所得税 増税。 住民税の計算方法と納付方法を徹底解説【2020年】 [税金] All About

年収850万円超の会社員が所得税増税に!給与所得控除の改正

所得税 増税

課税所得が2500万円以上の場合は、逆に増税となります。 働き方の多様化を応援するための改革 誰もが受けられる基礎控除を手厚くするのは、働き方の多様化を後押しするためだそうです。 企業に属する働き方だけでなく、フリーランスや自営業などで働く人に、減税の恩恵が及ぶようにすると。 それでも、きっと当事者からしたら、まだまだサラリーマンの方が手厚いと感じているでしょう。 厚生年金とか、社会保険とか、サラリーマンの方が優遇されてることは多々ありますもんね。 子育て世帯=世帯主だけじゃないのに ところで、このニュースを見たとき、真っ先に思い出したのがこのつぶやきでした。 いや自分の給与明細見てて思ったんだけど、フルタイムオカーサンのわたしの明細、控除されるの通勤手当だけなんよね。 扶養を出て働くとはそういうことなんだけどさ、たしかに扶養はされていないけどわたしも「子育て世帯」の一員なんですけどー??ってなるじゃない。 ほんとにその通りなんです! 私は、子育て世帯の構成員ではありますが、何の税優遇も受けていません。 今回の改革も、私には一切関係ないことです。 だって、 子どもを扶養に入れているのは夫だから。 子どもにかかる教育費、食費、日用品、ほとんど私が出しているのに…(って、これは我が家の事情だけど) もちろん、家庭内の分担と協力の結果そうなったわけだし、夫が負担している住宅ローンや光熱費があってのことなんだけど。 お互い生活費を負担しあっているのに、片方にだけ控除が偏るのは、不公平な気がしちゃいます。 でも、 夫の収入は、子ども二人分を扶養しているおかげで控除が受けられていて、私は一切その恩恵を受けていないのです。

次の

必要なのは「消費税増税」と「所得税・法人税減税」

所得税 増税

Contents• 2020年からの所得税増税について 増税の件については、各メディアでも紹介されていますが「850万円会社員が増税の対象」になるという言葉だけが印象的ですが、所得税というのは非常に複雑な構成になっているので分かりにくいですよね。 年収850万円超、1月から所得増税…フリーや自営の大半は減税 働き方の多様化に対応するため、2020年1月から所得税が見直される。 年収が850万円を超える会社員や公務員などが増税となり、フリーランスや自営業者の大半が減税になる。 読売新聞 今回の改正を通じて、一部のサラリーマンでは「給料の手取りが減っている・・・」という人と、多くの個人事業主では「税金が安くなって手取りが増えている・・・」という人が出てくるのではないでしょうか。 では、具体的にどのように変わったのか結論から申し上げると 38万円 (33万円) 48万円(43万円) 2400万円超2450万円以下 32万円(29万円) 2450万円超2500万円以下 16万円(15万円) 2500万円超 なし 上の図で言うと、所得税の基礎控除が38万円から48万円(10万円分)上がります。 ただし、合計所得金額が2,400万円超の人はこの金額が逓減し、2,500万円を超えると基礎控除が なしになります。 表のカッコ内の数字は、住民税の増額を表しています。 給与所得控除の上限引き下げ等 給与所得は、給与収入から給与所得控除を引いて算出することになります。 そこからさらに、所得控除することができます。 例えば、生命保険控除や確定拠出年金の掛け金などを差し引き、その金額に税率をかけて所得税を出します。 控除額(差し引ける金額)が多いと、それだけ所得税が少なくなるという仕組みです。 今回の改正では所得控除を 一律10万円引下げて、上限収入金額がこれまでは年収1,000万円まで対象とされていた収入層から年収850万円まで引き下げました。 給与所得控除が10万下がったというのは、基礎控除が10万上がったので、その帳尻を合わせてプラスマイナスゼロにする目的で10万円引上げたと考えらます。 これまで年収1000万円の人達の控除額は220万だったのが、195万円に減額 この年収1000万円の基準が下がって850万円の層にまで引き下がって195万円の減額になって195万円までしか控除することが出来なくなりました。 ただし、所得金額調整控除という制度を利用すると年収850万円超の人でも、次のいずれかに該当する場合は、超える部分の10%(MAX15万円まで)控除可能になります。 所得金額の合計の場合、サラリーマン給与所得では以下のようになります。 給与所得-給与所得控除=給与所得 例えば、 給与収入100万円-控除55万円=給与所得45万円 ここで言う給与収入の100万円と言うのが『年収』となり、給与所得の45万円が『所得』ということになります。 いっぽう、事業所得(自営業やフリーランス)の場合は以下のようになります。 売上-必要経費-青色特別控除=事業所得 例えば、 売上げ300万円-経費100万=所得200万 事業所得の場合は、複数の所得がある場合、全てを合算して合計所得金額として出します。 所得税の速算表 これは国税庁のHPから作成した「所得税の速算表」です。 基本的には所得が上がるにつれ、段々と税率が高くなっていく仕組みになっています。 これが累進課税です。 課税所得金額等 税率 195万円以下 5% 195万円超~330万円以下 10% 330万円超~695万円以下 20% 695万円超~900万円以下 23% 900万円超~1800万円以下 33% 1800万円超~4000万円以下 40% 4000万円超 45% 自分がどの位置にいるのかを押さえておけば良いのではないでしょうか。 まとめ 今回は、2020年から「850万円会社員が増税」ということで、ざっと所得税の仕組みも含めてカンタン解説をしましたが、最後にまとめで「一体、どういう人が増税と減税になるの」をまとめておこうと思います。 サラリーマン(年収850万円以下)・・・・ 変化なし• サラリーマン(年収2595万超)・・・・・・ 増税• 個人事業主(合計所得2400万円以下)・・・ 減額• 個人事業主(合計所得2400万円超)・・・・ 増税 サラリーマンで850万円超の人で2万円位の増税って感じで、1,000万円で5万円位の増税で、1,500万円だと6. 5万円位の増税になるようです。 個人事業主で2,400万円以下の人の場合だと5万円位の減税になる感じで、個人事業主2,400万円超の人で10万円位の増税になる感じでしょうか。 これらをもとに自分に影響があるかないかを確認してみては良いのではないでしょうか。 今回は、これまで年収1000万円が境界線だったのが850万円の人も高所得として扱われて所得控除が減るという形になりましたが、今後、この850万円のラインどんどん引き下がっていく可能性もありますね。 最後までお読みいただいてありがとうございました。

