りゅうおう の お しごと 12 感想。 『りゅうおうのおしごと』12巻感想~帝位編・三段リーグ編

『りゅうおうのおしごと!』11巻感想:姉弟子エンドが確定!やったー!

りゅうおう の お しごと 12 感想

鏡洲飛馬がカッコ良すぎる! 今回は推奨会試験編最終回。 本作はこれにて大きなひとつの区切りを迎えることになります。 ある意味では八一が名人と戦う事になった5巻と同じぐらい重要だと言えるでしょう。 推奨会とは一般人がプロ棋士になるために受ける試験のようなもの。 そんな試験の中でライバルたちが全力を出せるようにアドバイスしてしまう鏡洲さんは最高にカッコ良すぎた! その時の「俺は俺のままプロになるッ!! 」と言うセリフは最高に痺れましたね! 何だろうな。 普通の人だったら、プロ棋士になる夢を叶えるためなら何だってしますよね。 姉弟子が今回序盤に戦った体育会系の棋士だって、敵のミスを誘うためにあえてトイレにこもっていましたし。 そんなかつためならどんなことでもやる修羅場の中で、自分の意思を貫き、正々堂々と戦う鏡洲さんは非常にカッコ良かったです! 「俺は俺のままプロになるッ!! 」私もそう言えるような人間になりたい。 何かをやるには「勇気」が必要 どれだけ崇高な目標を持っていても、どれだけ完璧な計画を立てていても、最初の一歩を踏み出さなきゃ……踏み出す勇気を持たなきゃ、決して実現しないものなの。 月並みなことを言うようだけど、それがなければ何も始まらない 168ページの夜叉神天衣のセリフより これは姉弟子に恋愛としての敗北を味わったあいに対して、天ちゃんが言ったセリフです。 彼女はこの言葉どうり「勇気」を持って八一をデートに誘って「勇気」を振りしぼりキスをしました。 姉弟子にも、あいにも勝てる可能性が少ないのを知っているのにも関わらず、それでも彼女は「勇気」を振り絞るのです。 勇気がないと何もできない。 夢を追うことすら許されない。 これは本作の最初から一貫しているテーマの一つですね。 どんな絶望的な状況に追い込まれても、可能性が0に等しくても、「勇気」を持って行動すれば新しい可能性が生まれてくる。 人生を豊かにするためにはどんなものよりも「勇気」が必要なんだ! と言うメッセージ性を感じられるような、素敵なシーンでした。 AIは人を超えられるのか? 本作は6巻以降から新しい展開になっていますね。 姉弟子の推奨会編が始まったり、女性棋士をフューチャーしまくったりとか。 その一環として「AIと人間はどちらが優れているのか?」と言うものがあります。 将棋星人>AI>地球人 では名前にAIを宿した八一の一番弟子はどうなるのか。 最低でも人間を超えるような棋力を得て、限りなく将棋星人に近づくことになるでしょうね。 その実力は姉弟子をも上回るでしょう。 おそらく将来的には姉弟子のように最強の女流棋士として君臨するのではないでしょうか? 話は逸れましたが、現在は将棋星人たちのおかげでAIは人間よりも弱いのですが、これからの将来AIの実力が八一や名人を上回る可能性が高いです。 そうなった時、人類はどうなってしまうのでしょうか? こういったSF的な妄想もできるのも本作の魅力のひとつですね。 姉弟子はあいに勝てないと思っている? だからそれを指せたのは偶然でしかない。 偶然と……気まぐれな幸運のおかげ。 つい最近------詰将棋で見たから。 姉弟子は詰将棋を解けなかったら、鏡洲さんに敗北してしまいプロになれませんでした。 その詰将棋はあいが考えたものになっています。 さらに恐ろしいことに、あいはこの詰め筋を実践の中で編み出したそうです。 このことから姉弟子の実力はあいよりも弱いかもしれないということが読み取れます。 詰将棋を受け取ったシーンの近くに、あいに八一を支えてほしいとお願いしたあたり、姉弟子は心のどこかで棋士としてあいに勝てないと思っているのではないでしょうか? 次回以降の展開について• 姉弟子プロ化• 八一最強! 今回にて推奨会編が終わったのと同時に、かなりストーリーが進んでしまいました。 その上、主人公である八一を強くしすぎたので、次回以降のネタがないような気がします。 一個だけ良いネタがありました。 それは… あいのタイトル戦! 本作はあいがタイトルを取ることを作品も目標にしています。 できなかったら八一はあいと結婚してしまいます。 そうなってしまったら読者と姉弟子が許さないでしょう。 ただこれをやってしまったら、いよいよやることはなくなってしまい、本作の最終回一歩手前のような状態になってしまいます。 次回以降どうなってしまうのかについて注目ですね。 色々な意味で先が読めん。 まとめ そんな感じで『りゅうおうのおしごと! 』12巻の感想を終わらせていただきます。 今後の展開なのですが、どうしても避けて通れないようなものがありました。 それは姉弟子VSあいです。 あいのライバルといえば同年代の天ちゃんの方を上げる方が多いと思いますが、初代ライバルは姉弟子です。 なんて言ったって本作1巻にてあいは姉弟子にボコボコにされているのですから。 現在の姉弟子は自分の実力と才能があいに劣っていると認めています。 いざ戦って敗北してしまった場合、メンタルがブレイクしてしまうでしょう。 はたしてどうなってしまうんでしょうね。 イラストコーナー。 今回ラストの姉弟子VS鏡洲さんをイメージして書きました。 実はこのイラストを書き始めたのは3週間ぐらい前になります。 今描いたら色々とうまくかけたのに….

