ガスター 10 効果。 ガスター10の効果は?本当に逆流性食道炎に効くの?QRIONE調査団

ガスター20の飲み方や胃痛等への効果と副作用!ジェネリックも

ガスター 10 効果

新型コロナウイルスの感染拡大が続いています。 この時、感染予防にもっとも重要になるのは自身が「健康であること」。 免疫力をつけ、たとえ感染してもそれに負けない抗ウイルス力を身につけることです。 さて、こうした情況で、市販薬の中でも安易に手を出してほしくないのが「胃薬」です。 強酸性の胃酸が感染予防に重要な役割を果たす ウイルスは喉や鼻の粘膜を通して感染、増殖します。 新型コロナも同じです。 ウイルスが喉や鼻に入ってくることを完全に防ぐことは出来ませんが、喉の粘膜に付着したウイルスを水やお茶で胃に流し込むことはできます。 胃には強酸性の胃液があります。 強酸性の胃液でかなりのウイルスが死滅すると考えられています。 実際、私が薬剤師として薬局に勤務していたときは、かぜやインフルエンザの流行する季節は感染症の患者さんに薬をお出ししたら水を飲み、手を洗うのが、みなの習慣でした。 薬局だけでなく多くの医師も実践していました。 多くの患者さんに接する医師や薬剤師がバタバタと感染しないのは、こうした行動が有効だったことも理由のひとつだと思います。 さて、そこで胃薬です。 市販薬のパッケージを見てみましょう。 効能には「胃痛、胸やけ、胃酸過多、胸つかえ、胃もたれ、胃重、胃部不快感、胃部膨満感、吐き気、嘔吐、げっぷ、飲み過ぎ、食べ過ぎ、消化不良、食欲不振」などなど、書き切れないほどです。 胃の不快症状すべてといっていいでしょう。 胃痛の原因の筆頭は、胃酸の出過ぎです。 強酸性の胃液で胃が荒れ、炎症を起こす。 そこで胃薬を飲んで胃液の分泌を抑える、あるいは中和することで症状を緩和します。 しかし胃液の分泌を抑えるわけですから、胃酸は弱まります。 もしそこにウイルスが入ってきたら、胃酸で退治できないかもしれない、という状態になります。 新型コロナウイルスの感染が続くなかで、胃は私たちの大きな防御壁になります。 いつも以上に胃を大事にしなければと思うのです。 「胃薬を飲まずに済む生活」を送ることが求められているのです。 胃酸過多にはH2ブロッカーが有効 胃痛に悩む人たちに画期的と迎えられた市販薬が「ガスター10」というH2ブロッカー薬でした。 1997年、それまで医師の処方箋がなければもらえなかった「処方薬」でしたが、市販しても安全であると厚生労働省が認定され、「市販薬」になりました。 こうした薬のことを「スイッチOTC」と言います。 OTCはOver The Counterの略。 薬局のカウンター越しにもらっていた薬(処方薬)という意味です。 スイッチOTCは、処方薬と市販薬の薬効成分はまったく同じです。 たとえば、「ガスター10」には薬効成分「ファモチジン」が10mg、病院で処方される「ガスターD錠10mg」にも「ファモチジン」が10mg入っています。 ただしファモチジン20mgの錠剤もあり、こちらは市販されていません。 胃酸の分泌には、「ヒスタミン」が大きく関わっています。 胃粘膜には「ヒスタミン受容体」があり、そこに「ヒスタミン」がくっつくことで、胃酸が分泌されます。 H2ブロッカーと呼ばれる胃腸薬は、ヒスタミンの代わりにヒスタミン受容体にくっつく作用があります。 「ヒスタミン」をブロックすることで、胃酸の分泌が抑えられるのです。 ですから、ガスター10は、胃酸過多による胃痛・胸やけ・もたれ・むかつきなどの症状に効果があるのです。 ストレスや食べすぎ、飲みすぎなど、胃の調子が悪くなる原因もさまざまです。 原因によって症状も違ってきます。 胃酸が出すぎているのか、胃の動きが悪くてもたれているのか、粘膜が荒れて炎症を起こして痛むこともあります。 最適な薬を選ぶことで胃の症状は楽になりますが、選択を間違えると効果がまるで出ないこともあります。 胸やけやげっぷの原因は胃酸過多であることが多いので、ガスター10などのH2ブロッカーがよく効きます。 胃酸過多の状態が長く続くと逆流性食道炎や胃潰瘍などに進展し、医療機関の受診が必要になってしまうこともあるので注意が必要です。 長く飲みつづければ胃の自力が低下する 食べすぎ飲みすぎで胃の動きが悪くなったり消化が追いつかなくなると、もたれたり消化不良の状態になります。 この場合は消化酵素を主成分とした薬で消化を助けたり、胃の動きを促す成分の胃薬がよいでしょう。 不安やストレスによって胃炎や下痢を起こしているような場合は漢方処方の胃腸薬が合うこともあります。 二日酔いの吐き気・頭痛に効果的な処方もあります。 このように、自分に出やすい症状と、その症状に効果的な薬を見つけて常備しておくと良いでしょう。 選べないときは、薬局で薬剤師に相談して選んでもらってください。 繰り返しますが、薬を飲んでも痛みや吐き気などが続くようなら、胃潰瘍や逆流性食道炎などの病気のサインかもしれません。 そのような場合は医療機関の受診を考えましょう。 胃薬の市販薬はドラッグストアにたくさん並んでいます。 長い期間、飲みつづけている人もいます。 「飲んでいるから調子がいい」と言う人もいます。 しかし胃薬を飲みながら「今日もお酒がうまい」「まだまだ飲める」というのは本末転倒だと思います。 本来、自力で働かなくてはならない胃を、薬に助けてもらっているわけで、長い目で見れば胃の力を弱めてしまうことになるでしょう。 今は感染拡大を防ぐため、さまざまな予防策が取られ、ストレスもたまりがち。 そういう時期だからこそ飲み過ぎ、食べ過ぎをはじめ、胃に負担をかける生活習慣を見直してみませんか? 今回の新型コロナ禍が、そのきかっけになればと思います。 宇多川久美子(うだがわ・くみこ) 薬剤師、栄養学博士。 一般社団法人国際感食協会理事長。 健康オンラインサロン「豆の木クラブ」主宰。 薬剤師として医療現場に立つ中で、薬の処方や飲み方に疑問を感じ、「薬を使わない薬剤師」をめざす。 薬漬けだった自らも健康を取り戻した。 現在は、栄養学や運動生理学の知識も生かし、感じて食べる「感食」、楽しく歩く「ハッピーウォーク」を中心に薬に頼らない健康法をイベントや講座で多くの人に伝えている。 近著に『血圧を下げるのに降圧剤はいらない: 薬を使わない薬剤師が教える』(河出書房新社)。

