中勝美。 中勝美の生い立ちから死亡まで!舞鶴女子高生殺害事件の犯人とその後・現在まとめ

【衝撃事件の核心】「裸の女性にベッドに押し倒された」舞鶴事件無罪・中被告のトンデモ供述 司法一蹴、長期刑で断罪(1/6ページ)

中勝美

中勝美被告についての調査 犯人の 中勝美被告について色々調べたので、今回はそのことについて書きたいと思います。 壮絶な人生を送っていったようです。 母親離婚、再婚相手と剣幕 京都府に生まれるんですね。 子供時代に 母親が離婚して、再婚をしていたようです。 家庭環境がどうやら中勝美被告の歪んだ欲望を育てたそうなんです。 荒れた生活を送る中勝美被告 母親の再婚相手は 警察官をしていたそうです。 しかし、この再婚相手と仲が悪く、反面教師のように、荒れた生活を繰り返すようになります。 地元でも有名な悪 ヤンチャな学生時代を送り、 強迫、恐喝なども平気でするような人間でした。 地元の通っていた高校も中退してしまいます。 少年院にも入所したことのある経歴 少年院にも入所していた経歴もあり、地元では有名な存在でした。 出所後は真面目に労働をしていた時もありましたが。 25歳の時にあったある事件が、中勝美被告の人生を狂わせていきます。 同棲相手の彼女を実家に連れ戻され 同棲生活を送っていた中勝美被告でしたが、その家族が中勝美被告との同棲に激怒したそうなんです。 そして、同棲生活をやめるように、彼女を実家に連れ戻したのが、事件のきっかけでした。 彼女の兄を殺害、2名を人質に・・・ 彼女の家に押し入り、玄関で彼女の 兄を刺殺してしまいます。 しかも、他の民家に侵入して 2名を人質にとるんです。 6時間も拘束しましたが、中勝美被告は逮捕されてしまいます。 性的暴力を女性に振るう 40歳の頃にも事件を起こしているんですね。 女性に性的暴力を加えた罪で逮捕されているんですね。 しかも、その後に結婚までしていますが、直ぐに離婚をしています。 女性へのコンプレックスが人生を狂わせたのか 中勝美被告の精神状態は悪く、 通行人に叫び声を上げるなどの奇行も目立っていたそうです。 女性に対するなんらかのコンプレックスが中勝美被告を殺人へと導いてしまったのかもしれませんね。 生まれか育ちか? 生活環境が人を育てるのか、遺伝子が人を育てるのか、現在でも議論にされていますが、なにかしらの影響が中勝美被告を殺人鬼へと変貌させたのでしょう。

