三平 rci。 RCIを3本使った手法を高確率にする方法

三平式RCIトレードの検証結果とトレードの効率化~時間は、お金では買えない。~|サラミピザFX@兼業スイングトレーダー|note

三平 rci

RCI 三平式RCIトレード手法• 移動平均線 SMA• RCIはそれほど有名なインジケーターではありませんし、一部では「日本人しか使っていないのではないか?」とも噂されています。 RCIを使ったトレード手法はいくつかありますが、私はその中でも 「三平式RCIトレード手法」 を使っています。 この手法は、 三平 FX為替さん がnoteで販売されている手法です。 私が三平式RCIトレードに切り替えてから、勝率が70%以上をキープするようになりました。 三平式RCIトレード手法の教科書から何が学べるか? 三平式RCIトレード手法の教科書から学べるものは次の通り。 勝率の高いエントリーパータン• ナンピンの極意• 損切りの極意• 資金管理術 私は典型的な損切貧乏でしたが、教科書の手法を実践するようになってから不要な損切りが無くなりました。 Twitterで三平師匠 がエントリーしているポイントは、ある程度公開してくれていますが、教科書を読むことによって 「なぜ、その位置でエントリーしたのか?」 「根拠はなんだったのか?」 「なぜ損切りしたのか?」 を深く理解することができます。 ちゃんとルールに沿ったエントリーをすることで、すぐに含み益になります。 逆に、自分に都合の良い解釈でのエントリーは、速攻含み損です。 なぜなら、指標や要人発言を除いて相場は硬い動きをしないから。 …抽象的すぎました。 — en. uuzzzz gmail. com demedeme1031 三平式RCIトレード手法を使っても勝てない人は? たまにTwitterで見かけるのが 「評判は良かったけど、実際には全然勝てない」 「速攻含み損になった」 といったコメントですが、それは単に教科書をしっかりと読み込んでないだけです。 実際にトレードをやってみると分かりますが、含み損になる時はなにかしらのルール違反をしています。 ・「どこが悪かったのか?」 ・「なぜ含み損になってしまったのか?」 答えはすべて教科書に書いてあります。 移動平均線の本数・設定値 私の場合、SMAを3本使って環境認識をします。 この設定値には意味があります。 移動平均線とRCIをリンクさせています 移動平均線とRCIはリンクさせることができます。 以下のチャートを見てください。 実際に私が表示させているチャートです。 パッと見て分かりやすいように、色分けしています。 短期線=オレンジ 中期線=緑 長期線=青 画像をみて分かる通り、 SMAが上昇すれば、各期間に対応するRCI線も上昇するように設定しています。 この数値設定のカラクリは、この記事を見ていただくのが一番早いです。 どのように売買目線を判断するのか? 売買目線の判断は単純です。 短中期SMA 4,10 は補助的に使っており、トレンド反転を見極めるのに必要になります。 トレンド反転時は、中期SMA 10 に支えられながら反転することが多いです。 