ラーメン 作り方 野菜。 本格タンメンの簡単な作り方!もやしと白菜たっぷり♪

【滋養強壮】チキンスープカレーの作り方【鶏ガラ・野菜】|ラーメンラーメンラーメン

ラーメン 作り方 野菜

ラーメンのトッピング…人気ランキングを発表! 皆さん、ラーメンは好きですか。 「ラーメンが嫌いです」という人を聞いたことがないくらいに、老若男女に人気がありますよね。 ラーメン店も、全国に数え切れないほどあります。 有名な人気店においては、お昼時などの入店時間のタイミングが悪いと、長時間待たされることもありますよね。 さて、そんな不動の人気を誇るラーメンですが、麺とスープの基本材料のほかに、肉や野菜などが必ずトッピングされています。 自分好みの食材を、オプションで付け加えることが可能なラーメン店も多く、自分独自のラーメンを楽しめるのも魅力的です。 「ラーメンのトッピング」の人気ランキングを調べてみました。 ねぎのシャキシャキ感が好まれ、ねぎの辛味と刺激によって、ラーメンの口直しができることでも人気があります。 ラーメンのトッピング!人気ランキングの続き 引き続き、ラーメンのトッピングの人気ランキングを発表します。 個人的にも、ラーメンを食べるときは、必ず味付けたまごをトッピングします。 味付けたまごは、お店によっても味や仕上がりが、それぞれ違いますよね。 味付けたまごによって、各店舗の個性を感じたりもできます。 面白いことに、味付けたまごの出来によって、そのお店が熱意を持ってラーメンを作っているかの、判断材料にしている人もいるようです。 みなさんが、いつもトッピングしていた食材は何位でしたか。 1位から6位のランキングの傾向からすると、やはり定番の食材が、上位にきていましたね。 ラーメン自体は、油そば・つけ麺・冷やし麺など、どんどん新しい食べ方が受け入れられている今日ですが、トッピングにおいては、昔からの定番が好まれていることがわかりました。 次は、生麺の正しい茹で方をご紹介します。 鍋から、麺を引き上げるタイミングが重要ですよ。 生麺の正しい茹で方…鍋から引き上げるタイミングがポイント ラーメンなどの中華麺には、生麺と乾麺があります。 ここでは、生麺を美味しく食べるための、正しい茹で方をご紹介します。 茹でるお湯が汚れすぎると、沸点が低くなってしまいます。 その結果、麺を蒸す感じになってしまい、麺の表面がザラザラして、ネチネチとした食感になってしまいます。 麺をほぐしておくことで、麺の表面が空気に触れ、麺のコシが強くなります。 縮れ麺の場合は、さらに縮れを強くすることができます。 しかし、そこはグッと我慢して、1玉~2玉ずつ茹でましょう。 また、麺をお湯に入れたら、すぐに麺をほぐすようにして、かき混ぜましょう。 キッチンタイマーを使えば、良いタイミングで鍋から麺を引き上げることができ、茹で過ぎを防止できますよ。 先に麺を入れてからでは、スープの油が麺に付きにくいので、ラーメンの味が微妙に変化してしまいます。 次は、ラーメンに野菜を入れるタイミングについてお話します。 ラーメンと野菜は相性バッチリ!野菜を入れるタイミングとは? 最初にお話したように、お店で食べるラーメンには、チャーシューや野菜などが気軽にトッピングできますよね。 しかし、いくらラーメンが好きでも、外食が多いと、食費に大きな負担となってしまいます。 そこで、自宅でも袋ラーメンなどの、インスタントラーメンを食べている人も多いと思います。 