おかあさんといっしょ ファミリーコンサート 倍率。 おかあさんといっしょスタジオ収録に出演したい!抽選倍率と裏ワザ

おかあさんといっしょスタジオ収録に出演したい!抽選倍率と裏ワザ

おかあさんといっしょ ファミリーコンサート 倍率

こどもが出来ると、Eテレおかあさんといっしょを観る機会が出てきますよね! いつも観ているおかあさんといっしょのお兄さんお姉さん、キャラクターたちが目の前で歌って踊ってくれるコンサートは大きく分けて2種類ありますね! 「おかあさんといっしょスペシャルステージ」と「おかあさんといっしょファミリーコンサート」ですね! スペシャルステージは大体毎年同じ時期に同じ場所で、おかあさんといっしょのメンバーと、おとうさんといっしょのメンバー、その他スペシャルなゲストのステージです。 今回はもう1つのおかあさんといっしょファミリーコンサートについて、その申し込み方法や実際に申し込んだ結果の倍率を計算してみました! スポンサーリンク おかあさんといっしょファミリーコンサート申し込み方法(地方公演) 申し込み方法は電話での申し込みです。 電話番号1回線につき、一回のみ応募が可能です。 先着順でなく、抽選になります。 一回の応募で4枚まで応募可能です。 チケットは1歳以上のお子さんから必要になります。 申込先電話番号などの詳しい内容はサイトにあります。 プッシュ回線での申込です。 ダイヤル回線の場合はトーン信号に切り替える必要があります。 受付時間は期間中でしたら24時間申し込むことが出来ます。 この確認を行わなかった場合はチケットはキャンセル扱いとなってしまいますので確認を忘れないようにしたいですね! 当選確認は電話をかけた回線以外でも大丈夫でしたよ! 別回線からの問い合わせにも当選しているとアナウンスがありました! 当選の場合のチケット受け取り 当選した場合はチケット受け取り方法を当選電話口にて説明があります。 店頭受け取りの場合は、今回はローソンにあるLoppiで受け取りが出来ました。 ローソン店舗内にあるLoppiにて必要事項を入力し、出てきたレシートを持って、レジにて代金を支払いチケットを受け取ることが出来ます。 詳しいボタンの名称を忘れてしまったのですが、操作方法は大体こんな感じでした。 チケットが発券されて初めて詳しい座席番号がわかります。 2次募集(キャンセル分の販売) 実はチケットには抽選にはずれても、二次募集となるキャンセル分の販売日があります。 キャンセル分があった場合のみ、店舗で販売しますが、販売日程、購入店舗、購入方法は抽選結果が落選の場合に当選確認の電話口でアナウンスされます。 私が応募した回は公演の1週間ほど前に全国のローソン店舗内のロッピーで午前10時から販売されるということでした。 ちなみに開催地から電車で30分くらいかかる地区ですが、ファミリーコンサート申込は大盛り上がりでした^^ 当選確率はあくまで私の知っている範囲ですのでまた全体の倍率とは違うかも知れませんが、参考になさってみてください! 私の友人知人合計30回線で3回線当選していました! 1回目公演・2回目公演それぞれバラバラに申込しましたが、席は全員A席申込です。 B席・C席の方が倍率が少なそうですが、別の友人はC席に3回線申込をして全て外れたようです。 B席C席はA席に比べて元々の席数が少ない場合もありますので、その場合自然と激戦区になります。 どの座席を申し込もうか悩んでいる場合は申込前に座席表を確認してみるのも判断材料の1つとなりますね。 おかあさんといっしょファミリーコンサート当選のコツ! 噂としては 午前午後の公演がある場合は午後の方が当たりやすい。 平日と土日祝日にまたがって公演される場合は平日の方があたりやすい。 という噂がありますが、これはお昼寝の時間を避けたり、帰宅が遅くなるのを避けたいという方が多いという理由や、平日はお仕事の方も多いという理由で納得できますね。 他にも、 A席が1番人気で当たりにくい>B席>C席の順で人気となるという噂がありますが C席も激戦のようです。 ツイッターではC席60回線申し込んで2回線しか当たらなかったという書き込みもありました。 B席C席は席数が少ない場合が多いためも考えられますが、C席は転売目的の申込が多いのも理由のひとつのようです。 チケット受け取り開始直後にはオークションやフリマアプリでチケットが高額で転売されていますが、大部分がC席でした。 C席は安価で購入できますし、A席狙いで落ちた方が、せめてC席でもいいから会場の雰囲気を子供に味あわせてあげたいと思う気持ちを逆手にとってでしょうか。 転売目的の方がチケットを購入し、本当に行きたかった子供がチケットを取れずに悲しむのは残念ですね。 ですのでどうしても行きたい場合は A席B席C席に関わらず、かけられる回線全てで申し込むことが大切です。 他の噂では 開催地域の市外局番の番号の方が当たりやすい。 という噂もありました。 この辺はたまたまかも知れませんが、私も友人2人も複数回線申込み、当選は全て固定電話でした。 固定電話をお持ちの方はぜひかけてみてください! 1回線でも多く申し込み、自らの当選確率を上げていきたいですね。 親戚にも協力をお願いしてみましょう。 通話時間も長く、申込結構大変ですし、電話代もかかりますので協力してくださった方にはお礼をお忘れ無く^^ こちらは2017年5月のゆういちろうお兄さん初のファミリーコンサートのDVDです^^! 動画配信のU-NEXTは おかあさんといっしょファミリーコンサートだけでなく、月の歌、他のコンサートの動画など懐かしの…大好きだった!!たくみお姉さん、だいすけお兄さん(今でもお二方とも大好きです!)の動画が観られます。 残念ながらあつこお姉さんやゆういちろうお兄さんの動画はないようですが、たくみお姉さんとだいすけお兄さんのファミリーコンサートを楽しんでから行くのも良いですね! 31日無料ですので、チケット当選からコンサートまでの期間十分に楽しめます。 だいすけお兄さんファンの方はHuluでのだいすけお兄さんの番組も第2シーズンが4月6日から配信が決定しましたね! 今後もだいすけお兄さんの活躍から目が離せません!! まとめ 今回おかあさんといっしょファミリーコンサート地方公演の抽選に申し込んだ経験から、その申し込み方法や結果、当選のコツなどをまとめてみました。 最後まで読んでくださりありがとうございました!!.

