古典 訳。 日本古典文学摘集 平家物語

日本古典文学摘集 平家物語

古典 訳

縁 レ リテ溪 ニ行 キ、忘 二 ル路 之 の 遠近 一 ヲ。 晋 しん の 太 たい 元 げん 中 ちゅう 、 武 ぶ 陵 りょう の 人 ひと 魚 さかな を 捕 と らふるを 業 ぎょう と 為 な す。 渓 たに に 縁 よ りて行き、 路 みち の 遠近 えんきん を 忘 わす る。 晋の太元年間に、武陵出身の人が魚を捕らえることを職業としていた。 (ある日、舟で)谷川に沿って行くうちに、どれくらいの道のりを来たのか分からなくなってしまった。 忽 チ逢 二 フ桃花 ノ林 一 ニ。 夾 レ ムコト岸 ヲ数百歩、中 ニ無 二 シ雜樹 一。 芳草鮮美 ニシテ、落英繽紛 タリ。 忽 たちま ち 桃 とう 花 か の 林 はやし に 逢 あ ふ。 岸 きし を 夾 さしはさ むこと数百歩、 中 なか に 雑樹 ざつじゅ 無し。 芳草 ほうそう 鮮 せん 美 び にして、 落英繽紛 らくえいひんぷん たり。 突然桃の花が咲いている林に行きあたった。 (その桃の林は)川を挟んで両岸に数百歩の距離にわたって続き、その中に桃以外の木はなかった。 香りのよい草は鮮やかで美しく、花びらが散り乱れていた。 漁人甚 ダ異 レ シミ之 ヲ、復 タ前 ミ行 キテ、欲 レ ス窮 二 メント其 ノ林 一 ヲ。 漁人 ぎょじん 甚 はなは だ 之 これ を 異 あや しみ、 復 ま た 前 すす み 行 ゆ きて、 其 そ の 林 はやし を 窮 きわ めんと 欲 ほっ す。 漁師はたいそうこのことを不思議に思い、さらに先へ進んで、その桃の林を行けるところまで見極めようとした。 林尽 二 キ水源 一 ニ、便 チ得 二 タリ一山 一 ヲ。 山 ニ有 二 リ小口 一、髣髴 トシテ 若 ごと レ シ 有 レ ルガ光。 林 はやし 水源 すいげん に 尽 つ き、 便 すなわ ち 一山 いちざん を 得 え たり。 山に小口 有 あ り、 髣髴 ほうふつ として光 有 あ るがごとし。 つまり、ほかでもなく 林は川の水源の所で終わり、すぐそこに一つの山があった。 山には小さな穴があり、(その中は)かすかに光が差しているようである。 便 チ捨 レ テテ船 ヲ、従 レ リ口入 ル。 初 メハ極 メテ狭 ク、纔 ニ通 レ ズルノミ人 ヲ。 便 すなわ ち船を捨てて、口より入る。 初めは 極 きわ めて 狭 せま く、 纔 わずか かに人を 通 つう ずるのみ。 すぐに船を置いて、穴から入った。 初めはとても狭く、かろうじて人一人が通ることができるだけであった。 復 タ行 クコト数十歩、豁然 トシテ開朗 ナリ。 土地平曠 ニシテ、屋舍儼然 タリ。 復 ま た行くこと数十歩、 豁然 かつぜん として 開 かい 朗 ろう なり。 土地 平曠 へいこう にして 、 屋舎 おくしゃ 儼 げん 然 ぜん たり。 さらに数十歩行くと、急に目の前が開けて明るくなった。 土地は平らに開けて、建物ははきちんと並んでいる。 有 二 リ良田・美池・桑竹之属 一。 阡陌交 ハリ通 ジ、鷄犬相聞 コユ。 良 りょう 田 でん ・ 美 び 池 ち ・ 桑 そう 竹 ちく の 属 ぞく 有 あ り。 阡陌 せんぱく 交 まじ はり 通 つう じ、 鶏 けい 犬 けん 相 あい 聞 き こ ゆ。 良い田畑・美しい池・桑や竹のたぐいがある。 田畑のあぜ道が縦横に通じ、鶏や犬の鳴き声があちこちから聞こえる。 