藤沢市 人口。 湘南ライフタウン

見てみよう2050年の神奈川県~人口推移シミュレーター~

藤沢市 人口

07月 17日 金曜日 開館情報• 開館時間• 月・木・土・日曜日…午前9時~午後5時• 第1・第3・第5水曜日…午前9時~午後5時• 火・金曜日…午前9時~午後7時 (ただし、祝休日の場合は午後5時まで)• 休館日• 第2・第4水曜日 (ただし、祝休日の場合はその後最初に来る平日)• 特別整理期間 4月~翌年3月の間に10日以内 (その都度お知らせします)• 年末年始(12月29日~1月4日)• 連絡先• 住所:藤沢市湘南台7-18-2• 電話:0466-43-1111• 二か月分の開館カレンダーはから• 開館時間• 月・火・水・木・金曜日…午前10時~午後8時• 土・日・祝休日…午前10時~午後6時• 休館日• 第2月曜日 (ただし、祝休日の場合はその後最初に来る平日の月曜日)• 特別整理期間 4月~翌年3月の間に10日以内 (その都度お知らせします)• 年末年始(12月29日~1月4日)• 全館設備点検日(年1回)• 連絡先• 住所:藤沢市南藤沢21-1 ODAKYU湘南GATE6階• 電話:0466-27-1044• 二か月分の開館カレンダーはから• 開館時間• 水・木・土・日曜日…午前9時~午後5時• 火・金曜日…午前9時~午後7時 (ただし、祝休日の場合は午後5時まで)• 休館日• 特別整理期間 4月~翌年3月の間に10日以内 (その都度お知らせします)• 年末年始(12月29日~1月4日)• 連絡先• 住所:藤沢市辻堂2-15-8• 電話:0466-35-0028• 二か月分の開館カレンダーはから• 開館時間• 水・木・土・日曜日…午前9時~午後5時• 火・金曜日…午前9時~午後7時 (ただし、祝休日の場合は午後5時まで)• 休館日• 特別整理期間 4月~翌年3月の間に10日以内 (その都度お知らせします)• 年末年始(12月29日~1月4日)• 連絡先• 住所:藤沢市大庭5406-4• 電話:0466-86-1666• 二か月分の開館カレンダーはから• 開室時間• 火~日曜日…午前10時~午後5時.

次の

藤沢市の高齢者人口|藤沢市

藤沢市 人口

地理 [ ] 藤沢市の北東部に位置する。 上のとに囲まれた標高30m〜50m程度の地域である。 台地上にあるため、川沿いを除き起伏は大きくない。 藤沢市の区画整理事業として住宅街および市街地として計画されたため、を中心に全域に市街地と住宅街が広がる。 地域の中央やや西よりをが、中央やや東よりを(藤沢町田街道)が南北に平行に走る。 また江ノ島線と直行する形で、とが地域内の地下を通ってに乗り入れている。 河川 [ ]• 歴史 [ ] 1988年当時の湘南台駅 湘南台としての歴史は比較的浅く、藤沢市が策定した北部第一土地区画整理事業に始まる。 現在の湘南台にあたる地域は、、、といった旧の複数の地区にまたがる領域であり、一つのまとまった地域して捉えられるようになったのは区画整備事業後である。 現在の地名の「湘南台」も小田急江ノ島線湘南台駅の駅名が先であり、古くからのものではない。 湘南台にあたる地域は全域がに属していた。 末期から初期にかけて藤沢市北部周辺にはとの2つのが成立している。 現在の湘南台にあたる部分は旧円行・下土棚などは渋谷荘であり、大庭御厨との境に近い渋谷荘であったと考えられている。 以前には亀井野村から今田村が分村したようである。 後に現在の湘南台を含む広い地域に六会村が成立している。 藤沢市北部では北に位置するが古くからとして発展しており、現在のような発展はすべて湘南台駅開設・区画整備事業後のことである。 沿革 [ ] この節のが望まれています。 37年 - 北部第一地区区画整備事業の施行区域設定。 昭和39年 - 北部第一土地区画整理事業着手。 昭和41年 - 藤沢市字四つ辻付近に、小田急江ノ島線湘南台駅開設。 昭和51年 - 湘南台公園開設。 昭和59年 - 北部第一土地区画整理事業完了。 が実施され、の北東部・の北西部が、湘南台と命名された。 昭和61年 - 藤沢市総合市民図書館竣工。 元年 - 完成。 平成11年 3月 - 相鉄いずみ野線が湘南台駅乗り入れ。 平成11年 8月 - 横浜市営地下鉄(現・横浜市営地下鉄ブルーライン)乗り入れ。 平成17年 - 湘南台駅西口・慶応大学間に(のツインライナー)による急行バスが設定。 地名の変遷 [ ] この節のが望まれています。 世帯数と人口 [ ] (平成30年)現在の世帯数と人口は以下の通りである。 湘南台一丁目 2,199世帯 4,106人 湘南台二丁目 2,430世帯 4,111人 湘南台三丁目 1,294世帯 2,502人 湘南台四丁目 2,395世帯 5,366人 湘南台五丁目 1,511世帯 3,299人 湘南台六丁目 1,387世帯 3,017人 湘南台七丁目 1,469世帯 2,984人 計 12,685世帯 25,385人 交通 [ ] 湘南台自体が藤沢市北部の工業地域(藤沢工場、)の開発と一体で開発された事 、また・・のキャンパスの最寄りとなるため、地域外も含めて湘南台駅が中心となっている。 鉄道 [ ].

