デロイトトーマツ 強み。 当社の強み | デロイトトーマツ税理士法人 採用ホームページ

デロイトトーマツコンサルティング

デロイトトーマツ 強み

社風としてはUP OR OUTであるがグローバル案件も多く給料も非常によい。 BIG4でトップクラス。 また、自動車領域や戦略には強みがあり、下流工程を実施しないことが多いファーム。 他ファーム同様、インダストリーとサービスに分かれており、それぞれに担当役員パートナーが複数人存在する。 若手は全てプールユニットに所属するために、パートナー同士の権力争いに巻き込まれないが、SC(シニアコンサルタント)やM マネジャー)になるとインダストリー所属になるので、出世可否は上司のご機嫌をとれるかどうかにかかっている。 人にもよるが、意見ははっきり言う人が多く、はっきり言っても問題ないケースが多い。 本当にグローバル案件が多い。 特に従来から言われていた自動車領域の海外展開含め、実際に海外にいく案件も数多くある。 人材の質は、BIG4一であるのでコンサルの質も高い。 *ただし、プライドが高いのが問題である。 また、アクセンチュアほどではないが、デロイトエクスポネンシャルという組織にデジタル部隊が所属しており、BIG4の中では最も人も多くデジタルには強い。 また、女性の働き方にも気を使っており、女性は働きやすい。 ただし、未だにパートナークラスは男性が多く、男尊女卑の俺様も多いので、出世や昇進等には実際、男性パートナーの影響している。 *あくまで等松であることをお忘れなく。 もともと優秀な人が多いので、高望みをしなければそれなりのところにはいける。 他のファームより、英語力や職歴(VCやコンサル出身者が有利)を見ている。 また、英語力はやはり必要。 英語力がある帰国子女が多い。 新卒のトイックの点数は高く、900点以上ある人も数多く在籍している。 なお、デロイトやPWCは入社している人のレベルが高く、入社者の質は高い。 また、オラオラ系の人が多いため、結構しんどい。 また炎上案件も数多く受注する体質のため(パートナーの営業がラクに大きくあげやすい)、炎上案件にアサインされると精神的・肉体的にしんどい。 *そのかわり特別ボーナスがでる。 DTCは他のBIG4とは違うと思っている人が非常に内部には多いが、外からはそう見られないことが問題。 転職活動の第一歩はこちら!! ミイダスは、転職活動をしようとしている人なら登録必須です。 インテリジェンスが保有する7万人以上の転職者データを駆使したマッチングシステムが強みの転職サイトで、最大の特徴は、 ・「自分と類似した人材 学歴、年齢、経験スキル 等 の転職実績」 ・「自分が興味のある業界、職種には、どんな人材 学歴、年齢、経験スキル等 がどれくらいの年収で転職できたのか」 ・MIIDASのオファーは「面接確約」です。 とにかく登録して損はないので、ぜひお勧めします!!.

次の

【業界研究:総合コンサル】コンサル志望者必見!総合コンサル5社(アクセンチュア、デロイト、PwC、アビーム、KPMG)の事業・社風の比較、戦略コンサルとの違いまで徹底まとめ|就活サイト【ONE CAREER】

デロイトトーマツ 強み

これは、デロイト トーマツならではの高い専門性と品質に評価を得て、お客様からいただける言葉です。 私たちは、世界四大会計事務所であるデロイト トウシュ トーマツ リミテッドのメンバーファームの一員であると同時に、日本最大級のビジネスプロフェッショナルグループのひとつであるデロイト トーマツ グループの一員です。 お客様が必要とするサービスを提供し、利益を得ることだけがゴールではありません。 高い品質をもって、新しい分野への探求を常に行う。 この業界で確固たる地位および高水準を築き上げていく。 これが私たちの追求している価値であり、目指している姿勢です。 この姿勢があるからこそ、デロイト トーマツにしかできないソリューションやナレッジが生まれているのです。 一人ひとりがその能力や知識を充分に発揮し、プロフェッショナルとして成長していけるよう、明確なキャリアパスを準備しています。 税務のプロフェッショナルを目指して、まずは「アソシエイト」としてキャリアをスタート。 シニアアソシエイト、マネジャーを経て、最高レベルの「パートナー」へと進みます。 入社後は、安心してキャリアをスタートしていただけるよう、実際の税務申告書作成業務をシミュレーション形式でリアルに体験する「入社時研修」に始まり、さまざまな研修を受講可能です。 組織として全力でサポートします。 人材を大事にするからこそ、上司が部下の意見に耳を傾けます。 こんな風通しの良さもデロイト トーマツならではの風土と言えます。

次の

会社概要・魅力(強み)

