浣腸 体験 談。 伯父と母の浣腸プレイを覗き見SM体験談/小説/話

二度と経験したくない浣腸|体験談

浣腸 体験 談

今から年以上も前の事ですが、まだ私が準看護婦を目指 していた時、 外来だけの個人医院に住み込みで 午前は医院に勤め、 午後は看護学校に通わせて頂いてた時の事です。 そのお宅には 真理江ちゃんという とても物静かで素直な小 学校の年生女の子がいました。 ご両親は真理江ちゃんに大きな期待を持っていて、家業の医 院の後を取ってもらいたい一心で、 可愛そうなくらいの教育ぶりでした。 毎日の家庭教師やドリル 問題集など、 学校から帰るなり、友達と遊ぶ事は許されず、勉強ばかりの 毎日。。 宿題の見直しなど, 夜の勉強の時間も 私がアルバイト代 を頂いていました。 住み込みで一緒に暮らす私から見たら とても可愛そうに感 じていました。 真理江ちゃんの体調不良もかなり頻繁に起きました。 毎月といっていいほど起きたのが 発熱。 当時私も学生なので気が付きませんでしたが、 今思えば、詰め込みすぎの勉強の強制がストレスとなって、 そのような症状が出たんではないかと思います。 それでも学校を休もうものなら 真理江ちゃんのお父様でもある先生が 「勉強が遅れる」と、 ひどく真理江ちゃんを叱っていました。 私は真理江ちゃんが叱られてる姿がとても悲しく、 先生が憎く感じた時も何度もありました。 そんな真理江ちゃんは 両親には表現できない親しみを私に示してくれて ご両親も 娘の笑顔や自然な子供の表情が見れることを、 安心していた様に感じました。 先生は、子供の患者さんに対しての医療は、 できるだけ内服薬 飲み薬 を使わない主義でしたので、 自分の娘さんに対しての解熱の医療処置も内服は使わず、 座薬で対応する。 という処置でした。 家が病院なので お薬はもちろんのこと、 医療現場でもあるので 真理江ちゃんに起きる体調不良は、 先生の指示で私がほとんど対応していました。 座薬の挿入や、浣腸などは医療行為ではあるのものの、 先生の指示で 診察室であったり、 患者さんが多くて忙しい時は真理江ちゃんの部屋まで行った事もあ りました。 ストレスによる便秘を解消しなければ座薬の投薬も意味がな いことから 先生が、「浣腸をかけてから座薬を使ってくれ。 」 という指示がいつも出ていました。 小児浣腸はグリセリンをを処置して 昔はガラス製の浣腸器でした。 排泄後、座薬を挿入する。 といったパターンで、 私が実習のために経験するには少し緊張した処置でもあり、 正直、少しエッチな処置でもありました。 当時の私は、好きな人がいる、とか 彼氏が。。 という世界からは程遠く離れた学生だったため、 そんな私を信頼してくれる真理江ちゃんは 私にとって、頑張れる、大事な女の子でもあったのでした。 夜の勉強の時、「お父様に叱られないようにしたいね」と私 が言うと 真理江ちゃんは、それも一つの大きな悩み。。。 ということを話してくれたのです。 「またお熱が上がらないように なんとかして治したい ね。 」 私の言葉を、真理江ちゃんは素直に受け止めてくれて、 真剣なまなざしでうなずいていました。 勉強中に運動をしてみたり お腹のマッサージなども私から積極的に取り組んだのでした。 それでも真理江ちゃんの定期的な体調の乱れは変わらず、 私をも悩ませたのです。 彼女への愛情だったのだろうか、不思議な責任感にかられ 看護学校での図書館まで足を運び参考書を元に なんとか真理江ちゃんの便秘を解消してあげたくて必死だっ たのでした。 まだ素人の私が思いついたのは、定期的な浣腸を行い、 その発熱を防ぐことでした。 もちろん今までの水分補給、部屋での運動やお腹へのマッサ ージなどは 二人で相談して続けていく事にしましたそれは夜の勉強の時間に 院内から借りてきた浣腸のセットを部屋に持ち込み、 定期的に浣腸の処置をしてあげる事でした。 その理由と説明を真理江ちゃんに話せば、 彼女は心よく受け止めてくれると、確信していましたが、 想像していたとおり、その提案に 真理江ちゃんは、 「うんわかったよ、いつもありがとう」 と、可愛らしい笑顔で返事をしてくれました。 それは真理江ちゃんのとのコミニュケーションを常に取り、 体調の様子お通じの様子も聞きながら 本人の体調が怪しいと 思われたときに行うという提案でした。 当初その処置は通常行われていた診察室での処置と変わらな いものでしたが、 今までとは違う診察室ではなく、医療を感じない部屋という、 雰囲気の中だったことも手伝って、 処置を行う時、診察室ではしない、普段と違う体位を指示したり、 真理江ちゃんに気がつかれぬように、 いつもの時よりグリセリン液を少し増やしてみたり、 グリセリンの濃度を少し濃くしたりしてしまうのでした。 その処置をしながら、彼女の羞恥心を紛らわせる振りをして、 普通の会話を交わし、その液体をゆっくりと注入しながら その部分や彼女の表情などを いやらしい視線で観察してしまいました。 事前に、処置後は分我慢しましょうという、 約束をしてあったため、、素直に実行しようとする真理江ちゃん。 冷や汗までかいて、精一杯我慢する真理江ちゃんを見た私は 鳥肌が立つような興奮を感じてしまっていたのでした。 まだ若かった私自身も自分の性的感情のコントロールができなかった。 正直な気持ち、可愛く思える真理江ちゃんを、 優しくいたずらしてあげたい。 という 気持ちが、そのような形で、いけないと思いながらも実行しまったのです。 医療的処理をたてにし、優しさを前面に出して、 さりげなく彼女の性器の観察や、 その処置のために生じる排泄の辛さに耐える彼女の表情などを観察し、 自分の性的感情を晴らしていたのでした。 もちろんそこのとは 真理江ちゃんに 気ずかれることはありませんでした。 毎回、その行為のあとに 、ありがとうと、お礼の言葉をくれました。 いくら彼女への愛情があったとはいえ あの時、いたずらな気持ちを含んだ形での処置をしたことは 私を親しんでくれていた真理江ちゃんに、とても申し訳なく、 謝りたい気持ちです。

