白鴎 大学 岡田 晴恵。 「コロナの女王」岡田晴恵教授が“コロナ前”に行っていた驚きの啓蒙行動(2020年6月26日)|BIGLOBEニュース

【画像】岡田晴恵おしゃれな服装や髪型が話題!なぜ?キレイになっていく理由|aro50

白鴎 大学 岡田 晴恵

スポンサーリンク ホンマでっか!? TV【緊急企画! 今知りたい新型コロナウイルス】 2020年2月5日(水) 21時00分~21時54分 フジテレビ系列 岡田晴恵の経歴 医学博士。 専門は感染免疫学、国立感染症研究所研究員を経て、現白鴎大学教育学部特任教授。 共立薬科大学修士課程卒業、順天堂大学医学部博士課程中退、ドイツマールブルク大学医学部ウイルス学研究所留学(アレクサンダー・フォン・フンボルト奨学研究員)。 現在、国立感染症研究所 ウイルス第3部研究員。 専門は、感染免疫学、ワクチン学、ウイルス学。. 著書は『なぜ感染症が人類最大の敵なのか?』(ベスト新書)、『エボラVS人類 終わりなき闘い』(PHP新書)など多数。 nhk. スポンサーリンク 『NEWS23』では第1便で武漢から帰国した人々について「日本は症状が確認できない帰国者については隔離体制をとっていない。 検査を拒否して帰宅した人もいる(その後、個人で検査を済ませた)」と説明した。 そのキャスターの説明を受けて岡田晴恵さんは「全数はチェックしなければいけない」と指摘。 「2週間は我慢して他と接触を断って頂く。 これはやらなければいけないことだと思う」と帰国者を隔離して潜伏期が終わるまで経過を見る必要性を訴えた。 今回の帰国者は206人で、感染の有無をチェックするため大半が空港からバスで千葉県にあるホテルに直行した。 厚労省が用意したのは140室で、相部屋による宿泊もあった。 岡田さんは「相部屋はちょっと」と首をかしげており、「もし1人でも感染者がいれば濃厚接触でうつっていくので、なぜそうなのかは私には分からない」と疑問を呈したのである。 そのように感染症の権威として新型コロナウイルスの解説を求められメディアで活躍する岡田晴恵さんだが、このたびのようなニュース番組と違いワイドショーやバラエティ番組ではもっと砕けたキャラクターがみられる。 スポンサーリンク 岡田晴恵テレビ出演とギャラ 1月22日放送のフジテレビ系情報トークバラエティ番組『ホンマでっか!? TV』では、初出演ながらインフルエンザ対策を身振り手振りをまじえてタレントのように話して大ウケ。 さんまから「晴恵って顔してる!」「俺の晴恵」「晴恵~」といじられて、愛嬌を振りまいたことも。 MCの明石家さんまからハルエと呼ばれ「また呼ばれると思うよ」とお墨付きをもらったほど、その後の各局への出演回数は驚異的。 今や新型コロナウイルスの報道で、この人の顔を見ない日はない。 白鴎大学の岡田晴恵特任教授(57)である。 彼女の専門は感染症学、公衆衛生学で、厚生労働省の国立感染症研究所でウイルス第三部研究員を務めた経験もあることから、連日引っ張りだこ。 「羽鳥慎一モーニングショー」や「ひるおび!」では常連、多いときは1日に5つの番組をハシゴしたことも。 彼女自身こんなに出ずっぱりで、過労で倒れないのか、なんて心配する声も出チラホラ。 彼女がコロナウイルス報道で最初に登場したのは1月25日だった。 この時点では、日本国内の感染者はまだ2人だけだったが、早くもコロナウイルスの拡大の速さと危険性を予知した。 翌26日も、「日曜報道 THE PRIME」「ワイドナショー」(フジテレビ系)、「ビートたけしのTVタックル」(テレビ朝日系)に出演。 そして、27日は、「スッキリ」(日本テレビ系)を皮切りに、「大下容子ワイド! スクランブル」(テレビ朝日系)、「ひるおび!」(TBS系)、「直撃LIVEグッディ!」(フジテレビ系)、「スーパーJチャンネル」(テレビ朝日系)と5つの番組をハシゴしたのだ。 出演時間は5番組で、計1時間38分56秒だった。

