パソコン 音楽 クラブ。 パソコン音楽クラブ 初の全国アルバム『DREAM WALK』 tofubeatsも注目

パソコン音楽クラブの新譜・マジで・アルバムが話題

パソコン 音楽 クラブ

寛容な心を持った部員募集している。 パソコン音楽クラブは、部活だったのですね。 ちなみにDTMとは?? Desk Top Music デスクトップミュージック の略で、パソコンを使用して音楽を作成編集する事の総称です。 DTP デスクトップパブリッシング をもじって作られた和製英語で、海外では コンピューターミュージックと呼ばれています。 小学5年生のときにシンセサイザーを買ってもらったそうです。 今の音楽活動に活かされています。 もともとギターをやっていた西山さん。 打ち込みなどの技術は柴田さんに教えてもらったとのこと。 柴田さんも、西山さんも、下のお名前も出身大学も、年齢も調査しましたが見つけられず。 20代後半?と思われます。 まだまだ謎に満ちたグループです。 分かり次第追記していきたいと思います。 ゆるーい感じに楽し気に音楽を作られているお二人。 なんだかいい感じです。 スポンサーリンク パソコン音楽クラブリリース 2019年9月4日 2nd album 「Night Flow」 2018年11月3日 vinyl album DREAM WALK 2018年10月2日 EP CONDOMINIUM. ー Atrium Plants 2018年6月20日 1st album DREAM WALK 2018年5月15日 vinyl EP [MARU-163R] PARK CITY LIMITED VINYL 2018年3月25日 single 조개 2018年2月22日 remix tofubeats — ふめつのこころ パソコン音楽クラブremix 2017年7月7日 cover album SHE IS A 2017年4月2日 EP [MARU-163] PARKCITY 2016年9月15日 single Furo Technology 2017年7月 ラフォーレ原宿 グランバザール2017 CM曲 出典: 未来感のある楽曲、とても心地の良いサウンドですね。 driveで聴きたい! パソコン音楽クラブ結成のきっかけは? パソコン音楽クラブが結成されたきっかけは、は柴田さんと西山さんと共通の友人の3人で、大学時代に遊びでバンドを組んだことかららしいです。 ちなみに大学は別々で、柴田さんがキーボード、西山さんがギター。 解散後も柴田さんと西山さんは毎晩Skypeで宅録やDAW デジタルで音声の録音、編集、ミキシングなど一連の作業が出来るように構成された一体型システム の話で盛り上がっていたそう。 そしてシンセサイザーを買って曲を作り、SoundCloudに投稿するためにつけた名前が「 パソコン音楽クラブ」 そして2015年「パソコン音楽クラブ」を正式に結成します。 一緒に曲を作るユニットではなくあくまでも「部活」といったイメージで活動しているようです。 はじめは、プロとしてアルバムを作ったりライブの予定はなかったようです。 今もバンドではなく二人の間で明確な役割も決めずに曲を作っているそうです。 パソコン音楽クラブライブ情報 パソコン音楽クラブさんのライブ情報です! コロナウイルスの関係で変更の可能性もありますので、主催団体ホームページにてご確認ください。 老若男女居心地よいサウンド。 これからも独自路線を貫き、カッコイイ曲を作り続けてもらいたいですね。 ご活躍を楽しみにしています。