次の

中勝美の生い立ちから死亡まで!舞鶴女子高生殺害事件の犯人とその後・現在まとめ

中勝美

少年期 脅迫・恐喝罪で少年院に収監。 1973年 25歳 滋賀県草津市内で交際相手の女性と、その兄を出刃包丁で刺殺。 更に近くの民家で住人を人質に取り篭城。 殺人罪で懲役16年。 12年で仮釈放。 強制わいせつ罪、傷害罪で懲役5年。 2001年 53歳 京都府舞鶴市、志楽川で18歳の女子高生が刃物で首を数箇所切られ遺体で見つかる。 未解決事件。 殺人罪と死体遺棄罪で逮捕。 殺人罪と強制わいせつ致死罪で起訴。 窃盗罪で懲役1年。 2013年 65歳 大阪市西成区のコンビニでアダルト雑誌を万引き。 窃盗罪で懲役1年2月。 2014年 66歳 大阪市北区の雑居ビルで38歳女性の顔、胸など約10カ所を刺し重症を負わす。 殺人未遂容疑で現行犯逮捕。 殺人未遂容疑で中容疑者を逮捕 舞鶴の少女殺人で無罪 5日午前8時40分ごろ、 大阪市北区兎我野町のビル一室で、職業不詳の女性(38)が胸を刃物で刺され、大阪府警曽根崎署は殺人未遂の疑いで、同市西成区萩之茶屋、無職中勝美容疑者(66)を現行犯逮捕した。 中容疑者は2008年に起きた京都府舞鶴市の女子高生殺害事件で、殺人などの罪に問われたが、今年、最高裁で無罪判決が確定した。 府警によると、女性の胸などを何度も突き刺した疑いがある。 女性は搬送された際に意識があったが、治療を受けており詳しい容体は不明という。 追記 現場は、JR大阪駅から徒歩10分の歓楽街、兎我野町です。 古くから営業している雑居ビルの2階で5日午前8時半すぎ、38歳の女性が血まみれの状態で倒れていました。 被害者の女性は刃渡り10cmのナイフで顔や首など11カ所を刺され、全治1カ月以上の重傷です。 今は意識を失っていますが、それは麻酔によるもので、容体は快方に向かっています。 通報を受けて駆け付けた警察官は「ナイフを捨てろ」と呼び掛けるも、中勝美容疑者は応じなかったため、ナイフをはたき落とし、現行犯逮捕となりました。 殺人未遂の容疑で逮捕された中容疑者は「ママの上半身を数回刺した」 と認めています。 無罪判決を受けた中容疑者ですが、西成区のアパートで一人暮らしをしていて、先月に生活保護の申請をしていたということです。 同じアパートに住む人に対して「金がないから食費を貸してくれ」といったような様子を近所の人が目撃していました。 また、中容疑者は取り調べに対し、「被害女性のもとで以前、働いていた。 過去に金銭トラブルがあった」と話しているということです。 正当防衛を主張している中容疑者ですが、警察は、中容疑者が犯行の際に女性を追い掛けていたという情報もつかんでいます。 強い殺意があったとみて、トラブルの経緯を調べています。 ソース 動画 舞鶴高1の母親「驚きと憤り」=無罪の男逮捕受け-京都 中勝美容疑者(66)が殺人未遂容疑で大阪府警に逮捕されたことを受け、京都府舞鶴市で殺害された高校1年小杉美穂さん=当時(15)=の母親(44)は5日、「一報を聞いて、驚きと共に憤りを感じた。 一番恐れていたことが現実となってしまった」とのコメントを発表した。 代理人の細川治弁護士が同日、京都地裁で記者会見してコメントを発表。 母親は「捜査機関には(大阪の事件の)真相解明に向けて全力を挙げてほしい。 被害に遭われた方の回復を心から願っています」とつづった。 29 ID:D2qpGOeD0. net 一方で、 5月7日未明に女子高生と黒い服を着て自転車を押す男性が一緒に現場に向かう府道を歩いているのが複数の防犯カメラの記録に残っていた。 聞き込みを続けた結果、8月に現場近くに住む男性(事件当時59歳)が容疑者として浮上。 この男は5月6日夜から7日未明に市内の飲食店二店を自転車で訪れ、帰途のコースと時間帯が女子高生が通過したものと重なり、男性は防犯カメラに映った「自転車の男」と体格で同一人物とみて矛盾しないとの鑑定結果も出て、さらに男性は当日は黒い服を着ていたことも判明した。 2009年4月7日、男性は殺人事件による殺人罪と死体遺棄罪で逮捕。 身柄を山科警察署に移されて取り調べを受け、4月29日、殺人罪と強制わいせつ致死罪で起訴。 同日京都拘置所に移送された。 5月21日から始まる裁判員制度を目前にしての起訴であった。 10回にわたる公判で以下のことが主な争点となった。 ・事件直前、被疑者と被害者が一緒にいたとする目撃者2人の証言は信用できるか否か ・事件直前、防犯カメラに映っていた、自転車を押しながら被害者と一緒に歩く男は被疑者か否か ・被疑者が聴取において他人真犯人説主張の際に行ったとされる被害者遺留品の特徴の供述は、事件当時に現場にいたことを示す「秘密の暴露」か警察の誘導か 2012年12月12日、大阪高裁(川合昌幸裁判長)は京都地裁の無期懲役判決を破棄し、逆転無罪の判決をした。 男性は同日釈放された。 12月25日、検察側が上告したが、最高裁第一小法廷(横田尤孝裁判長)は、2014年7月10日までに検察側の上告を棄却する決定をした。 これにより 無罪が確定した。 Wikipedia 何故この馬鹿裁判官はこんな悪魔に無罪判決を出したのかこれは俺の推測だけどどうゆう判決を出したら自分の立場が安心かをてんびんに掛けたんだろつまりこういう事もし中が犯人ではなかったらっただじゃすまないしかし犯人だったら選挙で辞めて欲しい裁判官に丸を付けらるこの馬鹿裁判官10月で定年しているつまり国民の反感を買うもし定年がまだ先だったら死刑判決を出しているだろこの馬鹿は己の安泰をてんびんに掛けて安泰な方を選んだろう中勝美こいつ間違いないなくやっているぜけっきょく日本は自分の安泰しか考えないで判決をだす馬鹿裁判官が多すぎる40年前二人殺した時点で死刑にしていれば舞鶴女子高校生ももう一つの未解決女子高校生殺人事件も女性店長殺人事件も起きなかっただろう40年前の馬鹿裁判官のせい3人もの犠牲者が出たもうこいつは刑務所から出すな.