しかし、具が何もないのは、栄養バランス的にも良くありません。 ですので、ご自宅でラーメンを作るときは、野菜をたくさん使いましょう。 ここでは、ラーメンを美味しく食べるための、野菜を入れるタイミングについてお話します。 野菜によって、鍋に入れる時間を変えましょう。 例えば、キャベツだったら火を止める1分前、にんじんや玉ねぎは2分前が良いでしょう。 トッピングとして人気なねぎは、細かく刻んでラーメンが出来上がってから上に乗せたり、具として大きめにカットして麺と一緒に煮ても良いです。 もやしをラーメンに加える際には、以下のポイントを押さえておけば、美味しく食べることができます。 もやしは水分が多く、少しクセがあります。 実は、インスタントラーメンは、具を入れないスープが最も美味しいように作られています。 そこに、もやしの水分やクセが加わると、美味しさが減ってしまうのです。 もやしを加えるのなら、麺とは別に下茹ですると良いでしょう。 お湯に塩と油を少し加えてから、もやしを茹でると、水分が抜けて独特のにおいがなくなります。 このように下茹でしたもやしなら、どの味のインスタントラーメンにも合いますよ。 もやし以外の野菜も、塩とサラダ油を加えた油で茹でると、野菜の余分な水分やにおいが抜けるので、やってみてくださいね。 野菜を載せるタイミングは?美味しいキャベツ味噌ラーメンの作り方 『キャベツ味噌ラーメン』の作り方をご紹介する前に、キャベツの栄養について知っておきましょう。 キャベツの栄養面で見てみると、ビタミンCが100g中44mgと、特に豊富に含まれています。 緑色の濃い外側の葉が一番多くのビタミンCを含んでいて、次は芯の周りです。 ビタミンUという、あまり聞きなれない成分を含んでいるのも、キャベツの特徴のひとつです。 このビタミンUは、キャベジンと言われる成分で、胃腸薬の名前にも使われています。 潰瘍の改善に、効果が高いと言われています。 その他にも、ビタミンK、カロチン、カルシウムなどが含まれています。 キャベツの栄養がわかったところで、さっそくキャベツ味噌ラーメンを作ってみましょう。 味噌ラーメンみたいな野菜炒めもおすすめ ラーメンを自分で作るときには、野菜を入れるタイミングが、美味しく食べるための重要なポイントになることが、お分かりいただけたと思います。 最後に、女性に人気の甘酒を使った『味噌ラーメンみたいな野菜炒め』の作り方をご紹介します。 甘酒がなぜ人気なのか、その効果について少しお話しますね。 さらに、皮膚や粘膜を保護してくれるビタミンB2も豊富に含まれているので、皮膚を活性化してくれる効果が期待できます。 その他にも、疲労回復や滋養強壮、便秘の解消にも効果があると言われています。 それでは、味噌ラーメンみたいな野菜炒めのレシピをご紹介します。 甘酒と味噌が合わさることによって、味噌ラーメンのような風味が楽しめますよ。 健康の維持増進のためには、毎日の食事において、色々な野菜を摂取することが大切ですね。 インスタントラーメンには野菜をたくさん入れよう いかがでしたか。 手軽に食べられるインスタントラーメンですが、食べ過ぎは栄養も偏り、体のために良くありません。 ですが、忙しい毎日の中で、たまにはインスタントラーメンのお世話になりたいですよね。 そんなときは、良いタイミングで野菜を入れ、足りない栄養を補いながら美味しく食べましょう。