及川さんはオージードルも加えた計10通貨ペアを監視していますが、私は10通貨も見れないので、オージードルを外した計6通貨ペアを監視しています。 優位性があるトレードをするために、6通貨ペアの中で最強・最弱を常に探しています。 移動平均線+RCI+通貨強弱を絡めたトレード手法 実際に私がトレードする時の手順を紹介します。 通貨強弱で優位性のある通貨を選ぶ• 移動平均線を使って環境認識する• 通貨強弱の確認で優位性のある通貨ペアを見つけたら、強い通貨を買い、弱い通貨を売る方向を再確認します。 方向が定まったら、20SMAの上下どちらにいるのか?を確認します。 ロングエントリーするのであれば、20SMAの上にロウソク足が位置していればOKです。 20SMAの下にいても、深押ししているような感じで、20SMAが上方向に傾いていれば問題なしと判断します。 エントリーしようとしている方向に、三平式RCIトレード手法の教科書通りのエントリーパターンがでているか確認します。 エントリーパターンが出ていれば、ここでエントリーを決めます。 実際のエントリータイミングは….. 三平式RCI教科書ネタバレになるので、ここには記載できません。 すみません… 20SMAに乗せてエントリーしていますので、長期RCIにも載せていることになります。 通貨強弱で優位性がある通貨ペアを選択しているので、そのままトレンドになるケースがほとんどです。 実際に勝てるのか?月間獲得pipsは? この3つの根拠をそろえてトレードした日は、トータルプラスで必ず終えられています。 ただし、ルール通りに実践していない日は、トントンもしくは微益でその日のトレードを終えることが多いです。 長期RCI線の波に乗せているはずなのに、短期RCI線をみて利確をしてしまいます… ほとんどの場合、10pips以内で利確してしまいますが、決済した後にさらに20pips伸びることがザラにあります。 「よし、次のトレードは指値決済まで待つ!」 と決めても、いざトレードすると決済ボタンにマウスカーソルを合わせたまま、ドキドキしながらチャートを凝視してしまいます。 現在、チキン利確を克服するために「エントリーと同時に+20pipsの指値注文を出す」ようにしています。 指値まで伸びるか?建値決済になるか?の2択しかない状況を作り出して、チキン利確をしないように心がけています。 みなさんは、 ぜひ長期足が伸びきるまで利確を我慢してみてください。 リスクリワードがとても良いトレードができますよ。 まとめ おさらいになりますが、• RCI 三平式RCIトレード手法• 移動平均線 SMA• 通貨強弱 FXism 及川式 私はこの3つを使ったトレードを始めてから、劇的に勝率が向上しました。 トレーダーが10人いれば、10通りのトレード手法があります。 最終的には、自分にしっくりくる手法でトレードをすれば良いですが、やっぱりトレードをするからには利益を取りたいですよね。 今回の記事で紹介した私の手法 根拠 の中で、1つでも参考になるものがあれば、ぜひあなたのトレードに取り入れてみてください。 FXの勉強をするなら、本とブログがおすすめですよ.

