君の膵臓をたべたい ネタバレ。 君の膵臓をたべたいが無料視聴できる動画配信サービスはコチラ

君の膵臓をたべたい(2017実写版)の動画を無料視聴!dailymotionやpandoraTVで無料配信?

君の膵臓をたべたい ネタバレ

「君のをたべたい」が映画化することをつい最近知った。 というわけで、実写化される映画についての思いと、小説の感想を書きたいと思う。 「君のをたべたい」は売れ始めてから結構経ったときに読んだのだけれど、これは上手いなぁと感心した小説だった。 事実、売れているし、評価も高い。 以下ウィキの引用。 「 」2016第2位、「 BOOK OF THE YEAR 」2位、「2015年 年間ベストセラー」6位(文芸書・ 調べ)、「 読みたい本ランキング」1位、「埼玉県の高校図書館司書が選んだイチオシ本2015」1位、「2016年年間ベストセラー」総合5位、文芸書1位(調べ )、「2016年 年間ベストセラー」総合4位、単行本フィクション1位(日販調べ )と高く評価された。 2017年3月時点で累計発行部数は75万部。 何が良かったのかをネタバレ込で書きたいのだけれど、その前に劇場版の内容が気になってしょうがなかったので、そちらについてまずは言及しておきたい。 タイトルにも書いたが、「ヒロインが死亡する小説を実写化すると、その後が描かれがち」という点についてだ。 あの名作も、原作にはない未来を描いていた。 まずは予告編を見てほしい。 が現れたとき、「なるほど」と一瞬で感じ取った。 これは、 原作のその後が映画で描かれるやつだー!!! そりゃ、【僕】は学生だぜ。 さんじゃさすがに演じられない。 学生を違和感なく演じられるいい大人なんて、ぐらいしかいないんじゃないだろうか。 決して、僕は映画化・映像化する際、必ずしも原作を忠実に再現しようとする必要があるとは思っていない。 しかし、ヒロインが死亡する小説における、その後を描いた実写映画化にとても既視感を覚えたので、記憶を遡ってみる。 うん、たぶんこれだ。 私が小学生の時に小説・映画を見て、原作と違う!とあたふたした初めての経験、『』。 劇場版『セカチュー』では亜紀を失った後の、朔太郎と婚約者のエピソードが描かれている。 確か、原作にはなかったエピソードだ。 ちなみに、『セカチュー』については、原作のその後のエピソードが追加されても、違和感なく見れた、記憶がある。 原作をよく再現していて、そのうえで地続きなエピソードを描けたからだろう。 『君のをたべたい』にも期待をせざるを得ない。 脚本が『』のさんなので、楽しみ。 まぁ、まだ公開されていない作品についてとやかく言うのはこれぐらいにしておいて。 原作が好きなので、おそらく映画の方も見に行くだろう。 しかし、「君のをたべたい」は小説だからこその魅力的な表現も散在していて、それらをどのように映像化した際に再現するかが気になるところだ。 というわけで、原作の良さについて、ちょっとだけ書いていきたい。 以下、ネタバレ注意だ。 タイトルの圧勝(以下小説ネタバレ) 「君のをたべたい」このタイトルに、魅力が集約されていると思う。 目を引くタイトル。 多くの人は興味を持つだろう。 それでいて、物語の中核を担う一言だから、最高だ。 序盤、焼肉を食べるシーンで「身体の悪いところを食べると治るらしい」という冗談を桜良が言うが、作中至るところでこの手のネタが飛び交っているので、まぁこんなもんかと読み進めていたわけだが。 