ワンパンマン 164。 ワンパンマン 第164話 122撃目[未知]

ワンパンマンのネタバレ【163話】S級ヒーローが次々と...。

ワンパンマン 164

【最新話更新】 先程、『ワンパンマン』最新話を更新致しました!怪人協会幹部の圧倒的な力に、苦戦を強いられるS級ヒーロー達。 怪人ってすげェヤバいんですよ! A級以下が災害レベル鬼の怪人どもにボコボコにされるシーンはすごくたくさん見てきました…が、ちっとも怖さを感じなかったのはサイタマがいるからってことだけじゃあありません! S級ヒーローが強かったからなんです。 S級ヒーローであれば、災害レベル虎なんて瞬殺、鬼も余裕のよっちゃんで倒しちゃいます。 なんなら、災害レベル竜だって…。 そんなS級ヒーローがまとめてピンチになる第165話。 原作版でも、マジで震えたよなぁ…。 ワンパンマン史上最高に絶望感味わえる、素敵な素敵な回ですってよ。 S級ヒーロー大ピンチ 怪人協会の幹部が強すぎた。 S級ヒーロー10位で何でも食べてしまう豚神は、自分よりもより大きく大食らいなハグキにやられてしまった。 S級ヒーロー4位のアトミック侍は、個人的に怪人協会最強だと思っている黒い精子にボッコボコにされてしまった。 ホントアトミック侍ファンの人に殴られるのを覚悟で言うけども、 リメイク版で一番このシーンが一番見たかった…。 S級ヒーロー8位のゾンビマンは、ホームレス帝の光のパワーで原型留めるのギリギリなくらい大ダメージ。 死なないけども、こんなん立ち上がれないだろってくらいの状態。 そしてS級ヒーロー5位の童帝は、エビル天然水に取り込まれてしまって何もできず… あれ?原作とちゃうぞ!?糖分足りないってのは同じだけども。 そしてそして、実質S級ヒーローといってもいいA級1位のアマイマスクは、ブサイク大総統に何もできず…アマイマスクの精神的なモロさが浮き彫りになってしまった。 ほか、ぷりぷりプリズナーもA級2~4位の剣士たちも、かなり限界。 ギョロギョロ相手に超能力で完全勝利!ギョロギョロ、身体の中身を無理やり取り出されてしまい、敗北…。 いや実は敗北じゃなかった!中身は別のところにいた!!! え?そんなことになってたのか! いや実は、原作版読んでたときにギョロギョロの中身ってどこから出てきた!?って思ってたんですよ。 なんだ地下も地下のほうに、ワイン片手にソファーでくつろいでいたのか…。 遠くからギョロギョロを操り、本体は全く姿を出さなかったのか…。 なるほどね。 そしてそこからタツマキに見つかって、引きずり出されるってことか。 ああ…相手が悪すぎた。 そしてタツマキに見つかったことで、もうひとつはっきりと分かったことがある。 ギョロギョロとタツマキとの戦闘能力の差がかなりかけ離れていることに。 ギョロギョロが中継ポイントに設置したアイテム?でなんとかタツマキの状況を把握してたのに、タツマキはちょろっと見つけちゃって…。 すさまじいですな、タツマキ。 さあ、ここからタツマキのターンが始まるぜ…!.

