バーレスク 東京 rio。 バーレスク東京のギャル天使Rioちゃんに会ってきた!

バーレスク東京は事前予約から。知っておきたい料金とチップのシステム

バーレスク 東京 rio

東京・六本木に、月売上が約1億円にものぼる景気の良い場所が存在する。 その名も『バーレスク東京』。 2013年のオープン以来話題を集め、そのステージを一目見ようと女性や海外からの客も連日多く訪れる。 今回は、同店でNo. 1のSNSフォロワー数を誇るRioさんにインタビュー。 人気バーレスクダンサー フォトギャラリー• 実際に看護学校に進んだんですけど、ある日病院で実習していたときに、先輩の看護師さんから「あなたは患者さんからの人気が高いから、一度それが生かされる場所で働いてみたら」と何気なく言われて。 もともと踊るのも好きだったし、ちょうどそんな時、バーレスク東京のプロデューサーからTwitterをフォローされて「バーレスク東京か……やってようかなあ」と、いろいろタイミングが重なって入ることになりました。 で、それが10月ぐらいで、看護師の国家試験が次の年の2月だったんですけど、これで試験に落ちたら保険としてバーレスク東京に入ったみたいでカッコ悪いから、なおさら勉強を頑張って合格することができました。 努力家ですね。 そもそもなぜ看護師さんを目指していたんですか? Rioママの影響が大きいですね。 普通、小さい頃って、寝る前に「絵本」を読み聞かせてくれると思うんですけど、私のママは道端に子供が寝ているような「アフガニスタン戦争の写真集」を見せてくるんです(笑)。 常々「あんたはベッドで寝られるだけで幸せなのよ」とも教育されてきて。 一緒にでかけたときも、ママは電車でお年寄りには必ず席を譲るし、目が見えない人がいたら、違う駅でも一緒に降りて案内したり……そんな姿をいつも見てきたから、自分の進路を考えたときに「私は健康なんだから不自由にしている人を助けよう」と、自然に看護師さんの道を選んでいました。 最終的にはやはり看護師に もう一つの夢は自身のアパレルブランドの立ち上げ• 「ミスiD 2018」にも出ていて露出もありましたし。 Rioありがたいです。 でも私は女の子のファンの方が断然多いですね。 Instagram見て来てくれた子はもちろん、お店で「Rioちゃんが生きているから私も生きています」とまで言ってくれる子もいました(笑)。 いま24歳になりますが、30歳ぐらいまでは続けていきたいと思っています。 大阪とか箱根とか……バリにも行きましたね。 あとは読書! バーレスク東京でステージに出て帰ってきても、ずっとテンションが高いままで眠れないんです。 そんな時によく本を読んでいます。 学生とかは色々なジャンルの本を読んでいたんですけど、いま毎日が刺激的すぎて、のんびりした展開の本しか読めなくなっちゃったんですよね。 本に刺激はいらない(笑)。 Rioやっぱり最終的には看護師さんになりたいです。 あとは、いまお店で「 水色向上委員会」という、ダンサー、お客さん皆が水色の服を着るイベントを主催していて。 3回ほど開催して好評なので、ゆくゆくは水色の服を基調とした自分のアパレルブランドをやりたいなあという夢もあります。 Rioはい。 あ、でももしかしたらバーレスク東京が何かしら協力してくれるかも……(笑)。 (写真・山口真由子) 人気バーレスクダンサー フォトギャラリー• Information 〒106-0032 東京都港区六本木3丁8-15 日拓ビル地下2階.