次の

おかあさんといっしょファミリーコンサートの応募方法と当選倍率は?体験談も紹介!

おかあさんといっしょ ファミリーコンサート 倍率

おかあさんといっしょファミリーコンサートは一度は行ってみたい! NHKのおかあさんといっしょファミリーコンサートは、小さなお子さんがいる家庭なら一度は行ってみたい憧れのコンサートですよね。 普段テレビで観ていたお兄さん、お姉さんやチョロミー達が目の前で踊ってるんですから、そりゃ行きたくなりますよね。 そんな国民的人気番組ですから、「おかあさんといっしょファミリーコンサート」のチケットを取るなんて大変で至難の業なんですよ。 チケットを手に入れるために少しでも 当選確率を上げる方法や、 チケットの倍率どれくらいなの?などをご紹介していきます。 ファミリーコンサートのチケット抽選予約に申し込む際の参考にしてみてください。 NHKおかあさんといっしょファミリーコンサートとは? 毎月全国各地をまわり歌って踊どり子どもたちとふれあうショー! いつもテレビで観ているおかあさんといっしょのお兄さんお姉さんやチョロミー、ガラピコ、ムームー達も出演します。 ブンバボーンやベルがなるが始まれば子供たちは大興奮で踊りだすほどです。 おかあさんといっしょを毎日見ているお子さんなら、必ずと言っていいほど行きたいと思う憧れのコンサートです。 ファミリーコンサートのチケット倍率は? 人気のファミリーコンサートは倍率が高くてなかなか当たらない? チケットの倍率は公式では発表されていません。 東京や大阪などの大都市での公演では 20倍前後になると言われています。 まさにプレミアムチケットですね。 人気のチケットには転売屋がからんでおり、ヤフオクなどのネットオークションでは取引価格は定価のなんと 3倍から最高10倍ほどで売れて取引されるほどの人気で貴重なチケットなんです。 ファミリーコンサートのチケットの取り方と当選確率を上げる方法 チケット当選確率を上げるために申込み条件を変えてみよう! 1.「公演時間を変えて」確率アップ! ファミリーコンサートは1日に午前と午後の合わせて以下2公演あります。 【1回目午前】開場:午前10時、開演:午前11時 【2回目午後】開場:午後1時30分、開演:午後2時30分 こうしてみると上記の時間どちらに行きたいと思いますか? 小さいお子さんがいる場合は、意外にも1回目の 午前の部に行きたいという人が多いんです。 午後ってお昼寝するお子さんが多いから、1回目午前を希望する人が多いということです。 上記から2回目午後の公演の方が抽選予約の応募は若干少なめか?と予想されます。 ただ地方公演の場合、車で数時間の距離の人たちは早朝出発よりも、ゆとりを持たせ午後の公演を希望する人もいるようです。 それでも当選確率を考えると2回目 午後がオススメです。 2.「座席ランクを下げて」確率アップ! 座席にはA席・B席・C席があります。 (大きなホールはC席ある)• A席:2,880円• B席:2,260円• C席:1,650円• 車いす席:2,880円 せっかくのコンサートなので、お兄さんお姉さんを少しでも近くで見たいですよね。 その気持ちはみんな一緒です! しかもA席・B席・C席と入場料は異なりますが、ステージに少しでも近い A席が人気で倍率が高いです。 そのためB席やC席の方が座席の方が倍率は低いです。 