終盤の「垢を煎じて飲む」をに置き換えてお互いを認め合う流れは美しすぎた。 よくまあ考えたものだ。 人の目を引くこともでき、桜良と【僕】の関係を表現している、商業的にも物語的にも破綻なく美しくはまった言葉こそが、「君のをたべたい」。 この一言を活かす物語を描き切った時点で、作品が輝くことは約束されていたと思う。 素晴らしい。 名前を認識しようとしない【僕】(小説ネタバレ) 映画HPの「Story」でも再現されているが、作中で主人公、【僕】の名は最後の最後まで、明かされない。 他者に名前を呼ばれても、【僕】がその人にとって、どう思われているかによって、その名前は変わるのだ。 【クラスメイト】とか【???】とか。 調子のいいクラスメイトが話しかけてきたとき、「【】ぁ」と呼んでいたので、苗字の最後の文字は「A」で終わるのだろう、とか想像しながら読んでいるのが楽しかった。 のの名前が気になるのと同じような心情だった。 まぁ、とは話が違って、名前を【僕】が認識しようとしない理由も、桜良ちゃんの遺言状に書かれているわけだが、主人公の人と向き合おうとしなかった姿勢を示す面白い表現方法としてとても面白い。 最後名前を明かした時に、桜良と【僕】の名前が、近しかったのも、オチとして気持ちがいい。 前者はともかく、この【僕】の表現については、映画で再現するのはなかなか難しいだろう。 潔く切るのか、活かすのか。 楽しみで仕方がない。 遺言は、12年後に届く? さて、映画の話に再度戻るのだけれど、「Story」には以下のように書かれている。 そして、ある事をきっかけに、 桜良が12年の時を超えて伝えたかった本当の想いを知る2人ー。 「本当の想い」というと、原作における桜良の遺言が頭をかすめるわけだけれど、原作のクライマックスを12年後に持っていくのか、それとも別の弾を用意するのかも、楽しみな点の一つだ。 桜良の遺言状が【僕】を再起させ、恭子との関係を生みだし、桜良と同じく人との関わりに意味を見出そうとさせたわけだから、12年後までお預けというのはなかなか【僕】にとって酷なストーリーになりそうだなあと思いつつ。 それでも、大人になった【僕】や恭子を描きたいのは、大切な人が亡くなっても、ちゃんと大人になって幸せになれているという「救い」が、我々視聴者の心を打つからなんだろうなあ。 楽しみだね。 midoumairu 映画と本と音楽のことを書きます。 時々仕事のこととかも。 以下プライバシーポリシーです。 【広告の配信について】 当サイトでは、第三者配信の広告サービス Googleアドセンス、Amazonアソシエイト)を利用しています。 このような広告配信事業者は、ユーザーの興味に応じた商品やサービスの広告を表示するため、当サイトや他サイトへのアクセスに関する情報 『Cookie』 氏名、住所、メール アドレス、電話番号は含まれません を使用することがあります。 またGoogleアドセンスに関して、このプロセスの詳細やこのような情報が広告配信事業者に使用されないようにする方法については、下記ご確認ください。 【免責事項】 当サイトからリンクやバナーなどによって他のサイトに移動された場合、移動先サイトで提供される情報、サービス等について一切の責任を負いません。 当サイトのコンテンツ・情報につきまして、可能な限り正確な情報を掲載するよう努めておりますが、誤情報が入り込んだり、情報が古くなっていることもございます。 当サイトに掲載された内容によって生じた損害等の一切の責任を負いかねますのでご了承ください。

