温泉 ランキング。 極上温泉・温泉旅館ランキングベスト35全国版

そぞろ歩きが楽しめる「温泉街」ランキングBEST10 [温泉] All About

温泉 ランキング

お客様がお使いのブラウザは、JavaScriptの設定が無効になっております。 そのため、トラベルコの機能で一部正しく表示されない、動作しないなどの現象が発生しております。 以下の方法でブラウザの設定をご確認のうえ、JavaScriptが無効になっていた場合は有効にしてください。 JavaScriptの設定方法 Internet Explorerの場合• Internet Explorerのメニューバーにある「ツール」から「インターネットオプション」を選択。 「インターネットオプション」画面の「セキュリティ」タブを選択。 「レベルのカスタマイズ」ボタンをクリック。 「セキュリティの設定」画面の「スクリプト」項目の「Javaアプレットのスクリプト」を「有効にする」にチェックをする。 「スクリプト」項目の「アクティブスクリプト」を「有効にする」にチェックする。 「スクリプト」項目の「スクリプトによる貼り付け処理の許可」を「有効にする」にチェックして「OK」ボタンを押す。 Firefoxの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Chromeの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 Safariの場合 のサイトを参照いただき、設定いただくようお願いします。 更新日:2020年7月14日 トラベルコのWebサイト及びアプリは、以下を閲覧推奨環境としております。 閲覧推奨環境以外をご利用の場合には正常な動作を保証いたしかねます。 恐れ入りますが、以下いずれかの環境でサイトをご利用くださいますようお願いいたします。 上記以外のブラウザ(Opera等)は、一部サービスで正常に表示されない場合があります。

次の

伊香保温泉ランキング|おすすめ人気旅館・厳選高級旅館ランキング

温泉 ランキング

大黒屋のカニちらし寿司。 お持ち帰りもできました。 城崎温泉の近くにある津居山港で水揚げされる松葉かには、その漁場の近さから、高い鮮度と瑞々しい味わいをもつ「津居山かに」と呼ばれ、大変人気があります。 大黒屋でいただくことができるカニちらし寿司は、カニならではの旨味を上手に引き出しているちらし寿司が絶品で、このお寿司のために城崎温泉に行きたくなってしまうほど印象に残ったちらし寿司でした。 シンプルで素朴。 クセになるおいしさでした。 渋温泉の名物と言われているのが、温泉街にあるの「うずまきパン」。 少し温めることを推奨してくださるので、その通り温めると、中のマーガリンがじんわりと溶けて、カスタードの甘さとのコラボがおいしいパンでした。 こちら、地元の方だけではなく、観光客にもとても人気があり、週末は完売してしまう日も少なくないのだとか。 数多く湯めぐりをすると、結構体力も消耗しますので、ちょっと休憩のお供にいいな、と思ったパンでした。 渋温泉 ・住所:長野県下高井郡山ノ内町平穏 ・電話:0269-33-2921 ・ 2位 別府温泉(大分県) 珈琲専科 綾のおいしいコーヒーとホットサンドがここでしか味わえないおいしさ。 キャベツがたっぷりです。 草津温泉では、これぞ昔ながらの喫茶店という雰囲気で、レトロな佇まいの珈琲専門店「珈琲専科 綾」にて、サイフォンを使った本格的なコーヒーをいただくことができます。 コーヒーはもちろんおいしいのですが、こちらのキャベツがたっぷり入ったホットサンドが絶品です。 草津温泉 ・住所:群馬県吾妻郡草津町草津 ・電話:0279-88-0800(草津温泉観光協会) ・ 珈琲専科 綾 ・住所:群馬県吾妻郡草津町草津114-2 ・電話:0279-88-4865 ・営業時間:8時~17時 各情報誌や旅館検索サイトなどのランキング、ガイドの独断と偏見も含めながらベスト10にまとめましたが、今回ご紹介しなかった温泉街の中でも、雰囲気が素敵で、温泉街としても共同湯の温泉も素晴らしいところも、まだまだあります。 ぜひお気に入りの温泉街を探しに、湯旅の計画を立ててみてはいかがでしょうか? 【関連記事】.