次の

教員紹介|教育学部|学部・大学院|白鴎大学

白鴎 大学 岡田 晴恵

教員氏名 岡田 晴恵(オカダ ハルエ) 職名 教授 最終学歴・学位 共立薬科大学大学院薬学研究科前期 薬学修士 順天堂大学大学院医学研究科後期中退 医学博士 専門分野 感染症学、公衆衛生学、児童文学 学協会活動 日本公衆衛生学会、日本ペンクラブ、日本児童文学者協会 【主な著書・論文等】 1.HIV-1 Nef protein-induced apoptotic cytolysis of a broad spectrum of uninfected human blood cells independently of CD95 Fas Okada,H. , Takei R. , Tashiro M. FEBS Letter. , Takei R. , Tashiro M. , Takei,R. and Tashiro,M. FEBS Letter 422, 363-367, 1998 4.HIV-1 Nef binding protein expressed on the surface of murine blood cells Okada,H. , Morikawa,S. and Tashiro,M. Med. Microbiol. Immunol. 186, 201-207, 1998 5.Determination of pantropism of the F1-R mutant of Sendai virus: specific mutations involved are in the F and M genes Okada,H. , Seto,J. , McQueen,N. , Klenk,H. , Rott,R. and Tashiro,M. Arch. Virol. 11 9.感染症とたたかった科学者たち 岡田晴恵著 岩崎書店 2013. 10 10.エボラVS人類 終わりなき闘い 岡田晴恵著 PHP新書 2014.12 11.学校の感染症対策 岡田晴恵著 東山書房 2015.1 12.病いと癒しの人間史 岡田晴恵著 日本評論社 2015.10 13.感染症キャラクター図鑑 岡田晴恵著 日本図書センター 2016.1 14.知っておくべき感染症 21世紀型パンデミックに備える 岡田晴恵著 ちくま新書 【問題関心】 微小なウイルスや細菌などの病原体の動態、流行が、その時の社会や政治、文化に与えた影響についても、私たちの認識はどこかあやふやである。 たとえば、中世ヨーロッパ社会に壊滅的な打撃を与えたペストについても、なぜ始まり、どのように終わったかについて、はっきりとした結論が出ている訳ではない。 では、人類はその見えない恐怖にどう対処してきたのであろうか。 人類史を動かした感染症の歴史から、現代の人口過密、高速大量輸送時代の社会での感染症対策を研究している。 学校は感染症が流行しやすい場所である。 生徒や児童に感染症を正しく理解してもらい、予防の習慣を身に着けてもらうことは大切である。 うつる病気の絵本や感染症をテーマにした小説などの児童文学を通じて、感染症の理解を広めることを模索している。 また、学校保健安全法に則り、学校で予防すべき感染症について理解し適切な対応がとれるような感染症に強い教師を目指した「学校の感染症対策」の専門特講を2015年度に開講する。 【現在の研究テーマ】 ここ半世紀、世界人口は激増、人口密度も過密となった。 さらに、高速大量輸送時代に突入し、過去には風土病で留まって感染症も、SARSの例にあるように瞬く間にパンデミック(世界的大流行)となる場合もある。 このような新興再興感染症の出現にどう対応するのか。 被害を最小限度にとどめるための政策を具体的対策を研究し、立案提言している。 感染症をテーマにした絵本や小説を創作し、また、それを一歩進めて、その読み書きせや映像化などを通して、感染症の理解を効率よく正確に広めることを思考し、研究、実践している。 「学校の感染症対策」について、具体的に教育現場で実践できる行動計画の作成を行っている。 また、学校感染症への理解を持ち、適切な対応をとれる教師を目指した健康教育プログラムを考えている。 【学生へのメッセージ】 感染症の予防や感染してしまったときの適切な対処は、健康を守って生きていく上で大切な知識です。 日本ではあまり問題とされない伝染病も、ひとたび海外に出た時には、すぐに直面するリスクとなる場合もあります。 感染症やその予防について興味を持っていただけたら、幸いです。 【担当主要科目】 生物学A・B、教養特講 病と癒しの人間史 、専門特講 学校感染症の対処法 、ゼミナール、卒業研究.

次の

【画像】岡田晴恵おしゃれな服装や髪型が話題!なぜ?キレイになっていく理由|aro50

白鴎 大学 岡田 晴恵

感染免疫学、公衆衛生学を専門とする白鴎大学教育学部の岡田晴恵教授が4日、テレビ朝日「羽鳥慎一モーニングショー」(月~金曜前8・00)に出演。 東京都内に住む20代女性が、帰省先の山梨県で新型コロナウイルスへの感染が判明したにもかかわらず、高速バスで都内に戻っていたことに言及した。 岡田教授は「この方は経験してないから分からないんだと思う。 例えば自分の身近な人で大切な人が感染したかもしれない。 で、検査してる。 そういう時ってものすごく精神的にくる(つらい)んですね。 もしかしたら自分のこと以上なんじゃないかなって思うんです」と推測。 さらに「女性のこの行動でリスクが出てきた人がたくさんいる」と指摘し、「今ステイホームとか言って大学生の皆さんとか家やアパートで飲み会とかあるそうですけど、ぜひこれを機に、ゴールデンウイーク中ですから申し上げますけど、しっかり自重してください」と強い口調で話した。 県によると、女性は4月26日に味覚や嗅覚に異常があることを認識しながら、29日にバスタ新宿から高速バスで山梨県へ帰省。 30日は県内の友人宅で友人4人とバーベキューを楽しんだ。 この日夕には都内で働く同僚の感染が分かり、翌5月1日に県内の帰国者・接触者相談センターに相談。 PCR検査を受け、保健所から検査結果が出るまで実家で待機するよう求められていた。 女性は当初、保健所に対してPCR検査の結果が出る前の1日夜に都内に帰宅したと虚偽の説明をしていた。 女性の知人から「帰ったのは2日朝」との情報提供があり、県が確認したところ、女性は保健所から陽性と伝えられた約1時間後の2日午前10時すぎに、県内の富士急ハイランドバス停から高速バスで帰京したことを認めた。 女性は「飼っている犬が心配だった」などと話しているという。

次の