さくら 乳腺 外科。 上豊田さくら乳腺クリニック

さくら乳腺外科婦人科の口コミ・評判(3件) 【病院口コミ検索Caloo・カルー】

さくら 乳腺 外科

外科(一般外科) 当科では大学病院で専門領域の診療を経験した医師が最新の技術、知識をもって診療にあたります。 従来の開腹手術も行いますが、傷が小さく、体に負担の少ない腹腔鏡手術も積極的にとりいれております。 高難易度手術を要する疾患は大学より医師を招聘し、安全かつ最先端の治療を行っています。 患者さんだけではなく、ご家族も安心して治療を受けられるように近隣の開業の先生方とも連携をとり、患者主体の医療を心がけております。 県内の大学病院との連携により、手術後の患者様の転院受け入れも積極的に行っております。 消化器外科 食道・胃・腸・胆嚢・肝臓・膵臓などの臓器に関する診療を行います。 胃・十二指腸疾患については、胃内視鏡は患者さまの負担の少ない、細径内視鏡を用いた内視鏡専門医による経鼻内視鏡を取り入れています。 胃・十二指腸潰瘍に対する治療や、それら潰瘍、胃がんとの関連があるとされるヘリコバクター・ピロリ菌の除菌療法も行っています。 胃の痛みや胸やけなどの症状がある方、便秘、すぐ下痢をしてしまうなどの方はご相談ください。 主な症状 腹痛、嘔吐、下痢、吐血、下血、便秘などの腹部の症状 当科で可能な検査と治療 内視鏡、X-P、CT、MRI、超音波検査などを使用し、疾患の確定診断を行います。 消化器がん、胆石、潰瘍、痔核、ヘルニアなどの治療を行います。 当院では、比較的侵襲の少ない経鼻内視鏡も取り入れております。 お気軽にご相談ください。 呼吸器外科 呼吸器外科では、肺がん、縦隔腫瘍、気胸などの呼吸器疾患について専門医が診察・治療します。 疾患を正確に診断するとともに、エビデンス(科学的根拠)に基づく治療を行っています。 専門外来 乳腺科 日本人女性の発症率が急激な上昇傾向にある乳がんに対し、がん治療の臨床経験を豊富に持つ乳腺専門医が診療しますので、不安な方でもどうぞお気軽にご相談ください。 乳がんには食欲不振や体調不良などの初期症状がほとんどないため、乳房の微妙な変化に気づかずに放置しておくと、がん細胞が増殖し全身に転移してしまうことになります。 こうした状況を防ぎ、早期発見と治療に導くため、乳房にしこりを感じたり、乳頭から血のまじった分泌物が出るなどの症状を自覚されたら、すぐに受診ください。

次の

上豊田さくら乳腺クリニック

さくら 乳腺 外科

まぎれもないセカンドレイプ 純子さんには納得できない点がいくつもある。 「上半身裸の写真を15枚以上顔を入れて撮られました。 通常は3枚程度で顔は写さないそうです。 なぜ私のときだけ顔を写したのか。 それに自分で服をめくらされる状態で写真を撮られました。 普通はありえないやり方だそうです」 判決内容にかかわらず、純子さんへの誹謗中傷はまぎれもないセカンドレイプ。 無罪判決後、純子さん側にも12人の大弁護団が結成され、主任の上谷さくら弁護士は、「被害者をいわれなき誹謗中傷から守り、被害回復することが重要。 被害者を支える体制を作り、控訴審で戦っていきたい」と話した。 一方、医師側は3月27日、東京・足立区内で『外科医師を守る会』の無罪判決報告会を開き、医療関係者など119人が参加する大規模な集会となった。 そこには佐田医師の姿も。 取材には応じないという佐田医師の代わりに、柳原病院・外科部長で『外科医師を守る会』呼びかけ人の八巻秀人医師が、 「(佐田医師は)105日も不当に勾留されているわけですから」 と、佐田医師を慮り記者の質問に答えた。 医療用語に「QOL(クオリティー・オブ・ライフ)という言葉がある。 患者や家族の「生活の質」を維持・向上させる考え方で、末期がん患者の苦痛を取り除いてその人らしい生活を送れるようにしてあげたり、望まない延命治療を強いることのないよう医療従事者側が配慮するときなどに使われる。 患者目線で向き合う医療の理想だ。 純子さんの場合、QOLは最悪だった。 重篤な患者ではないがそれはまだ続く。

次の

わいわい

さくら 乳腺 外科

今回は少し長文です。 ちびまる子ちゃんの原作者さくらももこさんが 53歳でお亡くなりなったとのニュース、私も驚きました。 乳がんだったそうで、闘病期間は 10年あまりとの情報もあるようです。 少女漫画月刊誌の『りぼん』には私も多感な時代に夢中になり、そのなかにちびまる子ちゃんが連載され、しばらくしてアニメの放映も始まりました。 テーマ曲は学校でもよくみんなで歌っていたのを覚えています。 新しい世代にも変わらず愛されるキャラクターを造られた方のニュースで本当に残念です。 芸能人に乳がんが多いとの印象を受けられるかもしれませんが、実際は身近にも経験者(サバイバーという言い方もあります)がいらっしゃるかもしれません。 ステージが軽く、薬の治療も内服だけの方ですといつもと変わらない生活を送られているように見える方が大勢いらっしゃいます。 帯広・十勝管内では年間約 250の乳がん手術が行われていると推計され、多くの乳がんは治っていきます。 9%です。 定期的な検診をうけ、何か症状があった場合にはすぐに受診していれば助かっていた可能性もあるかと思うと、乳がんに関わるわたしたち医療関係者の努力がまだまだ足りないことを痛感します。 帯広市内で乳腺外科開設から一年になりますが、乳がん発生率が多い北海道の中でも十勝管内は多いように感じております。

次の