ライン アカウント 共有。 LINEは複数のスマホから同一アカウントでは使えない!でもパソコン版なら使えるんです

LINEは複数の端末から同じアカウントを使うことはできますか?という質問をいただいたので。

ライン アカウント 共有

同じLINEアカウントは複数端末で同時ログインはできない 同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない アカウントは「電話番号」で識別され、1番号につき作成できるLINEアカウントは1つだけ この基本ルールを破ろうとすると、最悪の場合、LINEアカウントのデータが強制初期化となります。 この通り、Twitterやfacebookなど他のSNSで可能な複数端末や複数アカウントでの運用がLINEでは厳しく制限されています。 が、下記に挙げる通り、例外があります。 詳細は別記事で解説しています。 関連記事 グループトークを応用すれば複数アカウントで共有できる! 本記事の目的は「複数のスマートフォンでLINEトーク内容を共有する方法」となるため、上記iPadかパソコンが必要なパターンでは実現できません。 そこで、複数のスマートフォンでそれぞれLINEのアカウントを取得し、トークを共有したい相手とグループを組むことで、トーク内容を2アカウントから確認できるようになります。 facebookアカウントを使えば電話番号の登録は不要 もし2台目のスマートフォンが電話番号を持っていなくてもご安心あれ。 下記よりそれぞれでグループを組む手順を解説します。 複数人トークで内容を共有する 複数端末で共有したいトークルーム上でメニューを開き「招待」を選択、 2台目のスマートフォンで用意したアカウントを招待します。 これでトークルーム内に自身の所有するLINEアカウントが2つ加わったため、相手とのトーク内容は1台目・2台目どちらのスマートフォンからでも確認できるようになります。 2台目のスマートフォンとトーク相手側に届くグループ招待へ参加してもらい、グループ内に3アカウントが加入している状態を作ります。 これでグループ内に自身の所有するLINEアカウントが2つ加わったため、相手とのトーク内容は1台目・2台目どちらのスマートフォンからでも確認できるようになります。 トーク相手に協力してもらってグループを組む必要がある 無料通話の内容までは共有できない 既読したのがトーク相手か自身の2台目アカウントか判別ができない 準備するのが正直面倒ですが、LINEの公式ポリシー範囲内で「複数のスマートフォンでLINEトーク内容を共有する」唯一の方法となるため、試す価値アリです。 OSまたぎのLINEアカウント移行の場合、標準機能としてトーク履歴を完全に引き継ぐ手段がないため、アカウント情報を残すために旧アカウントを所有しつつ、新アカウントを取得する選択肢があります。 この場合、新アカウントから旧アカウントに届くLINEトークを確認する手段が課題となりますが、今回の方法により解決できます。 本件は別記事で詳細を解説しているので、合わせてどうぞ。 関連記事 その他LINE関連の便利な豆知識まとめ 本ブログでは他にもLINEをもっと上手に使う情報を沢山掲載しています。 例えば、LINEには下記原則がありますが、 同じ端末で複数LINEアカウントを運用できない LINEアプリのバックアップ機能を応用すれば、トーク履歴を維持したまま同スマートフォン上で複数アカウントを切り替えることができます。 関連記事 同様の裏ワザ的な豆知識を多数紹介しているので、ぜひご覧あれ。 関連記事 〆:LINEの複雑なルールに注意! 以上、 複数のスマホでLINEトークを共有する方法! 今回取り上げた「複数端末 or 複数アカウントでの使用」はルールが厳しく、間違えると最悪の場合LINEアカウントが強制初期化となるため、注意しながら操作が必要です。 もしスマートフォンを2台以上所有しており、両端末でLINEトーク内容をシェアしたければ、ぜひお試しあれ。