次の

【Hulu】『りゅうおうのおしごと!』アニメ全12話感想

りゅうおう の お しごと 12 感想

本編のアニメは終わってしまい,藤井聡太ブームも落ち着いてきたものの,りゅうおうのおしごとに新刊が出た。 また感想などを書いていく。 1つが,姉弟子である空銀子の三段リーグ編。 2つが,主人公・九頭竜八一の帝位編。 あとは箸休めみたいな感覚でロリ話なり,恋愛描写なりが入っていく。 まず,順番を入れ替えて九頭竜八一の帝位挑戦編。 架空のタイトルだけど,八一は帝位のタイトル保持者,於鬼頭曜(おきと・よう)に挑むのだ。 この於鬼頭帝位は昨今のソフト将棋で研究している棋士である。 経歴を見ると,初めてソフトに負けた棋士で,四段昇格の祝勝会に来なかった最初の棋士で,丸刈りにする盤外戦術なんかもしれくるから,誰かなとは思うけど,特定はできないかな。 ここは,主役である八一がすさまじい才能を見せるという,いつもどおりの展開になる。 次に,空銀子の三段リーグ編。 この話が思いのほか長くて,だいたい10巻くらいからやっているから3巻分は使っているわけだ。 将棋漫画は『五五の竜』だとかだとか『ものの歩』だとか色々あるものの,たいていはこの三段リーグを大きく扱う物が多い気がする。 この三段リーグ編を突破して四段になるとプロ棋士になるわけだから,三段と四段の間には大きな壁があるわけだ。 『月下の棋士』くらいだろか,この三段リーグをあまりやらなかったのは・・・。 以前から指摘していたが,この『りゅうおうのおしごと』は 負ける側,才能のない側に強い感情移入をさせられてしまう。 誰もが必死ではあるのだけど,今回の三段リーグだと,年齢制限で今回で昇段できなければ後がない青年だとかもいる。 このあたり,12巻のあとがきを読むと,著者の挫折体験がそうさせているのかもしれないと思う。 弁護士になろうと思って法学部に入り,12年間勉強して,それでも弁護士になれなかったという。 僕は弁護士をやっているので,このあたりの気持ちはなんとなく分かる。 僕は逆で,作家になりたかったけど才能になりたかったから弁護士になるため勉強をしだけど,色々と考えさせられるところ。 はっきり言って,主人公である八一の対局より,三段リーグのほうが圧倒的に盛り上がる。 それを思わせるシーンではないが,於鬼頭がこんなことを言っている。 でも,書いている本人は気づいていないんだ。 一番高い壁が自分自身だってことに。 最高の喜劇ですよ。 昨今は異世界転生ものでチートな,ずば抜けた才能を持つ主人公が増えたものの,八一はまさにそういうタイプの主人公だ。 本人はもちろん血を吐くような努力をしているのだろうけれど,そんな努力なんてみんなしているのである。 報われない努力というのはいくらでもあるわけだ。 もしやすると, 作者は八一のことを嫌い・・・・・・は言い過ぎとしても,ほかの「才能がない」とされている負けてしまったキャラたちほど好きではないのではないかとすら思えてくる。 たとえば,今回三段リーグ編で活躍した鏡州飛馬や,女流を目指していたころの桂花は心理描写が深くて,まるで作者が自分を投影させているのではないか,と思えたものだ。 そういえば,前巻から八一は幼なじみだった銀子と両思いになり,交際が始まるわけだが,銀子って「才能がない」ことになっているキャラなんですよね。 たとえば,才能のあふれる雛鶴あいを選ばないあたり,作者の好みや嗜好があるのならと,色々考えてしまう。 ところで,あとがきを読んでいると著者は挫折の体験として弁護士になれなかった経験を語りつつ,執筆したラノベにたいし,「流行の二番煎じ以下の物し書けず,作家として呼べるほどのものではありません」と言っている。 これは少し悲しかった。 この二番煎じ以下の作品というのは商業デビューした『らじかるエレメンツ』のことを言っているのか,2作目の『蒼海ガールズ』のことを言っているのか,もしやするとアニメ化までした3作目『のうりん』のことを言っているのか? 僕はこの全ての作品を読んできたけれど,どれも味があって好きだった。 司法試験の勉強の合間,息抜きに読んだ『蒼海ガールズ』に癒やされたものである。 あの時期に読んだ小説なり漫画にはずいぶん助けられた。 リンク張っておくから,せめて『蒼海ガールズ』くらいは各自買って読んで欲しい。

