十訓抄 和訳。 安養の尼の小袖: 高校古文こういう話

【現代語訳】大江山/1分でわかるあらすじ|古典の現代語訳

十訓抄 和訳

原文 ゆく河の流れはずして、もとの水にあらず。 よどみに浮かぶは、かつ結びて、たるなし。 世の中にある人とすみかと、また。 の都のうちに、棟を並べ、甍を争へる、、、人の住まひは、世々をてぬものなれど、これをまことかとば、昔し家は。 去年焼けて今年作れり。 あるいは大家て小家となる。 住む人もこれに同じ。 所もず、人もど、し人は、二、三十人が中に、ひとりふたりなり。 また知らず、仮の宿り、たがためにか心を、何によりてか目をしむる。 その、あるじとすみかと、無常を争ふさま、いはば朝顔の露にず。 あるいは露て花残れり。 残ると朝日に枯れぬ。 あるいは花しぼみて露なほ消えず。 消えずといへども夕べを待つことなし。 現代語訳 流れ過ぎていく河の流れは途絶えることがなく、それでいて(そこを流れる水は)もとの水ではない。 (河の流れの)よどみに浮かんでいる水の泡は、一方では(形が)消え(てなくなり)一方では(形が)できたりして、長い間(そのままの状態で)とどまっている例はない。 この世に生きている人と(その人たちが)住む場所とは、またこの(流れと泡の)ようである。 宝石を敷き詰めたように美しい都の中に、棟を並べ、屋根(の高さ)を競っている、身分の高い者や、低い者の住まいは、時代が経ってもなくならないものではあるが、これは本当にそうなのかと調べてみると、昔から存在していた家というのはめったにない。 あるものは昨年焼けてしまい今年造っている。 あるものは大きな家だったのが落ちぶれて小さな家となっている。 住む人もこれと同じである。 場所は変わらず、人も多いが、(私が)過去会った(ことのある)人は、2,30人のうち、わずかに1人か2人である。 朝に(人が)死に、夕方に(人が)生まれるという世の定めは、ちょうど水の泡に似ていることよ。 私にはわからない、生まれ死んでゆく人は、どこからやってきて、どこに去っていくかを。 またわからない、(生きている間の)仮住まいを、誰のために心を悩まして(建て)、何のために目を嬉しく思わせようとするのか。 その(家の)主と家とが、無常を争う(かのようにはかなく消えていく)様子は、言うならば朝顔と(その葉についている)露(との関係)と違いない。 あるときは露が落ちて花が残ることがある。 残るとは言っても朝日を受けて枯れてしまう。 あるときは花がしぼんでも露が消えずに残っていることもある。 消えないとは言っても夕方を待つことはない。 (その前に消えてなくなってしまう。