次の

三平式RCIトレードの検証結果とトレードの効率化~時間は、お金では買えない。~|サラミピザFX@兼業スイングトレーダー|note

三平 rci

RCI 三平式RCIトレード手法• 移動平均線 SMA• RCIはそれほど有名なインジケーターではありませんし、一部では「日本人しか使っていないのではないか?」とも噂されています。 RCIを使ったトレード手法はいくつかありますが、私はその中でも 「三平式RCIトレード手法」 を使っています。 この手法は、 三平 FX為替さん がnoteで販売されている手法です。 私が三平式RCIトレードに切り替えてから、勝率が70%以上をキープするようになりました。 三平式RCIトレード手法の教科書から何が学べるか? 三平式RCIトレード手法の教科書から学べるものは次の通り。 勝率の高いエントリーパータン• ナンピンの極意• 損切りの極意• 資金管理術 私は典型的な損切貧乏でしたが、教科書の手法を実践するようになってから不要な損切りが無くなりました。 Twitterで三平師匠 がエントリーしているポイントは、ある程度公開してくれていますが、教科書を読むことによって 「なぜ、その位置でエントリーしたのか?」 「根拠はなんだったのか?」 「なぜ損切りしたのか?」 を深く理解することができます。 ちゃんとルールに沿ったエントリーをすることで、すぐに含み益になります。 逆に、自分に都合の良い解釈でのエントリーは、速攻含み損です。 なぜなら、指標や要人発言を除いて相場は硬い動きをしないから。 …抽象的すぎました。 — en. uuzzzz gmail. com demedeme1031 三平式RCIトレード手法を使っても勝てない人は? たまにTwitterで見かけるのが 「評判は良かったけど、実際には全然勝てない」 「速攻含み損になった」 といったコメントですが、それは単に教科書をしっかりと読み込んでないだけです。 実際にトレードをやってみると分かりますが、含み損になる時はなにかしらのルール違反をしています。 ・「どこが悪かったのか?」 ・「なぜ含み損になってしまったのか?」 答えはすべて教科書に書いてあります。 移動平均線の本数・設定値 私の場合、SMAを3本使って環境認識をします。 この設定値には意味があります。 移動平均線とRCIをリンクさせています 移動平均線とRCIはリンクさせることができます。 以下のチャートを見てください。 実際に私が表示させているチャートです。 パッと見て分かりやすいように、色分けしています。 短期線=オレンジ 中期線=緑 長期線=青 画像をみて分かる通り、 SMAが上昇すれば、各期間に対応するRCI線も上昇するように設定しています。 この数値設定のカラクリは、この記事を見ていただくのが一番早いです。 どのように売買目線を判断するのか? 売買目線の判断は単純です。 短中期SMA 4,10 は補助的に使っており、トレンド反転を見極めるのに必要になります。 トレンド反転時は、中期SMA 10 に支えられながら反転することが多いです。 及川さんはオージードルも加えた計10通貨ペアを監視していますが、私は10通貨も見れないので、オージードルを外した計6通貨ペアを監視しています。 優位性があるトレードをするために、6通貨ペアの中で最強・最弱を常に探しています。 移動平均線+RCI+通貨強弱を絡めたトレード手法 実際に私がトレードする時の手順を紹介します。 通貨強弱で優位性のある通貨を選ぶ• 移動平均線を使って環境認識する• 通貨強弱の確認で優位性のある通貨ペアを見つけたら、強い通貨を買い、弱い通貨を売る方向を再確認します。 方向が定まったら、20SMAの上下どちらにいるのか?を確認します。 ロングエントリーするのであれば、20SMAの上にロウソク足が位置していればOKです。 20SMAの下にいても、深押ししているような感じで、20SMAが上方向に傾いていれば問題なしと判断します。 エントリーしようとしている方向に、三平式RCIトレード手法の教科書通りのエントリーパターンがでているか確認します。 エントリーパターンが出ていれば、ここでエントリーを決めます。 実際のエントリータイミングは….. 三平式RCI教科書ネタバレになるので、ここには記載できません。 すみません… 20SMAに乗せてエントリーしていますので、長期RCIにも載せていることになります。 通貨強弱で優位性がある通貨ペアを選択しているので、そのままトレンドになるケースがほとんどです。 実際に勝てるのか?月間獲得pipsは? この3つの根拠をそろえてトレードした日は、トータルプラスで必ず終えられています。 ただし、ルール通りに実践していない日は、トントンもしくは微益でその日のトレードを終えることが多いです。 長期RCI線の波に乗せているはずなのに、短期RCI線をみて利確をしてしまいます… ほとんどの場合、10pips以内で利確してしまいますが、決済した後にさらに20pips伸びることがザラにあります。 「よし、次のトレードは指値決済まで待つ!」 と決めても、いざトレードすると決済ボタンにマウスカーソルを合わせたまま、ドキドキしながらチャートを凝視してしまいます。 現在、チキン利確を克服するために「エントリーと同時に+20pipsの指値注文を出す」ようにしています。 指値まで伸びるか?建値決済になるか?の2択しかない状況を作り出して、チキン利確をしないように心がけています。 みなさんは、 ぜひ長期足が伸びきるまで利確を我慢してみてください。 リスクリワードがとても良いトレードができますよ。 まとめ おさらいになりますが、• RCI 三平式RCIトレード手法• 移動平均線 SMA• 通貨強弱 FXism 及川式 私はこの3つを使ったトレードを始めてから、劇的に勝率が向上しました。 トレーダーが10人いれば、10通りのトレード手法があります。 最終的には、自分にしっくりくる手法でトレードをすれば良いですが、やっぱりトレードをするからには利益を取りたいですよね。 今回の記事で紹介した私の手法 根拠 の中で、1つでも参考になるものがあれば、ぜひあなたのトレードに取り入れてみてください。 FXの勉強をするなら、本とブログがおすすめですよ.