次の

りゅうおうのおしごと!12巻(最新刊)あらすじ・感想・ネタバレあり 発売日2020/2/14

りゅうおう の お しごと 12 感想

ラノベの続きが出るっていうのはね、それだけでもうめっちゃ嬉しいことなんです なんたって、楽しい話の続きが読めますからね、幸せです なのに、追加で特装版があるのが、りゅうおうのおしごと!のさらに嬉しいところですよね 今までにも、数多くのドラマCDや特装版がありました! で、りゅうおうのおしごと!の最新刊の12巻も同じく特装版がありますのでご紹介 11巻で完全なメインヒロインだった姉弟子の小冊子と言えばね もう買うしかないのですよ• りゅうおうのおしごと!(最新刊)12巻小冊子付特装版のあらすじ紹介と購入前雑談 私は空銀子。 奨励会三段。 プロ棋士を目指して戦ってるんだけど…… 最近、疲れが取れないのよね……。 半年も続く三段リーグ。 その終盤に来て心身共に限界が…… だから連盟の近くに買ったこのマンションで研究する日々を送ってる。 もちろん一人で。 八一を呼ばないのかって? 誰か来たみたいね? 作者書き下ろしの短編小説 『銀子とただイチャイチャするだけの話』 に加えて、「銀子のモデルは誰」? といった疑問に答えるコラムも収録。 豪華ゲストイラストも全て銀子! 本編よりも尊い? 、一冊丸々空銀子な小冊子付き特装版! はい、来ました 待っていたあらすじが来ましたよ 『銀子とただイチャイチャするだけの話』 『銀子とただイチャイチャするだけの話』 『銀子とただイチャイチャするだけの話』 失礼、はしゃぎすぎました でもね、嬉しかったんですよ いやーありがたいですね、こういうの、こういうのなんですよ 姉弟子というキャラが好きな人間としてはね、こういうのがありがたい 何なら他のキャラでも別時空でもかまわないからやってほしい (それをやりだすと同人になってしまうわけなのですが…) でもね、だからこそ、こういう本編の流れは置いといて、で挟まる展開がいい こういうのずっと読んでいたいまでありますからね そして、姉弟子の小冊子付ですよ あれれー? 小冊子? はて…どこかで…? うん、やっぱりそうですよね 『なぜ空銀子はかわいいのか? 』ってタイトルで小冊子を出したのが、10巻です あれも、なかなかに良かったです 本編がシリアスになるからこそ、ああいう癒しがあるのは嬉しいですね 短編だとより幸せにイチャイチャと絡む二人が見れたのは良かったです そのあとに発売した11巻は、ドラマCD付きですよ そして、今回の12巻でもまた小冊子付 なんだか毎回付録がつくのが当たりまえみたいになってきてますよね 本編だけでも、あの熱血な展開を出すために注ぐ熱量は膨大だと思います それに加えてもう一手間が来ているのは本当にすごいと思いますね 今回の小冊子は姉弟子だし、前回も姉弟子回でしたが… そこまで一方的な攻勢は、二人のあいも許さないのではないかと思ってます りゅうおうのおしごと!は本当に魅力的なヒロインが多いですよね 今回も姉弟子のドアップですよ うん、いいね、素晴らしい、ありがたいじゃないか 今回も表紙は神懸っていた…本当にしらび先生のイラストは素敵 こちらは通常版のイラストですが…こちらはこちらで破壊力が抜群すぎる いやあ、なにより、どっちも姉弟子祭りとはね、本当にすごいことです だいたいどっちか片方は小学生がいるイメージだったのですがね 並み居る魅力的な小学生だちを押しのけて表紙を飾るのが本当にすごい やっぱり姉弟子は強いですね ついには、正妻が勝ち名乗りをあげるパターンとなった感じですね 前回の特装版である10巻の表紙は、和装の姉弟子でした うん、こちらも雅でいいですよね 白い着物というのは、もうそれだけで姉弟子に似合いすぎますしね