次の

伏兵現る 日本の薬局にあるガスター10(ファモチジン)投与の有無で有意に治療効果 米国NYの病院とコロンビア大学

ガスター 10 効果

ガスター10を飲むと気持ち悪くなる。 市販薬で同じくらいの効果がある別の薬はある? 1か月前、体調不良で内科へ。 医者に診断はされなかったが逆流性食道炎に近い何かだと思う。 ゲップが出る 、胃が重い、息が苦しい。 タケキャブ10を処方される。 それで胃の重い感じ等は治ったのですが息苦しいのが治りません。 息苦しいのが辛いです。 市販薬のガスター10を飲むと息苦しさが治ります。 しかし代わりに吐き気がします。 薬が微妙に体に合わないのかなぁと思い、別の薬を試したいのですが、市販薬で同じくらいの効果の薬はありますか?第二類医薬品はあまり変化を感じません。 ネットで調べると、ファモチジン錠クニヒロ、がヒットしたのですが、ガスター10と同じ成分だし、吐き気も変わらないでしょうか…? 普段なら医者にいくのですが、今はコロナウイルスで微妙すぎる時期なので病院には行きたくありません。 近所の胃腸科は激混み且つ内科等色々な科が入っている病院で危ない気がします。 家に高齢者もいるし、私が病院で病を貰ってくるわけにはいきません…なんとか市販薬をいくつか試してみたいので、知っている薬があればおしえて頂きたいです。 宜しくお願い致します!.

次の

「ガスター10」は、逆流性食道炎に効くの?

