トワイライト スクール と は。 トワイライトスクール・ルームって?/トワイライトスクールのページ

トワイライトスクールと学童保育の違い!メリットとデメリットとは?

トワイライト スクール と は

こんにちは! 愛知県名古屋市にて学童保育をメインに、プログラミング教室と英語教室を運営しております、TELACO(テラコ)です。 お子さまの小学校へのご入学を半年後に控え、学童保育をお考えのお父さん・お母さん。 トワイライト、公設学童、そして民間学童と選択肢が多くお困りではないでしょうか? 今回はそれらの大きな違いについてお話しします。 是非、放課後のお子さまの過ごし方の参考にしてください! トワイライトとは? 学童保育には大きく分けて「トワイライト」「公設学童」「民間学童」の3つがあります。 まずトワイライトについてお話しします。 トワイライトとは、小学校で放課後にお子さまを預かってもらえる名古屋市の公共サービスです。 こちらはなんと保険料のみでご利用いただけます。 ただしお預かりがメインとなっており、後述の様々なサービスはほとんどありません。 また学校により「トワイライトスクール」と「トワイライトルーム」に分かれ、スクールは18時まで、ルームは追加料金を払うことで17時から19時にお預かり時間が伸びます。 公設学童とは? こちらは、トワイライトに加え、学童保育専門のスタッフが、お世話をしてくれます。 ただしお預かりの場所が学校ではないため、保育所まではお子さまが自分で行く必要があります。 そして、公設学童と民間学童との大きな違いは、父母会の有無です。 お父さん・お母さんは父母会に参加して運営に関わり、施設を盛り上げなくてはなりません。 ここまで「トワイライト」と「公設学童」についてお話ししました。 ここからは民間学童で一般的に受けられるサービスをお伝えします。 学校からの送迎 これは、学校が終わったら、そこから保育所まで送迎するサービスです。 施設によっては徒歩やタクシー、バスを使い、スタッフが責任をもって送り迎えをするのでとても安心です。 TELACOでは専用のバスを使って、学校まで迎えに行きます。 ドライバーさんもプロ意識をもって運転してくださるので、とても安心です。 習い事送迎 習い事送迎も大きな違いです。 小学生になったらいろいろな可能性を考えてほしいもの。 近くの習い事教室まで、スタッフが送り迎えをします。 TELACOでも送迎サービスを実施しています。 お通いの教室が対象かどうか、お気軽にお問合せください。 食事について 長期期間中、民間学童ではオプションにて昼食を用意します。 トワイライトや公設学童では、お弁当を持たせる必要があります。 TELACOでは自分たちで料理を作り、それをお昼ご飯にすることもあります。 また学校でたくさん頑張ればおなかがすいてしまいます。 TELACOではおやつも基本料金内で提供しますので、TELACOでの習い事も元気に回復して受講できます。 施設ならではの取り組み 民間では、習い事などの追加プログラムをオプションで提供する施設が多いです。 TELACOではプログラミング教室と英語教室のレッスンを、基本料金内で週に1回ずつ受講いただけます。 プログラミングと英語は、一般的に受講料が月1万円ほどかかるので、お預かりの基本料金内でレッスンを受講できるTELACOはとてもお得です! また、身の回りの物を使って、理科的事象を学んだり、考えながら体を動かして遊んだりする、日替わりのTELACOプログラムも用意しています。 特別イベント 民間学童では様々なイベントも催されます。 TELACOでは名鉄グループの強みを生かして、グループの施設で普段はできないような体験をします。 今年は名鉄グランドホテルにて仕事体験とコース料理をいただきました。 また矢作建設工業鉄道技術研修センターにて、駅で非常事態が起きた時の対処法を学んだり、ポイント切り替え機を自分たちで動かしたりと、さまざまな体験を行いました。 さて、これまで「トワイライト」「公設学童」「民間学童」の違いをお話ししました。 それぞれの違い以下のを表にまとめました。 このように学童は、その種類によって特性が大きく異なります。 皆様のニーズによって、マッチする施設が異なると思いますので、ぜひこのコラムを参考にしてください。 TELACOに関してご質問ございましたら、下のボタンよりお気軽にお問合せくださいね!• お知らせカテゴリー一覧•