次の

塩野菜タンメンの作り方|野菜たっぷり【#043】How to make “Shio Tanmen (Salt based Ramen with plenty of vegetables)”|ラーメンクッキングチャンネルのブログ

ラーメン 作り方 野菜

インスタントラーメンといえばカップのものが有名ですが、袋麺も代表的なものです。 袋麺は鍋にお湯を入れて、麺とスープを入れるだけで簡単に作れるものです。 しかし、簡単だからこそ適当に作ってしまう人が多いのではないでしょうか、袋麺は正しいベストな作り方で作ることで、最高のおいしさに仕上げることができます。 そこで、今回はそんな絶品に仕上げるための袋麺のおいしい作り方のコツについて紹介します。 それではどうぞ! 袋麺のおいしい作り方のコツ3選 1.お湯はきちんと分量通りに合わせる お湯は麺の仕上がり方やスープの味にとても重要なものです。 煮込んでいるときに、麺の油がお湯に染み込んでいきます。 それがスープの味を引き立たせるので、適切なバランスとなるように分量が重要となるのです。 適当に目分量でやらずに、きちんと計量カップなどで計るようにしましょう。 袋麺のお湯は大体500mlのものが多いので、その場合には500mlペットボトルを使うということもおすすめです。 なお、麺を茹でているときに蒸発をして減りますが、余計に足す必要はありません。 最初にお湯を入れるときに、指定された分量だけを入れるようにしてください。 よく、蒸発するからと余計に多く入れる方がいますが、それは間違いです。 指定分量は、蒸発も考慮された状態で麺がうまく仕上がるようになっていますので、その分量をきちんと守るようにしましょう。 2.スープはあらかじめどんぶりに入れておく 袋麺の多くは、スープを入れるタイミングとしては、「火を止めてから入れる」と記載されています。 つまり、麺を煮込むときにスープを一緒に入れるのではなく、麺を煮込み終わってからスープを入れるようにするのが正しい方法です。 麺を入れるのと同時にスープも一緒にいれる方がほとんどでしょうが、それは間違いなのです。 麺が出来上がったあとに入れることで、麺とスープの味のバランスがベストな状態となります。 そこで、おすすめの方法としては、あらかじめ麺を入れるどんぶりにスープの粉末を入れておくということです。 あらかじめ開けておくことによって、料理時間のロスを減らすことができ、麺が伸びるのを防ぐことができます、.

次の

【ヘルシーなラーメン!?】の簡単レシピ・作り方20選!野菜もたっぷり食べられる!