次の

『君の膵臓をたべたい』徹底ネタバレ解説!あらすじから結末、タイトルの意味まで!|よなよな書房

君の膵臓をたべたい ネタバレ

少年と少女が病によって引き離される、その悲痛な感情を結末に置いた物語 確かに泣けるかもしれないけれど、逆に言えば「読者を泣かせる」ためだけの物語というものだと予想したんです。 しかし、この「君の膵臓をたべたい」はそんな浅はかな作品ではありませんでした。 生きるということ 小説「君の膵臓をたべたい」を通じて、わたしは「生きるということ」について考えさせられました。 それも、ただの「自分の命もいつなくなるかわからない (から今を大切に生きよう)」というメメントモリ的な反省だけではありません。 作中で、余命少ないヒロイン・桜良は 「人と心を通わせることこそ生きるということ」 だと主人公に語りかけます。 その言葉に、人との関わりを避けてきた主人公はハッとさせられるのですが、同時に読んでいた私にもその言葉は響いてきました。 ただ命があって、24時間を過ごすことだけが一日を生きるという事ではない 主人公は、桜良と過ごした4カ月こそが「生きている時間だった」と気づきます。 『そんなふうに、いつかこの世を去る私は今を【生きる】ことができているのだろうか?』 わたしは即座に「YES」と言えませんでした。 そして、自分も本当の意味で生きていきたいと思ったんです。 小説「君の膵臓をたべたい」はただのエンタメ作品ではなく、読者に強く語り掛けてくる作品だと感じました。 恋愛関係を超えた特別な関係 ヒロインの桜良が亡くなり、その遺書でもある「共病文庫」を主人公が読む場面では、涙が止まりませんでした。 れは単に「実は両想いだったことを遺書で初めて知ったから」なんてチープな展開のせいではありません。 この遺書の場面に来るまでの「君の膵臓をたべたい」は 『主人公の男の子の物語』 でした。 根暗で地味で人と関わりたがらない男の子が、明るく行動的な女の子と出会って変わっていく。 主人公は作中で「彼女と出会って人間性も日常も死生観も変わった」と心の中で回想しています。 実際に読んでいても、余命少ないにも関わらず弱さを見せず最後まで強く生き抜いた桜良の一貫性に対し、主人公は彼女との出会いによってどんどん人間性が変化していきました。 うんうん しかし、遺書の場面で初めて明かされた桜良の本音を知って、この考えは変わりました。 「君の膵臓をたべたい」は 『主人公と桜良の物語』だったんです。 2人はそれぞれに正反対の人間性を持っていて、だからお互いに憧れて、お互いを必要としている。 そこに恋愛感情がゼロだったのかと言われればそうではなかったでしょうが、それよりも2人は「尊敬・憧れ」によってつながっていました。 こんなに純粋でまぶしい人間関係が他にあるでしょうか。 そして、そんなに特別な関係だった2人が永遠に別れなければならない痛みとはどれほどだったのでしょうか。 感情を自分の中に押し込める生き方をしてきた主人公が桜良の母親の前で泣き叫ぶ場面では、まるでその悲痛な咆哮が聞こえてくるようで涙が止まりませんでした。 「君の膵臓をたべたい」 初見では度肝を抜かれるこのタイトル。 序盤では膵臓を患っている桜良が「同物同治 (患っている部分と同じ部位を食べることで病気が治る)」の考えから、冗談としてこの言葉を口にします。 そして、この言葉が再度登場するのはクライマックスの場面。 示し合わせたわけでもないのに、お互いがお互いへの感謝と尊敬の念を込めて「君の爪の垢を煎じて飲みたい」ならぬ「君の膵臓をたべたい」というメッセージを送り合います。 この符号にはもう、号泣しかありませんでした。 「読後、きっとこのタイトルに涙する」というキャッチコピーは本当でした。 結末への感想 こんなに悲しいお話なのに、結末が爽やかに描かれていた点はすごく好みでした。 桜良の喪失から1年後、拒絶されていた桜良の親友と苦労の末友達になって桜良の墓参りをする。 墓地から去ろうとする2人の耳に「うわははっ!」と特徴的な彼女の声が聞こえた気がする。 非常にすっきりとした爽やかな読後感で本を閉じることができました。 行き先の名称などはことごとく伏せられているのですが、読んでいる人(特に福岡県民)には丸わかりです。 博多駅に着き、ラーメンを食べて太宰府天満宮へ。 2日目に行ったのはキャナルシティ。 実際に知っている場所が細かに描写されているというのは、なんだか嬉しい気分になります。 そんなわけで、特に福岡に詳しいという人にはおススメです! まとめ 以上、実写映画化される小説「君の膵臓をたべたい」のネタバレ感想でした! 私の買った本を見てみると、発売1年未満なのに第32刷! なんと現在50万部を突破しているそうです。 そんな話題作を読んでみた感想はというと……号泣必至の感動作! イメージだけで敬遠するのはもったいない!と声を大にして言いたいほど胸に来る物語でした。 映画版ももちろん楽しみですが、ぜひ小説でも読んでほしいです。 とても読みやすく、ストーリーに引き込まれてどんどんページが進むので、一気読みもできちゃいます。 未読の方は、ぜひ騙されたと思ってお試しください。 最新の配信状況は各サイトにてご確認ください。 U-NEXTなら初回登録から31日間無料! もらえるポイントを使えば、最新作でも 課金なしで見ることができます。

次の

映画「君の膵臓をたべたい 」ネタバレあらすじと結末・感想|起承転結でわかりやすく解説!