次の

たかが便秘で病院なんて…と軽く考えていたら うそ!重症!?【体験談】(2020年6月28日)|BIGLOBEニュース

浣腸 体験 談

大学生のあきといいます。 私は普段から便秘がちで自宅で浣腸して便秘を解消することもあるのですが、最近は大学も休みで自宅にいてばかりで運動不足になっているので先日も浣腸を使いました。 自分は少し変わっているのかなと思うこともあったのですが、この掲示板を見つけて何か月か経って他の方のお話を読むうちに私も思い切って投稿してみようと思いました。 たしか以前の掲示板には自分の体験談を書いていた方もいて、自分もこんな体験ができたら・・・と思ったこともありました。 今は休みで時間もあるので長文になってしまうかもしれませんが、よければお願いします。 パンツを下げられてお尻にチュッと浣腸されるとすぐにうんちがしたくなり、泣きながらうんちをした記憶もあります。 当時は浣腸ということも分からずお腹が痛くなってうんちが出ることしか分からなかったのですが、小学生くらいだったと思いますがある程度の年齢になると意味が分かるようになりました。 それは恐怖と不安の対象でしたが、忘れることができない出来事が小学校5年生のときにありました。 冬休みに入る少し前のことでした。 インフルエンザではなかったのですが熱が続いて1週間学校を休んだことがありました。 このときは日曜日にお母さんから浣腸されて、熱は下がったけれども体がだるくて金曜日まで学校を休んだんです。 金曜日にお母さんに連れられて病院に行くと前の診察の様子が聞こえてきました。 うっすらとした記憶ですが、お母さんが自宅で子どもに浣腸したと言うのです。 今思えばですが、おそらく熱が出ていたからか便秘したので浣腸したのだと思います。 そして病院でもう一回浣腸してみましょうと言うのです。 私はそれまで病院で浣腸されたことがなく、浣腸は家でお母さんにされるものだったので病院でも浣腸されるんだということを初めて知りました。 そして私はお母さんに浣腸されてから一度もうんちが出ていなかったのです。 私の番になりお通じのことを聞かれるとお母さんは日曜日に浣腸したことを先生に伝えました。 先生から最後にうんちが出たのはいつか聞かれたので日曜日が最後だと正直に言うとお腹が痛くないかを聞かれました。 私が少し痛いと言うとお母さんが「早く言わないとダメじゃない。 先生、お願いできますか?」と言うのです。 私は半泣きになりながら「ちゃんとうんちするから・・・」と言ったのですが許してもらえるわけもなく前の子と同じように浣腸されることになったのです。 今までは注射と点滴しかされたことがなかった部屋で浣腸をされると思い泣き出してしまいました。 看護師さんはすぐにお腹痛くなるから大丈夫だよと言ってくれましたが、病院の浣腸は家でお母さんにされる浣腸とは全然違ったのです。 しばらくして看護師さんがやってきました。 看護師さんはすぐにお腹痛くなくなるから大丈夫だよと言って私に壁の方を向いてお尻を出すように言いました。 私がパンツを下げずにいると看護師さんはお尻をさっと出して今から浣腸するから動かないでじっと我慢するように言われました。 看護師さんは「うんちを出すお薬入れるね」と言うとお尻に浣腸が入ってきて、思わず「いやー!」と半泣きになってしまいました。 浣腸が苦しいものだということは知っていましたし、看護師さんも分かっていたのでしょう「すぐに終わるから頑張ろうね」と言うのですがすぐにお尻にお薬が入ってきてひんやりとした感じがお尻の方に広がるのを感じました。 お母さんからされた浣腸はすぐに終わっていましたし看護師さんもすぐに終わると言ったのに全然すぐには終わりませんでした。 お薬が入ってくる途中で出したくなったのに看護師さんは浣腸をやめてくれるわけもなく、こんなにお薬を入れられるんだ、と思いました。 浣腸が終わったころにはお腹が痛くて半泣きでした。 すぐにトイレに行かないでできるだけ我慢してと言われたのですがお母さんの浣腸とは全然違う効き目にお腹がとても痛くなり、泣きながらトイレに行きました。 この病院ではまた浣腸されたこともあるのですが、今ではお腹の痛みには少しは慣れましたし、小学生のころのような不安はなくなりました。 小学校のころにされた浣腸はたぶん60か120だと思います。 当時私は身長もあったので120の浣腸をされたのかもしれませんが、小学生に120の浣腸をすることはあるのかは分かりません。 30歳代既婚女性でナースの夏の想い出と申します。 貴重な体験談、ありがとうございます! 小学校5年生、とても多感な時期ですね。 前の子が浣腸されるのを聞いた後、ご自分も・・・。 すぐにトイレに行かないでできるだけ我慢してと言われたのですがお母さんの浣腸とは全然違う効き目にお腹がとても痛くなり、泣きながらトイレに行きました。 とてもお辛い経験でしたね。 