次の

源泉掛け流し温泉 人気ブログランキング

温泉 ランキング

名実ともに秘湯の中の秘湯!乳頭温泉郷 鶴の湯温泉 全国の数ある温泉の中から、あらゆる要素を考慮して温泉を厳選して紹介します。 結果として、不動の人気を誇る温泉が上位に集中しました。 前半で厳選した10選の温泉を、後半では行ってみたい温泉を紹介します。 地理感覚が掴み易いよう、北から順に紹介していきます。 有名な鶴の湯や黒湯など、昔ながらの風情を大切にしている宿が多く、一瞬にしてタイムトリップできるのも人気の秘密です。 宿により湯は異なりますが、鶴の湯や黒湯は重曹がベースの硫黄泉。 なめらかでミルキーな湯で、湯の良さも人気を集める要因です。 山奥ですが、黒湯以外の宿は冬も営業しています。 秋の紅葉シーズンも絶景で、いつ行っても素晴らしい秘湯風情に感激できます。 宿泊者専用の湯めぐり手形もあり、宿泊者におすすめです。 乳頭温泉郷の詳細については、以下の記事も参照願います。 共同浴場や大露天風呂でも泉質の良さが分かり、間違って目に入ると大変に染みて、温泉の強さを思い知ります。 しかし実は、本当の魅力は宿の湯にあり、強酸性のため木造浴室が多く、宿の湯でも共同湯の風情を楽しめます。 また宿により源泉が異なり、湯の微妙な違いの比較も楽しいものです。 お湯が熱いので夏は加水しますが、加水するとややすべすべした感触がして、さらに湯の違いを楽しめます。 蔵王温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 江戸時代からの旅籠風情を色濃く残した玄関。 昭和に建てられ、大正ロマンのようなアーチ状の窓が特徴的な湯殿。 玄関と湯殿に加え、本館と別館の客室まで登録有形文化財に指定され、建築美を満喫できる宿です。 泉質も最高で、無色透明の硫酸塩泉が素晴らしいのです。 法師乃湯と呼ばれる混浴の大浴場は、湯船の底から湯が湧く「足元湧出温泉」と呼ばれるもの。 お湯が湧いてから一切空気に触れず、酸化せずに人体に触れるので、究極の温泉形態といわれます。 最高の建築と、最高の温泉。 つまり、最高の温泉宿の一つです。 法師温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 強い酸性泉の湯は、昔から効能が豊かな温泉として知られ、高温の湯に短時間浸かる「時間湯」という独特の入浴法もあります。 草津白根山山麓の避暑地としても最適な環境で、今では高原リゾート温泉の代表格になっています。 湯の質はもちろん湯量にも恵まれ、大規模な温泉地でありながら、ほぼ全ての宿が源泉掛け流し。 理想的な温泉地の一つです。 草津温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 白濁の硫黄泉ですが、酸性が強いので酸性泉としても楽しめ、関東地方では屈指の泉質です。 冬はスキーがメインの温泉地ですが、夏は素晴らしい山岳リゾート温泉です。 山奥なのに立派な宿が多く、大半の宿が露天風呂を完備しているのも特徴的。 夏の夜はクーラーが無くても寒く感じる程で、温かい温泉の有難さを一層感じることができます。 都会で夏バテ気味の方には、是非おすすめしたい温泉地です。 万座温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 麻釜 おがま と呼ばれる源泉がメインで、共同湯や宿の多くが、この湯を引いています。 湧いた時は透明な湯ですが、緑色や白濁に変化する不思議な硫黄泉。 大規模な宿は少なく、むしろ民宿が多い温泉街の素朴な風情はいつまでも心に残ります。 野沢温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 特に平湯温泉の泉質がおすすめで、ひらゆの森の硫黄泉や、バスターミナルにあるアルプス街道の露天風呂 土類泉 で、素晴らしい湯を実感できます。 奥飛騨温泉郷の詳細については、以下の記事も参照願います。 別府八湯といって、細かく分かると8つの地域に分類できますが、大きな宿は駅に近い北浜地区と、最大の観光地、地獄巡りがある鉄輪温泉に集中しています。 多種多様な湯が湧き、鉄輪温泉の噴気臭のする塩化物泉と、北浜地区のモール系の炭酸水素塩泉、また明礬温泉(みょうばん)の硫黄泉が代表的です。 特に鉄輪温泉は、貸間と呼ばれる湯治専門の宿も多く、温泉の噴気も多いことから、独特の温泉風情があります。 別府温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 朝早くから夜遅くまで、日帰り客を受け入れており、その利便性は現在でも日本随一。 