次の

増税?減税? 2020年の所得税改正どうなるの?

所得税 増税

今年から、所得税が年収850万円超の会社員は増税となる。 それは、給料に対して適用される給与所得控除が縮小されるからである。 そもそも、この所得税の改正は、2017年12月ので決まっていた。 そこでは、給与所得控除を10万円減らす代わりに基礎控除を10万円増やすとともに、課税前の給与収入が850万円超の人には控除上限を195万円とし、850万円より給与収入を多く得ても控除が増えないようにすることとしたのである。 控除が減れば、税負担は増える。 個々の増税額や詳細は、拙稿を参照されたい。 これが、今年から所得税が年収850万円超の会社員は増税になる改正である。 そして、2021年には住民税にも適用されて、年収850万円超の会社員は住民税が増税になる。 それだけなら、他のメディアでも既に報じられている。 しかし、この同じ税制改正で、他の制度の変更をしないと、 来年以降に低所得者も負担増になるかもしれないのだ。 それはなぜか。 低所得者でも、「課税所得」は変わらないものの、「所得」が増えるからである。 「所得」が増えると、国民健康保険料や後期高齢者医療の保険料、国民年金保険料や介護保険料が増える可能性がある。 特に、それらが低所得者で増えることになる。 そのカラクリを説明しよう。 そもそも、「所得」とは何か。 納める所得税は次のように計算される。 図 所得税の計算の仕組み(出典:土居丈朗『入門財政学』日本評論社) 所得税制上、「所得」とは課税前収入のことではない。 課税前収入から「所得計算上の控除」を差し引いたものが「所得」となる。 所得計算上の控除は、収入を稼ぐための経費に相当する。 給与所得控除は、「所得計算上の控除」に含まれる。 「所得」が計算されたのちに、家計で生じる費用を差し引く意味も含めて、「所得控除」が設けられ、「所得」から「所得控除」を差し引いたものが「課税所得」になる。 「所得控除」には、納税者全員に与えられる基礎控除のほか、配偶者控除、扶養控除、医療費控除、社会保険料控除などがある。 今回の税制改正では、所得税や住民税の税率、そして税額控除は変更されない。 だから、「課税所得」が同じならば、負担する所得税や住民税は同じである。 給与収入が850万円超の人は、基礎控除が10万円増えるが、給与所得控除が10万円以上減るため、「課税所得」が増えて、所得税や住民税が増えることになる。 給与収入が850万円以下の人は、基礎控除が10万円増えるとともに給与所得控除が10万円減るから、「課税所得」は変わらず、所得税や住民税は増えない・・・はずである。 ところが、注意深く見れば、課税前収入が同じなら、給与所得控除が10万円減ることで、「所得」は10万円増える。 もちろん、基礎控除が10万円増えるから、10万円増えた「所得」から10万円多く「所得控除」が差し引けるから、「課税所得」は変わらない。 とはいえ、「所得」が増えている。 「所得」が増えても、「課税所得」が変わらなければ、所得税や住民税は増えない。 しかし、「所得」が増えることで負担が増えるものがある。 それが、前掲の医療・介護・年金の保険料である。 「所得」が多いほど、保険料が増えたり、保険料の減免が受けられなくなったりする仕組みになっている。 前掲したの図に示されたような所得税の計算で用いられる概念は、社会保障制度でも多用されている。 特に、社会保険料の計算で用いられている。 ただ、それがわかっていながら、所管する省庁や自治体が異なるとか、与党や国会でも議論が縦割りになっているとかで、税制改正の議論に連動して社会保険料の議論を行わないのが、妙な慣例になっている。 そうしたこともあって、税制改正は既に決まっていて法改正も行われたのだが、それに連動した社会保険料の見直しはまだ決定していないのだ。 ついでにいえば、「所得」の変動に連動する医療・介護・年金の保険料の変動は、所得税の改正が実施された翌年以降に生じるので、すぐに決めなくてよいという態度になってしまうのかもしれない。 では、「所得」が変わるとどこに影響が及ぶか。 