其 ノ中 ニ往来 シ種作 ス。 男女 ノ衣著 ハ、悉 ク 如 ごと 二 シ 外人 一 ノ。 其 そ の 中 なか に 往 おう 来 らい し 種作 しゅさく す。 男女の 衣 い 著 ちゃく は、 悉 ことごと く外人のごとし。 その中を行き来したりて種をまき耕作したりしている。 男女の服装は、全て外部の人と同じようである。 黄髮垂髫、並怡然 トシテ自 ラ樂 シム。 黄髪 こうはつ 垂 すい 髫 ちょう 、 並 なら びに 怡 い 然 ぜん として 自 みずか ら 楽 たの しむ。 髪の毛が黄色くなった老人やおさげ髪の子どもが、みな喜び楽しんでいる。 見 二 テ漁人 一 ヲ、乃 チ大 イニ驚 キ、問 レ フ所 二 ヲ従 リテ来 一 タル、具 ニ答 レ フ之 ニ。 漁人 ぎょじん を見て、 乃 すなわ ち 大 おお いに 驚 おどろ き、 従 よ りて 来 き たる 所 ところ を 問 と ふ。 具 つぶさ に 之 これ に 答 こた ふ。 (村人たちは)漁師を見て、大いに驚き、どこから来たのかを尋ねた。 (漁師は)詳しく質問に答えた。 便 チ要 ヘテ還 レ リ家 ニ、設 レ ケ酒 ヲ殺 レ シテ鷄 ヲ作 レ ル食 ヲ。 便 すなわ ち 要 むか へて家に 還 かえ り、酒を 設 もう け 鶏 にわとり を 殺 ころ して 食 しょく を 作 つく る。 (村人は)すぐに誘って家に帰り、酒を用意し、鶏を殺して食事を作った。 村中聞 レ キ有 二 ルヲ此 ノ人 一、咸来 タリテ問訊 ス。 村 むら 中 じゅう 此 こ の人 有 あ るを 聞 き き、 咸 みな 来 き たりて 問訊 もんじん す。 村中の人達は、この人がいることを聞いて、皆やって来てあいさつをした。 自 ラ云 フ、「先世避 二 ケ秦時 ノ乱 一 ヲ、率 二 ヰテ妻子邑人 一 ヲ来 二 タリ此 ノ絶境 一 ニ、 自 みずか ら 云 い ふ、「 先世 せんせい 秦 しん 時 じ の 乱 らん を 避 さ け、 妻 さい 子 し 邑人 ゆうじん を 率 ひき ゐて 此 こ の 絶境 ぜっきょう に 来 き たり、 (村人たちが)自分から言うことには、「(我々の)先祖は、秦の始皇帝が死んだ後の世の乱れを避け、妻子や村人を引き連れて、この世間から隔絶した場所にやって来て、 不 ず 二 復 タ出 一 デ焉。 遂 ニ 与 と 二 外人 一間隔 スト。 」 復 ま た 出 い でず。 遂 つい に 外人 がいじん と 間 かん 隔 かく す。 こうして外界の人とは 隔 へだ た って し ま った の で す。 問 フ、「今 ハ是 レ何 ノ世 ゾト。 」乃 チ不 レ知 レ ラ有 レ ルヲ漢、無 レ シ論 二魏・晋 一 ニ。 問 と ふ、「 今 いま は 是 こ れ 何 なん の 世 よ ぞ。 乃 すなわ ち 漢 かん 有 あ るを 知 し らず、 魏 ぎ ・ 晋 しん に 論 ろん 無 な し。 (さらに村人は)「今はいったい何という時代ですか。 」と尋ねた。 なんとまあ、(村人たちは)漢の時代があったことを知らず、まして魏や晋の時代を知らないのは言うまでもない。 此 ノ人一一為 ニ具 ニ言 レ フ所 レ ヲ聞 ク。 皆嘆惋 ス。 此 こ の 人 ひと 一一 いちいち 為 ため に 具 つぶさ に 聞 き く 所 ところ を 言 い ふ。 皆嘆惋 みなたんわん す。 この人(=漁師)は、一つ一つ村人のために自分の聞き知っていることを詳しく説明した。 (それを聞いた村人たちは)皆驚きため息をついた。 余人各復 タ延 キテ至 二 ラシメ其 ノ家 一 ニ、皆出 二 ダス酒食 一 ヲ。 余 よ 人 じん 各 おのおの 復 ま た 延 ひ きて 其 そ の 家 いえ に 至 いた らしめ 、 皆 みな 酒 しゅ 食 しょく を 出 い だす。 他の村人たちも、それぞれにまた(漁師を)招いて自分の家に連れて行き、皆酒や食事を出してもてなした。 停 マルコト数日 ニシテ、辞去 ス。 此 ノ中 ノ人語 リテ云 フ、「不 レ ル足 下 ラ為 二 ニ外人 一 ノ道 上 フニ也 ト。 」 停 とど まること 数日 すうじつ にして、 辞 じ 去 きょ す。 此 こ の 中 なか の 人 ひと 語 かた りて 云 い ふ、「 外人 がいじん の 為 ため に 道 い ふに 足 た らざる なり。 (漁師は)数日滞在した後、別れを告げた。 この村の中の人は告げて言うことには、「外界の人に対して(この村の事を)お話しになるには及びませんよ。 (なので、黙っていてください。 )」と。 既 ニ出 デテ、得 二其 ノ船 一 ヲ、便 チ扶 二 ヒ向 ノ路 一 ニ、処処 ニ誌 レ ス之 ヲ。 既 すで に 出 い でて、 其 そ の 船 ふね を 得 え 、 便 すなわ ち 向 さき の 路 みち に 扶 そ ひ 、 処処 しょしょ に 之 これ を 誌 しる す。 やがてそこを出て、自分の船を見つけ、すぐにもと来たときの道をたどって、あちこちに目印をつけておいた。 及 二 ビ郡下 一 ニ、詣 二 リテ太守 一 ニ、説 クコト 如 ごと レ シ 此 クノ。 郡 ぐん 下 か に 及 およ び、 太守 たいしゅ に 詣 いた り て、 説 と くこと 此 か くのごとし。 (その後、)郡の役所のある所に着くと、太守(=郡の長官)のもとに参上して、(村についての)このような話をした。 太守即 チ遣 レ ハシテ人 ヲ随 二 ハシム其 ノ往 一 クニ。 尋 二 ネシムルニ向 ノ所 一レ ヲ誌 シシ、遂 ニ迷 ヒテ、不 二復 タ得 一レ路 ヲ。 太守 たいしゅ 即 すなわ ち 人 ひと を 遣 つか は し て 其 そ の 往 ゆ く に 随 したが はしむ。 向 さき に 誌 しる しし 所 ところ を 尋 たづ ねしむるに、 遂 つい に 迷 まよ ひて、 復 ま た 路 みち を 得 え ず。 太守はすぐに人を派遣して、漁師について行かせた。 以前つけた目印を探させたが、結局迷って二度とは道は見つけられなかった。 南陽 ノ劉子驥 ハ、高尚 ノ士 也 なり。 聞 レ キ之 ヲ、欣然 トシテ規 レ ル往 カンコトヲ。 南陽 なんよう の 劉 りゅう 子 し 驥 き は、 高尚 こうしょう の 士 し なり。 之 これ を 聞 き き、 欣然 きんぜん として 往 ゆ かんことを 規 はか る。 南陽の劉士驥は、俗世を離れた志の高い人であった。 (劉士驥は)この話を聞いて、喜んで(その村に)行こうと計画した。 未 いま/ず レ ダ 果 タサ、尋 イデ病 ミテ終 ハル。 後遂 ニ無 二 シ問 レ フ津 ヲ者 一。 未 いま/ず だ 果 は たさずして、 尋 つ いで 病 や みて 終 お はる。 後 のち 遂 つい に 津 しん を 問 と ふ 者 もの 無 な し。 その後、とうとう(漁師が桃源郷に入る前に船を泊めた)渡し場を尋ねる人はいなかった。

