グッバイ君の。 BLUE ENCOUNT グッバイ。 歌詞

BLUE ENCOUNT グッバイ。 歌詞

グッバイ君の

ぜひ伝えたい曲を先ほど知ってしまった。 奇しくも本日はの日。 このお題、私に表現できる気がしなかったものの、この歌は私にとってのI love youであるとしか言いようがなかった。 なので飛び入り参加、投稿時間がきっと24時をすぎる時間に書き始めてしまいました。 このnoteは私の表現というよりもこの曲に完全に乗っかって書いています。 お許しください。 *** 夕方noteを書いた後、夕飯を作ろうとダイニングキッチンに行くと、別れてもしばらく一緒に暮らしている元パートナーが泣いていた。 大泣きだった。 どうしたのと聞くと 「この曲が(心に)刺さりすぎて... 」 今流行っているらしいOfficial髭男ism(髭男)というバンドの「Pretender」。 私は意識して聞いたことは一度もなく、名前と曲は一致しなかった。 キッチンにPCを置いて、立ったまま彼女のヘッドホンを借りて、集中して聞いた。 私は彼女と基本的にすれ違っていた。 私は彼女のことが好きだった。 彼女も私のことが好きだった。 彼女のためを思ったことが受け入れられず、私も彼女の言葉を受け入れなかった。 先日別れるまで、そんな中でもしぶとく喧嘩と仲直りを繰り返し、二人の関係を信じてずっと続けてきた。 この曲を聞きながら、彼女と別れて初めて、自分のためだけではない涙がやっとこぼれた。 彼女を想って。 彼女を想っていた自分を思って。 私たちの今までのストーリーを手繰り寄せ、やっと認めることができたのかもしれない。 Official髭男dism - Pretender(作詞・作曲 藤原聡) 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れがたいのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たった一つ確かなことがあるとすれば 「君は綺麗だ」 (後略) Pretendとは、"偽る" "ふりをする" Pretenderとは"詐欺師" "詐称する人" 運命の人のふりを、ずっとしてきた。 私と彼女の間にはいろいろあった。 もう、ありすぎて、わけがわからない。 別れるカップルなんてだいたい... と、一絡げにまとめたくもなる。 私は彼女を幸せにできない。 彼女も私を幸せにできない。 できるできないではなく、なるならないだとか、二人で協力してなるんだとか、もう散々やった。 私なりのすべてを注いできたつもりだった。 彼女も決して諦めずに私との幸せな生活を目指してきて、ほとんど成り立ちそうで、それでもやっぱり無理だった。 二人だと成り立たない。 少なくともここから先はもう成り立たせられない。 出会える世界線 選べたらよかった もし私が、もっと器が大きかったら。 もし私が、もっと強かったら。 もし私が、もっとあなただけを見ていられたら。 それはもう別の人間だ、私ではない。 私ではだめだったんだ。 別の人と幸せになってもらうしか、もうないんだ。 喧嘩するたび「こんな人間でごめんね」と何度言っただろう。 もう、それしか言えなかった。 しかし謝ったって無駄だ、私がこんな人間であることを変えることはできない。 いや、もっとさらに頑張れば変えられるかもしれないが、私は変わりたくない。 少しは変わったこともあったかもしれない、しかしこれ以上、どうしても変わりたくないと、思ってしまっていた。 だから、私の未来に彼女はいないし、彼女の未来に私はいない。 私にとっても、彼女ではだめだった。 それでも。 彼女という生き物が素晴らしいことには変わりはなかった。 「君は綺麗だ。 」 本当に、それだけは確かだ。 私たちがどんなに想いあっても、すれ違っても、傷つけあっても、笑いあっても、私たちが続かなくても、それだけは変わらない。 ずっと綺麗だ。 月よりも、星よりも。 だからこそ。 私からのIlove youはもうこれしか残されていなかった。 グッバイ 君の運命の人は僕じゃない。 嫌いになったんじゃない。 今でも想っている。 私ができる範囲で、できることをしてあげたいよ。 ずっと、元気でね。 元気でね、と心で思いながら、もうしばし一緒に暮らします。 そのうちにこのnoteで詳細を書くかもしれません。 歌と深夜と企画の勢いで書きました。 朝になってからもなんども編集してしまいました。 読んでくださってありがとうございました。