次の

【FXエントリー1000本ノック】三平式RCIトレード手法実践記 1〜2日目

三平 rci

『3本のRCIを使った手法は知っているけど、なかなか勝てない・・・』 そう、一般的に紹介されているRCIを3本表示させた手法だけでは勝てません。 それでは、どうしたらいいのでしょうか? そこで、この記事では• RCIの使い方• RCIを利用した手法• 高確率トレードの設定方法• 環境認識 以上の内容を惜しみなく解説していますので、RCIをお使いのトレーダーの方は何度も記事を読み返してトレードの参考にしてください。 この記事を理解するだけで、RCIトレードの 成績が向上するだけでなく、 トレードスキルも上がります。 さらに、すべての手法に対する考え方も 大きく変わることでしょう。 それでは、さっそく解説していきます。 RCI手法について まずはじめに、RCI手法についての考えをお伝えします。 RCI手法に限らないですが、トレードルールを構築するときは、私は、以下の2点を必ず取り入れます。 シンプルであること• トレード環境を選ぶ ひとつずつ解説します。 シンプルであること RCIを使った手法に限らず、トレード手法はシンプルでなければいけません。 もちろん、複雑なルールがダメだというつもりもありません。 しかし、 千回万回繰り返すトレードで、同じ判断ができなくては、意味がありません。 そして、スキャルピングやデイトレードをされている方であれば、瞬時の判断と決断が必要になってくるので、なおさら、手法はシンプルなルールがベターです。 ルールが複雑すぎてミスをしてしまったり、ルールを破ってしまう。 それが、トレードで、負けてしまう一番の要因です。 ですので、 手法は『Simple is Best!』 トレードする環境を選ぶこと 必ず手法とセットで考えなければいけないもの。 『優位性』です。 それぞれの手法が得意としている環境を選んで、トレードしなければ、まず勝てません。 補足 RCIの使い方をご存知の方は、次の章へお進みください。 3本表示したRCIの使い方を、まだご存知ではない方のために、簡単に分かりやすく解説しておきます。 短期・中期・長期の3本のRCIを使用する RCIを3本表示させた手法は、基本的に [短期9][中期26][長期52]の3つの期間設定のRCIを利用します。 それぞれの期間のRCIの使い方を簡単に解説しておきます。 短期|RCI9の使い方 [RCI9]は、短期間の期間設定ですので、3本のRCIの中でもっとも敏感に反応します。 短期間での買われ過ぎや売られ過ぎを、敏感に感知するので、主に、 [RCI9]は、エントリーのタイミングやトリガーで使用します。 中期|RCI26の使い方 [RCI26]は、3本のRCIの中で、中期の期間設定です。 ですので、値動きと共に、チャートに沿った動きをします。 [RCI26]の主な使い方は、見ているチャートの方向性を示してくれます。 長期|RCI長期52の使い方 [RCI52]は3本のRCIの中で、最も長期間の期間設定になっています。 ですので、一度示した方向が急に変わることはありません。 [RC52]の主な使い方は、上位足のチャートの方向性を示してくれます。 売られ過ぎゾーン・買われ過ぎゾーン RCIは、オシレーター系インジケーターになります。 RCIインジケーターの場合、インジケーターが示す数値で [ トレンドの方向]や[売られ過ぎ][買われ過ぎ]のシグナルを知られてくれます。 RCIのインデックス(%)と状態を、まとめておきます。 画像のように、 中期26や長52の方向に合わせて、短期9でタイミングを計ってトレードしていくのが、RCIの基本的な使い方になります。 RCI3本手法を高確率にする RCIを3本表示した手法はいろいろありますが、以下の2つの王道手法だけで十分です。 RCI手法A| 2重底(2天井)のトレンドフォロー• RCI手法B| 3重底(3天井)の逆張りトレード 売りの場合は、2重底で反対のルールになります。 実際に、画像で確認してみましょう。 トレードすればすぐに分かると思いますが、RCIのシグナル(オシレーター系インジケーター)だけでトレードすると、 不安な状態でトレードになりません。 正確には、そんなトレードはしてはいけません。 オシレーターの微妙な動きに心を揺さぶられて、 『本当に買いでいいのか?』 『中期が少し下降し始めたけど、買っていいのか?』 『長期と中期の張り付きが微妙・・・買い優勢と判断していいのか?』 など、自信を持った一貫したトレードができないと思います。 そこで、トレンド系インジケーターMA(移動平均線)を使ったトレードロジックを追加して、もうひちつ後押しとなるエントリー根拠を作ります。 こちらも、 王道中の王道ロジック、パーフェクトオーダーです。 