波多野 睦美 メゾソプラノ 歌手。 【楽天市場】コーリング・ユー[CD] / 波多野睦美 (メゾソプラノ)、大萩康司 (ギター):CD&DVD NEOWING

コーリング・ユー

波多野 睦美 メゾソプラノ 歌手

メゾソプラノ波多野睦美と作曲家・ピアニスト高橋悠治によるシューベルトの「冬の旅」。 二人は2006年から共に演奏を始め、高橋作品を含む日本、フランス、イギリス、ドイツ、の近現代歌曲、バリトンサックスの栃尾克樹とのトリオ「風ぐるま」での音楽史を縦断するオリジナルプログラムなどの演奏で注目を浴びている。 2016年1月からコンサートで披露され、毎年の公演開催をめざすシューベルトの「冬の旅」が、この度CDになった。 「冬の旅」は、作曲当時からシューベルトの友人たちをその「暗さ」で驚かせたが、暗さの底に強い意思をみせる歌詞の奥深さとメロディライン、ピアノ伴奏との一体感が多くの歌手を惹きつけてやまない。 男声のために書かれた作品だが、女声による名演も多い。 長年にわたって多くの名歌手、器楽奏者、俳優らと「冬の旅」の演奏を重ねてきた高橋悠治と、そのピアノにインスパイアされた歌手・波多野睦美の演奏には「神なき時代に、友と連帯し、なお前進してゆこうとする静かな決意」が聴こえると解説の堀朋平が書いている。 一足一足よろめきながら踏みしめて歩くような演奏は、シューベルトの時代の社会的な閉塞状況を現代に重ねた、新しい「冬の旅」の始まりを想起させる。 実演では何度か披露されている《冬の旅》ですが、ここで満を持しての新録音。 波多野さんの歌唱は、聴き手に距離感をとても近く思わせてくれるところがあります。 それは温かみのある優しい色合いの声の魅力にもあるのでしょうが、何と言ってもこの方には「語るように歌う」という表現がぴったり。 淡々としている様でいながら深く歌いこむ表現力と、時にシャープな主張性を感じる高橋さんとの顔合わせはパリッとした緊張感を醸し出し、凍てつくような情景が迫ります。 共に唯一無二の存在といえる活躍を続けていらっしゃるお二人ならではの得難い演奏です。 高橋さんご自身による対訳つき。 intoxicate C 古川陽子 タワーレコード (vol. 131(2017年11月25日発行号)掲載).

次の

ぴあ/第37小節 メゾソプラノ歌手:波多野睦美/特集コラム

波多野 睦美 メゾソプラノ 歌手

波多野 睦美(メゾソプラノ) 英国ロンドンのトリニティ音楽大学声楽専攻科修了。 シェイクスピア時代のイギリスのリュートソングでデビュー。 国内外で多くのコンサート、音楽祭に出演し、バロックオーケストラとも数多く共演。 また、間宮芳生作品のアメリカでの世界初演、サイトウキネン武満徹メモリアルコンサート、水戸芸術館「高橋悠治の肖像」、サントリーホール「作曲家の個展2013権代敦彦」等、現代音楽の分野でも積極的に活動。 オペラではモンテヴェルディ「ポッペアの戴冠」のオッターヴィア、パーセル「ダイドーとエネアス」のダイドーなど、深い表現力と存在感で注目される。 「パーセル歌曲集/ソリチュード」など古楽器との共演による数多くのCDのほか、高橋悠治との共演で「ゆめのよる」「猫の歌」を発表、いずれも高い評価を得る。 音楽評論誌「アルテス」にエッセイ「うたうからだ」を連載中。 BS-TBS「LIFE〜世界と踊る」のナレーションを担当。 つのだ たかし(リュート) ドイツ国立ケルン音楽大学リュート科を卒業。 ルネサンスからバロックの時代に愛された撥弦楽器リュートの独奏のほか、歌曲の伴奏者として歌手から厚い信頼を受けて活動。 エマ・カークビー、エヴリン・タブ、ロベルタ・マメリ、波多野睦美、ルーファス・ミュラー、クラウディオ・カヴィーナ、牧野正人ら内外の多くの名歌手の伴奏を務める。 ジャンルを超えた古楽器バンド《タブラトゥーラ》、聖歌・宗教音楽を演奏する《アンサンブル・エクレジア》を主宰。 モンテヴェルディのオペラ「オルフェーオ」、シェイクスピアの舞台「十二夜」(Bunkamura)、フランス中世の歌物語「オーカッサンとニコレット」の音楽などの舞台作品、映画の音楽も手がける。 古楽の新しい楽しみを発信し続け、ジャンルを越えた幅広い聴衆から支持を受けている。 古楽CDレーベルのさきがけとなった『パルドン』をプロデュースして16-17世紀の声楽曲を中心にCD作品を多数発表。

