なぞ ぺー。 「迷路なぞぺー」子どもの集中力向上と考えるクセ付けに!

なぞぺーを無料でおためしする方法!口コミや値段、対象年齢まとめ。

なぞ ぺー

15タイトルという小規模なシリーズでの累計50万部達成は、まさに快挙と言ってよいでしょう。 『なぞぺー』シリーズは、実は隠れた大ベストセラーなのです。 実績ある問題は、2006年に刊行されたときそのままに、図版を描き直したリニューアル版です。 算数パズル作成の達人である高濱さんが作成、それを実際に子どもたち出題して、もっとも子どもたちが喜んで挑んだ問題、解けたときに大きく喜んだ問題などを選ぶなど、教育の現場で鍛えられてできた問題集です。 本書の第一の目的は、子どもたちに考えることを好きになってもらうことです。 自分で問題に挑み、解けたときの喜びをいったん経験すると、考えることが好きになり、次からも「どうしても自分で解きたい」という学習の意欲が育ちます。 『なぞぺー』の問題は、ちょうどそのような経験ができる面白さ・難易度になるよう、長年の教育現場での経験によって設定された珠玉の良問ばかり。 実際、子どもたちは嬉々として問題に取り組み、自分から次の問題、次の問題と、どんどんやりたがる、魔法のような問題集なのです。 学習に対する「やる気」や「意欲」、「自信」などの非認知能力を身につけさせることの大切さに注目が集まる昨今、『なぞぺー』は実践的にこの問題に取り組み、成果を上げている教材として、特筆すべき存在といえるでしょう。 ぜひ、親子で取り組んでいただきたい教材です。 (担当/久保田) 著者紹介 高濱正伸 (たかはままさのぶ) 1959年、熊本県生まれ、東京大学大学院修士課程卒業。 93年に、学習教室「花まる学習会」を設立。 算数オリンピック委員会理事。 著書に『小3までに育てたい算数脳』(健康ジャーナル社)、『考える力がつく算数脳パズル』シリーズの『なぞぺー1~3 改訂版』『新はじめてなぞぺー』『空間なぞぺー』『整数なぞぺー』『迷路なぞぺー』『絵なぞぺー』(以上、草思社)などがある。 soshishablog.