デロイトトーマツ 強み

パートナーの福留一希に届いたある日系自動車メーカーからのアジア全域の販売方針を 改善させる企画の依頼だった。 このプロジェクトを受けるにあたり福留は、当時クライアントの最重要拠点だったシンガポールへ高橋芳江を送り込んだ。 企画の立案にあたって、まずは各国の実情や現地の情勢について情報を集める必要があったためである。 〈中略〉 「〈中略〉シンガポールに着いてからは悪戦苦闘。 とにかくまずは自分を知ってもらうことから始めました。 一度受け入れられてからは、周囲の協力を得られるようになり情報収集がしやすくなりました。 」 「もっとも難しかったのは、各地域で提携している現地の販売統括会社にクライアントの意向を理解してもらうことでした。 いくら販売に寄与する提案であっても、強制はNGなんです。 販売統括会社はクライアントのパートナーですが、同時にその多くが現地の独立した地場企業です。 彼らには彼らの目的、個々の進め方がありますから。 我々の意図するところを丁寧に説明して、彼らにとってメリットになることを理解してもらい、協力を取り付ける。 言葉にすれば簡単ですが、実際には国ごと、地域ごと、販売統括会社ごとの事情を理解して、それに沿った提案をしなければならない気の遠くなるもの。 まさに地道を画に描いたような仕事でした」 「クライアントが求めるのは、クライアント自身では成し得ない成果です。 でなければ我々に頼む意味がない。 」 今回紹介した事業では、アジア全域の販売方針の改善を日系自動車メーカーからの依頼に対して、現地にて信頼関係を構築しながら情報収集し粘り強くクライアントを動かしていくことで成果をあげました。 ピンポイントのプロジェクト単位でクライアントの業務に携わるコンサルタントには、 失敗が許されないプレッシャーや、 短期間で成果をあげる責任があります。 こうしたことから、デロイトトーマツコンサルティングでは、精神的タフさに加え、 「2. 関係者と信頼関係を構築し、課題やニーズを引き出し、解決のための提案から実行までを行える」、「4. 価値観や立場を異なる人と協力して成果をあげることができる」、「5. 今までにない仕組みや企画を提案し、周囲の協力を得た上で実現することができる」といった能力を発揮出来る人材を求めていることが分かります。 社風について DTCのプロジェクトは、やはりリーマンショック以降は特にダイナミックで、日本国内にとどまらない案件が大半になっています。 ピギーバッグをガラガラ引きながら世界を股にかけて活躍したい、そういうことを本当にやりたいのであればデロイトというのはそれが実現できる環境だと思うので、そういった志向をお持ちの方にはぜひ門を叩いていただきたいと思います。 引用: 「」を参照しながら、デロイトトーマツコンサルティングの社風について考えていきます。 まず、同社の特徴として、初めから専門性を固定するのではなく、 まずは色々な分野のプロジェクトを経験しつつコンサルタントとしての基礎スキルを身につけるプールユニット採用をとっている点が挙げられます。 個人が担当するインダストリー同士の垣根も低く、複数の業種や仕事の種類の経験を持つこと、また、キャリアを積む中で自分の志向が選べる期間を重視しています。 このことから、新卒採用を重視し、 長いスパンで育てていく文化が出来上がっている事と推測され、コンサルタントを長期的なキャリアとして考え、素直に学び続ける人に向いているでしょう。 少子高齢化や地域・個人の経済格差などの「社会アジェンダ」の解決に取り組めるのも、人を長く育てる文化が根付いている事の証明になっています。 また、日本企業の海外進出支援も盛んであることも同社の特徴です。 日本企業に置いてもグローバル化が常態化したため、DTC では数年内にはグローバル案件にアサインできるステージ保持者数を90パーセントまで高める目標設定をしています。 内定者のES解説 ここまでは具体的なプロジェクトを通じて、デロイトトーマツコンサルティングの事業内容や求める人材を考えてきました。 以下では、実際にデロイトトーマツコンサルティングに内定した学生がエントリーシートに記入した内容を参照しながら、同社が求める人材を改めて考えてみたいと思います。 また、コンサルタントに必要なものはどのようなものだと考えますか。 その理由も含めて説明してください。 「コンサルタントに必要なもの」は、この記事でも紹介した「人気企業内定者に共通する、企業に伝えるべき5つの強み」を言い換えた物と考えると分かりやすいと思います。 字数が600字もあるので、実際の コンサルタントの仕事イメージや、 自分自身がその強みを発揮した具体的なエピソードまで踏み込んだ回答が求められます。 選考について 最後に、デロイトトーマツコンサルティングの選考状況に関して、選考プロセスや特徴を見ていきます。 参考にしてみてください。 また、上に挙げたフロー以外にも、インターン参加や内定者の推薦による優遇など別ルートも存在しているようです。 同社の選考の特徴が、2次でのケース面接でしょう。 まず個人で与えられたお題に対して、解決策を紙に記載し、その後コンサルタントとディスカッションという形を取っているようです。 ですので、 自分1人でケースを解ききる論理性と、ディスカッションでどこまで自分の意見を深められるか、の2点が求められます。 どちらも、他社選考のケース問題やグループディスカッションで対策出来るため、早めに慣れておく事が大事でしょう。 選考フロー全体を通して 人柄や 素直さも重視して評価しているようですが、面接中に身近な話題をケースの題材のようにして面接官とディスカッションすることもあるようなので、 普段から物事を深く考える姿勢が身に付いている学生とそうでない学生の差がここで分かれそうです。 最後に いかがだったでしょうか。 今回は就活生から高い注目を集める、デロイトトーマツコンサルティングを取り上げさせていただきました。 企業として長くコンサルタントを育てていくスタンスをとっている同社は、ESや選考内容からも、 コンサルタントとしてやっていけるかどうかを最も重視しているように感じられます。 選考では、是非ご自身の熱意とこれまでやってきたことをぶつけてみてください。 その際にこの記事がお役に立てたなら幸いです。 最後までお読み頂きありがとうございました。 photo by.

次の