次の

netflixomatic.goodformandspectacle.com: ワンパンマン: generic

ワンパンマン 164

桃源団を名乗るテロリストの一団がF市に現れた。 構成員全員がスキンヘッドという異形の一団を率いるのは、バトルスーツに身を包んだ大男ハンマーヘッド。 彼は「断固働きたくない」という自らの思想に共鳴する若者たちと共に、働かない者は働きたい者に養ってもらえる理想郷の実現を目指していた。 まずは見せしめとして町一番の富豪であるゼニールの豪邸を破壊しようとする桃源団。 そんな彼らの前にゼニールに雇われた用心棒の忍者、音速のソニックが立ち塞がる。 一方、桃源団の存在をニュースで知り、髪型がかぶっているせいで自分もその一味だと思われることを危惧したサイタマも、桃源団を潰すために彼らの元へと向かっていた。 C ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部 突如、S級ヒーロー達に非常召集がかかった。 たまたまシルバーファングの道場を訪れていたサイタマとジェノスもシルバーファングに同行。 A市にあるヒーロー協会本部へと足を運ぶと、会議室にはS級ヒーローの錚々たる面々が集結していた。 そんな彼らの前でヒーロー協会の幹部が重い口を開く。 100%的中するという予言者のシババワが、半年以内に「地球がヤバい」事態に陥るという予言を遺して亡くなったというのだ。 会議室に緊張が漂う中、不意に本部ビルが轟音と共に揺れ、辺りは暗闇に包まれてしまう。 やがて非常用電源に切り替わった会議室で彼らを待ち受けていたのは、今の一瞬でA市がほぼ壊滅したという事実であった。 C ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部 A市上空に飛来した巨大宇宙船から地上に降り立ち、A級ヒーローのイアイアンを一蹴した戦闘員メルザルガルド。 アトミック侍、金属バット、シルバーファング、ぷりぷりプリズナーらS級ヒーローが応戦するも、攻撃を受けるそばから肉体が再生するメルザルガルドには致命的なダメージを与えられず、戦いは難航する。 一方、巨大宇宙船の内部に単独で進入したサイタマは、敵をなぎ倒し船内を破壊しながら中枢部を目指していた。 サイタマの狼藉に業を煮やした敵幹部のゲリュガンシュプは、状況を打開するため再び地上への集中砲火を目論む。 街を一瞬で破壊した悪夢のような惨劇が再びA市に牙を剥こうとしていた。 C ONE・村田雄介/集英社・ヒーロー協会本部.

次の

リメイク版ワンパンマン:第165話、この絶望をすごく味わいたかったんです…!:なんおも

ワンパンマン 164

【最新話更新】 先程、『ワンパンマン』最新話を更新致しました!怪人協会幹部の圧倒的な力に、苦戦を強いられるS級ヒーロー達。 怪人ってすげェヤバいんですよ! A級以下が災害レベル鬼の怪人どもにボコボコにされるシーンはすごくたくさん見てきました…が、ちっとも怖さを感じなかったのはサイタマがいるからってことだけじゃあありません! S級ヒーローが強かったからなんです。 S級ヒーローであれば、災害レベル虎なんて瞬殺、鬼も余裕のよっちゃんで倒しちゃいます。 なんなら、災害レベル竜だって…。 そんなS級ヒーローがまとめてピンチになる第165話。 原作版でも、マジで震えたよなぁ…。 ワンパンマン史上最高に絶望感味わえる、素敵な素敵な回ですってよ。 S級ヒーロー大ピンチ 怪人協会の幹部が強すぎた。 S級ヒーロー10位で何でも食べてしまう豚神は、自分よりもより大きく大食らいなハグキにやられてしまった。 S級ヒーロー4位のアトミック侍は、個人的に怪人協会最強だと思っている黒い精子にボッコボコにされてしまった。 ホントアトミック侍ファンの人に殴られるのを覚悟で言うけども、 リメイク版で一番このシーンが一番見たかった…。 S級ヒーロー8位のゾンビマンは、ホームレス帝の光のパワーで原型留めるのギリギリなくらい大ダメージ。 死なないけども、こんなん立ち上がれないだろってくらいの状態。 そしてS級ヒーロー5位の童帝は、エビル天然水に取り込まれてしまって何もできず… あれ?原作とちゃうぞ!?糖分足りないってのは同じだけども。 そしてそして、実質S級ヒーローといってもいいA級1位のアマイマスクは、ブサイク大総統に何もできず…アマイマスクの精神的なモロさが浮き彫りになってしまった。 ほか、ぷりぷりプリズナーもA級2~4位の剣士たちも、かなり限界。 ギョロギョロ相手に超能力で完全勝利!ギョロギョロ、身体の中身を無理やり取り出されてしまい、敗北…。 いや実は敗北じゃなかった!中身は別のところにいた!!! え?そんなことになってたのか! いや実は、原作版読んでたときにギョロギョロの中身ってどこから出てきた!?って思ってたんですよ。 なんだ地下も地下のほうに、ワイン片手にソファーでくつろいでいたのか…。 遠くからギョロギョロを操り、本体は全く姿を出さなかったのか…。 なるほどね。 そしてそこからタツマキに見つかって、引きずり出されるってことか。 ああ…相手が悪すぎた。 そしてタツマキに見つかったことで、もうひとつはっきりと分かったことがある。 ギョロギョロとタツマキとの戦闘能力の差がかなりかけ離れていることに。 ギョロギョロが中継ポイントに設置したアイテム?でなんとかタツマキの状況を把握してたのに、タツマキはちょろっと見つけちゃって…。 すさまじいですな、タツマキ。 さあ、ここからタツマキのターンが始まるぜ…!.

次の