次の

名古屋市:トワイライトスクール(暮らしの情報)

トワイライト スクール と は

こんにちは! 愛知県名古屋市にて学童保育をメインに、プログラミング教室と英語教室を運営しております、TELACO(テラコ)です。 お子さまの小学校へのご入学を半年後に控え、学童保育をお考えのお父さん・お母さん。 トワイライト、公設学童、そして民間学童と選択肢が多くお困りではないでしょうか? 今回はそれらの大きな違いについてお話しします。 是非、放課後のお子さまの過ごし方の参考にしてください! トワイライトとは? 学童保育には大きく分けて「トワイライト」「公設学童」「民間学童」の3つがあります。 まずトワイライトについてお話しします。 トワイライトとは、小学校で放課後にお子さまを預かってもらえる名古屋市の公共サービスです。 こちらはなんと保険料のみでご利用いただけます。 ただしお預かりがメインとなっており、後述の様々なサービスはほとんどありません。 また学校により「トワイライトスクール」と「トワイライトルーム」に分かれ、スクールは18時まで、ルームは追加料金を払うことで17時から19時にお預かり時間が伸びます。 公設学童とは? こちらは、トワイライトに加え、学童保育専門のスタッフが、お世話をしてくれます。 ただしお預かりの場所が学校ではないため、保育所まではお子さまが自分で行く必要があります。 そして、公設学童と民間学童との大きな違いは、父母会の有無です。 お父さん・お母さんは父母会に参加して運営に関わり、施設を盛り上げなくてはなりません。 ここまで「トワイライト」と「公設学童」についてお話ししました。 ここからは民間学童で一般的に受けられるサービスをお伝えします。 学校からの送迎 これは、学校が終わったら、そこから保育所まで送迎するサービスです。 施設によっては徒歩やタクシー、バスを使い、スタッフが責任をもって送り迎えをするのでとても安心です。 TELACOでは専用のバスを使って、学校まで迎えに行きます。 ドライバーさんもプロ意識をもって運転してくださるので、とても安心です。 習い事送迎 習い事送迎も大きな違いです。 小学生になったらいろいろな可能性を考えてほしいもの。 近くの習い事教室まで、スタッフが送り迎えをします。 TELACOでも送迎サービスを実施しています。 お通いの教室が対象かどうか、お気軽にお問合せください。 食事について 長期期間中、民間学童ではオプションにて昼食を用意します。 トワイライトや公設学童では、お弁当を持たせる必要があります。 TELACOでは自分たちで料理を作り、それをお昼ご飯にすることもあります。 また学校でたくさん頑張ればおなかがすいてしまいます。 TELACOではおやつも基本料金内で提供しますので、TELACOでの習い事も元気に回復して受講できます。 施設ならではの取り組み 民間では、習い事などの追加プログラムをオプションで提供する施設が多いです。 TELACOではプログラミング教室と英語教室のレッスンを、基本料金内で週に1回ずつ受講いただけます。 プログラミングと英語は、一般的に受講料が月1万円ほどかかるので、お預かりの基本料金内でレッスンを受講できるTELACOはとてもお得です! また、身の回りの物を使って、理科的事象を学んだり、考えながら体を動かして遊んだりする、日替わりのTELACOプログラムも用意しています。 特別イベント 民間学童では様々なイベントも催されます。 TELACOでは名鉄グループの強みを生かして、グループの施設で普段はできないような体験をします。 今年は名鉄グランドホテルにて仕事体験とコース料理をいただきました。 また矢作建設工業鉄道技術研修センターにて、駅で非常事態が起きた時の対処法を学んだり、ポイント切り替え機を自分たちで動かしたりと、さまざまな体験を行いました。 さて、これまで「トワイライト」「公設学童」「民間学童」の違いをお話ししました。 それぞれの違い以下のを表にまとめました。 このように学童は、その種類によって特性が大きく異なります。 皆様のニーズによって、マッチする施設が異なると思いますので、ぜひこのコラムを参考にしてください。 TELACOに関してご質問ございましたら、下のボタンよりお気軽にお問合せくださいね!• お知らせカテゴリー一覧•