心に傷は残りませんでしたか? 小学生ですと、普通は60mLです。 ただ、量は体重に応じて増減させるようですので、身長が高く、また重症だとすると、120mLをされた可能性もあるかと思います。 小学生にとっては、60mLでもかなり苦しいようですので、120mLは、とても耐えられないほどではないでしょうか? ありがとうございます! これからも、どうぞよろしくお願いいたします。 その頃から便秘気味でしたので修学旅行にも薬は持っていったのですが、薬を飲むとお腹が痛くなるのが嫌だったのと楽しさで気が紛れていたのかもしれませんが薬を飲まずにいたんです。 修学旅行から帰ってきた日に薬を飲んだのですが次の日になってもお腹が痛くなるだけで全然出ませんでした。 よく効く薬をもらえるかもという期待ともしかしたら浣腸されるかもという不安を抱えながら小学校5年生のときに浣腸された病院に行きました。 先生に修学旅行に行っているときから便秘していること、薬を飲んだけれどもうんちが出ないと言うとお腹も張っているしかなり辛そうと言われました。 薬を飲んでも出ないのはお尻のところでうんちが栓になっているかもしれないと言われお尻に指を入れられたときは痛みと恥ずかしさでとても辛かったです。 先生の言う通りでお尻の近くでうんちが固くなって栓になっていると言われました。 5日以上便秘でしたし「きっとこのあと浣腸される」んだろうと思っていると「このままだと出ないから一度出しちゃいましょう。 トイレで浣腸しましょう。 」と言われました。 このときは中学生で自分のことも分かっていたのですがそれでも不安でした。 でもお腹の痛みがひどくてこのときはうんちを出してほしいという気持ちの方が大きかったです。 トイレは身障者用のトイレで中にはベッドがありました。 すぐに看護師さんが来てベッドに横になるように言われてお尻を出すと、うろ覚えですが「今準備するからね。 普段から便秘気味なの?」と聞かれました。 「普段から便秘しちゃうんです。 」 「浣腸、使ったことある?」 「家でお母さんに。 あと小学生のときにここでも…」 「ちょっとお腹痛くなるけど頑張ろうね。 」「家でするのと同じだけどちょっとお薬が多いからね。 」「それじゃあお薬入れるね」 と言われてお尻から浣腸されました。 口で息していると途中でお腹が痛くなってきました。 浣腸が終わると看護師さんから出したくなるけどすぐに出しちゃうとお薬が効かないから3分は我慢してねと言われて看護師さんはトイレから出ていきました。 便秘が治らないのは嫌だったので必死に我慢しましたが3分我慢するのはとてもつらかったです。 今では少しは我慢できるようになりましたがドラッグストアで売っている浣腸でも3分我慢したらかなり苦しいです。 小学校5年生のときにされた浣腸が60だとすれば中学校3年生のときにされた浣腸も60だと思います。 インターネットで見ていると150の大きいものもあるようですが私は経験がありませんしドラッグストアの浣腸でも苦しい私には耐えられそうにありません(けど少しされてみたいとも思います)。 お忙しい中、早速にお返事と新しい体験談いただきありがとうございます! とてもうれしく思います。 先が見通せない中、鬱々とした気持ちになりがちですが、この掲示板などで、気晴らしなさって下さいね。 あき様は、心に傷が残らなかったとのこと、安心致しました。 そうですよね、ご家庭では、小学生なら20g、中学生以上でも30gが普通と思います。 病院では、子供でも60mLですから、とても苦しく感じると思います。 中学3年生でこれは恥ずかしいですよね。 指を、やや乱暴にぐっと入れてくるドクターが多いので、おっしゃる通り、痛いと思います。 処置室とおトイレが離れているようなところもありますけれど、おトイレの中でされたのであれば、安心ですね。 今では少しは我慢できるようになりましたがドラッグストアで売っている浣腸でも3分我慢したらかなり苦しいです。 これはお辛かったでしょう? 最近は、時間を決めて無理に我慢させることはしないところの方が多いと思います。 ご自分でなさるときも、あまり無理なさらない方が良いかもしれません。 インターネットで見ていると150の大きいものもあるようですが私は経験がありませんしドラッグストアの浣腸でも苦しい私には耐えられそうにありません(けど少しされてみたいとも思います)。 150mLは、とても辛いです。 娘を生んだ後、重症の便秘になってしまって・・・。 退院する際に150mLをされました。 特に、注腸速度が遅いナースにされると 私は、運悪くそうでした 、注腸中から便意が起こってしまい、とても苦しいです。 臨月の時に60mLをされましたが、あの時よりもはるかに苦しく感じました。 でも・・・。 機会があれば、またされたい、と、思っていたりもします。 ありがとうございます! これからも、どうぞよろしくお願い致します。