次の

【Official髭男dism(ヒゲダン)/Pretender】の歌詞の意味を解釈

グッバイ君の

その軽やかで頭にこびりつくネーミングセンス、そして"いる、こういう人!!!!"と思わせる秀逸な実在性……オタク女たちは自分のオタク人生の中の何かのスイッチを押されたかの如く「 私にとってのおけパ」「 おけ島は私」とおけけパワー中島という存在に何かを重ね合わせて語り合った。 本編中におけパはまだ姿は登場していないのに…なぜオタク女たちの心におけパは「いる」のだろう…。 自分は綾城さんからフォローバックされないというのに、綾城さんはおけパの小説を読んで感想まで述べている。 七瀬は綾城さんの作品何もかもを読んでいて、私こそおけパより綾城さんの作品を愛しているというのに…。 七瀬は綾城さん愛をこじらせてブロック寸前(好きで苦しむくらいなら全てを破壊というオタク特有の謎暴走)まで行くが、綾城さんは実は七瀬の作品を読んでくれていた、という救済ED。 綾城さんにKTGを布教したのはおけパであった…。 「綾城さんファンのKTGクラスタは私に感謝してもええんやで」というお調子パンチが友川の心に火をつける。 イベント会場で「アッ…よく考えたら人違いだったらどうしよう…」と(今更)正気に戻り、その場を離れようとしたときに綾城さんがたまたま主人公のアスカレグッズに目を止め、事情を聞き本もデータも手元にはないが友人のおけパなら持っている…と言ってくれる。 おけパは 友人の7年前の50ページの小説コピ本をスキャンpdf化し送ってくれるという 驚異の善性を見せつけ読者を圧倒した。 この同人女シリーズの素晴らしいところは「なんか見た覚えのあるややこしい関係性や感情」を描きながらぱっきりとフィクションとして全てをまとめ上げているところだ。 本当に素晴らしい、どこか清涼感のある フィクションなのである。 綾城さん的作家も、おけパ的存在も、嫉妬で暴走する七瀬も謎理屈暴走する友川もネットストーキングする女も、似た誰かはいてもフィクションなのだ。 だというのに「おけパは私なんだ…!」「私は七瀬なんだ…!」と己の感情がフィクション人物たちに巻き取られていく状態、ほんとに作品の持つ力がスゲーし ほんとにオタクがヤベー。 こんな話何回私のweb拍手に来てるかわからん。 私は別に書きたいときがあったら書くし書かなったらそれまでだろ…!?と思うのだが、そう簡単に行かないのがオタ心というものだ。 おけパ憎悪勢から罪として挙げられる「綾城さんファンのKTGクラスタは私に感謝してもええんやで」発言も、おけパの「 内輪的激おちょけムーヴ」でしかないと思うのだが…。 まずジャンル移動のやるせなさ、納得できない怒り(この辺が作品で描写されてるのが巧みだなあと感じる)、そこに見つけた怒りの矛先でしかないのだ、おけパ……。 そこに現実の女オタク界隈(漠然とした言い方だが)の不健全さがある。 「神作家に認知されたくない」「神作家は描き手とじゃないと仲良くならない」「マシュマロの感想に私だけ反応がもらえないのはどうして」……。 めっちゃ見たことある!!!!Yeah,めっちゃ不健全!ウキウキなTL希望!!!!!! 不成立 (阿鼻叫喚) おけパで紛糾する女オタク達を見て、どちらかというとタイムラインの男性陣は「 ピンとこない」感じであった。 (もちろん「わかる」という男性もいた)これは男性向け同人界隈の風潮が結構女性向けと異なっているためであろう。 女オタク下げツイ要らないです ちゃんちゃん…。 (エンディング突入)って感じだ。 オタク間の巨大感情を迸らせて大乱闘お気持ちブラザーズする光景がみんなの心のキャンバスに解像度高めで描かれていることがヤベーし、「クゥ~~~~人間……面白!!!!」と思うこともあるし、いやよく考えたら 疲れるのは事実じゃないのか…。 自分の知らないところで読者が"愛"のあまり熱暴走を起こしブロックしたとして、自分から見えるのはブロックされた画面だけなのだ。 徒労感…。 恐るべきことに私がおけパの話をすると毎回 私が匿名メッセージで怒られている。 おけパはフィクションだが俺もお前もノンフィクションだぞ!?!?!?!?!?!?!?!ドラマチックじゃねえ。 だから私が言いたいことは…同人女シリーズに現れる「実在性」はフィクションとしてのすばらしさを担う要素の一つであり、現実を重ね合わせて楽しみ続けてていいのかよ…!?ということです…。 ていうかフィクションで「クソデカ感情」が萌えるのとは全く別で、あてずっぽうの巨大感情は現実においてはわりとたぶん…… 迷惑です。 