で、もう一個、冷静に観察してあれ? となりました はい、注目するべきは姉弟子のお洋服です 右側のロリぃときの姉弟子も可愛いですが、今回注目すべきは左側です セーラーな姉弟子を見るのです こちらでも、同じく洋服は黒の セーラー服ですね で、これをしっかりみたうえでチェックしてほしい今回の表紙 ああ、これは浪速の白雪姫と呼ばれてしまいますわ 後ろに花が咲いてしまうほどに可憐ですからね、それはもうしょうがない というわけで、装いを新たにした姉弟子に八一がどんな言葉をかけるのか それに対して姉弟子がどんな反応を見せるのか、非常に楽しみです りゅうおうのおしごと!(最新刊)12巻 小冊子付特装版 感想・ネタバレあり 空銀子というキャラクターのモデルについて 最初に語られたのは、白鳥士郎先生から姉弟子(空銀子)のモデルや秘話がありました 『銀子のモデルは誰なんですか?』 これが作者さんがこの作品を作り始めて一番たくさん受けた質問とのことですが… 個人的には、みんな、モデルを気にしながら作品を楽しんでいるのだという事実に一番びっくりしました 姉弟子のファンからしたら、より多く姉弟子を楽しめる可能性もあるからという意味でのモデルを知りたいという欲求なのかもしれません でも、個人的には、モデルがどうこうではなく『姉弟子』というキャラを見てどう思ったか…からの話だと思っていました なので、作者さんに届くのは全然別の質問だと思ってたんですよね それに、それ以外にも聞いてみたい話はたくさんありますし 先生の一番お気に入りのエピソードは何ですか? とか キャラの生まれた順番はありますか? とか 先生の一番好きな小学生は誰ですか? とか ねえ、聞きたいことはこんなにあふれているのに ちょっとずれたので軌道修正 個人的に話を聞いたうえでおもしろいなと思ったのは、キャラが人気がでるタイミング やっぱり、スポットライトに当たらない限りキャラの人気はでない でも、シチュエーションも噛み合わないと本当に愛されるキャラにはならない 今回は、姉弟子が本当に見事に噛み合ったのだな…と思いました そして、それこそが、正ヒロインの条件なのかもしれないなとも感じました キャラの人気は、どこかしらキャラの待遇に直結するところってあると思います だからこそ、必要なときに愛されてくれたというのも、そのキャラの持つ地力のすごさなのかなと思ってます 姉弟子というたくさんの読者たちから愛されたキャラクター だからこそ、小冊子となり、今回も表紙をダブルで取れたのだろうな…と いろんな意味で、キャラや作品が愛されるということの意味を見た気がします 人気投票とかしたら姉弟子と天衣の二人が超強いだろうなぁ… でも、そういう可視化した圧倒的なデータも見たいわ 神戸のシンデレラは浪花の白雪姫に人気投票で白星をもらえるのか…非常に気になる で、そうなるなら他のキャラたちにもぜひ頑張ってほしい、特に供御飯万智さんには! (供御飯万智さんほんと好きなんです) 空銀子イラスト特別ギャラリー&ゲストイラストギャラリー、眼福の一言でした ライトノベルという作品の性質上、どうしても作品の流れに沿ったイラストになります そうなるとね、どうしても制約みたいなものが出てくるんですよね (いや、デンジャラス銀子みたいに制約を軽々と突破してくれる超すごいのもあったりするので、一概にそうとはいいきれませんけどね…) ただ、今回のイラスト集は、やっぱり特別だと思います 合計6枚にも及ぶ、姉弟子つめあわせ バレンタイン姉弟子 赤く染まった頬は寒さのせいと言い訳しそうなあの雰囲気がたまらない マフラーで口元を隠そうとしているところも恥じらいがあっていいですね そして、バカという声が聞こえてきそうな文字もいいアクセントでした 猫耳&しっぽが可愛い姉弟子 寒い冬でもあたたかそうなあの空間 