ガスター 10 効果

効能・効果• 胃潰瘍• 逆流性食道炎• 急性胃炎の胃粘膜病変の改善• 急性胃炎の胃粘膜出血の改善• 急性胃炎の胃粘膜発赤の改善• 急性胃炎の胃粘膜浮腫の改善• 急性胃炎の胃粘膜びらんの改善• 急性ストレス潰瘍の上部消化管出血• 十二指腸潰瘍• 出血性胃炎の上部消化管出血• 消化性潰瘍の上部消化管出血• 吻合部潰瘍• 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜病変の改善• 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜出血の改善• 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜発赤の改善• 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜浮腫の改善• 慢性胃炎の急性増悪期の胃粘膜びらんの改善 用法・用量 (主なもの)• また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる• なお、年齢・症状により適宜増減する• ただし、上部消化管出血の場合には通常注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口投与に切りかえる• 〈次記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善:急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期〉通常成人にはファモチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与する• また、1回20mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる• なお、年齢・症状により適宜増減する• (用法及び用量に関連する注意)7. 1. 腎機能低下患者への投与法ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄されるが、腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする〔9. ・昔から愛用。 特に、OD錠がいち早く登場して、ラムネ感覚でたべられるのに感動した覚えがあり、今も第一選択としている。 眠前1錠で軽度の早朝のGERD症状には有効。 また、HP検査に影響を受けにくいのでEGD前やHP除菌確認の際にはPPIから変更して使用している。 (60歳代診療所勤務医、総合診療科)• ・シメチジンは禁煙治療する際に変更する必要があり面倒である。 ファモチジンは1日2回ないし1回服用でコンプライアンスがいい。 (50歳代開業医、一般内科)• ・ファモチジン、シメチジン、ニザチジンの3剤を使います。 1日1回を望む人で若干逆流性食道炎の要素が強い人はファモチジン、他剤との併用で1日2回の服用を希望する人はシメチジン、胃蠕動運動促進や唾液分泌増加を期待する症例にはニザチジンと使い分けますが、患者が高齢女性が多いだけにファモチジンになる場合が多いです。 (50歳代開業医、一般内科)• ・PPIを使用するほどではない胃部不快感や、PPIを入れるほどではないが一応ストレス性潰瘍予防を目的とした症例などに、いわば「気休め」的に出すことが多い。 自分は処方しないが、NSAIDsと一緒に出す先生もいる。 特に同種同効薬との差異を意識したことはなく、また同僚の間で院内採用がガスターしかないことが話題になったこともない。 (20歳代診療所勤務医、一般内科)• ・朝晩投与することで一時的にPPIの効果を上回ることもできると考えている。 当院ではファモチジンは静脈注射製剤も採用されているので、内服にスイッチする患者もしばしばいる。 (30歳代病院勤務医、消化器内科)• ・ファモチジンの効果についての評価は定まっていると思いますし、使い慣れているということもあります。 ラフチジンについては、最も新しい薬剤で効果が高いし、腎排泄ではないので腎機能に応じた用量調節が不要という点で優れているという認識は持っています。 ただ、注射薬が無いというのは一つの弱点かと感じます。 (50歳代病院勤務医、消化器内科) H2ブロッカー この薬をファーストチョイスする理由(2018年4月更新)• ・H2ブロッカーはPPI製剤に押されていますが、肝硬変などの胃酸分泌抑制を目的とするときはH2ブロッカーをファーストに使用している。 (60歳代開業医、循環器内科)• ・国産で(H2ブロッカーとして)効果も良く、かつては本当によく使った。 