これに関しては現実をフィクションとして昇華してしまうオタクの悪癖が…あるのかもしれません…。 DJ 肘樹さん おけパの話ですが、私は分かります経験あります。 「何繋がり?なんで?」って思って勝手に嫉妬したことがあります。 もう7年位前ですが、私は当時同人初心者でした。 綾城さん(仮)のCP感に憧れて表現したくなり掻き立てられて、私は初めて表現するためん筆を取りました。 その時、綾城さんにはおけパ(仮)がいて 綾城さん(仮)とおけパ(仮)すごく仲が良くて、勝手にリプ欄をチェックして毎日毎日何で?????って思ってました 両者会ったことがありますが、お二人の見た目に共通点はなく 創作物もCPは同じでも方向性は違って、なのになんで?????…と。 ありがたいことに、綾城さんと私はお互いの家にお泊まりするほど仲良くなれました。 ですが、それでもおけパと綾城さんの方が私の目には仲良く映りました。 私の方が食も、仕事も、洋服も、綾城さんと好みが近いのにどうして一番仲良しになれないのか嫉妬してました。 結果、ごじらせまくった私のせいで綾城さんとの関係は破綻してしまいましたが今となっては幼稚な嫉妬心と勝手な劣等感で申し訳ない気持ちでいっぱいです。 綾城さんからしたら、別におけパも私もきっと優劣なんかなかったと冷静になった今では思ってます。 神の唯一無二になりたかったんですよね、、、、、、なんでそんなクソデカ感情持ってたのか、そしてそれで攻撃してしまったのか本当に悔やんでいます。 この後、 綾城さんは私のせいで筆を折、ジャンルを移動してしまうのですが その時めちゃくちゃお前のせいでやめるんだぞ(名指しこそされませんでしたが)といった事をSNSで言われてしまい その時私、最っっっっっっっっっっっっっっ高に興奮したんですよね、やっとこの人の中で私が、私で明確に刻まれたことに きっとネタとしてでも悪口でも、私のことを簡単に忘れないだろうなって めちゃくちゃ歪んでんなって自分でも思います。 今は、もうそんな事を思う事も無くなりましたが…って何のお話だろう、自分語りすみません 色々刺さりますな、最近の同人女話。 もう、ネタであってくれぇ~(シュルルルルポン)としか言いようがない。 刺さってアイタタしてる場合じゃねえ!!自覚があるげだが多分そんなに反省はしていない。 仮にこれがRealの話だったとして、一創作者に筆を折らせた人間が(仮にも)創作活動をしている赤の他人たる私のweb拍手に匿名で懺悔に来ている、この地獄の構図こそ「事実はオリジ漫画より地獄なり」であろう。 え~ん…。 人が人と仲良くなるのに明確な、納得できる理由なんてないよぉ~…。 「絵がうまいから」だったら私の方がうまいのに…って思うかな? 「話が面白いから」だったら面白くないのに…って思うのかな? 「同級生です」だったら振り上げたこぶしの行き先がないのかもしれない。 それ自体が「仲の良さに理由を求める」こと自体が理不尽だと、「 私がおけパになれない理由」を求めることのおぞましさ、おそろしさだと思うのですが…。 だって俺もお前もおけパじゃねえ!地球には76億人いるのに、おけパ条件を満たしても俺たちはおけパにはなれないんだよ…! 本当に…本当に謎なんですけど…誰かの特別になりたいって…私はよくわからなくて……私が「 私は誰かの特別にはなれないな(その人には自分のあずかり知らぬ世界があって、それぞれの中で色々なその人の顔が使い分けられているのだから)」と前提として思っているからなのですが… よく「親友が結婚する、旦那に嫉妬して苦しい、私の方が彼女を理解している」って苦しみもメッセージでもらうけど「そんなに理解していると思えるほどの友情を築いててすごくね?」って思うし…。 偽りのない感情だよ……。 それもわかる、本当にわかるよ。 わかるんだよ…。 それをわかったうえで、不健全かも?という視点をもって、数歩遠ざかったところで、元気な君が好き…今は遠くで見てるよ…(SMAP)していたいかな…というのが私の考えです。 俺もお前もおけパじゃなく、綾城じゃなく、七瀬でも友川でもなく…。 俺とお前の、誰かとの関係性を築きたいよな!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!閉廷~~~~~~~~~~~~~~~~~!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!!! そしてこれほど多くの人の心を突き動かす真田さんの作品は本当に素晴らしい…それが…Realです。