次の

竹中四代目暗殺事件のヒットマン・長野修一 ~獄中書簡356通全公開~

中勝美

舞鶴事件とは? 発見日時:2008年5月8日午前8時45分頃 発見場所:雑木林 被害者:小杉美穂さん(当時高校1年生) 逮捕:中勝美元受刑者(当時) 内容:発見された当時、被害者の小杉美穂さんは凶器で顔や頭などを殴られた状態で死因は失血死。 遺体には土や枯葉で隠された状態だった 引用:NAVERまとめ 発見日の2日前、舞鶴市に住む女子高生(小杉美穂さん当時15歳・高校1年生)が 午後10時以降に自宅を出て以降、行方が分からなくなっていたため 家族が行方不明届を出していました。 小杉美穂さんが自宅を出た理由は明らかになっていませんが その後の足取りで分かっているのは ・翌5月7日午前0時50分頃、友人に 「国道沿いのドラッグストア付近にいる」と携帯で通話 ・同じ頃、兄(当時東京在住)に メールを送信 これが、当時高校1年生だった小杉美穂さんの最後の足取りです。 中勝美顔画像や経歴 引用: 中勝美経歴名前:中勝美(なかかつみ) 年齢:60歳(舞鶴事件当時) 出身:京都府舞鶴市 職業:無職(舞鶴事件当時) 家族:不明 結婚歴:あり 生い立ち 中勝美容疑者は、京都府舞鶴市出身。 幼少時に両親が離婚。 母親に引き取られますが、その後すぐに母親が再婚。 母親の再婚相手(養父)は警察官だったようです。 しかし、再婚した家庭といまくいかず、 中学生頃から、問題児だった中勝美元受刑者。 性格は、荒っぽく中学生頃から家庭内不和が原因のためか 非行行動で度々少年院の出入りを繰り返していたようです。 ( 窃盗・恐喝などの容疑) 母親が父親を暴行していたという一部情報もあります。 中勝美元受刑者は、自宅や家族の中に自分の居場所を 見つけられなかったのかもしれません。 素行の悪さからなのか、中学卒業後は高校には進学していません。 暫くして、結婚を意識した女性と同棲を始めますが 女性側の家族に結婚を猛反対され、彼女は 強制的に実家に連れ戻されたことに憤慨し、 当時の彼女と兄を殺〇してしまったようです。 ( 中勝美元受刑者 当時25歳頃) 実の父親ではないとはいえ、母親の再婚相手が警察官だったことを考えると 息子の破天荒ぶりに手をや焼いていたことは容易に想像できます。 実家の両親とは距離を置いていた、 もしくは勘当のような疎遠状態だったのかもしれません。 また中勝美元受刑者は家族を持っていたのか、 結婚歴が気になりますが、 42歳の時に結婚しています。 刺青 中勝美元受刑者には刺青があるとの一部情報があります。 週刊誌FLASHによると中勝美元受刑者の右足首には 般若の刺青があるというのです。 画像を探してみましたが、刺青画像は探すことができませんでした。 国籍 中勝美元受刑者の 国籍も日本人ではないのではないか? というネットの情報がたくさんありますが、 おそらく、『中(なか)』という苗字が珍しいことに 由来していると思います。 現在のところ、中勝美元受刑者が外国人である もしくは帰化しているという情報はありませんでした。 中勝美前科1973年頃(当時25歳頃) 結婚に反対され、当時の交際相手と兄を殺〇 (懲役16年) 1991年9月(当時43歳頃) 強制わ〇せつで実刑(被害者当時21歳) (懲役5年) 2008年5月(当時60歳頃) 舞鶴事件 2008年7~8月(当時60歳頃) 女性用インナー1枚とや賽銭2,000円を盗んだ窃盗罪 (懲役1年) 2013年5月(当時65歳頃) コンビニで雑誌(人妻特集・680円)を盗んだ窃盗罪 (懲役1年2カ月) 2014年11月5日(当時66歳頃) 大阪市北区のホテルの一室で吉留博美さん(当時38)殺〇未遂 欲求と金欠で罪を重ねていたように思います。 2014年に逮捕されたとき、中勝美元受刑者は 大阪市北区のホテルで働いていました。 被害者の女性は勤務先ホテルの店長。 この女性店長や、同僚などに2,000円~5,000円程度の 借金を繰り返していました。 生活保護が入ったら返すから というのが常套句だったようです。 