MAを利用した環境認識と詳しい手法については、 で解説しています。 3本のMAを利用してマルチタイムフレーム分析することで、さらに伸びるポイントを絞ることができます。 買いを検討する場合は、 上から順に、 短期MA、中期MA、長期MAが揃った時のみエントリーを検討するようにします。 実際に、画像で確認してみましょう。 短期MA、中期MA、長期MAが綺麗に順序よく並んでトレンド状態を示唆していますね。 これが、MAのパーフェクトオーダーです。 ここで、注目して欲しいポイントがあります。 エントリーしたA〜Cです。 A〜Cのすべてのポイントが、 2重天井っぽい ということです。 買い相場なのは分かりますが、微妙にRCIの位置がずれているので、 正確には2重天井ではないです。 【A】長期52が完全に+80に張り付いていないので、2重天井ではないのではないか? 【B】中期26が+80以上に張り付いていないので、2重天井ではないのではないか? 【C】長期52が+80以上を下回っているので、2重天井ではないのではないか? リアルタイムでチャートを見ていると、『もしかすると、ここから価格が下がるんじゃないか?』と不安がよぎり、 エントリーに躊躇してしまうはずです。 しかし、価格は続伸。 エントリーを逃したら、機会損失になってしまいます。 このように、RCIは、トレンドとエントリータイミングを分かりやすく示唆してくれますが、 誤差レベルの微妙な判断が難しいです。 ですので、「RCIの3本表示」だけに頼るトレードには限界があります。 このような経験をされたトレーダーは、非常に多いのではないでしょうか? そんなときに、MA(移動平均線)のパーフェクトオーダーロジックが後押ししてくれるというわけです。 オシレーター系RCI手法に、トレンド系MA手法を加えて、自信の持てるエントリー根拠にしていくわけです。 しかし、これで、高確率とはいかないんです・・・ そうです! 手法と環境選びはセットです。 手法には、必ず、その手法に合う環境を選ばなければいけません。 環境があって、初めて手法が活かされ るんです。 RCIもMA(移動平均線)も、残念ですが、価格を加工してビジュアル化した遅効性のインジケーターです。 高値や安値、サポレジなど、価格の動きをしっかり確認しながら、手法を当てはめていきま しょう。 トレンドフォローですので、最低ひとつ上の上位時間足くらいの流れは確認しましょう。 詳しい環境認識はこちらの記事をご参考にしてください。 【】 【】 それでは、実際に画像で確認してみましょう。 【日足】 下降トレンドだったが、戻り高値をブレイクして、日足の目線は『買い目線』に転換。 【4時間足】 4時間足は、押し安値を切上げながら上昇トレンドを継続。 押し安値を割るまでは、『買い目線』を継続する。 【日足】【4時間足】の環境認識から、買い目線なのは明確です。 最後に、RCI手法の2重天井トレンドフォローを当てはめれば、どのような場面よりも、高確率(安全な環境)で手法を活用することができますね。 再度、画像で確認してみましょう。 このような丁寧なトレードを繰り返していくと、利益は残っていきます。 MT4インジケーター「RCI Perfect」については、 【】で詳しく解説しています。 RCI手法B|3重底(3天井)の逆張りトレードとその他について RCI手法B|3重底(3天井)の逆張りトレードについて 3重底(3重天井)の逆張りトレードは、チャートを見れば一目瞭然・・・ 一般的に紹介されているような、3重底や3重天井のサインだけに従っていれば、まず損切りの嵐です。 しかし、RCIとMA、ZigZagを使った 高確率な逆張りロジックがあります。 上手くいけば、あまり使いたくない言葉ですが、 爆益トレードになるときもあります。 こちらのロジックは、[RCI Perfect購入者専用サイト]で解説しています。 パラメーターについて 解説の画像で使用していた、MAやZigzagのパラメーターついてですが、ご自身が現在お使いのMAやZigzagでも問題なく活用できると思います。 もちろん、しっかり検証されてから、実トレードされて下さい。 推奨パラメーターに関しては、[RCI Perfect購入者専用サイト]で、ご紹介させて頂いています。 押し目や戻り目を判断するのにRCIというインジケーターを利用した手法があります。 【RCI Perfect1. 1】は、自由自在にエントリーサインを点灯させてくれます。 詳しくはで解説しています。 まとめ 最後に、エントリーまでの、大切なポイントをまとめておきます。 もちろん、リペイントもないので過去検証もしっかりでき、トレードの正確性やトレード負担を軽減してくれる非常に便利なインジケーターになっています。 詳しい機能は、以下の記事で詳しく解説しています。

次の