次の

最新 神奈川県の市町村別人口ランキング最新 神奈川県の市町村別人口ランキング

藤沢市 人口

歴史 [ ] 沿革 [ ]• 22年()4月1日 - 町村制施行にともない、藤沢本郷と西口村が合併して新制の 藤沢村が発足。 15年()6月1日 - 町制施行し、(旧) 藤沢町となる。 30年()4月1日 -(旧)藤沢町、 ・およびの一部(大籠・保呂羽)と合併し、新制の 藤沢町となる。 23年()9月26日 - に編入。 一関市との合併協議 [ ]• (平成16年)に旧・を中心とした地区の合併機運に賛同し、新市への参画に加わる道を模索したが、当時は藤沢町は等により債務が過大で、合併した場合に新市への負担が大きいと判断されたことなどから、合併協議に加わることができなかったため、(平成17年)の新・一関市誕生は藤沢町抜きで行われた。 以降町は(・)と一関市に挟まれ、孤立した状態にあったが、(平成22年)4月に「一関市・藤沢町合併協議会」が設立。 2011年(平成23年)3月に岩手県議会で合併議案が可決され、5月にで告示された。 行政 [ ] 首長 [ ]• 歴代村長 代 氏名 就任 退任 備考 1 斎藤権平 明治22年(1889年)6月3日 明治30年(1897年)5月28日 2 藤本真弘 明治30年(1897年)5月29日 明治32年(1899年)2月25日 3 熊谷左一郎 明治32年(1899年)4月25日 明治32年(1899年)10月11日 4 佐伯秀八郎 明治32年(1899年)10月20日 大正15年(1926年)5月31日• 歴代町長 昭和の合併以前 代 氏名 就任 退任 備考 1 佐伯秀八郎 大正15年(1926年)6月1日 昭和2年(1927年)12月19日 村長より留任 2 高橋孝三郎 昭和3年(1928年)2月25日 昭和4年(1929年)12月10日 3 橋本弥充 昭和4年(1929年)12月16日 昭和8年(1932年)12月10日 4 千葉需 昭和9年(1934年)1月28日 昭和17年(1942年)1月27日 5 及川孝一 昭和17年(1942年)1月28日 昭和21年(1946年)1月27日 6 五十嵐三五郎 昭和21年(1946年)4月10日 昭和21年(1946年)11月12日 7 阿部武彦 昭和22年(1947年)4月7日 昭和30年(1955年)3月31日 昭和の合併以後 代 氏名 就任 退任 備考 1 岩淵道信 昭和30年(1955年)5月 昭和38年(1963年)5月 元・黄海村長 2 皆川金治 昭和38年(1963年)5月 昭和46年(1971年)5月 3 佐々木要一郎 昭和46年(1971年)5月 昭和53年(1978年)12月 4 佐藤守 昭和54年(1979年)1月28日 平成18年(2006年)12月 5 畠山博 平成19年(2007年)1月 平成23年(2011年)9月25日 姉妹都市・友好都市 [ ] 海外 [ ]• ()( )• (平成20年)国際姉妹都市提携 2008年(平成20年)にクイーンズランド州内の自治体再編が州政府によって行われ、「国際友好親善の町」として提携()していたデュアリンガ町Duaringa Shireが隣接する3自治体と合併し、新たな自治体(セントラルハイランズ市 )として誕生した。 このため、両市町では2008年(平成20年)8月29日にオーストラリアで、2008年(平成20年)には日本で提携調印式を行い、新たな交流を誓い合った。 両市町では、前回の提携(1993年)以来相互に中学生、高校生などによるホームステイ交流をはじめ、息の長い草の根交流を続けている。 藤沢町立藤沢中学校• 藤沢町立藤沢小学校• 藤沢町立黄海小学校• 藤沢町立新沼小学校• は一関市合併前に廃校 産業 [ ] 農業 [ ]• の生産地• 同町の黄海(きのみ)地区のひとめぼれを千代田ので特約販売している。 畜産 [ ]• 磐井牛の生産地〔千葉牧場(千葉隆一)を中心に磐井牛の肥育が行われている〕 郵便局 [ ]• 藤沢郵便局• 黄海郵便局• 保呂羽郵便局 交通 [ ] 鉄道 [ ] 町内には鉄道はない。 鉄道を利用する場合の最寄り駅は、。 路線バス [ ] が運行している。 - 千厩病院 - 関田橋 - 藤沢 - 黄海 - 七日町 - 日形 -• 藤沢中学 - 散臣長根 - - 番台 -• 千厩バスターミナル - 千厩駅前 - 千厩病院 - 増沢日当 - 藤沢 - - 千松 (平成17年)まで、上記岩手県交通路線バスの他、津谷 - 佐沼間の路線バスが藤沢町千松附近を通っていた。 道路 [ ] 一般国道 [ ]• 県道 [ ] 主要地方道 [ ]• 県道 [ ]• 医療 [ ]• 名所・旧跡・観光 [ ]• 館ヶ森アーク牧場• 館ヶ森高原ホテル• ペンション・グリューボーデン館ヶ森• 藤沢スポーツランド(公認モトクロス場)• 関連人物 [ ] 縄文の炎・藤沢野焼祭の関係者 [ ]• 関連項目 [ ]•

次の