次の

十訓抄の訳

十訓抄 和訳

邢昺 ( けいへい )「論語注疏」(阮元『十三經注疏(附校勘記)』中華書局、1991年)を底本とし、諸本を参照して一部字句を訂正した。 字句の異同については、その都度注記した。 原文は原則として正字体、書き下し文は新字体・現代仮名遣いとした。 各章の区分けは 朱 ( しゅ ) 熹 ( き )『論語 集 ( しっ ) 注 ( ちゅう )』に拠った。 各章には全章の通し番号と各編ごとの番号とを合わせ記し、利用者の便を図った。 各章には章名を記した。 章名は太宰春台『論語古訓外傳』(嵩山房、延享2年)に拠った。 引用した書名の略称については、 何 ( か ) 晏 ( あん )等『論語 集解 ( しっかい )』は『集解』、 皇侃 ( おうがん )『論語 義疏 ( ぎそ )』は『義疏』、 邢昺 ( けいへい )『論語注疏』は『注疏』、 朱 ( しゅ ) 熹 ( き )『論語 集 ( しっ ) 注 ( ちゅう )』は『集注』と表記した。 「曰」の送り仮名は「 曰 ( いわ )く」で統一した。 学校教育の場では「 曰 ( い )ハク」に統一されているが、本来は「 曰 ( いわ )く」「 曰 ( い )わく」のどちらでもよい。 なお、「のたまわく」は「いわく」の尊敬語であり、孔子に対してだけは「のたまわく」と読んだ方がよいと思われるが、煩雑になるのですべて「 曰 ( いわ )く」で統一した。 現代語訳は 下村 ( しもむら ) 湖 ( こ ) 人 ( じん )(1884~1955)の『現代訳論語』、 魚返 ( おがえり )善雄(1910~1966)の『論語新訳』を登録した。 下村湖人および魚返善雄は死後50年以上経過しており、著作権が消滅している著者であると判断した。 ウィキペディア【】【】参照。 なお、2016年5月1日、青空文庫に下村湖人の『現代訳論語』が登録されたが、当サイトが登録しているテキストデータは、その数年前に独自に作成したものである。 現在、現代語訳に穂積 重遠 ( しげとお )(1883~1951)『新訳論語』を追加登録中である。 Unicodeで表示できない漢字は今昔文字鏡24dot画像を使用した。 〔国内〕• 石本道明/青木洋司『論語 朱熹の本文訳と別解』明徳出版社、2017年• 井波律子『完訳 論語』岩波書店、2016年• 宇野哲人『論語 上・下』(中国古典新書)明徳出版社、1967年• 宇野哲人『論語新釈』(講談社学術文庫)講談社、1980年• 江連隆『論語と孔子の事典』大修館書店、1996年• 魚返善雄『論語新訳』學生社、1957年• 荻生徂徠/小川環樹訳注『論語徴 1・2』(ワイド版東洋文庫 575・576)平凡社、2009年• 貝塚茂樹『論語』(中公文庫)中央公論新社、1973年• 貝塚茂樹編「論語古義」『伊藤仁斎』(日本の名著 13)中央公論社、1972年• 加地伸行『論語』(講談社学術文庫)講談社、2004年• 金谷治『論語』(岩波文庫)岩波書店、1963年• 簡野道明『論語解義』明治書院、1931年• 簡野道明『補註 論語集註 新装版』明治書院、1972年• 木村英一『論語』(講談社文庫)講談社、1975年• 久米旺生『論語』(中国の思想 9)徳間書店、1996年• 桑原武夫『論語』(ちくま文庫)筑摩書房、1985年• 子安宣邦『仁斎論語 上・下』ぺりかん社、2017年• 渋沢栄一『論語講義 全七巻』(講談社学術文庫)講談社、1977年• 下村湖人『[現代訳]論語』PHP研究所、2008年• 朱熹/土田健次郎訳注『論語集註 1~4』(東洋文庫 841・850・854・858)平凡社、2013~15年• 『縮臨古本論語集解』(漢文講讀課本 6)朋友書店、1979年• 太宰春台『論語古訓外傳』嵩山房、1745年• 武内義雄『論語之研究』岩波書店、1939年• 田所義行『新評論語 上・下』東京堂出版、1971・72年• 藤堂明保『論語』(中国の古典 1)学習研究社、1981年• 野中根太郎『全文完全対照版 論語コンプリート』誠文堂新光社、2016年• 平岡武夫『論語』(全釈漢文大系 1)集英社、1980年• 吹野安/石本道明『孔子全書 1~10 論語 1~10』明徳出版社、1999~2006年• 藤塚鄰『論語總説』国書刊行会、1988年• 穂積重遠『新訳論語』(講談社学術文庫)講談社、1981年• 宮崎市定『論語の新研究』岩波書店、1974年• 諸橋轍次『論語の講義 新装版』大修館書店、1989年• 『漢文大系(一)大學説・中庸説・論語集説・孟子定本』冨山房、1972年• 山田勝美『論語』(角川文庫)角川書店、1985年• 『要説 論語・孟子』日栄社、1969年• 吉川幸次郎『論語 上・下』(朝日選書 中国古典選)朝日新聞社、1996年• 吉田賢抗『論語』(新釈漢文大系 1)明治書院、1960年• 「論語義疏(校本・校勘記)」『武内義雄全集 第一巻 論語篇』角川書店、1978年• 〔国外〕• 邢昺「論語注疏」『十三經注疏(附校勘記) 下册』中華書局、1991年• 『論語何氏等集解・孝經唐玄宗注』臺灣中華書局、1974年• 劉寳楠・皮錫瑞撰『論語正義・孝經鄭注疏』(十三經清人注疏)上海古籍出版社、1993年.

次の

「十訓抄:大江山」の現代語訳(口語訳)

十訓抄 和訳

「黒=原文」・ 「青=現代語訳」 解説・品詞分解はこちら 問題はこちら 和泉式部、保昌が妻にて、丹後に下りけるほどに、京に歌合ありけるに、 和泉式部が、保昌の妻として、丹後へ下った時に、都で歌合があったところ、 小式部内侍、歌詠みにとられて、歌を詠みけるに、定頼中納言たはぶれて、 小式部内侍が、歌合せの歌人に選ばれて、歌を詠んだが、定頼中納言がふざけて、 小式部内侍、局(つぼね)にありけるに、「丹後へ遣はしける人は参りたりや。 いかに心もとなくおぼすらん。 」と言ひて、 小式部内侍が局(部屋)にいた時に、「(母の和泉式部に代作してもらうために)丹後へ派遣した人は帰って参りましたか。 どんなに待ち遠しく思いなさっているだろうか。 」と言って、 局の前を過ぎられけるを、御簾(みす)より半らばかり出でて、わづかに直衣(なほし)の袖を控へて 局の前をお通り過ぎになったのを、(小式部内侍は)御簾から体を分ほど出て、少し(定頼の)直衣の袖を引きとめて、 大江山 いくのの道の 遠ければ まだふみもみず 天の橋立 (母のいる丹後までの)大江山を越えて生野を通って行く道が遠いので、まだ(丹後の名所である)天の橋立に足を踏み入れていませんし、(母からの)文も見ておりません。 と詠みかけけり。 思はずにあさましくて、 と詠みかけた。 (定頼は、小式部内侍が即興ですぐれたこの歌を詠んだのを)意外だと驚いて、 「こはいかに、かかるやうやはある。 」とばかり言ひて、 「これはどういうことか、こんなことがあるか。 (いや、ない。 )」とだけ言って、 返歌にも及ばず、袖を引き放ちて逃げられけり。 小式部、これより、歌詠みの世におぼえ出で来にけり。 返歌もできず、袖を引き払ってお逃げになった。 小式部は、これ以降、歌人の世界でよい評判が出て来た。 しかし、定頼は小式部内侍がこれほどの秀歌をとっさに読むとは思っていなかったため驚き、その秀歌に対してふさわしい返歌を思いつかず、いたたまれなくなって逃げだした。 これはうちまかせての理運のことなれども、 これは当然の道理のことなのだけれども、 かの卿の心には、これほどの歌、ただいまよみ出だすべしとは知られざりけるにや。 あの卿(=定頼)の心には、(小式部内侍が)これほどの歌を、即座に詠むことができるとは、お考えにならなかったのであろうか。 lscholar.

次の