ヒロツ バイオ サイエンス 株価。 尿でがん検査が可能に

信用金庫業界ファンドがHIROTSUバイオに投資|株式会社HIROTSUバイオサイエンスのプレスリリース

ヒロツ バイオ サイエンス 株価

株式会社法研と線虫がん検査「N-NOSE」を研究開発・販売する株式会社HIROTSUバイオサイエンスが、このたび業務提携契約を締結しました。 全国の健康保険組合へ線虫がん検査「N-NOSE」導入へ向けた販売協業を本格始動するとされています。 法研は、70年以上にわたり、疾病予防を始めとする健康・医療に関する様々な事業を、健康保険組合等の医療保険者、地方自治体、一般企業等に対して提供してきた。 そして、今回ヒロツバイオとの協業により、法研グループ 法研・法研関西・法研中部 が持つ全国の健保組合ネットワークを活用し、線虫がん検査サービスの販売網拡大を全国的に推進し、ヒロツバイオとの強固なパートナーシップを築いていくとされています。 この協業によりヒロツバイオは、全国の健康保険組合との販売網を得て、線虫がん検査「N-NOSE」を全国的に多くの人々に提供することが可能となる。 検査の実用化が始まるのは2020年1月で、初年度は25万人程度と予定されている。 がんは1981年から日本人の死因のトップで、日本人の2人に1人はがんを経験し、3人に1人は、がんが原因で死亡します。 がんは早期発見の重要性が報告されているが、がん検診受診率は低い水準にあります。 検査に対する苦痛や検査にかかる時間、費用が原因として挙げられています。 安価で精度よく、非侵襲的にがんを検査することができるN-NOSEは、最初に受ける一次がん検査としての実用化が期待を集めています。 このN-NOSEが社会実装されることで、がん検診受診率の飛躍的向上と、早期がん発見率の上昇、がんの死亡者数激減、医療費の大幅削減が見込まれると期待されます。

次の

N

ヒロツ バイオ サイエンス 株価

2017年10月26日 信金キャピタル株式会社 福岡ひびき信用金庫 さわやか信用金庫 株式会社HIROTSUバイオサイエンス 信用金庫業界のファンド「しんきんの翼」が 株式会社HIROTSUバイオサイエンス社を多面的にサポート 九州から東京、そして世界に拡がる「線虫がん検査実用化 プロジェクト」に協力していくことを発表 線虫嗅覚を利用したがん検査 N-NOSEの実用化を目指し、2020年1月のサービス開始に向けて、線虫がん検査実用化プロジェクトを進める株式会社HIROTSUバイオサイエンス(代表取締役 広津崇亮 以下、ヒロツバイオ)に対し、信金キャピタル株式会社(代表取締役社長 山口和男)は、投資を決定し、資金面を中心とした協力を行う。 『しんきんの翼』は、信用金庫から推薦された企業のみを投資対象とするファンドで、今回投資決定となったヒロツバイオについては、九州の福岡ひびき信用金庫、東京のさわやか信用金庫の両金庫が推薦。 複数金庫からの推薦による投資決定は、今回が初めてケースであり、ヒロツバイオの事業への将来性・成長性への期待によるものである。 今回、両金庫からの推薦を受け、ファンド運営主体である信金キャピタルにて投資を決定、調印式の運びとなった。 現在ヒロツバイオは、全国の協力病院と臨床研究を進めているが、実用化に伴い「線虫がん検査解析センター」を福岡・四国・沖縄に設置。 首都圏への開設も予定している。 今後は世界展開に向けて、今月10日にオーストラリア・クィーンズランド工科大学と共同研究合意、それをうけ信用金庫業界は、海外支援策についても準備を進めている。 その驚異的センサー能力を活かしたがん検査法「N-NOSE」は、尿を使うため被検者にとっては苦痛がなく、簡便に網羅的にがんの有無を調べられるスクリーニング検査です。 この「N-NOSE」が社会実装することで、がん検診受診率の飛躍的向上と、早期がん発見率の上昇、がんの死亡者数の激減、医療費の大幅な削減が見込まれると期待されます。 *『N-NOSE』は株式会社HIROTSUバイオサイエンスの登録商標です。 生物診断 人工機器ではなく、生物の持つ能力で病気を診断する技術。 『N-NOSE』では、人工機器の能力を上回る線虫の嗅覚により、がん特有の微量匂い物質を検知する。 がん組織が小さく、がんマーカーの量が少ない早期がんに有効である可能性がある。 本研究の目的と意義 がんは1981年から日本人の死因 第1位であり、日本人の2人に1人はがんを経験し、3人に1人は、がんが原因で死亡しています。 がんは早期発見の重要性が報告されていますが、がん検診受診率は低い水準です。 背景には検査に対する苦痛、検査にかかる時間、検査費用が高いなどが挙げられます。 より安価にて感度よく、非侵襲にてがんを診断することが求められており、全世界でがんバイオマーカーの開発が行われています。 本研究では線虫(C. elegans)を用いてがんの匂いを特定。 尿サンプルにて線虫の嗅覚による診断テスト N-NOSE を行い、 がんのスクリーニング精度の向上を図ります。 【問合せ先】 【本件投資決定ならびにしんきんの翼に関する問い合わせ】 信金キャピタル株式会社 投資育成部 担当 本間 TEL:03-5299-5622 【線虫がん検査に関する問い合わせ】 株式会社HIROTSUバイオサイエンス 担当 日暮・榊原 TEL:03-6277-8902.