君の膵臓をたべたい ネタバレ

現在は配信終了している場合もありますので、詳細は各公式ホームページにてご確認ください。 君の膵臓をたべたいをYouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuで無料視聴する YouTube・PandoraTV・Dailymotion・9tsuなど動画サイトに違法アップロードされた動画を視聴するのは絶対に止めましょう! ウィルスやスパイウェア感染の可能性もありますし、 個人情報の漏洩やワンクリック詐欺など事件に発展する可能性もあります。 そもそも 違法アップロード動画をダウンロードして視聴するのは違法になります。 映画『君の膵臓をたべたい』を安心・安全に無料視聴するならU-NEXTのお試し体験がおすすめ! 君の膵臓をたべたいのあらすじ・ストーリー 高校時代のクラスメイト・山内桜良(浜辺美波)の言葉をきっかけに母校の教師となった【僕】(小栗旬)。 膵臓の病を患う彼女が書いていた「共病文庫」(=闘病日記)を偶然見つけたことから、【僕】(北村匠海)と桜良は次第に一緒に過ごすことに。 だが、眩いまでに懸命に生きる彼女の日々はやがて、終わりを告げる。 桜良の死から12年。 年齢を重ねて自分が若かった頃を思い出すたびに、どうしてもっと素直になれなかったんだろう、ちゃんと伝えなかったんだろうと、後悔したりする。 でも、若かった頃のキラキラした感覚は残っていて、それを妙に愛おしく感じたりもする。 そんな思いがこみ上げてきて、夢中で最初から最後まで、見てしまいました。 主演の浜辺美波さん、本当に可愛らしいですよね。 彼女が微笑むだけで、画面がパッと明るくなるのだけれども、一方で彼女が抱えている苦しみや切なさを思うと、胸を締め付けられることが何度もありました。 ラスト直前のシーンは、あまりにも突然で、受け入れがたいものだったけれども、12年後のシーンで、どこか救われた気がします。 いろんな年代の人に見て欲しい作品です。 あざといかわいさもありつつ、でも儚い感じもあって、まさに透明感って感じ。 北村匠海くんも良かった…。 原作の「僕」のイメージとぴったり!最近はよく目にするようになった俳優さんだけど、当時はまだそこまででもなくて、見た瞬間に心掴まれたね。 原作を読んでたからストーリーは知っていたけど、それでもやっぱりあのラストには泣けてしまう…。 北村くんの涙の演技に心打たれること間違いなし。 物語の中盤位から「タイトル名はこういう意味だったのか」と納得。 女の子がややアニメにありがちなキャラクターだったので、少し冷めてしまいましたが、ストーリー的には最後まで飽きずに楽しめました。 1番印象的だったのは、なんといっても最後の結末でしょう。 誰がどう見ても「病気で死ぬか、奇跡的に治るんだろうな」と思う内容だったはず。 それなのに、まさかあんな形で最後を迎えるなんて…。 恋愛どうこうと言うよりも、「当たり前に毎日を過ごしていることのありがたさ」を痛感するような映画でした。 結末を知ってしまうと「タイトルから少しそれてしまうのでは」という思いもありますが、ある意味楽しめたので良かったと思います。 映画『君の膵臓をたべたい』の原作小説が発表されたときにタイトルからしてホラー小説かなと思っていたのですが、まったく正反対の純愛ものだったので映画を見て驚きました。 難病にかかった女子高生と冴えない男子高生のピュアな恋愛ものかなとも思いましたが、想像していた以上に恋愛に関しての発展がなく、見ていてもどかしくなってしまいました。 お互いが好意を持っているのに自分自身に素直になれないでいるのが、画面からこれでもかというくらい伝わってきた演技力と表現力に感心しました。 ただ、ラストはもうちょっと考えてほしかったなというのが本当の気持ちです。 相当ひっぱっておいてこれかよ、という感じがして、ちょっと全体的に安い感じがしてしまいました。 それがなければ最高の恋愛映画だと思います。 ヒロインは、活発的な友達がたくさんいる「桜」という美少女です。 しかし、膵臓がんに陥っていて死んでしまうかも知れないという難しい役です。 この役には、浜辺美波さんが選ばれましたがこれ以上にこのヒロインにぴったり方はいないと思いました。 死期が近づくにつれてくにつれて主人公の「僕」も彼女と関わっていくにつれて自分の心が欠けていることにきずき成長していきます。 主人公の僕が「残り少ない人生を本の分類なんかに使っていいの?」