特に問題となる副作用も経験しなかった。 タガメットなどは女性化乳房などの副作用を多数見た。 いまはPPIが取って代わってしまい、H2ブロッカーを使用すること自体がすごく減ってしまっている。 (50歳代病院勤務医、一般内科)• ・明らかな他剤との細かい相違は認識していないが、H2ブロッカーとしてこれまで処方したなかで治療効果に不満がなく、患者満足度も一定得られていることから、とくに理由がない限り本剤を使用している。 (40歳代病院勤務医、精神科)• ・酸抑制効果が高く、効果発現も早い。 OTCになるくらいなので、副作用も少ない。 ジェネリックがあるので薬価も安い。 いいことづくめである。 最近はPPIからファモチジンに回帰している。 (50歳代開業医、一般内科)• ・腎機能に応じた減量が求められるが、実際にはそれが行われていない例をしばしば見受けるのは残念です。 (60歳代病院勤務医、代謝・内分泌内科)• ・従来アルタットをよく使用していたが、ジェネリックへ変更の際に、ポピュラーなファモチジンへと変更した。 (70歳以上開業医、一般内科) H2ブロッカー この薬をファーストチョイスする理由(2016年12月更新)• ・注射薬が採用されており、術後管理に使用しています。 (60歳代病院勤務医、消化器外科)• ・ネームバリューがあり、患者にも知名度が高い。 しかし最近はPPIの処方がほとんどで、H2ブロッカーの処方は激減しています。 (50歳代病院勤務医、泌尿器科)• ・十分に必要な効果が得られるため。 長く使っているので副作用などもよく分かっている。 (40歳代病院勤務医、脳神経外科)• ・1日1回の服用でいい。 同じ商品名のOTC薬がテレビCMしているので説明しやすい。 (60歳代病院勤務医、精神科)• ・薬の効きが早い。 副作用の頻度も低いと感じます。 (40歳代診療所勤務医、消化器内科)• ・新生児や小児への投与実績が豊富なので。 (30歳代病院勤務医、小児科) H2ブロッカー この薬をファーストチョイスする理由(2015年7月更新)• ・H2ブロッカーとしては3番目、経口で使えるのは2番目の登場だったと記憶しています。 効果が強く、日常的に使い慣れ、特に不足を感じないのでそのまま使っています。 シェアが大きいためか後発品も多いので、最近は病院側が、後発品採用の数値達成のために採用しています。 (50代病院勤務医、リハビリテーション科)• ・手術治療も行っている関係上、静注薬・内服薬の両方が揃っていること、歴史が古く副作用報告の少ないものを第一に選択している。 (60代病院勤務医、整形外科)• ・古典的な薬だが、処方機会が多く、静注からの切り替え例も多い。 ごくまれに血小板減少があることを覚えておけば、特に困ることなく処方できる。 (40代病院勤務医、一般外科)• ・腎機能悪化時には投与量を調整しないといけないが、即効性があり胃痛の強い時には投与している。 (60代病院勤務医、一般内科)• ・併用注意の薬剤が少なく、使い慣れていることが第一の理由です。 (60代開業医、一般内科)• ・ラニチジンやシメチジンは抗コリン作用がファモチジンより強く、認知症状を誘発しやすいと考えるから(認知症疾患治療ガイドライン2010)。 ニザチジン、ラフチジンより使い慣れているため。 (60代病院勤務医、脳神経外科)• ・同名のOTC薬が市販されており、知名度が高いため、病院からの処方薬に抵抗感のある人にも投与しやすい。 (50代病院勤務医、消化器内科)• ・昔、まだ珍しかったOD錠がいち早く導入されたとき、なんとおいしい薬かと感動しました。 それ以来、ガスターD錠を処方しています。 (50代診療所勤務医、総合診療科)• ・ガスターは日本で作られた薬と聞いているので、応援する気持ちもあった。 後発品の時代になったので、どれを使ってもいいかなとは思う。 (50代病院勤務医、産科・婦人科)• ・内服はもっぱらファモチジン。 注射はショットで使いたいのでアルタット。 脳卒中急性期のストレス性消化性潰瘍予防には、必要にして十分だと感じている。 (40代病院勤務医、脳神経外科)• ・自身の専門領域では、いわゆる消化器疾患に対する投与以外に、胃食道逆流(GER)によると思われる乳幼児の慢性咳嗽に処方する機会が多いのですが、大きな副作用もなく安全に使用することができ、また咳嗽の改善効果も明らかです。 また、1回40mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 ただし、上部消化管出血の場合には通常注射剤で治療を開始し、内服可能になった後は経口投与に切りかえる。 〈次記疾患の胃粘膜病変(びらん、出血、発赤、浮腫)の改善:急性胃炎、慢性胃炎の急性増悪期〉 通常成人にはファモチジンとして1回10mgを1日2回(朝食後、夕食後または就寝前)経口投与する。 