次の

出産時のうんちが心配! 出産前の浣腸までトラウマに【ママの体験談】(2019年8月25日)|ウーマンエキサイト(1/2)

浣腸 体験 談

最近、私は 浣腸おむつプレイに目覚めました。 きっかけは、出会い系サイトで知り合った熟女さん。 初めてホテルに行った時、彼女のバッグから出てきたのは、浣腸とおむつ! メールの時点で、確かに「浣腸おむつプレイに興味がある」とは言いましたが、まさか本当に用意してくるとは・・・。 「浣腸してあげるから、お尻出して」と言われ、恥ずかしかったけど、勢いに任せてお尻を出しました。 浣腸を尻に挿され、その冷たい感触にゾクゾクしました。 しかも2個連続です。 驚くことにあそこは、既にギンギン。 そして仰向けに寝かされて、赤ちゃんがされるようにおむつをしてもらいました。 メチャメチャ恥ずかしいのに、どんどん固くなる私のあそこ。 そのうちに、強烈な便意をもよおしました。 「ト、トイレ・・・」「おむつにしていいのよ。 怒らないから」彼女にそう言われた瞬間・・・、おむつに漏らしてしまいました。 するとまた寝かされ、おむつを開けられました。 「あらー、いっぱい出たのね」彼女は嬉しそうに、私のお尻を拭きます。 本当に顔から火が出そうなのに、もう痛いぐらいあそこはギンギンです。 お尻を拭き終わって、彼女が私のあそこに触れ、軽くしごきました。 ドピュッと白い液が彼女の顔面に飛んでしまいました。 「あら、おむつをする前にお漏らししちゃったのね。 でも次からはちゃんとおむつにしてね」と彼女は言っただけで怒りませんでした。 それ以来、彼女といる時は、私はトイレを使っていません。 アーカイブ• 136• 234• 182• 219• 198• 280• 323• 256• 209• 343• 364• 381• 463• 480• 214•

次の