次の

パソコン音楽クラブ 初の全国アルバム『DREAM WALK』 tofubeatsも注目

パソコン 音楽 クラブ

寛容な心を持った部員募集している。 パソコン音楽クラブは、部活だったのですね。 ちなみにDTMとは?? Desk Top Music デスクトップミュージック の略で、パソコンを使用して音楽を作成編集する事の総称です。 DTP デスクトップパブリッシング をもじって作られた和製英語で、海外では コンピューターミュージックと呼ばれています。 小学5年生のときにシンセサイザーを買ってもらったそうです。 今の音楽活動に活かされています。 もともとギターをやっていた西山さん。 打ち込みなどの技術は柴田さんに教えてもらったとのこと。 柴田さんも、西山さんも、下のお名前も出身大学も、年齢も調査しましたが見つけられず。 20代後半?と思われます。 まだまだ謎に満ちたグループです。 分かり次第追記していきたいと思います。 ゆるーい感じに楽し気に音楽を作られているお二人。 なんだかいい感じです。 スポンサーリンク パソコン音楽クラブリリース 2019年9月4日 2nd album 「Night Flow」 2018年11月3日 vinyl album DREAM WALK 2018年10月2日 EP CONDOMINIUM. ー Atrium Plants 2018年6月20日 1st album DREAM WALK 2018年5月15日 vinyl EP [MARU-163R] PARK CITY LIMITED VINYL 2018年3月25日 single 조개 2018年2月22日 remix tofubeats — ふめつのこころ パソコン音楽クラブremix 2017年7月7日 cover album SHE IS A 2017年4月2日 EP [MARU-163] PARKCITY 2016年9月15日 single Furo Technology 2017年7月 ラフォーレ原宿 グランバザール2017 CM曲 出典: 未来感のある楽曲、とても心地の良いサウンドですね。 driveで聴きたい! パソコン音楽クラブ結成のきっかけは? パソコン音楽クラブが結成されたきっかけは、は柴田さんと西山さんと共通の友人の3人で、大学時代に遊びでバンドを組んだことかららしいです。 ちなみに大学は別々で、柴田さんがキーボード、西山さんがギター。 解散後も柴田さんと西山さんは毎晩Skypeで宅録やDAW デジタルで音声の録音、編集、ミキシングなど一連の作業が出来るように構成された一体型システム の話で盛り上がっていたそう。 そしてシンセサイザーを買って曲を作り、SoundCloudに投稿するためにつけた名前が「 パソコン音楽クラブ」 そして2015年「パソコン音楽クラブ」を正式に結成します。 一緒に曲を作るユニットではなくあくまでも「部活」といったイメージで活動しているようです。 はじめは、プロとしてアルバムを作ったりライブの予定はなかったようです。 今もバンドではなく二人の間で明確な役割も決めずに曲を作っているそうです。 パソコン音楽クラブライブ情報 パソコン音楽クラブさんのライブ情報です! コロナウイルスの関係で変更の可能性もありますので、主催団体ホームページにてご確認ください。 老若男女居心地よいサウンド。 これからも独自路線を貫き、カッコイイ曲を作り続けてもらいたいですね。 ご活躍を楽しみにしています。

次の

パソコン音楽クラブ(公式HPに無い情報)

パソコン 音楽 クラブ

どこかもっさいグループ名とは裏腹に、音楽はハイセンスで都会的なテクノポップ。 90年代のハードウェア音源モジュールを使用して作られる楽曲は、 テクノポップでありながらどこかノスタルジックな気持ちにさせてくれる不思議な世界に連れて行ってくれます。 僕も柴田くんも優柔不断なので、なんでもやれる状況だと、何をやっていいかわかんなくなっちゃうんですよね。 だから「自分が持っている音源モジュールのプリセットからしか音を選べない」という縛りがあるとやりやすい。 音楽ナタリー インタビュー メンバーの西山がインタビューでこんなことを語っていますが、いかにも日本人らしくて笑ってしまいました。 制限がある状況の中から最良の方法を選択したり、まったく新しいものを生み出すことは日本人の最も得意とするところですよね。 DTMミュージック黎明期の 90年代機材と彼らとの相性は抜群だったのでしょうね。 「Nigt Flow」=「夜の流れ」というタイトルの通り、夕暮れから夜を経て朝になるまでの流れを表現した作品になっている今作。 昼間の喧騒とはかけ離れた静寂の世界を見事に表現した音楽となっていますが、 静寂を音楽で表現するのって相当難しいと思います。 音の作り方が非常に上手いですね。 reiji no machi リードトラックとなっている「reiji no machi」、ボーカルのイノウエワラビという方は本業がイラストレーターのようですが、あえて感情を込めない無機質な歌声がこの楽曲の世界観に合っていてとてもいいですね。 車の止まっていない駐車場、誰もいない駅の改札、客のいないコンビニ、普段とまったく違う顔を見せる街の姿とリフレインするレトロな電子音。 都会の風景でありながら、どこか日本の田舎町の情景さえも浮かんでくるような今作を象徴するような楽曲。 テクノへの入り口にもおすすめ 難解な音楽性のユニットも多いテクノというジャンルですが、この作品は3~5分程度の楽曲で構成されていて何よりもポップスとしても非常にハイセンスな内容になっています。 ボーカル入り楽曲も多く、 テクノなんですが日本的な"侘び寂び"を随所に感じることができます。 普段こういったジャンルを聴かない方への入り口としてもおすすめできる一枚。

次の