3階席のあるC席は一部のホールとなっており、地方などは2階席B席までしかないホールが多いです。 なので 「B席」や「C席」を選択することで当選確率が高くなります。 座席数はA席が多いホールもありますが、公演場所によっては座席数が異なります。 そ 3.「申し込み口数を増やし」確率アップ! チケット申し込み方法は全てWEBからです。 申し込むためには専用サイト「Ticket Every!」の会員登録を絶対しないといけません。 会員登録にはメールアドレスが必要です。 登録には「住所」「氏名」などの個人情報も記入します。 同一メールアドレスでは複数登録できませんが、メールアドレスを複数持っていたら応募ができます。 どうやって複数応募や「メールアドレス」を手に入れる?• 身内に頼んで応募してもらう• フリーメール(Gmailやyahooメール)を使う• その中でも人口の多い 東京や大阪はチケット応募が多いため、必然的にチケット倍率は高くなり当選することはまさに奇跡といっていいくらい 当選が難しいです。 地方だからと言って決して応募が少ないわけじゃありませんが、東京や大阪ほどの圧倒的な応募数ではありません。 仮に東京で10万応募、地方で2万応募だとすると、当選確率はかなり違ってきますよね。 圧倒的に 地方の方が当選確率は高いです。 近県の地方公演のファミリーコンサートへ家族旅行もかねて1泊程度の小旅行もいいんじゃないでしょうか? 家族みんなで楽しんで、お子さんも良い思い出になること間違いありませんよ。 5.最後まであきらめない! チケットがどうしても欲しいならあきらめないでください! でも転売屋からチケットを買ってもリスクが高すぎる。 開場に行ったのに使えなかったなんて悲劇があるかもです。 ファミリーコンサートには 「繰り上げ当選システム」というものがあります。 せっかく当選したのに、何らかの理由で代金を払わなかった分など、繰り上げでチケットが取れる可能性もあるんです。 他には直前販売もあります。 公演の約1ヵ月前になると直前販売が開始されます。 公式サイトから再び応募ができるようになるんです。 ただし枚数は初回に比べて減ってしまうし倍率はもちろん高いです。 でも応募してみないと結果はわかりませんので、最後まであきらめないで最後の最後は運にかけましょう! ファミリーコンサートのチケット取り方と当選確率を上げる方法や倍率は?おかあさんといっしょまとめ いかがでしたでしょうか? 憧れのファミリーコンサートへ行きたいですよね。 少しでも 当選確率を上げるために、今回ご紹介した方法をぜひお試しください。 当選することが難しいファミリーコンサートのチケットを、当選するために少しでも確率を上げる方法をご紹介いたしました。 ご紹介した方法をさっそく試していただき、目的の地域で応募してみましょう。 やはり自分の運で手に入れた正規でチケットで、ファミリーコンサートへお子さんんを行きたいですよね。 もし全ての抽選ににハズレてしまった方は、残念としか言いようがありませんが、お子様もまだおかあさんといっしょの対象年齢なら次回応募して当てたいですね。 ハズレたからといって、間違っても転売屋からは買わないようにしましょう! 転売屋対策が強化されてきてますので、会場に行ってみると転売屋から買ったチケットが使えなかったなんて言うリスクがも無きにしも非ずです。