舞鶴事件で捜査難航 被害者は、高校1年生の女子高生。 学生なので、交友関係は狭いとみられ 犯人はすぐに捕まるものだと思われました。 しかし逮捕されたのは、被害者女性と面識のない(と思われる) 中勝美元受刑者(当時60歳) 中勝美元受刑者は容疑を否認しているため動機は分かっていませんが 暴行目的ではないのか?と当時言われました。 中勝美元受刑者が捜査線上に浮かんだのは 防犯カメラの画像でした。 引用: 被害者小杉美穂さんが自宅を出た翌日未明に、 黒い服を着て自転車を押す男と舞鶴市内の府道を歩いていたのです。 事件から3ヵ月ほど経過してから、事件現場付近に住んでいた 中勝美元受刑者が捜査線上に浮上。 中勝美元受刑者の事件当日の行動は、 被害者女性が自宅を出た5月6日夜から7日未明にかけて 舞鶴市内の飲食店2軒を訪れたとされています。 そのとき、自転車で来店したとも。 飲食店店舗出て帰宅するルートと時間帯が 小杉美穂さんが歩いたとみられる時間と場所と一致したと 警察は判断したのです。 ・体型の一致 ・自転車 ・時間やルート ・服装(黒い服) が一致したとみられました。 中勝美逮捕と弁護士の手腕 しかし事件から半年が経過しても、舞鶴事件の犯人は特定されず 逮捕もされていません。 そんな中、中勝美元受刑者が逮捕されます。 容疑は、舞鶴事件ではなく、賽銭ドロと窃盗の容疑でした。 舞鶴事件が起きた年の11月頃、 中勝美元受刑者が窃盗罪で逮捕。 家宅捜索が行われた後起訴されますが この時に、舞鶴事件犯人ではないかと 捜索令状を元に家宅捜索を行おうとします。 それを阻止したのが、 中勝美元受刑者の弁護士。 捜索令状の取り消しを求める準抗告を申し立てました。 準抗告は棄却され、家宅捜索は行われますが、 不服に思った 弁護士はビデオカメラを回して 家宅捜索に同行しました。 (警察の申し入れで途中で弁護士のビデオカメラ録画が 中止されましたが、 弁護士の立ち合いは 6日間の家宅捜査最終日まで続行、2,000点が押収されました) 中勝美無罪判決まで2011年3月18日 検察側は死刑を求刑、弁護側は無罪を主張しましたが 2011年5月18日 京都地裁は無期懲役判決 2012年12月12日 大阪高裁(川合昌幸裁判長)は京都地裁の無期懲役判決を破棄し、逆転無罪判決。 2014年7月10日 最高裁判所は検察側の上告を棄却、無罪判決確定 無罪になった理由は物的証拠の少なさではないかと思います。 死因 無罪を勝ち取った中勝美元受刑者ですが、 舞鶴事件は無罪になっても、他の殺〇事件の前科はあり 出所してからの金銭的困窮や欲求などで数々の事件を繰り返しました。 現在の中勝美元受刑者の様子が気になります。 実は既に亡くなっています。 2014年11月5日(当時66歳頃)に起こした 大阪市北区の雑居ビルで元雇用主の女性を襲撃した事件で 懲役16年の判決が出て収監されていました。 中勝美元受刑者はこの判決により、大阪刑務所に服役していました。 しかし2016年4月頃から体調を崩して 大阪医療刑務所に移っており、約3か月後の7月11日に亡くなりました。 死因は病死と言われていますが、詳しい病気の詳細は発表されていません。 11月15日の『日曜THEリアル! 』では、 舞鶴事件での新情報があったという内容が放送されるようです。 MC:髙嶋政宏が未解決事件の真相に迫る! 日曜THEリアル!『特捜!最強FBI緊急捜査 日本未解決事件を追う!』 — フジテレビ — YUKI OBATA yukiisami 引用:Twitter 番組では、元FBI捜査官のトーマス・ニア氏が出演するようです。 小杉美穂さんが亡くなってから11年。 ご存命であれば、現在26歳頃。 ご結婚して母親になっていたかもしれません。 ご遺族は犯人が捕まっていない未解決事件でこの11年 心を痛めていると思うと、早く新情報が放送されて 犯人が逮捕されることを望みます。 改めて小杉美穂さんのご冥福を心よりお祈りいたします。 最後までお読みいただきありがとうございます。

次の