また、1回20mgを1日1回(就寝前)経口投与することもできる。 なお、年齢・症状により適宜増減する。 (用法及び用量に関連する注意) 7. 1. 腎機能低下患者への投与法 ファモチジンは主として腎臓から未変化体で排泄されるが、腎機能低下患者にファモチジンを投与すると、腎機能の低下とともに血中未変化体濃度が上昇し、尿中排泄が減少するので、次のような投与法を目安とする〔9. Ccr:クレアチニンクリアランス。 副作用 (添付文書全文) 次の副作用があらわれることがあるので、観察を十分に行い、異常が認められた場合には投与を中止するなど適切な処置を行うこと。 1. 重大な副作用 11. 1.1. ショック、アナフィラキシー(各0. 1.2. 再生不良性貧血、汎血球減少、無顆粒球症、溶血性貧血(いずれも頻度不明)、血小板減少(0. 1.4. 肝機能障害、黄疸(いずれも頻度不明):AST上昇・ALT上昇等、黄疸があらわれることがある。 1.5. 横紋筋融解症(頻度不明):高カリウム血症、ミオグロビン尿、著明な血清逸脱酵素上昇、筋肉痛等が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。 1.6. QT延長(頻度不明):特に心疾患(心筋梗塞、弁膜症、心筋症等)を有する患者においてあらわれやすいので、投与後の患者の状態に十分注意すること〔9. 1.1参照〕。 1.7. 意識障害、痙攣(いずれも頻度不明):意識障害、全身痙攣(痙直性痙攣、間代性痙攣、ミオクローヌス性痙攣)があらわれることがあり、特に腎機能障害を有する患者においてあらわれやすいので、注意すること〔9. 2腎機能障害患者の項参照〕。 1.8. 間質性腎炎、急性腎障害(いずれも頻度不明):初期症状として発熱、皮疹、腎機能検査値異常(BUN上昇・クレアチニン上昇等)等が認められた場合には直ちに投与を中止し、適切な処置を行うこと。 1.9. 間質性肺炎(頻度不明):発熱、咳嗽、呼吸困難、胸部X線異常等を伴う間質性肺炎があらわれることがあるので、このような症状があらわれた場合には投与を中止し、副腎皮質ホルモン剤の投与等の適切な処置を行うこと。 1.10. 不全収縮。 2. その他の副作用 1). 過敏症:(0. 2). 血液:(0. 3). 消化器:(0. 4). 循環器:(0. 5). 肝臓:(0. 6). 精神神経系:(0. 7). 内分泌系:(0. 8). その他:(頻度不明)CK上昇、味覚異常、筋肉痛、背部痛。 発現頻度は、承認時までの臨床試験及び使用成績調査結果に基づいている。 使用上の注意 (添付文書全文) (禁忌) 2. 1. 本剤の成分に対し過敏症の既往歴のある患者。 (重要な基本的注意) 血液像、肝機能、腎機能等に注意すること。 (特定の背景を有する患者に関する注意) (合併症・既往歴等のある患者) 9. 1.1. 心疾患のある患者:心血管系の副作用を起こすおそれがある〔11. 1.6参照〕。 1.2. 薬物過敏症の既往歴のある患者。 (腎機能障害患者) 腎機能障害患者:血中濃度が持続するので、投与量を減ずるか投与間隔をあけて使用すること〔7. 1、11. 1.7参照〕。 (肝機能障害患者) 肝機能障害患者:症状が悪化するおそれがある。 (妊婦) 妊婦又は妊娠している可能性のある女性には治療上の有益性が危険性を上回ると判断される場合にのみ投与すること。 (授乳婦) 治療上の有益性及び母乳栄養の有益性を考慮し、授乳の継続又は中止を検討すること(母乳中に移行することが報告されている)。 (小児等) 小児等を対象とした有効性及び安全性を指標とした臨床試験は実施していない。 (高齢者) 本剤を減量するか投与間隔を延長するなど慎重に投与すること(本剤は主として腎臓から排泄されるが、高齢者では、腎機能が低下していることが多いため血中濃度が持続するおそれがある)。 (相互作用) 10. 2. 併用注意: アゾール系抗真菌薬<経口>(イトラコナゾール<経口>)[併用薬剤の血中濃度が低下する(本剤の胃酸分泌抑制作用が併用薬剤の経口吸収を低下させる)]。 (適用上の注意) 14. 1. 薬剤交付時の注意 14. 1.1. PTP包装の薬剤はPTPシートから取り出して服用するよう指導すること(PTPシートの誤飲により、硬い鋭角部が食道粘膜へ刺入し、更には穿孔をおこして縦隔洞炎等の重篤な合併症を併発することがある)。 (その他の注意) 15. 1. 臨床使用に基づく情報 本剤の投与が胃癌による症状を隠蔽することがあるので、悪性でないことを確認のうえ投与すること。 (保管上の注意) 室温保存。 処方薬事典は医療・医薬関係者向けのコンテンツです。

次の