筆者が調べた限り、• 国民健康保険と後期高齢者医療の保険料軽減措置の判定に用いられる所得• 国民健康保険等の保険料算定に用いられる旧ただし書き所得• 国民年金保険料の免除の判定に用いられる所得• 介護保険第1号被保険者の保険料の所得段階区分の閾値 が挙げられる。 これらの基準額(閾値)を、それぞれ10万円引き上げないと、対象者の保険料が増えることになる。 この負担増は、医療での保険料軽減措置や年金保険料の減免を受ける低所得者に及ぶ。 給与所得控除が10万円減ることによって、「所得」が10万円増えるから、これらの基準額(閾値)を、それぞれ10万円引き上げないと、負担増を相殺できない。 加えて、「所得」は、児童手当の所得制限の判定に用いられる所得にも使われているから、この基準額(閾値)を10万円引き上げないと、対象者の児童手当が減る。 今般の所得税制改正に連動して、前述の基準額(閾値)の変更を行わないと、政策意図と異なる影響が生じる。 今年までに法令改正や条例改正などで措置しないと負担増が生じる。 対応する当事者は、年金や児童手当は中央省庁・国会であり、国民健康保険、後期高齢者医療制度、介護保険は地方自治体・地方議会である。 ボーっとしてると、負担増が低所得者に及ぶことになる。 ***** 付録 所得税制の中にも、「所得」が増えることで負担増になる仕組みはある。 例えば、配偶者控除の対象配偶者の判定、寡婦・寡夫控除の適用、基礎控除の逓減・消失を見極める際、「合計所得金額」が用いており、「所得計算上の控除」が減ると「合計所得金額」が増える。 税制改正に合わせて基準額(閾値)を変えないと、「所得」が増えることでこれらの「所得控除」が減って、所得税・住民税の負担が増える場合がある。 しかし、今般の所得税制改正では、これらの基準額(閾値)は変更しないという政策判断を行った。 というのも、これらの所得控除は、高所得者ほどより多く税負担軽減の恩恵を与えており、敢えて基準額(閾値)を変えないことで、高所得者には所得税・住民税の負担が増えるようにする意図がある。 これによって、低所得者が負担増になることはまずない。 新型コロナウイルス感染拡大防止のために一斉休校にしたり、イベントや外出が自粛されたりすることで、休業せざるを得なくなった人が多く出ている。 テレワークができるなら仕事ができるから給料ももらえるが、休業を強いられるとその分収入が減って家計に響くと心配する声が出ている。 これに対して、政府は、従来からある休業補償の仕組みの活用を呼びかけている。 従来からある仕組みとは、雇用保険である。 雇用保険には、いくつかの給付の仕組みがあるが、その中に雇用調整助成金という仕組みがある。 厚生労働省は、今般の新型コロナウイルス感染症の影響を受ける事業主も特例として雇用調整助成金の対象とすると決めた。 雇用調整助成金とは、経済上の理由により事業活動の縮小を余儀なくされた事業主が、労働者に対して一時的に休業、教育訓練又は出向を行い、労働者の雇用の維持を図った場合に、休業手当、賃金等の一部を助成するものでである。 雇用保険の加入には、フルタイムかパートタイムかは問わない。 パートタイム労働者でも加入できる。 31日以上引き続き雇用されることが見込まれる者で所定労働時間(休憩時間を除く労働時間)が1週間で20時間以上であれば、加入が義務付けられる。 これまでに雇用保険に加入していれば、上記の雇用調整助成金は適用対象になる。 雇用保険に加入するには、事業主が手続きすることが必要で、労使がそれぞれ負担する雇用保険料を払っている必要がある。 雇用調整助成金は、労働保険特別会計(雇用勘定)から支給されるから、国家予算として国会での議決が必要だが、十分に余裕を持って予算が組まれている。 そして、財源も備えがある。 労働保険特別会計雇用勘定には、雇用安定資金という積立金がある。 これまでに納められた雇用保険料がその元手で、資金は雇用調整助成金のためだけにあるわけではないといえども、雇用安定資金の残高は2019年度末に1兆3890億円となる見込みで、それだけの備えがある。 雇用調整助成金の財源を確保したいなら、この雇用安定資金を取り崩せばよい。 ただ、問題もある。 雇用調整助成金は、雇用保険加入者にしか支給できない。 