次の

LINEのPC版とスマホを同期して連携する方法!ログインやトーク履歴の確認方法も

ライン アカウント 共有

Googleスプレッドシートを共有する方法はアカウントを使う方法があります。 アカウントで共有するメリットは 指定したGoogleアカウント Gmailアドレス にのみ共有されることです。 Gmailアドレスは誰でも無料ですぐに作成できるので、共有したい人がGoogleアカウントを持っていない場合は作成してもらいましょう。 スプレッドシートは共有する側が設定をすれば、共有される側はログインするだけで閲覧できたり、編集できたりします。 提供側が設定すればいいだけなので、ユーザー全員で行う操作はありません。 Googleスプレッドシートをアカウントで共有するデメリットは、一人一人に共有操作をするため、大勢と共有する場合は共有操作をするときに手間がかかってしまいます。 Googleスプレッドシートをアカウントで共有するのは数十人の従業員がいる店舗や、数十人の会員がいる自治体などです。 大企業でGoogleスプレッドシートを共有するのには、操作に時間がかかってしまうのが注意点です。 Googleアカウントでの共有方法は確実に関係者以外に閲覧されないし、編集されないという安全性がありますが、その分共有し始める段階で手間がかかってしまいます。 ただ共有する情報が関係者以外に漏れるのを防ぎたい場合は、Googleアカウントで共有ユーザーを指定する方法を取るのが安全です。 Googleスプレッドシートを共有するにはIMPORTRANGEを使う方法があります。 IMPORTRANGEで共有するメリットはセルごと、 スプレッドシートの小シートごとに共有できることです。 共有する情報が必要最低限なので、個人情報の漏洩などのリスクが減ります。 IMPORTRANGEで共有する方法はデメリットは共有するために、小シートやスプレッドシートを用意する必要があることです。 ただ新しい小シートは簡単に追加できるので大きなデメリットではありませんが、他の共有方法のように共有だけの操作では完了しないのが注意点です。 またGoogleスプレッドシートやExcelなどで使用する関数になれていない人にとっては、ハードルが高い共有方法でもあります。 Googleスプレッドシートを共有する場合に設定できる相手の 権限は3種類です。 それぞれ以下の表のような操作ができるように設定されます。 編集者 セル操作ができる コメントできる シート閲覧できる 閲覧者 コメント可 セル操作はできない コメントできる シート閲覧できる 閲覧者 セル操作はできない コメントできない シート閲覧できる 編集者の権限を設定するとセルを編集したり、削除したりすることができます。 シフト表をみんなで共有したい、納品表を随時みんなで更新して使いたいなどの場合に適しています。 マニュアルなどをGoogleスプレッドシートでみんなと共有して、質問が改善点をコメントで入力してほしいという場合は閲覧者 コメント可 の権限が向いています。 Googleスプレッドシートで共有するスプレッドシートにパスワードを設定するためには、下のリンクから 専用のテンプレートをインストールする必要があります。 パスワードが設定できる専用のテンプレートは無料でインストールできるので、セキュリティを強化しながら共有したい場合でも費用はかかりません。 ただ通常のスプレッドシートでは操作しない箇所を操作したり、英語表記だったりするので初心者には少しハードルが高いです。 パスワードを設定したスプレッドシートで特定のユーザーだけ編集してほしい場合は、注意点として共有する前にパスワードをメールやLINEで教えておく必要があります。 事前にパスワードを設定して共有するGoogleスプレッドシートのパスワードを教えておかないと、編集してほしいユーザーまでパスワードを解除できなくなってしまいます。 Google Chromeの場合、シークレットモードはブラウザ画面の右上にある点線アイコンをタップして、「シークレット ウィンドウを開く」をタップすると、新しいタブとして開きます。 シークレットモードのタブ右上にあるバツアイコンをくりっくして、ウィンドウを閉じることでシークレットモードは解除できます。 Google Chromeがシークレットモードになっているときは画面の枠が黒っぽく表示されますが、通常モードの場合は枠が白っぽく表示されます。 GoogleスプレッドシートはGmailアカウントを持っている人じゃないとアクセスできないので、シークレットモードでユーザーが特定できないように設定されている状態では、アクセスできないのです。 もしブラウザアプリをシークレットモードに設定していない場合は、 Googleアカウントにログインしていない可能性があります。 Googleスプレッドシートを共有できるのは共有の権限が付与されたGoogleアカウントのみです。 Googleアカウントを持っていてもGoogleアカウントにログインしている状態じゃないと、Googleスプレッドシートは閲覧できないのが注意点です。 Googleアカウントへのログインは登録しているメールアドレスやパスワードをGoogle Chromeに記憶させている場合はすぐにログインできます。 Googleスプレッドシートを使っているとGoogleアカウントを入力することが多いので、記憶させておきましょう。 GoogleスプレッドシートではOfficeのExcelフィルを編集したり、閲覧したりすることができますが、Microsoftアカウントではログインできません。

次の

コミュニケーションアプリ LINE(ライン)

ライン アカウント 共有

LINEは基本的に1つの端末でのみ使用可能! LINEは基本的に1つの端末でしか使用できません。 このルールはシステムは徹底されていて、新しいスマホでLINEアカウントにログインすると、古いスマホはそのLINEアカウントからログアウトされ、トーク内容などが削除されます。 でもLINEを複数端末で使いたい「こんな時!」 普通は1つのスマホでしかLINEアカウントが使えない事で困る事はないのですが、僕は最近ちょっと困るシチュエーションがあります。 それは タブレットを使っている時です。 僕はタブレットにしか入れてないアプリがあり、たまにスマホをほっぽらかしてタブレットばかりいじっていることがあります。 するとどうなるかと言うと、 スマホに来るLINEの通知を見逃します。 僕はそれでLINEの通知を数時間放置してしまって、怒られた事があります。 笑 なので出来れば、スマホだけでなくてタブレットにも同じLINEアカウントを使用できるといいのですが・・・。 LINEを複数端末で使う事は出来ないの? LINEは基本的に1つの端末で使うものです。 AのスマホとBのスマホで同時に同じアカウントにログインする事は出来ません。 AのスマホでLINEアカウントにログインをした状態でBのスマホでも同時にログインをしてしまうと、Aのスマホからログイン情報が削除されます。 この様に基本的に複数端末からのログインは出来ないのですが、 特定の条件下であれば同時ログインが可能になります。 以下で説明します。 PC版のLINEはWindowsにもMacにも用意されているので、PC版のLINEが使えなくて困る事は、ほとんどのユーザーにとってはないでしょう。 パソコンでの作業に集中している場合でもスマホに目を落とす事無くLINEの通知を知る事が出来るので、とても便利です。 僕ももちろん使っています。 僕はWindowsとMacにLINEがインストールされていますが、それぞれ同じアカウントにログイン出来ています。 もちろんスマホで同時にログインをしています。 2017年1月まではLINE for iPadというiPad専用のアプリがあったのですが、現在は普通に「LINE」という名称のアプリとなっています。 LINEをAndroidのタブレットで同時使用は出来ないの? LINEをAndroidのタブレットでスマホと同時使用する事は出来ません。 タブレット単独でのログインは出来ますが、その場合スマホでのログインが出来なくなるので、それでは意味がなさそうです。 iPadのLINEではスマホとの同時ログインが出来るので、今後Androidタブレットでも同じ事が出来る様になるかも知れません。 僕が使用しているのはAndroidタブレットなので今のところスマホとの同時使用は出来ませんが、今後に期待したいですね。 更にPCを組み合わせて3つ同時にログインが可能です).

次の