次の

トッパンフォームズ、HIROTSUバイオサイエンスとライフケア分野で資本提携

ヒロツ バイオ サイエンス 株価

2017年10月26日 信金キャピタル株式会社 福岡ひびき信用金庫 さわやか信用金庫 株式会社HIROTSUバイオサイエンス 信用金庫業界のファンド「しんきんの翼」が 株式会社HIROTSUバイオサイエンス社を多面的にサポート 九州から東京、そして世界に拡がる「線虫がん検査実用化 プロジェクト」に協力していくことを発表 線虫嗅覚を利用したがん検査 N-NOSEの実用化を目指し、2020年1月のサービス開始に向けて、線虫がん検査実用化プロジェクトを進める株式会社HIROTSUバイオサイエンス(代表取締役 広津崇亮 以下、ヒロツバイオ)に対し、信金キャピタル株式会社(代表取締役社長 山口和男)は、投資を決定し、資金面を中心とした協力を行う。 『しんきんの翼』は、信用金庫から推薦された企業のみを投資対象とするファンドで、今回投資決定となったヒロツバイオについては、九州の福岡ひびき信用金庫、東京のさわやか信用金庫の両金庫が推薦。 複数金庫からの推薦による投資決定は、今回が初めてケースであり、ヒロツバイオの事業への将来性・成長性への期待によるものである。 今回、両金庫からの推薦を受け、ファンド運営主体である信金キャピタルにて投資を決定、調印式の運びとなった。 現在ヒロツバイオは、全国の協力病院と臨床研究を進めているが、実用化に伴い「線虫がん検査解析センター」を福岡・四国・沖縄に設置。 首都圏への開設も予定している。 今後は世界展開に向けて、今月10日にオーストラリア・クィーンズランド工科大学と共同研究合意、それをうけ信用金庫業界は、海外支援策についても準備を進めている。 その驚異的センサー能力を活かしたがん検査法「N-NOSE」は、尿を使うため被検者にとっては苦痛がなく、簡便に網羅的にがんの有無を調べられるスクリーニング検査です。 この「N-NOSE」が社会実装することで、がん検診受診率の飛躍的向上と、早期がん発見率の上昇、がんの死亡者数の激減、医療費の大幅な削減が見込まれると期待されます。 *『N-NOSE』は株式会社HIROTSUバイオサイエンスの登録商標です。 生物診断 人工機器ではなく、生物の持つ能力で病気を診断する技術。 『N-NOSE』では、人工機器の能力を上回る線虫の嗅覚により、がん特有の微量匂い物質を検知する。 がん組織が小さく、がんマーカーの量が少ない早期がんに有効である可能性がある。 本研究の目的と意義 がんは1981年から日本人の死因 第1位であり、日本人の2人に1人はがんを経験し、3人に1人は、がんが原因で死亡しています。 がんは早期発見の重要性が報告されていますが、がん検診受診率は低い水準です。 背景には検査に対する苦痛、検査にかかる時間、検査費用が高いなどが挙げられます。 より安価にて感度よく、非侵襲にてがんを診断することが求められており、全世界でがんバイオマーカーの開発が行われています。 本研究では線虫(C. elegans)を用いてがんの匂いを特定。 尿サンプルにて線虫の嗅覚による診断テスト N-NOSE を行い、 がんのスクリーニング精度の向上を図ります。 【問合せ先】 【本件投資決定ならびにしんきんの翼に関する問い合わせ】 信金キャピタル株式会社 投資育成部 担当 本間 TEL:03-5299-5622 【線虫がん検査に関する問い合わせ】 株式会社HIROTSUバイオサイエンス 担当 日暮・榊原 TEL:03-6277-8902.

次の