次の

バーレスク東京レポート2020番外編Ⅱ 🐇バニーガール撮影会🐰

バーレスク 東京 rio

こんにちは、yuiです! バーレスク東京 バーレスク東京とは、東京六本木にあるダンスや歌のショークラブです。 「マツコの知らない世界」でも取り上げられて、今すごく勢いのある夜の世界だと思います! なんでそんなに勢いがあるのか、 バーレスク東京の女の人達が もうめちゃくちゃに可愛いんです!! ちなみに下の画像が今回私が行ったイベントのお知らせです。 もうめちゃくちゃに可愛いんです 大事なことなので みんな当たり前に顔が可愛いし、そしてスタイルがいい!! なんで芸能人じゃないんだ、っていう人ばっかりです。 thePink 大阪ミナミ そんなバーレスク東京の女の子達が、9月16日に大阪ミナミのthePinkに来る!!! しかも私のイチオシ、ギャル天使Rioちゃんも来る!!!! Rioちゃんが出張メンバーになるのは珍しくて、しかも大阪!! 私の住んでる街に来る!! もうこれは行くしかないということで行ってきました。 三連休最終日の月曜日だったんだけど、ショーのタイムテーブルが 24時〜ショー 27時〜ショー と、ゴリゴリの深夜。 まっすぐ歩いて曲がって、って感じで迷う所もなく辿り着けた。 thePinkの前には21時30分ちょうどくらいに着いたんだけど、 すんごい人!!! で、男の子も女の子も聞こえてくるワードはRioちゃん、Rioちゃん、Rioちゃん、、、 恐るべし最強人気のRioちゃん!!!! そして、女の子のファンもみーんなめちゃくちゃ可愛いかった…! 待つこと数分、とうとうバーレスク東京の皆さんが登場! オーラがすごい!!!! そしてRioちゃんが目の前を通った…!!! 顔ちぃっちゃーい!!!! 誇張ナシで、こぶし分しかお顔がない。 足長過ぎ。 ほぼ足や。 写真撮影の時にお手紙やプレゼントも直接渡せて嬉しかった! やっぱり何か渡したいものって手渡し出来るのが1番ファンは嬉しい!! まさかのRioちゃんを目の前にして… 私も写真撮影のRioちゃん列に並んでて、そしたら前の子がめちゃくちゃ泣いてた ゚O゚ !! 実際バーレスク東京のお店に会いに行って 「嬉しくて泣いてしまった」 っていうコメントをいっぱい見て来たから そんなに驚きはなかったけど、 泣くほど嬉しい気持ちわかる〜 と思いながら後ろで緊張で吐きそうになってました。 (笑) そして私の番が来て、Rioちゃんに直接お手紙渡せして お顔を見た瞬間… 「ぅわあー!!!!」 まさかの、大号泣…!!! 自分でも嘘やん、、て思うくらい泣いてしまった。 会えた嬉しさと緊張と信じられない可愛いさで感情がおかしくなってしまった。。 いきなりの号泣で絶対びっくりさせてしまったのに Rioちゃんは優しく話しかけてくれて 手にぎりながら!!…惚れる!! 写真の時は肩に手回してくれてて 本当に天使でした。。 バーレスク東京 Rioちゃんの優しさに感動だったけど、 女の子全員が、 一人一人と丁寧にたくさんお話してくれてて ダントツで皆さんが可愛いのに「可愛い〜」って言ってくれたり まだ写真撮れてない子達のこと気にして声掛けてくれたり 写真も色んなポージングしてくれてて めちゃくちゃ優しさで溢れていた…。

次の

バーレスク東京レポート2020① 褌

バーレスク 東京 rio

東京・六本木に、月売上が約1億円にものぼる景気の良い場所が存在する。 その名も『バーレスク東京』。 2013年のオープン以来話題を集め、そのステージを一目見ようと女性や海外からの客も連日多く訪れる。 今回は、同店でNo. 1のSNSフォロワー数を誇るRioさんにインタビュー。 人気バーレスクダンサー フォトギャラリー• 実際に看護学校に進んだんですけど、ある日病院で実習していたときに、先輩の看護師さんから「あなたは患者さんからの人気が高いから、一度それが生かされる場所で働いてみたら」と何気なく言われて。 もともと踊るのも好きだったし、ちょうどそんな時、バーレスク東京のプロデューサーからTwitterをフォローされて「バーレスク東京か……やってようかなあ」と、いろいろタイミングが重なって入ることになりました。 で、それが10月ぐらいで、看護師の国家試験が次の年の2月だったんですけど、これで試験に落ちたら保険としてバーレスク東京に入ったみたいでカッコ悪いから、なおさら勉強を頑張って合格することができました。 努力家ですね。 そもそもなぜ看護師さんを目指していたんですか? Rioママの影響が大きいですね。 普通、小さい頃って、寝る前に「絵本」を読み聞かせてくれると思うんですけど、私のママは道端に子供が寝ているような「アフガニスタン戦争の写真集」を見せてくるんです(笑)。 常々「あんたはベッドで寝られるだけで幸せなのよ」とも教育されてきて。 一緒にでかけたときも、ママは電車でお年寄りには必ず席を譲るし、目が見えない人がいたら、違う駅でも一緒に降りて案内したり……そんな姿をいつも見てきたから、自分の進路を考えたときに「私は健康なんだから不自由にしている人を助けよう」と、自然に看護師さんの道を選んでいました。 最終的にはやはり看護師に もう一つの夢は自身のアパレルブランドの立ち上げ• 「ミスiD 2018」にも出ていて露出もありましたし。 Rioありがたいです。 でも私は女の子のファンの方が断然多いですね。 Instagram見て来てくれた子はもちろん、お店で「Rioちゃんが生きているから私も生きています」とまで言ってくれる子もいました(笑)。 いま24歳になりますが、30歳ぐらいまでは続けていきたいと思っています。 大阪とか箱根とか……バリにも行きましたね。 あとは読書! バーレスク東京でステージに出て帰ってきても、ずっとテンションが高いままで眠れないんです。 そんな時によく本を読んでいます。 学生とかは色々なジャンルの本を読んでいたんですけど、いま毎日が刺激的すぎて、のんびりした展開の本しか読めなくなっちゃったんですよね。 本に刺激はいらない(笑)。 Rioやっぱり最終的には看護師さんになりたいです。 あとは、いまお店で「 水色向上委員会」という、ダンサー、お客さん皆が水色の服を着るイベントを主催していて。 3回ほど開催して好評なので、ゆくゆくは水色の服を基調とした自分のアパレルブランドをやりたいなあという夢もあります。 Rioはい。 あ、でももしかしたらバーレスク東京が何かしら協力してくれるかも……(笑)。 (写真・山口真由子) 人気バーレスクダンサー フォトギャラリー• Information 〒106-0032 東京都港区六本木3丁8-15 日拓ビル地下2階.

次の