次の

CiNii Articles

トワイライト スクール と は

放課後に子供たちの居場所を提供するという観点だけで見ると、 学童保育と トワイライト・スクールとの差異は、なかなか解りづらいと思います。 もっとも大きな違いは、 トワイライトは単に学校の一部を遊び場として提供しているだけで、 保育はしていないという点です。 それ故に私たちは、 学童保育の役割に大きな価値を見出しているのですが、ここでもう少し詳しく、実態に基づいて双方を比較してみることにしましょう。 1.目的 学童保育は、 働く父母の支援と、留守になる家庭に代わり子供たちに 生活の場を用意するためにあります。 トワイライトは、全ての一般児童に対してただ単に、放課後の遊び場を提供するために学校の一部を利用します。 働く父母の支援を念頭においたものではありません。 2.活動場所 藤が丘学童のすぐ近くには、グラウンドや遊具施設、雑木林、小山などが揃う 明が丘公園があり、子供たちは自主的にのびのび遊ぶことが出来ます。 トワイライトは、放課後の教室を利用しますが、運動場や体育館などの他の施設は、クラブ活動に占有されているため、実質的には利用できません。 もちろん学校なので廊下で走ったり遊ぶことは禁止。 3.運営体制 藤が丘学童では、経験豊かな 専門の指導員が毎日、子供たちの様子を注意深く見守ってくれています。 私たち父母は、学童に自由に出入りすることが出来ますので、子供たちに混じってその様子を見守ることも出来ます。 下校後は速やかに 学童に帰ってくることが原則ですので、姿が見えない場合は、すぐにそれぞれの父母に連絡を取ったり、所在を確認したり探し回ったりします。 トワイライトは、退職した元校長先生が指導者になることが多いのですが、この様に退職後再就職する方々は早い時期から出世して、教育現場から離れてしまっているというのが現実。 子供たちと直接ふれ合うことは、ほとんどない様です。 他に、地域の協力員やボランティアが参加していますが、各々が別に仕事を持っているため、交代制で常時参加できる訳ではありません。 また研修は受けていますが、保育については素人です。 トワイライトへの出席は、当日の児童からの申告によるので、 親が知らない内に欠席しているということも起こります。 また一旦帰宅すると、再登校しての参加は不可です。 4.活動について 藤が丘学童の普段の生活については、既にこのブログでご紹介していますが、最近の遠足では、モリコロ・パーク、科学館、子供向け演劇、映画などに行っています。 薩摩鶏飯、たこ焼き、焼肉、豚カツ、筑前煮などを各学年で協力し合って、美味しく作ることができました。 トワイライトでは、普段は子供に自主的に過ごさせています。 時々はイベント(体験学習、学びの講座、地域活動など)が催され、その時だけ参加する子供もいます。 5.運営費用 学童保育の運営は、行政からの助成金がまだまだ十分でないため、父母が負担する保育料については、残念ながら少額ではありません。 (兄弟割引、一人親家庭には減額助成制度があります。 ) トワイライトは、名古屋市が税金により運営しているのため、年間で500円の損害保険料のみ。 行政による育児政策は現在、トワイライトに肩入れし過ぎているように思います。 私たちは学童保育に対する助成金の増額を求めて、名東区単位・名古屋市単位、また県・全国規模で継続的に活動をしています。 大事な成長期にある子供たちの貴重な時間を、いかに過ごさせるかということを真剣に考えたとき、 学童保育が担う役割の重要性は明白なのです。 学童を上げてトワイライトを下げる意図がにおう一方的な文に感じられました。 目的 子供を預かってもらう結果、親が仕事やリフレッシュに時間を当てられるのであればその設立意図だけでトワイを下げる必要はないと思います。 親が知らない内に欠席しているということは起きないように出席票制になっており、出席していない場合またその逆は親に電話が行きます。 欠席はばれます。 活動について その学童特有の密な親も含めた繋がりをわずらわしく感じる人には、また家族だけの時間を過ごしたい人には、「子供を預かってくれる」事にのみ特化したトワイライトの位置は悪いものではないと思います。 運営費用 今後何年後何十年後を見据えた行政の判断なのではないでしょうか。 つまり行政も今後は学童を縮小、トワイライトの一般化を目指しているあかしだと思います。 対立ではなく、良い所をお互い活かして存続・融合出来れば理想なのではないですか? 投稿: 2017年9月30日 22:35.

次の