次の

「迷路なぞぺー」にハマる!思わぬ効果もあった、子どもに人気の迷路教材です【口コミ】

なぞ ぺー

花まる学習会「なぞぺー」の効果とは。 【見える力】 a 図形センス 必要な線だけを選択的に見る力や、無い線(補助線)が見える力など。 b 空間認識力 頭の中で、三次元の立体などをクルクル回したり、切ったり、展開したり、いろんな方向から自由に眺めたりできる力。 c 試行錯誤力 手を動かして考える力。 イメージ力の豊かさを基盤に、図や絵を描いて、突破口を見つける力。 d 発見力 アイデアやひらめきが頭に浮かぶ力。 【詰める力】 e 論理性 基本的な論理の第一歩の課題を踏み誤らない、正確な論理力。 f 要約力 「煎じ詰めれば要するにこういうことだ」と、問題文の意図をつかみ取る力。 g 精読力 漫然とした読書などと違って、一字一句間違いなく読みとる、精密に読む力。 h 意志力 「どうしても最後まで解ききるぞ」、「自分の力でやり通すぞ」と、こだわることのできる意志の力。 なぞぺーの最大の魅力は、子供がみずから進んでやりたがるという点ですね。 学習ドリルなのに、勉強しているというより遊び感覚で進められるので、飽きずに 自分からやりたがるという声が多いです。 口コミをいくつか紹介しますね。 河村京子先生の本で紹介されていて、小6の娘に購入しました。 本当にオススメです!なかなか貪欲に勉強せず日々歯痒く思っていますが、この問題集は ワー、キャー言いながら、自らどんどん進んで解いていました。 子供が勉強楽しい!と思える本です。 長文読解は苦手ですか、この問題集は楽しいようで、自分から取り組んでいます。 さらに、学習面で見てみると「考える力が身についた」「考えることを楽しめるようになった」という口コミもありました。 一番下の子供がやってますが、 本当に力がつきます。 考える力をつけることができる少ない参考書の一つです こちらのドリルは 考える事が楽しいようで自ら進んでやっています。 今まで考える事がとにかくめんどくさい!だったのがここにきてやっと楽しいと思えるみたいです。 「1,1,2,2,2」の5枚のカードを使って5桁の整数をいくつ作れるでしょうか。 もちろん、ひたすらカードを並べ替えて答えを求めることもできます。 ですが、中学受験では時間制限がありますから、こうした問題を計算で求める必要があります。 また、たとえば先ほどの「整数なぞぺー」ではこのような問題が出題されています。 「整数なぞぺー」の口コミ 「これ、難しいよ〜」と言いながらも、解けた時にはすごい喜んでいます。 大人も目を通しましたが、後半は確かに手強い問題がそろっています。 (5年生の)息子は72は2で3回割れて、3で2回割れる、ということを瞬時に分解できるようになっているようです。 筆者が言っている通り、因数分解などには困らなそうです。 学校で教えてくれない、中学受験での整数問題に対応するためという位置づけも著者によるとあるようですが、受験に関わらず、中学以降の息子の学習に役立ちそうです。 立体迷路や独特なルールが追加された迷路でとっても楽しい。 大人も一緒に楽しめます。 口コミを紹介しますね。 6歳の娘に購入しました。 一日1ページでやらせたのですが、どんなに疲れている日でも「これだけはやりたい!」と自分からやりたがって学習できました。 とても楽しそうでした。 難しい問題もありましたが、時間をかけて全問自力で解きました。 「もっとやりたい」と言っているのですが、続編がないのが残念です。 なぞぺーの算数はアプリでもできる なぞぺーを作っているのは「花まる学習会」の高濱正伸さんと川島慶さんという方なのですが、このお二人が開発した知育アプリがあるんです。 こちらの 「Think! Think! (シンクシンク)」というアプリです。 開発元のワンダーラボは花まる学習会の川島慶さんが代表を務める会社です。

次の

思考力を鍛えるドリル10選!本当に身につけたい力の正体を見つけた|タノチイク

なぞ ぺー

15タイトルという小規模なシリーズでの累計50万部達成は、まさに快挙と言ってよいでしょう。 『なぞぺー』シリーズは、実は隠れた大ベストセラーなのです。 実績ある問題は、2006年に刊行されたときそのままに、図版を描き直したリニューアル版です。 算数パズル作成の達人である高濱さんが作成、それを実際に子どもたち出題して、もっとも子どもたちが喜んで挑んだ問題、解けたときに大きく喜んだ問題などを選ぶなど、教育の現場で鍛えられてできた問題集です。 本書の第一の目的は、子どもたちに考えることを好きになってもらうことです。 自分で問題に挑み、解けたときの喜びをいったん経験すると、考えることが好きになり、次からも「どうしても自分で解きたい」という学習の意欲が育ちます。 『なぞぺー』の問題は、ちょうどそのような経験ができる面白さ・難易度になるよう、長年の教育現場での経験によって設定された珠玉の良問ばかり。 実際、子どもたちは嬉々として問題に取り組み、自分から次の問題、次の問題と、どんどんやりたがる、魔法のような問題集なのです。 学習に対する「やる気」や「意欲」、「自信」などの非認知能力を身につけさせることの大切さに注目が集まる昨今、『なぞぺー』は実践的にこの問題に取り組み、成果を上げている教材として、特筆すべき存在といえるでしょう。 ぜひ、親子で取り組んでいただきたい教材です。 (担当/久保田) 著者紹介 高濱正伸 (たかはままさのぶ) 1959年、熊本県生まれ、東京大学大学院修士課程卒業。 93年に、学習教室「花まる学習会」を設立。 算数オリンピック委員会理事。 著書に『小3までに育てたい算数脳』(健康ジャーナル社)、『考える力がつく算数脳パズル』シリーズの『なぞぺー1~3 改訂版』『新はじめてなぞぺー』『空間なぞぺー』『整数なぞぺー』『迷路なぞぺー』『絵なぞぺー』(以上、草思社)などがある。 soshishablog.

次の