うた コン ジェジュン。 ジェジュン、産後の新妻聖子と名曲披露!山崎育三郎とToshlは愛をささやき合う!?『うたコン』

ジェジュン(JYJ)、4月3日放送のMステ“アゲうた”3時間SPに出演へ「シングル発売後の貴重な生放送」│韓国音楽K

うた コン ジェジュン

歌コンは出演料は国民の税金です。 歌コン廃止を主張しない国民はバカです。 公演は入場料で運営するものです。 史上最悪の詐欺会社「豊田商事」事件とNHK詐欺集団は、「家に入ったら契約するまで居座る」契約手法が同じです。 NHKは国民の敵です。 NHKはアコギ、悪辣な詐欺集団です。 NHKは受信料を払う価値がない詐欺集団です。 価値がないものに払うのはバカです。 インターネット時代にテレビ(NHK)は不必要です。 (私はテレビ見ています。 受信料取られるなら見ません。 受信契約はしません。 ) (NHK受信料は他局と、公平公正では無く、民主主義に相反した悪法です。 ) NHK受信料は「国民の選択の自由権」 の侵害です 悪法に隷従する事は、真の民主主義ではありません。 悪法には反対する事が民主主義です。 大多数の国民は1日千円の生活者です。 1日千円の生活者国民から取り立て、絞り取る受信料は理不尽です。 国民とズレている、歳費2200万円、交通、通信費無料の、料亭で飲食し、金銭感覚に麻痺を起こし、税金を食い潰しているメタボ国会議員が制定した悪法です。 NHK詐欺集団は、1166件の受信料裁判を起こして、その費用にあなた(国民)の税金を湯水の様に使い、税金を垂れ流しています。 埼玉県朝霞市議の男性(40)が、ワンセグ付きの携帯電話を所有する人は、 NHK受信料の契約を結ぶ義務があるかどうかを争った訴訟の判決で、さいたま地裁(大野和明裁判長)は2016年8月26日、契約義務がないとの判断を示し、市議側の訴えを認めた。 受信料の支払い義務がないことを認めました。 さいたま地裁で判決が出ています。 スマホが有ればNHK受信契約を強要しています。 他人をだまして金を取ることは詐欺行為です。 NHKは詐欺集団です。 法律(国内法)とは=法律を作る一部の者が、都合の良い様に制定したもので、間違った、悪い法律が約1割存在する。 放送法64条1項は「テレビ設置者はNHKと受信契約をしなければならない」と規定、は 悪い法律です。 が受信契約しないと払う必要がないとの法律です。 テレビを一時的に無くして、NHKに確認させて受信料契約を、合法的に解約する事です。 でないと死ぬまで請求書が来て、膨大な延滞金も請求されます。 NHK(テレビ)受信料を容認している、バカげた国会議員を、主権者である国民(あなたが)が選挙で排除する事です。 インターネットは国民全てが参加できる国民平等の媒体です。 テレビは一部の者だけが参加し、恩恵を受け、利益を受けている、 国民を差別した媒体です。 インターネット時代にテレビは不必要です。 受信料は民放他局と公平平等で無く、不公平、不平等で、民主主義に反しています。 一部の者だけが参加し、恩恵を受け、利益を受けている、国民を差別した、バカげたNHK(テレビ)受信料、の反対運動に参加しましょう。 特定の勢力や団体に左右されない独立性を担保するため、とNHKは説明している。 が、国会で自民党と共産党が同等に議論するのと同様に、国費(税金)でNHKが、特定の勢力や団体に左右されない放送する事は当たり前のことなのです。

次の

ジェジュン 現在の顔変わりすぎ!東方神起時代と“別人”丨彼女は川田由香?

うた コン ジェジュン

エイプリルフールに新型コロナウイルスに関する冗談をSNSに投稿し、多くの非難を受けた歌手の ハングル 김재중 が、日本で寄付キャンペーンに参加したことが韓国でも話題になっている。 マスクの寄付プロジェクトに参加したジェジュン(画像出典:キム・ジェジュン Instagram) プロジェクト協力チームには、キム・ジェジュンの他にもプロ野球選手の大谷翔平選手や、俳優の伊勢谷友介さんなど、日本の有名スポーツ選手や芸能人などが参加していたことが分かった。 自由が奪われた現在、まずは医療崩壊を防ぐためにも、私達が出来ることはあります。 このプロジェクトを通して医療従事者の皆様を応援します。 また、世界中が元どおりになりますよう、祈っています。 ご協力よろしくお願いします」という応援メッセージを伝えて寄付に対する参加を促した。 しかし、一方では「韓国・日本・中国すべての国にコロナ関連で寄付をした芸能人がキム・ジェジュンです」「もう魔女狩りはやめてください。 彼がどのような意図でこのプロジェクトに参加したのか今一度よく考えてみてください」「寄付やボランティアなど、すぐ行動に移すジェジュンを尊敬しています」という意見も見受けられた。 「キム・ジェジュンが参加していなかったら知らなかった事」「彼の名前があったことでこのプロジェクトを知るきっかけとなった」ということで、多くのファンたちも寄付に参加。 一方、今回キム・ジェジュンが参加した支援は、マスクを含めて防護服やアルコール、サージカルガウンなどの必需品の購入にも使用され、東京都立墨東病院や、京都大学病院などに支援される予定だという。