見ているだけでもほのぼのしますね、素敵 そして、お茶が二つあるところも個人的に気になる 八一を待ってくつろぎモードなのかな…というのが分かる感じがまたいいですね 小学生な姉弟子 ああ、これは絶対に内弟子を意識してる奴だ…そう思わせるだけの絶妙な年齢ですよね あいと天衣と同い年の姉弟子とかね 想像するだけでまたいろいろと捗りますよね そして、その年代だったときっていうのがあるわけですからね これを見て八一が小学生好きになったのだとしたら、無理もないことだと思います まだカチューシャをつける前というのもポイント高い ここから成長していく感がすごいです 水着姿の姉弟子1 貧乳キャラはいじられる定めなのですよ そして、その気にしている姿が愛らしいという評判もありますからね こうしてみんなの注目を集めるのもしょうがないことなのです ジトっとした目をむけながらも、パーカーは脱いでますからね 恥ずかしいけど見せたくないとは言っていない そんな雰囲気が見られるのがまたいいですね 水着姿の姉弟子2 胸が…ある…? いや…ない…か? と、聞かれたら殴られそうなことを考えながら見ておりました いやいや、セクシーに迫りますね、これ 正面から近づかれたら八一さんが困っちゃうんじゃないですかね そして、これ絶対に後ろから眺めたいポージングですよね うん、素敵です 制服で将棋を指す姉弟子 将棋の駒を持ってますが正座ではありませんよ、体育座りです なのに、鉄壁のガードとタイツですよ まあでも、タイツって本当に破壊力が高いですよね、大好きです これ、向かいに竜王が座っていても集中できないんじゃないかしら まちがいなく男子なら見ちゃいますよねえ… そう思いながら楽しませてもらう、脚線美がすごかったです うん、どれも九頭竜先生、垂涎の一品ですね どれも可愛らしくて破壊力がすごかったです ニリツ先生 俺は『賭博師は祈らない』という作品で知ってから個人的に激押ししている先生です 本当にね、イラストで描かれる世界が素敵なのですよ あと、洋服や小道具の部分(今回で言えば将棋駒)の書き込みが本当に素敵 今回は敵と対峙した姉弟子感があってまたよかったです ふぁるまろ先生 このバルキリーを見て絵買いをした男とは、俺の事よ… というわけで、ふぁるまろ先生の大ファンです このイラストの髪の毛部分などもそうなのですが、柔らかな曲線が本当にすごくて 見ているだけで幸せになれる可愛い女の子を描かれるのですよね 今回の姉弟子も髪の描かれ方、あとはマフラーの描き方が絶品でした ほんとうに可愛い、すごい…(語彙力消失 銀子とただイチャイチャするだけの話の感想 最初から最後まで、終始イチャイチャするだけの話 糖度満点で大変ありがたい内容となっていました というか、理由をつけて相手のお宅に突撃訪問ですよ 「来ちゃった(はぁと)」を九頭竜先生がやってくれるのがまたいい まあでも、追い返さずにそこから準備に取り掛かる空先生の素晴らしさよ 持ち時間をたっぷり使って準備を整える乙女の恥じらい方がいいですね 片付けていない部屋、しっかりお風呂に入っていない自分 宅配のお兄さんに見せるのはよくても、自分の好きな人に見せるのはイヤだ…と 本当の私の魅力はこんなものじゃないというのを本人がよく自覚してますよね だからこそ、その恋心の破壊力がすごいわけですが というか、今回ので分かったけど、桂香さん、二人分のノロケを聞くのね 八一と銀子の二人分、うん、すごい量になりそうだね そして、ここまであからさまな物を送られてきても消毒で片付けられるあいのメンタルよ… 今回もオチ(堕ち?)要員に使われてしまったあいの明日はどっちだ あの、ね、声は本当に可愛いからね、あいもね なので、ぜひとも愛されキャラとして復活していただきたい 大変楽しませていただきました.

次の