次の

おかあさんといっしょファミリーコンサート当選!2018年全勝の必勝法で倍率を下げよう

おかあさんといっしょ ファミリーコンサート 倍率

4月から新しくなったおかあさんといっしょですが、1年間を通じて行われるファミリーコンサートの存在はご存知ですよね?そう、土曜日などに欲放映されているコンサートです!!!今日はその大人気イベント、NHKおかあさんといっしょファミリーコンサートのチケット入手方法とその倍率についてご紹介していきたいと思います。 だいすけおにいさんの卒業が発表され、2017年 5月のGWに行われるNHKホールでのコンサートはかなりの倍率が高くなるプラチナチケットになります。 お申込みは3月21日 火 までです!しかも、昨年までと違って、 2017年からは電話での申し込み抽選ではなく、WEB経由の申し込みのみ!になりました。 ただ抽選の考え方は同じだと思いますので、こちらの裏技を熟読の上、お申込みにお進みください。 また、実際にTVにはどの席が映りやすかった?午後回・午前回はどちらがTV放送に多く使われるのかも徹底的に解説予定です。 2017年度 おかあさんといっしょファミリーコンサートの日程と会場 2017年度のおかあさんといっしょファミリーコンサートの日程と会場の一覧を追加いたしました。 昨年のたくみお姉さんの卒業後のプラチナチケットとなった5月GWのコンサートと同様、だいすけおにいさんの卒業後、最初で最後のゆういちろうおにいさん、だいすけおにいさん、あつこおねえさんの歌声がコラボされる神回のコンサートです。 この回は、なんと三谷たくみおねえさんがゲスト出演するとあって、二度とみられない、だいすけお兄さん&たくみお姉さん&あつこお姉さんの3人の歌声が聞こえるチャンスです。 そして、申込期間は、 公演日程の一か月前の一週間のとても短い限られた期間に電話で申し込みが可能です。 申し込み方法は、こちらに記載のNHK特電に電話をかけることで申し込みが可能です。 <ここで要点Check!> 1.コンサートチケットは、申込期間に申し込まれた人数に対しての抽選で決まるため、早いもの順ではない! 2.申し込みができるのは、固定電話、携帯電話、それぞれの回線につき、一度まで!(IP電話、公衆電話では申し込みができない!) 3.当選確認も締切一週間から設けられる当選確認期間のうちに、 申し込みをした電話回線からの電話で、 (申し込んだ電話番号からじゃなくて、確認の場合は「受付番号」がわかればOK!)「受付番号」を入力の上、自分から確認が必要!(当選の連絡は待っててもやってこない。 確認をせずに申し込み手続きが完了しないと自動的にキャンセルになります。 ) というのが注意事項です。 ですので、たくさんの電話回線から多く申し込むことができます。 子供が小さいので、11時開演の1回目公演&A席4枚という、恐らく申し込みが一番多そうなチケットです。 裏ワザよろしく、私は8回線で電話をしまして。 うちあたったのは、1回線です。 地方公演の平均当選倍率が10倍と言われているようなのですが、恐らく首都圏や大都市の地方公演ではもっと倍率が高かったと思います。 千葉公演は、近隣の東京都内やさいたまからも比較的近い距離なので、申込も多かったのではー?と考えられますね。 私が申し込んだデータだけによると、• 倍率は1/8(倍率8倍っていうのかな?)• 12.5% そして、ここからは独断と偏見による何の根拠もない想像になりますので、さらっと耳に入れておく程度してほしいのですが…。 