観光客も敏感に反応し、あっという間に日本有数の人気温泉になった上に、今ではアジアを中心とした海外からも大勢の観光客がやって来ます。 人気の秘密は利便性だけではありません。 黒川調とも言える独特の民芸調による秘湯風情の演出や、大半の宿が温泉を掛け流しで、硫黄泉の泉質も宿毎に微妙に異なり、湯と風情の両方の違いを楽しむことが魅力の根幹です。 黒川温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 雲仙とは温泉の意味。 温泉が訛って雲仙になったという「温泉の中の温泉」です。 国立公園の中に位置する温泉街は、良好な山岳リゾートの雰囲気が漂います。 ここでも地獄巡りが観光スポットで、硫黄泉の泉質も申し分ありません。 大規模な宿が多いのに、掛け流しの宿が多いのも、温泉好きには嬉しい限りです。 雲仙温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 中心地はニセコ昆布温泉で、赤い湯が印象的です。 他にも酸性泉のニセコ五色温泉、硫黄の泥湯のニセコ湯本温泉があり、どこも極上の泉質です。 ニセコ温泉郷の詳細については、以下の記事も参照願います。 本来は上の湯温泉という温泉地ですが、旅館銀婚湯だけを意味する場合、銀婚湯温泉とも呼びます。 八雲町から山に分け入った秘湯ですが、実に上品な宿で、料金もリーズナブル。 大浴場もいいですが、特に宿泊者専用の貸切露天風呂の風情と塩化物泉の泉質が最高です。 銀婚湯温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 自然環境に恵まれ、近くの蔦沼の新緑と紅葉は特に有名です。 法師温泉のように、無色透明な硫酸塩泉の湯が湯船の底から泡とともに湧く温泉で、温泉として最高の形態です。 宿の評判も良く、鄙びた本館もリニューアルしました。 蔦温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 ここは、ともかく硫黄泉の泉質が最高です。 石塚旅館と森山荘がありますが、どちらも同じ湯。 ココの湯で温泉に目覚めた人も多く、私自身、その一人です。 多種多様な湯が湧き、代表的なのは重曹系の硫黄泉。 鳴子温泉の鳴子ホテル、東鳴子温泉の高友旅館の2軒で入浴すれば、泉質の素晴らしさが分かります。 鳴子温泉郷の詳細については、以下の記事も参照願います。 未利用源泉を含め36もの自家源泉を所有。 その豊富な湯を足湯や蒸し風呂、地熱浴場を含め16ヶ所もの個性溢れる浴場で楽しめます。 これはもはや、1泊では到底堪能は不可能で2泊、3泊したい温泉です。 泉質は単純硫黄泉で、重曹泉のようにすべすべするのが特徴です。 日帰り入浴施設も出来て、湯と風情の良さを確認できます。 中房温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 船でしか行けない温泉宿も2つあり、その一軒のホテル浦島には多数の浴場があり、館内で湯巡りができます。 しかも、自家源泉掛け流しなので、温泉好きにとっては名前の通り、竜宮城のような素晴らしさです。 南紀勝浦温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 大きな和風ホテルも沢山ありますが、小さな宿も多く、独特の一体感のある温泉街の風情が素晴らしい温泉地です。 お湯も良く、高温泉としては日本一のラジウム泉です。 一度行けば、愛用してしまうに違いありません。 三朝温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。 地獄温泉は濃厚な硫黄泉が魅力の一軒宿で、秘湯らしく格安の宿泊料が嬉しい温泉。 垂玉温泉は秘湯ながら、意外と大規模で立派な宿で、宿泊者専用の滝見の湯の泉質が絶品です。 注:2016年4月に発生した熊本地震により、地獄温泉・垂玉温泉を含んだ南阿蘇温泉郷の多くの施設が長期休業を余儀なくされ、復旧を目指しています。 日本屈指の名湯なので、復活した際には是非訪問しましょう。 南阿蘇温泉郷の詳細については、以下の記事も参照願います。 付近の霧島温泉も素晴らしいのですが、妙見温泉の方が一箇所にまとまり良さが分かりやすいといえます。 小規模な温泉地ですが、湯治宿から高級宿まで、予算に応じてあらゆる宿が揃っています。 重炭酸土類泉の泉質も素晴らしく、要注目の温泉地。 豪華クルーズトレイン「七つ星in九州」で、唯一宿泊する温泉地としても話題です。 妙見温泉の詳細については、以下の記事も参照願います。

次の