次の

ジェジュン、コロナウイルスに関する冗談で処罰の可能性=「無事でよかった」VS「度が過ぎる」│韓国音楽K

うた コン ジェジュン

ミュージカル「美女と野獣」を生田絵梨花とのデュエットで歌ったのを聴いた。 先日のFNSの城田優とのコラボよりもさらに伸びと響きを取り戻していると思った。 生田絵梨花のストレートな歌声に対し、きちんと存在感を示す歌声になっていたからだ。 生田絵梨花はずいぶん上手くなったという印象を持つ。 これまでも何度かFNS歌謡祭などで彼女のソロやデュエット曲を聴いたが、どこか彼女の歌声にしっくり来ないものを感じていた。 それはミュージカルの出演回数が多いにも関わらず、歌声がミュージカルというよりはアイドル路線が抜けきらない発声の印象を拭えなかったからかもしれない。 彼女のようなストレートボイスは概して一本調子になりやすい。 特に彼女の歌声にはビブラートの響きが全くない。 その為、余程うまく表現しなければ幼い印象の歌声になってしまう。 私が彼女の歌を何度聴いても幼さと一本調子を感じたのも、楽譜通りの忠実な歌い方の中に彼女のオリジナルティーを感じなかったからかもしれない。 よく言えば素直、悪く言えば個性に欠ける歌という印象だった。 しかし、今回のこの歌では歌い出しから彼女の歌声の印象はそれまでと全く違った。 非常に抑えた低音域の始まりの中に今までとは違う充実した響きを感じたからだ。 さらに彼女の歌声にはいくつもの色が加わって一本調子な素直な歌声から、成熟した女性の歌声へと変化しているのを感じた。 それはミュージカルの舞台の経験を積む中での成熟度のような気がした。 一方、ジェジュンの歌声は伸びと透明度が戻りつつある。 それは昨年までの突き上げるような高音部の出し方とは明らかに歌い方が違っているからだ。 高音部が突き上げるような歌い方になる原因の一つに発声ポジションがある。 昨年までの彼の発声ポジションは明らかに低く喉に落ちてしまっていた。 その原因はいくつかあるが、主に日本語を歌うということに起因している。 昨年までは、中・低音域で既に喉に落ちているポジションのまま高音部を歌おうとする為にどうしても高音域で苦しくなり、突き上げるような歌い方になっていた。 それが確実にここのところ改善されてきている。 今回の歌においても、彼が上唇から鼻腔にかけてのポジションに響きを当てようとする明らかな意思を感じることが出来る。 その為、生田絵梨花との掛け合いの部分でも、冒頭の部分からきちんと安定した響きが存在していた。 曲の後半、生田絵梨花が高音になっていくに従って、ピンと張った鳴りのいいストレートな歌声だったのに対し、ジェジュンの歌声はあくまでも顔の前面に響きを当てる歌声のポジションを崩していない。 昨年までの彼なら、サビのクライマックスに従って必ず力で押したような歌声になっていた。 だが今回は、エネルギッシュに歌う部分に於いても非常に慎重に響きを前に当てに来ているのがわかる。 そうやってブレスの流れによって前へ前へと押し出された歌声は、短いセンテンスの中にも綺麗な響きがかき消されることなく、しっかりと存在している。 生田絵梨花がメロディーの上を取り、そのラインに寄り添うようにジェジュンのソフトで濃い色味の歌声が加味され、綺麗なハーモニーが出来上がっていた。 声の質が全く違うタイプの二人でありながら、二つの声が乖離しなかったのは、お互いの歌い方がしっかりと響きを持つものだったからに他ならない。 またお互いがお互いの音をよく聴いている証拠でもある。 そこはミュージカルの経験の豊富な彼女と、ボーカルグループの中でハーモニーを作ってきたジェジュンのお互いの経験値が生かされている。 ジェジュンのメロディーラインを耳で追ってみるとわかるが、音の高低が頻繁に繰り返され、非常に歌いにくい音程になっている。 これは綺麗なハーモニーを作る為にハモる側にありがちなメロディーラインだが、そこを彼はうまく処理しながら決して上ずることなく正確に歌っていたのはさすがに昔アカペラでハーモニーを作ることを鍛えられた証拠でもある。 サビのクライマックスでの彼の歌声を聴くと高音部がさらに伸びを取り戻していることに気づくだろう。 彼の声は発声ポジションの修正によって、声の状態が確実に良くなっている。 それはソロで歌った「BRAVA!! 彼がこのまましっかりポジションを修正してくれば、昔のような伸びと透明性のある歌声を取り戻すに違いない。 それはある意味、今後の彼の自覚にかかっていると言えるかもしれない。 それぐらい、発声ポジションの修正は大切なことだとも言える。 いずれにしても、彼の歌声の変化がどのようになっていくのかによって、彼の今後の歌手活動を占うことが出来る。

次の