パートタイム労働者でも、雇用保険に入っていれば支障はないが、必ずしもそうではないし、フリーランスを含む個人事業主は加入していない人が大半だ。 今年1月現在で、就業者数は6687万人、雇用者数は6017万人、雇用保険の加入者(被保険者)数は4417万人で、雇用者のうち73. 4%加入している(就業者数と雇用者数は総務省『労働力調査』、雇用保険の被保険者数は厚生労働省『雇用保険事業月報』による)。 逆にいえば、雇用者のうち26. 6%は雇用保険に加入していない。 就業者との比率でとれば34. 0%は雇用保険に入っていないことになる。 就業者の3人に1人は上記の仕組みが使えない。 そうなれば、別途の仕組みを臨時に設けるしかない。 しかも、予め用意している財源もない。 政府は、3月10日に第2弾の緊急対応策を発表する予定で、フリーランスを含む個人事業主に実質的に無利子・無担保の融資や保護者が休職した場合の新たな助成金制度の創設など、上記の仕組みではカバーできない人に対する支援が盛り込まれるとのことである。 ただ、「融資」では後日返済が求められるから、それでは支援になっていないのではないかとの声もある。 渡し切りの「給付」にできないのか、と。 渡し切りの給付にするには、国の一般会計から税金を財源として給付する仕組みを新たに設けるということが考えられる。 2019年度予算は、3月現在2700億円余の予備費が残っており、それを活用すればよいとの見方もある。 ただ、この2700億円という金額は、新型コロナウイルス感染対策に諸外国が注ぎ込んでいる金額に比べて少なすぎると批判する向きがある。 しかし、この批判は、会計年度の仕組みを理解しておらず、的を射ていない。 わが国は、4月から始まり翌年3月までが会計年度で、今年度予算は3月末までしか有効ではない。 繰越はできるものの、4月からは新年度予算が(国会で可決されれば)執行できる。 3月も残り20日しかないのに、2019年度予算でてんこ盛りの経費を計上しても、すぐに失効する。 経費を計上するなら2020年度予算ですべきだろう。 ちなみに、3月末までに自然成立が確定しているが、現在参議院で審議中の2020年度予算案には、5000億円の予備費が計上されており、当面の特例的な経費を賄うだけの備えはある。 諸外国が新型コロナの対策費を日本より多く計上しているのは、会計年度の途中の月だからである。 会計年度は、アメリカは10月から翌9月、中国、韓国、イタリアは1月から12月で、今たくさん計上しておかないと、年度途中で再度積み増さなければならなくなるからである。 さて、渡し切りの給付に話を戻そう。 雇用保険でカバーされていない対象に、税金を財源として給付するというのは、政治判断である。 特に低所得者を支援するには効果的だろう。 それなら、政府は即決すればよいのに、それができないのは、多くの国民がそれで割り切ってくれるかという悩ましい問題があるからだ。 雇用保険は、保険料を払った人しか支援が受けられない。 だから、雇用保険に入っていない非正規雇用者やフリーランスはカバーされない。 保険料を払っていないのだから、支援することはできない、というわけだ。 そこで、雇用保険に入っていない人たちに税金を財源として支援するとなるとどうか。 対象者は助かる。 しかし、雇用保険料を払っていなくても税金を財源として助けてもらえるのなら、毎月手取りの給料を減らして真面目に保険料を払ったことが報われないと、雇用保険の加入者から不満が出てくる。 雇用保険料には事業主負担もあるから、その分人件費がかさむのに報われないなら、真面目に雇用保険の加入手続きをしない事業主が増えるかもしれない。 保険料を払った人しかそれを財源とした支援はできないといいつつ、その支援対象から外れた人に税金を使って支援すると真面目に保険料を払った人が報われないとの声が出る。 さりとて、税金を使わず保険料を財源にして、保険料を払っていない人も支援するというのも、自らの保険料を他人に使うなといわれる。 それは、今回のケースでも、公的年金でもそうである。 税金を投じて支援することは必要だが、既存の仕組みとどのようにバランスをとっていくかにも配慮が必要である。

次の