次の

Official髭男dism「Pretender」の魅力を思う存分語りたい【映画「コンフィデンスマンJP」主題歌】

グッバイ君の

ぜひ伝えたい曲を先ほど知ってしまった。 奇しくも本日はの日。 このお題、私に表現できる気がしなかったものの、この歌は私にとってのI love youであるとしか言いようがなかった。 なので飛び入り参加、投稿時間がきっと24時をすぎる時間に書き始めてしまいました。 このnoteは私の表現というよりもこの曲に完全に乗っかって書いています。 お許しください。 *** 夕方noteを書いた後、夕飯を作ろうとダイニングキッチンに行くと、別れてもしばらく一緒に暮らしている元パートナーが泣いていた。 大泣きだった。 どうしたのと聞くと 「この曲が(心に)刺さりすぎて... 」 今流行っているらしいOfficial髭男ism(髭男)というバンドの「Pretender」。 私は意識して聞いたことは一度もなく、名前と曲は一致しなかった。 キッチンにPCを置いて、立ったまま彼女のヘッドホンを借りて、集中して聞いた。 私は彼女と基本的にすれ違っていた。 私は彼女のことが好きだった。 彼女も私のことが好きだった。 彼女のためを思ったことが受け入れられず、私も彼女の言葉を受け入れなかった。 先日別れるまで、そんな中でもしぶとく喧嘩と仲直りを繰り返し、二人の関係を信じてずっと続けてきた。 この曲を聞きながら、彼女と別れて初めて、自分のためだけではない涙がやっとこぼれた。 彼女を想って。 彼女を想っていた自分を思って。 私たちの今までのストーリーを手繰り寄せ、やっと認めることができたのかもしれない。 Official髭男dism - Pretender(作詞・作曲 藤原聡) 君とのラブストーリー それは予想通り いざ始まれば一人芝居だ ずっとそばにいたって ただの観客だ 感情のないアイムソーリー それはいつも通り 慣れてしまえば悪くはないけど 君とのロマンスは人生柄 続きはしないことを知った もっと違う設定で もっと違う関係で 出会える世界線 選べたらよかった もっと違う性格で もっと違う価値観で 愛を伝えられたらいいな そう願っても無駄だから グッバイ 君の運命の人は僕じゃない 辛いけど否めない でも離れがたいのさ その髪に触れただけで 痛いや いやでも 甘いな いやいや グッバイ それじゃ僕にとって君は何? 答えは分からない 分かりたくもないのさ たった一つ確かなことがあるとすれば 「君は綺麗だ」 (後略) Pretendとは、"偽る" "ふりをする" Pretenderとは"詐欺師" "詐称する人" 運命の人のふりを、ずっとしてきた。 私と彼女の間にはいろいろあった。 もう、ありすぎて、わけがわからない。 別れるカップルなんてだいたい... と、一絡げにまとめたくもなる。 私は彼女を幸せにできない。 彼女も私を幸せにできない。 できるできないではなく、なるならないだとか、二人で協力してなるんだとか、もう散々やった。 私なりのすべてを注いできたつもりだった。 彼女も決して諦めずに私との幸せな生活を目指してきて、ほとんど成り立ちそうで、それでもやっぱり無理だった。 二人だと成り立たない。 少なくともここから先はもう成り立たせられない。 出会える世界線 選べたらよかった もし私が、もっと器が大きかったら。 もし私が、もっと強かったら。 もし私が、もっとあなただけを見ていられたら。 それはもう別の人間だ、私ではない。 私ではだめだったんだ。 別の人と幸せになってもらうしか、もうないんだ。 喧嘩するたび「こんな人間でごめんね」と何度言っただろう。 もう、それしか言えなかった。 しかし謝ったって無駄だ、私がこんな人間であることを変えることはできない。 いや、もっとさらに頑張れば変えられるかもしれないが、私は変わりたくない。 少しは変わったこともあったかもしれない、しかしこれ以上、どうしても変わりたくないと、思ってしまっていた。 だから、私の未来に彼女はいないし、彼女の未来に私はいない。 私にとっても、彼女ではだめだった。 それでも。 彼女という生き物が素晴らしいことには変わりはなかった。 「君は綺麗だ。 」 本当に、それだけは確かだ。 私たちがどんなに想いあっても、すれ違っても、傷つけあっても、笑いあっても、私たちが続かなくても、それだけは変わらない。 ずっと綺麗だ。 月よりも、星よりも。 だからこそ。 私からのIlove youはもうこれしか残されていなかった。 グッバイ 君の運命の人は僕じゃない。 嫌いになったんじゃない。 今でも想っている。 私ができる範囲で、できることをしてあげたいよ。 ずっと、元気でね。 元気でね、と心で思いながら、もうしばし一緒に暮らします。 そのうちにこのnoteで詳細を書くかもしれません。 歌と深夜と企画の勢いで書きました。 朝になってからもなんども編集してしまいました。 読んでくださってありがとうございました。

次の