と聞きすると桜は、「君こそやりたいことをしなくていいの?もしかしたら明日死んじゃうかもしれないのに」という台詞があるのですがこれは、私もこれには確かにと思いました。 たくさんの名シーンに名言がありますので気になった方是非ともご覧ください。 元気そうで明るくてまさか病気だなんて誰も気がつかないぐらいでしたが、わざと明るく振る舞っていたのだと思います。 相手役は北村匠海さんが演じている春樹で、さえない地味な男子でした。 いつもはイケメンでかっこいいのに地味さが自然で演技が上手なんだと思います。 唯一秘密を知ってしまった春樹と桜良は死ぬまでにやりたいことを実行していきますが、まったく正反対の2人がお互いに居心地がよかったのはどこかで似ている部分があったのだと思います。 ラストは衝撃でしたが、お互いにとってプラスになる存在だったことがわかってよかったです。 美男美女の2人を見ているだけでほっこりしました。 浜辺美波がヒロインです。 この役は彼女だからこそ、最高の作品になったような気がします。 彼女はいわば悪戯っぽく少年に声をかけ、親密になって行きます。 私はそこら辺から涙がこぼれ始めました。 膵臓がんという、今でも助かる率が低い病気に彼女はかかっています。 それでも、彼氏に色々なわがままを言いながら、残り少ない人生を一つ一つ丁寧に味わって行きます。 まるで一瞬一瞬が宝石のように輝いています。 しかし、どうしたことでしょう。 浜辺美波はがんではないことで死んでしまうのです。 私はストーリーを怨みました。 それでも後半、彼女の生きていた時の様々なエピソードが明かされるに連れ、もう顔面が涙で崩壊です。 本当に純愛の物語として残る作品でしょう。 友達がいない僕と、たくさんの友達がいる桜良。 普通に過ごしていれば接点が無い対照的な2人が、桜良の病気を介して知り合い、桜良に残された時間を充実させるために、僕は桜良とともに過ごすことに。 その中で、友達がいなかった僕は、他者と一緒に過ごす楽しさを知ります。 しかし、桜良は余命を全うする前に、事故で亡くなってしまいます。 残された「共病日記」には、桜良にとって僕の生き方は目標・憧れだったと書かれており、対照的な2人は、互いに持ち合わせていないものを求め合う、必要とされる関係になっていたことが分かります。 恋愛や友情という言葉の枠には収まらない、自分のアイデンティティーを探し求める若者同士の、その年代だからこその心の交流が必見です。 私が予想していた結末とは全く違っていて、ポジティブな意味で裏切られました。 映画を見ていて、若くても歳いっていても、死んじゃうんだなぁと思うと、毎日を大切に生きなきゃなぁと改めて感じました。 主人公の男の子がだんだんと心を開いていく様子が分かって、最期お別れしちゃう時のことを考えると早めの段階から切なくなってました。 とにかく浜辺美波ちゃんが可愛くて、演じている女の子の天真爛漫なところが本人のイメージとぴったりで良かったです。 北村匠海くんの桜良への少し気恥ずかしい気持ちを表している演技が絶妙だなぁと思いました。 北村匠海くん自体もなんとなくシャイな感じなタイプに見えるので、素な感じが出ていました。 物静かで他人に興味ない僕が、クラスの人気物である桜良のやりたいことに付き合うことにより、互いに成長し惹かれあっていく。 やりたいことをやり、楽しそうな桜良の表情や余命が幾ばくも無いことを周りに悟られないようにふるまう桜良の表情が何とも切ない。 突然、通り魔に刺されて余命を全うすることなく亡くなってしまう桜良。 余命前に突然、桜良を失ってしまった僕の気持ちや何の前触れもなく友人を失ったクラスメイトの気持ちを考えるととにかく泣けた。 しかし、大切な人達へ残した言葉が載っている共病文庫があったことで救われた気がし、ストンと心に落ちた。 北村匠海さんも浜辺美波さんもはまり役だったし、2人のこれからの活躍が楽しみだと思った。 君の膵臓をたべたいに出演した主演・助演・その他キャスト・脚本・監督 映画『君の膵臓をたべたい』の主題歌を歌うのは Mr. Childrenさんの『himawari』です。 ボーカル桜井さんの優しい歌声は本当に心に響きますね。 映画の内容にもぴったりの、温かく心に染みるナンバーとなっております。 君の膵臓をたべたいが無料視聴できる動画配信サービスのまとめ 映画『君の膵臓をたべたい』のフル動画は、U-NEXTに申し込みむと31日間のお試し無料で視聴が可能です。

次の