生きる 力 を はぐくむ 学校 で の 安全 教育。 ひょうご教育創造プラン

「生きる力」をはぐくむ学校での安全教育 / 文部科学省【著】

生きる 力 を はぐくむ 学校 で の 安全 教育

平成31年4月号 職員だより 文部科学省 総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課 「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」【改訂2版】発行について 平成31年3月、各学校及び各教育委員会に、改訂した学校安全参考資料「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」を送付しました。 本資料は、平成13年に作成、平成22年に改訂し、この度、学校を取り巻く事件や事故、自然災害への対応に加えて、近年の学校や児童生徒等を取り巻く様々な安全上の課題や「学習指導要領の改訂」「学校事故対応に関する指針」(平成28年3月)「第2次学校安全の推進に関する計画」(平成29年3月閣議決定)等を踏まえ、2回目の改訂を行ったものです。 学校は、子供たちが集い、人と人との触れ合いにより、人格が形成される場です。 子供たちが生き生きと活動し、安全に学べるようにするためには、子供たちの安全の確保が保証されることが不可欠です。 そして、学校における安全教育では、子供たちが生涯にわたって健康・安全で幸福な生活を送るための基礎を培うとともに、進んで安全で安心な社会づくりに参加し貢献できるような資質・能力を育てることが重要です。 しかし、東日本大震災からの時間の経過とともに震災の記憶が風化したり、今後発生が懸念されている首都直下地震や南海トラフ巨大地震、全国各地で発生している豪雨等の自然災害の状況、交通事故や犯罪等の社会情勢の変化など、新たな課題も次々と顕在化、深刻化したりしています。 さらに、子供たちが、学校における活動中の事故や登下校中における事件・事故に巻き込まれる事案、スマートフォンやSNSの利用を巡るトラブルなど、従来想定されなかった新たな危機事象も発生しています。 このような状況を踏まえ、本資料では、教科等横断的なカリキュラム・マネジメントの確立を通じた安全教育の推進や、事故等の未然防止のための安全管理と事故発生後の適切な対応、新たな危機事象への対応などについて記述しています。 改訂の主なポイントについては、以下の「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育の改訂について」をご覧ください。 また、本資料では、節ごとに大切なポイントを分かりやすく示し、深めたい内容はコラムや留意点として取り上げています。 本資料が各学校において、職員研修等広く活用され、学校における安全教育の充実と適切な安全管理に役立てていただければ幸いです。

次の

「生きる力」をはぐくむ学校での安全教育 / 文部科学省【著】

生きる 力 を はぐくむ 学校 で の 安全 教育

体温を平熱に保つために汗をかき、体内の水分や塩分(ナトリウムなど)の減少や血液の流れが滞るなどして、体温が上昇して重要な臓器が高温にさらされたりすることにより発症する障害の総称です。 高温環境下に長時間いたとき、あるいはいた後の体調不良はすべて熱中症の可能性があります。 軽症である熱失神は「立ちくらみ」、同様に軽症に分類される熱疲労では、全身の倦怠感や脱力、頭痛、吐き気、嘔吐、下痢等が見られます。 最重症は熱射病と呼ばれ、高体温に加え意識障害と発汗停止が主な症状です。 けいれん、肝障害や腎障害も合併し、最悪の場合には早期に死亡する場合もあります。 (出典:熱中症環境保健マニュアル2018 平成30年3月 環境省)熱中症の予防 環境温湿度又は(暑さ指数)等を測定し、「熱中症予防運動指針」(公益財団法人日本体育協会)等を参考に運動を行いましょう。 水分補給は、0. 1~0. 2%程度の食塩水を補給するのが望ましいとされています。 肥満傾向の人は熱中症になりやすいので、トレーニングの軽減、水分補給、休憩など十分な予防措置をとる必要があります。 また、運動前の体調チェックや健康観察を行い、体調の悪い人は暑い中で無理に運動させないようにしましょう。 梅雨明けなど急に暑くなってきたときは、体が暑さに慣れていないので、暑さに慣れるまでの1週間くらいは、短時間で軽めの運動から始め徐々に慣らしていきましょう。 (出典:学校の危機管理マニュアル作成の手引 平成30年3月 文部科学省)熱中症になった時の処置.

次の

【東京書籍】 一般書籍 教育 「生きる力」をはぐくむ学校での安全教育

生きる 力 を はぐくむ 学校 で の 安全 教育

平成31年4月号 職員だより 文部科学省 総合教育政策局 男女共同参画共生社会学習・安全課 「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」【改訂2版】発行について 平成31年3月、各学校及び各教育委員会に、改訂した学校安全参考資料「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育」を送付しました。 本資料は、平成13年に作成、平成22年に改訂し、この度、学校を取り巻く事件や事故、自然災害への対応に加えて、近年の学校や児童生徒等を取り巻く様々な安全上の課題や「学習指導要領の改訂」「学校事故対応に関する指針」(平成28年3月)「第2次学校安全の推進に関する計画」(平成29年3月閣議決定)等を踏まえ、2回目の改訂を行ったものです。 学校は、子供たちが集い、人と人との触れ合いにより、人格が形成される場です。 子供たちが生き生きと活動し、安全に学べるようにするためには、子供たちの安全の確保が保証されることが不可欠です。 そして、学校における安全教育では、子供たちが生涯にわたって健康・安全で幸福な生活を送るための基礎を培うとともに、進んで安全で安心な社会づくりに参加し貢献できるような資質・能力を育てることが重要です。 しかし、東日本大震災からの時間の経過とともに震災の記憶が風化したり、今後発生が懸念されている首都直下地震や南海トラフ巨大地震、全国各地で発生している豪雨等の自然災害の状況、交通事故や犯罪等の社会情勢の変化など、新たな課題も次々と顕在化、深刻化したりしています。 さらに、子供たちが、学校における活動中の事故や登下校中における事件・事故に巻き込まれる事案、スマートフォンやSNSの利用を巡るトラブルなど、従来想定されなかった新たな危機事象も発生しています。 このような状況を踏まえ、本資料では、教科等横断的なカリキュラム・マネジメントの確立を通じた安全教育の推進や、事故等の未然防止のための安全管理と事故発生後の適切な対応、新たな危機事象への対応などについて記述しています。 改訂の主なポイントについては、以下の「『生きる力』をはぐくむ学校での安全教育の改訂について」をご覧ください。 また、本資料では、節ごとに大切なポイントを分かりやすく示し、深めたい内容はコラムや留意点として取り上げています。 本資料が各学校において、職員研修等広く活用され、学校における安全教育の充実と適切な安全管理に役立てていただければ幸いです。

次の