次の

枕草子『すさまじきもの(すさまじきもの。昼吠ゆる犬〜)』のわかりやすい現代語訳と内容 / 古文 by 走るメロス

古典 訳

写真 記事画像 作家の町田康さんが現代語に訳した古典文学「こぶとりじいさん」が、「おもしろすぎる」とネットで話題になっている。 町田さん訳の「こぶとりじいさん」は、河出書房新社の「日本文学全集・宇治拾遺物語(うじしゅういものがたり)」に、「奇怪な鬼に瘤(こぶ)を除去される」という題名で収録されている。 作品は、出版社のウェブページでも無料で公開されている。 「ここまで言うんだからマジじゃね? やっぱ、瘤、いこうよ、瘤」「もしかしてマジで夢? そう思ったお爺さんは右の頬に手を当てた」など、町田さん独特のポップな文体で語られている。 読者からは「活字苦手なわたしでも楽しく読めた」「どれも町田康小説のように面白い。 というか、これは訳ではなく町田康作品そのものである」など、絶賛する声がツイッターで数多くつぶやかれている。 「宇治拾遺物語」は、中世日本の物語集だが、古典であれば、誰でも自由に現代語に訳していいのだろうか。 著作権の問題は、どう考えればいいのか。 井奈波朋子弁護士に聞いた。 ネットで評判になっているように、現代風の話し言葉を多用し、古典でも楽しく気軽に読める秀逸な作品と感じました」 井奈波弁護士はこのように作品の感想を述べる。 著作権の問題については、どう考えればいいだろう。 「著作権は、思想感情の創作的な表現を保護していますが、アイデアやコンセプトは保護されません。 小説などの言語の著作物でいうと、小説などのアイデアやコンセプトは保護されませんが、具体的な文章や、筋や主たる構成は、『思想感情の創作的表現』として保護される可能性があります。 そのため、小説を映画化する場合のように、具体的な文章を用いなくても、小説の筋や構成を用いる場合には、原則として、原作者の許諾を得なければなりません」 だが、「こぶとりじいさん」の原作者はとうの昔に亡くなっているはずだ。 そんな場合は、どうすればいいのだろう。 「著作権の保護期間は、著作者の死後50年をもって終了します。 宇治拾遺物語は、鎌倉時代のころに作られた作品ですから、著作権の保護期間は、当然終了しています。 「そうですね。 ただし、注意も必要です。 このような古典は、古語のままでも出回っていますが、その一方で、子ども用に平易な言い回しを用いた書籍や現代語訳も出版されています。 このような現代語訳は、古文の現代文への置き換えという域を超えて、その文章に著作者の個性が表れていれば、古典を翻案した二次的著作物と扱われ、著作権により保護されることになります」 今回のケースでいえば、町田さんの「奇怪な鬼に瘤を除去される」という現代訳の著作権は、町田さんにあるということか。 「そうですね。 第三者が、町田さんの現代語訳の文章そのままを勝手に使った場合は、著作権侵害となる可能性があります。 ただし、現代語訳の筋や構成を利用しても、それらが古典の筋や構成からくるものであれば、著作権として保護される対象ではないので、問題はありません」 町田さんにインスパイアされ、同じように古典を現代風な言い回しにすることは、問題ないということだろうか。 「『古典を現代風な言い回しに変える』という町田さんの思いつきはアイデアなので、それ自体は著作権法で保護されません。 誰でも同じようなやり方で現代語訳ができます。 世の中では、二番煎じと言われるかもしれませんが、それはアーティストとしての評価であり、著作権の問題ではありません」 井奈波弁護士はこのように述べていた。 (弁護士ドットコムニュース) 【取材協力弁護士】 井奈波 朋子(いなば・ともこ)弁護士 出版・美術・音楽・ソフトウェアの分野をはじめとする著作権問題、商標権、ITなどの知的財産権や労働問題などの企業法務を中心に取り扱い、フランス法の調査、翻訳も得意としています。

次の

『桃花源記(とうかげんのき)』原文・書き下し文・現代語訳

古典 訳

助動詞とは 助動詞とは、 動詞の末尾にくっつける語です。 動詞の末尾に助動詞がくっつくと 、動作の状況や状態が変化したり、 表現者 話し手や書き手 の気持ちや考えが付け加わります。 助動詞は 28個あります。 「る・らる・す・さす・しむ・ず・き・けり・つ・ぬ・たり・り・む・むず・けむ・らむ・まし・めり・らし・べし・なり・じ・まじ・まほし・たし・なり・たり・ごとし」です。 数が非常に多いです。 助動詞は 活用があるため、 助動詞の後に続く他の語との接続に応じて、 語形変化を生じます。 したがって、文章を読んで理解するためには、助動詞それぞれの活用の仕方を覚える必要があります。 さて、今回は、一般に 『打消推量』『打消意志』の助動詞と分類分けされている 助動詞「じ」について詳しく説明していきたいと思います。 『打消推量』『打消意志』の助動詞「じ」 の活用は、「〇・〇・じ・じ・じ・〇」と 特殊な活用をします。 存在する全ての活用が「じ」なので覚えるのは簡単です。 「〇」で示した未然形と連用形、命令形については活用がありません この形で使われることがない。 助動詞「じ」に 未然形と連用形が存在しないのには理由があります。 助動詞「じ」は、他の助動詞と組み合わせて用いる際に、一番下に置きます。 つまり、 文としての内容のまとまりを終わらせるような働きを持っています。 助動詞「じ」には、このように最後に置いて内容のまとまりを区切るような働きを持つため、他の助動詞を後に続ける際に必要な未然形と連用形を持つ必要がないのです。 助動詞「じ」の『打消推量』用法の現代語訳は「~ないだろう」となり、『打消意志』用法の現代語訳は「~ないつもりだ」となりますが、どちらも「~まい」とも訳することができるということを覚えておくと現代語訳を行う際に便利です。 助動詞「じ」は未然形接続 ・「じ」の用法は『打消推量』『打消意志』の2つである。 ・「じ」の活用は「〇・〇・じ・じ・じ・〇」である。 ・動詞や助動詞の未然形に接続する。 ・副詞「え」と組み合わせた 「え…じ」で、 「とても~できないだろう まい 」という意味を作る。 ・副詞「おほかた」「つゆ」「さらに」「たえて」「よに」と組み合わせた「 おほかた…じ」「つゆ…じ」「さらに…じ」「たえて…じ」「よに…じ」で、 「まったく~ないだろう まい 」という意味を作る。 ・副詞「をさをさ」と組み合わせた 「をさをさ…じ」で、 「ほとんど~ないだろう まい 」という意味を作る。 ・副詞「よも」と組み合わせた 「よも…じ」で、 「まさか~ないだろう まい 」という意味を作る。

次の