次の

コーリング・ユー

波多野 睦美 メゾソプラノ 歌手

新宿育ちのつのださんから連載がまわってまいりました。 九州は、大分と宮崎のハーフの歌い手、波多野です。 こんにちは。 聞くところによると最近は、東京の女子高生の間で方言で会話するのが流行っているそうですね。 「今日は津軽弁で」などと、ガイド本で方言を攻略しては仲の良い子同士でしか通じないおしゃべりを楽しむそうです。 地方出身者にとってショックなのは、標準語だと信じて疑わなかった言葉が実は方言だった!と知ることです。 最近標準語ではないと知って驚愕したのが、運転する時の用語「離合(りごう)」です。 これは九州では比較的幅の狭い道路で2台の車がすれ違うことを意味します。 これが方言だと知ったすぐ後のことでした。 ある特報番組でキャスターの鳥越俊太郎さんが現地で取材するリポーターに向かって「その道で離合はできるのですかっ?」と呼びかけ、聞かれた相手は「???」と返答できず、という場面がありました。 鳥越さんは確か長崎のご出身。。。 大分弁にはもうひとつ、なくてはならない交通用語があります。 「一寸ずり」。 これはひどい渋滞で少しずつしか前に進めないことを言います。 故郷大分では交通情報でも堂々と「ただいまの時間、駅前は一寸ずりの状態です」などと使われています。 この二つの言葉が標準語でないとは、一体自動車教習所の教官はどう説明するのでしょう?「さあ、今日は、一寸ずりになった道路での離合の練習だ!」と言いたい時に。 運転技術といえば、昔はマニュアルでの教習がメインだったものです。 クラッチを踏みつつギアをチェンジする感覚は、発声における「息」と「チェンジ」(声の変わりめ)のコントロールに似ているように思います。 アクセルを踏むとスピードが上がり、そのスピードに合わせてギアを変更していく、そのギアチェンジの際のクラッチとアクセルのバランスおよびタイミングがマッチしないとエンストを起こしてしまう。 音域の移り変わりに伴って、声の響き具合が変わっていく、その際どのように息の流れを誘導していくか、車のギアチェンジとの共通点はかなりのものです。 息の流れが「一寸ずり」にならないように、歌い手は日夜努力しております。 次回のエッセイは、方言とは無縁のイメージ、チェンバリストの曾根麻矢子さんです。 イギリス・ルネサンス文化の粋を極めたJ.ダウランドのリュートソング演奏でデビュー。 以来、イタリア、スペインの古歌からロマン派・近代の歌曲、日本の作曲家の現代作品まで、歌曲を中心とする独自のレパートリーをもち、国内外で多くのコンサートを行っている。 歌の言葉への誠実な取組み、常に新鮮なアプローチで、陰影に富む表情、心に残る人物像を描き出し、あたたかく潤いのある声で歌われるその歌は聴衆を魅了。 オペラのジャンルでは『ダイドーとエネアス』 パーセル の女王ダイドー、『オルフェーオ』 モンテヴェルディ の音楽の精、『イドメネオ』 モーツァルト の王子イダマンテなどを演じ、高く評価された。 ラ・ボレアード、バッハ・コレギウム・ジャパン等、古楽オーケストラとの共演も多い。 2005年から王子ホールで自らプロデュースする「歌曲の変容シリーズ」を開始。 今年6月には「子守唄のおまじない」と題して、ブリテン、エルガーら、イギリス近代歌曲を取り上げる予定。 「ひとときの音楽--バロックの美しい歌」「優しい森よ/ダウランドのリュートソング」 レコード芸術特選盤 「モンテヴェルディ 祈りの歌」「美しい日本の歌」「サリー・ガーデン」「イギリスの古いキャロル」などCD作品も多数。

次の