申し込んだ8回線、うち携帯電話6本、固定電話2本。 固定電話は公演のある県内の電話回線と、県外の電話回線です。 どちらの固定電話も、NHK受信料はお支払しています。 あたったのは、、、もちろん、、、、お分かりいただけますよね?これだけのプレミアムチケットとなるおかあさんといっしょファミリーコンサートのチケットですから、転売対策に色々配慮されているような…。 気がします…。 あくまで、個人の主観による感想ですよー。 根拠はありませんw 後日、ファミリーコンサートレポートも 公開していきますね!ご期待ください。 また、実際にTVにはどの席が映りやすかった?午後回・午前回はどちらがTV放送に多く使われるのかも徹底的に解説予定です。 まだチケットが入手できる方法が残っています。 この当選確認期間を超えて、もしキャンセルが出た場合には、なんとキャンセルされた分のチケットも販売されます。 2016年(28年度)のおかあさんといっしょのNHKホールでのGW連休のチケットのキャンセル販売の方法はこれからです。 また、キャンセル分の初日販売後に空席があった場合のみ、 4月18日(月)午前10時からセブン-イレブン、サークルK・サンクスでも販売します。 Pコード:631-824 ・セブン-イレブンでのチケット販売時間:24時間 ・サークルK・サンクスでのチケット販売時間:午前5時30分から翌午前2時まで ただし毎週火曜・水曜の午前2時30分~5時30分はメンテナンスのため購入いただけません。 あらかじめご了承ください。 となっており、全国のぴあ店頭で購入することが可能です。 ほほー!!!翌日からはセブンイレブン・サークルKサンクスでも販売がされるようですね。 これは当然、どうしても入手したい場合は、ぴあ店頭に開店前から並ぶことが必須でしょう。 このように、他の公演でも、キャンセルチケットの販売方法が公式HPに公表されますので、チケット抽選に外れてしまった方はキャンセルを狙うといいでしょう。 でも、もちろん転売目的での申し込みはNGなので、そういった転売されたチケットを購入することもよくはありません。 しかしチケット販売専門サイトでは、たまにチケット申し込みがかぶってしまったや、用事ができていけなくなってしまったなどの理由でチケットを手放す方もいらっしゃるようなので、チケットキャンプという販売サイトを覗いてみるのもいいかもしれません。 チケットの倍率や狙いやすいチケットって? おかあさんといっしょのファミリーコンサートのチケット倍率は正式には公表はされていません。 ひところで倍率は 20倍以上という数字を見かけますが、こちらは「あるお母さんが20回線を使って申し込んだが、すべて外れた人もいた(NHKホール)」とのネットの書き込みから倍率20倍以上という数字があがっているようです。 当然のことながら、一番当選しにくいのはNHKホールでのコンサートです。 地方コンサートの方が当選倍率はあがります。 また、倍率をどうしてもあげたい場合は、 A席(1F席&2階席前方でテレビに映る可能性あり)>>>>>>>B席(2階席後方)>>C席(3階席) と、A席が一番倍率が高く、C席はかなり人気がない様子なので、C席を申し込むと会場の雰囲気は味わえると思います。 但し、お子様は正直見えづらい席であるのには間違いないです。 以上です。 今年は頑張って、チケット申し込みをしてみましょう!!!.

次の