ラーメン 作り方 野菜

ラーメンの麺の種類について ラーメンの麺の分類について、まずは紹介します。 麺は形状の違いで分類 麺の形状には、断面が丸型と四角型があります。 一般的にラーメンは四角型を使用し、丸型はほぼ使用されません。 丸型は、焼きそばやちゃんぽんの麺として使われます。 また、四角型の中でもさらに分類することができ、きれいに正方形のものと、長方形のものがあります。 長方形は平打ち麺と言われるものです。 また正方形の麺は、ちぢれ麺とストレート麺があります。 ちぢれ麺は、切り刃にゴムプレートをつけて切ることで作られています。 麺の太さは一般的に6種類ある 麺を見れば分かる通り、太さはさまざまです。 よく細麺や太麺と表現されますが、実は日本産業規格(JIS)が明確に定義をしています。 この基準は『番手』と言われ、30mmの幅の麺から何本の麺が取れるかを、1~30の番号で決めています。 つまり、番手の数字が大きくなればなるほど細麺ということになります。 例えば1本3mmの麺であれば110本とれるので、10番手となります。 一般的に番手で麺の太さを伝えることはなく、おおよそ以下の6種類に分別されているため、細麺、太麺という表現を見かけるのです。 極細麺(28番手)• 細麺(22〜25番手)• 中細麺(21番手)• 中太麺(20番手)• 太麺(16〜18番手)• 極太麺(10〜14番手) 水分量で食感や味が変わる 麺は、小麦粉を練る際に使う水の分量によっても種類が分類されます。 水を多めに使うものが『多加水麺』、少ないものが『低加水麺』です。 多加水麺は水を多く含んでいるため、弾力のある食感になりますが、スープを吸収しにくいことが特徴で、濃厚なスープに向いているといわれます。 低加水麺は水分量が少ない分、小麦粉の風味を感じやすくなります。 また、スープを吸収しやすいため、繊細なスープに向いているといえるでしょう。 ただし、スープを吸いやすいということは、麺が伸びやすいという特徴もあります。 麺に使われる材料 種類が分かったところで、ラーメンのおいしさの秘訣であるツヤや弾力の正体となる材料について紹介します。 ラーメンの麺は主に3つの材料でできている 麺の原材料は非常にシンプルで水、小麦粉、かんすいからできています。 同じ麺類でもうどん、パスタとラーメンが明確に異なるのが、かんすいを含むか否かです。 かんすいは日常的に聞くことはありませんが、実はラーメンの麺には欠かすことのできないものです。 公正競争規約で中華麺は小麦粉にかんすいを加えたものと定義されているのです。 具体的にかんすいとは、食品衛生法で定められている食品添加物の一種で、炭酸ナトリウムまたは炭酸カリウムなどを指します。 麺に使われるかんすいの役割と人体への影響 かんすいを使用することで、麺に色味やツヤを与え、独特のコシや弾力やを生みます。 その原理は、かんすいがアルカリ性で小麦粉に含まれるグルテンに反応することによります。 かんすいは食品添加物なので一定の基準を満たしたものではあるものの、人体への悪影響について言及されることがあります。 その背景には、戦後の日本では水酸化アルカリやケイ酸アルカリなどがかんすいとして使われていたことがあるからです。 現在では使用が認められていませんが、その危険性とイメージが残っており、「かんすいは危険」という認識が広まりました。 また、かんすいを摂取したことに起因するかは分かりませんが、不調を訴える人もいたことから、そのような認識が広まったようです。 食品添加物なので必ず安全、絶対に危険ということはいずれもありませんが、大量摂取しない限りは問題ないと考えられています。 おいしいラーメンの麺の作り方 実は自宅でも簡単にラーメンの麺を作ることができます!基本的なレシピを紹介します。 かんすいを使った基本的な麺の作り方 作った麺は冷蔵庫で1週間程度保存することができるのでぜひ一度、自家製ラーメンを楽しんでみてください。 <材料>• 小麦粉…500g• かんすい…10cc• 水…200cc• 塩…適量• 片栗粉(打ち粉として使用)…適量 <作り方>• はじめに水、かんすい、塩を混ぜて合わせます。 水の分量は200cc程度ですが、少ないとこねにくいので、初心者の方は10〜20ccほど、水を多めに入れるといいでしょう。 ボウルに小麦粉を準備し、そこに1を均等にいきわたるように少しずつ加えて混ぜます。 ボウルの中で円球になるまで5分ほどこねます。 こねた麺をラップし、常温で1時間程度ねかせます。 1時間経ったら再度こね、麺棒で生地を伸ばしていきます。 最初は伸ばしにくいですが、麺棒を転がしたり麺棒に巻きつけながら伸ばしましょう。 生地の粘りが強く、伸ばしにくい場合は片栗粉(打ち粉)を使います。 好みの薄さになったら、生地を折り返します。 およそ3〜4回ほどの幅にすると切りやすくなります。 そば切り包丁で麺を切り、手で麺をほぐし、お好みの太さに切って完成です。 かんすいなしで作る麺のレシピその1 かんすいを使用せず作りたいという方のために、重曹で代用するレシピを紹介します。 <材料>• 強力粉…400g• 薄力粉…100g• 水…小さじ1• たまご…1個• 重曹…小さじ1• 塩…小さじ1• 片栗粉(打ち粉として使用)…適量 <作り方>• はじめに水、たまご、重曹、塩を混ぜ合わせます。 ボウルに強力粉と薄力粉を入れ、そこに1を入れて混ぜ合わせます。 ボウルの中で円球になるまで5分ほどこねます。 3をビニール袋に入れ、新聞紙で挟み、その上から踏みます。 20〜30分踏んだら、再度丸めてボールに戻し、ラップをかけて常温で3〜4時間ねかせます。 生地を5つに分け、打ち粉(片栗粉)をして麺棒で薄く伸ばします。 『かんすいを使った基本的な麺の作り方』のように、折り返して切ってから、5つに分けてもいいでしょう。 蕎麦切り包丁で麺を切り、手で麺をほぐします。 麺がくっつく場合は打ち粉をすると、ほぐれやすくなります。 かんすいなしで作る麺のレシピその2 かんすいも重曹もないという方に、次は家にある食材で作るレシピを紹介します。 <材料>• 強力粉…600g• たまご…4個程度• 塩…小さじ1• 水…たまごと合わせて250gになる分量• サラダ油…40g <作り方>• たまごを溶いて計量器で計り、合わせて250gになるように水を加えます。 ボールに強力粉と塩を入れ、そこに1とサラダ油を加え、パラパラになるまで混ぜ合わせます。 パラパラになったらこねるのではなく、両手でかきまわすように混ぜる。 生地がしっとりしてきたら、ラップをして30分以上ねかせます。 粉と水分が馴染んで黄色くなったら、生地に打ち粉をして押し固め、1つにまとめます。 麺棒で薄く伸ばし、パスタマシンまたは蕎麦切り包丁で好みの太さに切れば完成です。 ラーメンの麺は太りやすい? ラーメンは太る、高カロリーというイメージが強いですが、実はそうでもありません。 麺のカロリーはどのくらい? ラーメンのカロリーはもちろん種類によりますが、100gで150〜300kcal程度です。 ちなみに白米は100gで168kcal程度なので、麺によってはほぼ変わりません。 ラーメンのカロリーは、トッピングの具材と何よりもスープで大きく異なります。 こってりとしたスープで油分が多く、具材たっぷりなものは1000kcalを超えることもあるので気をつけましょう。 味が薄めで油分の少ない醤油スープなどで、具材も野菜を中心にすれば太りやすいということはありません。 麺の量は1人あたり1食何gが目安? 100gあたりのカロリーを書きましたが、1食あたりは100〜180g程度が一般的です。 平均的に家庭用として販売されているものは120g程度、ラーメン屋の並で160g〜200g程度になります。 つまり家庭用の分量であれば、麺のカロリーは1食あたり180〜360kcalです。 成人1人当たりの摂取カロリーの目安は1800~2200kcalと言われているので、やはりスープや具材に注意を払えば、ラーメンで太るということはありません。 ラーメン界の新トレンド?麺抜きラーメンとは それでもカロリーや糖質が気になるという人に注目されているのが、麺抜きラーメンです! 麺が入っていないラーメンでカロリーオフ? ダイエット中でも大好きなラーメンを食べたいという方は多いはずです…。 そんなときは麺のかわりにキャベツや豆腐などのヘルシー食材が使われている麺抜きラーメンがあります!味は濃厚なので、しっかり食べたような満足度を感じられると人気です。 ブームの先駆けは一風堂のとんこつ豆腐 1985年に開業した博多発祥の博多一風堂が麺抜きラーメンの火付け役でした。 看板ラーメンである『白丸元味』から麺を抜き、豆腐を代わりに使った『とんこつ豆腐』を一部店舗で販売したところ大人気となりました。 一部店舗での期間限定販売で、2018年3月31日で販売が終了しており、今は残念ながら食べることができません。 一風堂はもともと「女性1人でも入りやすいスタイリッシュで清潔な店」というのがコンセプトにありました。 ヘルシーな麺抜きラーメンは女性にも大人気なので、まさに創業当初の思いを受け継いだメニューだったのです。 有名寿司チェーン店も麺抜きメニューを発売 大手回転寿司チェーンの無添くら寿司は、糖質オフシリーズメニューを複数提供しています。 その中の1つがサイドメニューの『7種の魚介らーめん』です。 麺の代わりににんじん、チンゲン菜、モヤシ、キャベツを蒸したもの使われており、蒸し野菜なので非常にヘルシーです。 種類も豊富で『胡麻香る担々麺』、『とんこつ醤油』、『醤油』、『濃厚味噌』の4種類のスープから選ぶことができます。 価格は人気のサイドメニューながら、399円(税込)とリーズナブルです。 ラーメンの麺には奥深い魅力がたくさんある 太さや形状も多くの種類があり、またスープによって適切な麺が異なるラーメンの麺は実に奥深いものです。 スープに注目されがちなラーメンですが、これからは麺にも注目してラーメンを食べるとさらに楽しめるでしょう。 また麺抜きラーメンも健康ブームの中で広がりつつあります。 麺がなくても満足できると大人気なので、ぜひ試してみてください。

次の