゼントを贈った方を対象に、「古希祝いでお母さんにあげて良かったプレゼント」を聞いてみました。 あげて良かったプレゼントや、あげて良かった理由などをチェックしてみましょう。 お母さんの古希祝いにあげて良かったプレゼントランキング お母さんへ古希祝いのプレゼントを贈った方の中に、「お母さんの古希祝いにこれをあげて良かったな」と思うプレゼントがある方はどのくらいいるのでしょうか。 一番「喜んでもらえた」と思ったプレゼントの1位は、先ほどのランキングでは10位だった「電化製品」となりました。 古希祝いとして贈った方の総数はさほど多くないものの、プレゼントに対するお母さんの反応が良かったのが電化製品だったということかもしれませんね。 それぞれの理由も聞いてみました。 ここでは、その一部をご紹介します。 【電化製品】 ・掃除機が1つしかなく、2階への行き来が大変だと聞いたので、2階用に軽い掃除機をあげたら喜んでいた。 (兵庫県/46歳/女性)【あげたプレゼント:コードレスの掃除機】 ・実用的なエアコンはとても喜ばれた。 (秋田県/43歳/女性)【あげたプレゼント:ダイキンのエアコンうるるとさらら】 ・母がテレビ電話で孫と話したり、YouTubeで色々観たり、ラインで旧友と連絡を取りあったりして、とても喜んでいるので。 (北海道/45歳/男性)【あげたプレゼント:iPad】 【お花】 ・本人も喜んでいたし、見ていてこちらも癒されたから。 (神奈川県/37歳/女性)【あげたプレゼント:母の好きなガーベラの花束】 ・お花が好きな母なので、喜んで写真に撮り、それを大きく現像して額に飾っていた。 (岡山県/35歳/女性)【あげたプレゼント:古希祝い用のお花のアレンジ】 ・ドライフラワーにして玄関に飾ってもらっています。 (宮城県/42歳/女性)【あげたプレゼント:花束】 【洋服】 ・母が喜んでしょっちゅう着てくれるから。 (埼玉県/46歳/女性)【あげたプレゼント:アクアスキュータムのコート】 ・少し若い人向けの色、デザインにしたが、「自分では良いなと思っても、年齢を考えて躊躇して買えないけど、プレゼントでもらったら自信を持って堂々と履ける」と喜んでくれた。 (愛知県/40歳/女性)【あげたプレゼント:ナイキのスニーカー】 贈り物を使ったり飾ったりしてくれるのは、何よりうれしいことですよね。 電化製品をプレゼントするなら、日常生活での困りごとややってみたいことを聞いて、それを解決してくれそうな家電を検討してみると良いかもしれません。 お花や洋服は、やはりお母さんの好みに合わせて贈る品を選んでいる方が多いようです。 また、お母さんの体を心配してか、寒い冬をあたたかく過ごせるような洋服を贈った方がたくさんいらっしゃいました。 プレゼント選びに関するエピソード 大変だったエピソード ・特に物欲がない母親なので、プレゼント選びに苦労した。 (福岡県/46歳/男性) ・服には好みがあるが、本人に聞くのもサプライズにならないため、妻を始め女性陣の意見を聞くなど、選ぶのに苦心した。 (静岡県/44歳/男性) ちょっと残念なエピソード ・湯飲みをあげたが、大きすぎたようであまり使ってもらえない。 (千葉県/46歳/男性) ・リビングに飾ってあるが、父親にはあげなかったので、父親がへこんだ。 (神奈川県/44歳/男性) プレゼント選びに苦労した方や、贈ったものをあまり使ってもらえていないという方も。 しかし、選ぶのに苦労するのも、使っている様子が見られないことが気になるのも、お母さんに喜んでもらいたい気持ちがあるからこそ。 みなさん、それぞれに悩みながら古希祝いのプレゼントを選んだことがうかがえますね。 関連リンク 記念になるお祝いの場をお探しの方へ センスのある贈り物をお探しの方へ.

次の