ミートソース を 使っ た レシピ。 グラタンやラザニア以外!ミートソースの人気リメイクレシピ5選

人気のミートソースの残りリメイクレシピ19選!余った料理をアレンジ!

ミートソース を 使っ た レシピ

ひと口に 『ミートソース』といっても、家庭やお店によって入れる具材や味つけはさまざま。 また、どんな料理に使うかによっても作り方が変わってきたりしますよね。 そんなミートソースの中なかから、今回はグラタンやラザニアにぴったりの、うまみがギュギュッと詰まった絶品レシピをご紹介。 一段上のおいしさを引き出すための工夫がたくさん詰まった特別な一品です。 それではどうぞご覧ください。 作り方 (1)フライパンにオリーブオイル大さじ1を強めの中火で熱し、玉ねぎを炒める。 透き通ってきたら、砂糖小さじ2を加える。 【POINT】玉ねぎをしっかり炒めて砂糖でキャラメリゼすることで、香ばしさや甘みやこくを手早く引き出すことができます。 (2)3~4分炒め、薄茶色に色づいたら、ベーコンを加える。 【POINT】合いびき肉のほかにベーコンを使うことによって、うまみや燻製の香りが加わりより奥深い味に。 (3)セロリ、にんにくを加え、全体がなじむようにさっと炒め合わせる。 肉の色が変わるまで炒め合わせる。 (5)カットトマト、しょうゆ小さじ1、白ワイン、あればローリエを加えて、混ぜ合わせる。 じゃがいもやブロッコリーといっしょにグラタンにしても……、 ホワイトソースといっしょにラザニアにしても、そのうまみがダイレクトに伝わってくる存在感のあるソースです。 保存は冷凍で約1ヵ月OK。 使うときは、電子レンジで1分30秒ほど加熱してから小鍋に移して。 中火にかけて様子をみながら水を大さじ1ずつ加え、とろみがつくまで煮てください。 一度作ったら、リピートしたくなることうけあい! 絶品『ミートソース』のレシピ、ぜひ一度お試しあれ。 料理/近藤幸子 撮影/竹内章雄 文/編集部・持田 ( より.

次の

ミートソースを使ったレシピ・作り方一覧(29件)

ミートソース を 使っ た レシピ

がおいしい! ゲストさん 14:40• がおいしい! ゲストさん 14:25• がおいしい! ゲストさん 14:22• がおいしい! ゲストさん 14:16• がおいしい! ゲストさん 14:13• がおいしい! ゲストさん 13:52• がおいしい! ゲストさん 13:37• がおいしい! ゲストさん 13:32• がおいしい! ゲストさん 13:22• がおいしい! ゲストさん 13:17• がおいしい! ゲストさん 13:14• がおいしい! ゲストさん 13:06• がおいしい! ゲストさん 13:03• がおいしい! ゲストさん 12:56• がおいしい! ゲストさん 12:48.

次の

余ったミートソースで簡単に作れる!おすすめリメイクレシピ5選

ミートソース を 使っ た レシピ

パスタメニューの定番でもあるミートソースは、こどもから大人まで年齢を問わず大人気のメニューです。 イタリア南部では簡単な調理法しかなかったパスタに、北部のボローニャの裕福層が肉や野菜、ワインなどを贅沢に使用して作ったフランスの「ラグー」を合わせたことが始まりと言われています。 日本では明治から大正にかけていくつかの洋食屋がメニューに出し始めたといわれていますが、1959年・キユーピーが独立した缶入り商品としてミートソースを発売したことにより一般家庭に普及しました。 いろいろな食材と相性が良く、レシピも無限大であることから手作りでミートソースを作る家庭も多く、また気軽に利用できる缶詰やレトルトをアレンジする家庭も多くあります。 今回はミートソースの作り方からミートソースを使ったパスタレシピ、そしてパスタ以外にもご飯やトッピング素材を入れたもの、そしてデザートなどひと味変わったミートソースを使ったレシピと作り方をご紹介します。 ミートソースについて ミートソースは、イタリア語の正式名称では「ラグー・アッラ・ボロニェーゼ」と呼ばれており、玉ねぎ、セロリなど細かく刻んだ香味野菜をいためたものと、塩、コショウやスパイスで風味をつけたひき肉とトマトを煮込んだソースです。 日本ではこのソースはパスタと合わせて「ミートソース スパゲティ」や「ボロネーゼ」と呼ばれ、「スパゲティ ナポリタン」と並んでレストランやカフェだけではなく家庭でも定番の人気メニューになっています。 シンプルな味わいのソースはアレンジも自由自在で、パイやライスと合わせてミートパイやドリアといったさまざまなメニューに応用されているほか、パスタと合わせる場合にも大きめに切ったナスを入れるなど、日本独自にアレンジされたメニューも数多く開発されています。 ミートソースの調理法について 基本的なミートソースの調理法は、材料はすべて細かなみじん切りにし、鍋にたっぷりのオリーブオイルを入れて炒めます。 ここでじっくりと火を通して野菜のうまみを引き出すことが味のポイントになります。 続いてフライパンに少量のオリーブオイルを入れ、そこにひき肉を入れて炒めます。 ひき肉にしっかり火が通ったら炒めた野菜の鍋の中に入れ、トマトのホール缶や調味料などと一緒に煮込みます。 この時にローリエの葉を入れて煮込むとより本格的な味わいになります。 ひき肉は牛肉を使うのが一般的ですが、合びき肉や豚肉などでも美味しく作ることができます。 パスタやご飯など、なににかけても美味しい基本のミートソースの簡単レシピです。 しっかりと肉の味を味わいたい場合には、このレシピよりもしっかり煮込んで水分を飛ばします。 よりレストランの味に近づけるためには、隠し味にナツメグを加えます。 トマト味ベースで少し甘めの味付けなのでこどに人気がある味に仕上がります。 ソースが余ったら翌朝の朝食、パンにつけても美味しくいただけます。 あさりの旨みとミートソースの旨みのバランスが絶妙の一品で、見た目も豪華でおもてなし料理にも最適です。 アサリは半日ぐらい水につけてしっかりと塩抜きをしてから白ワインで蒸すと、風味がよく本格的な味に仕上がります。 パスタを茹でるときには水1リットルに対して塩10グラムの割合を基本に、たっぷりの塩で茹でることが美味しく茹で上げるコツです。 日本生まれのパスタ料理「ナポリタン」は、戦後の横浜で発祥したと言われています。 ウインナーや玉ねぎ、ピーマンなどの具材を炒め、ケチャップで味付けし、パスタをあわせて炒めると、トマトの甘い香りが食欲をそそりますよね。 ケチャップで味付けするので、簡単に作れるのも魅力の一つ。 作り方がシンプルなので、アレンジは自由自在。 家庭によって味や具材が変わる料理です。 この記事では、ナポリタンの基礎知識に加え、基本のナポリタン、和風ナポリタン、ナポリタンのアレンジ、パスタ以外の麺で作るナポリタン、変わり種ナポリタンにカテゴリを分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるものを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 ペペロンチーノのといえば、ニンニクと鷹の爪を使った日本で人気のあるパスタです。 発祥はイタリアの中南部、アブルッツォ州付近です。 この地域は一帯に唐辛子の名産地があり、オリーブの栽培も盛んです。 日本には1970年代後半に入ってきました。 その後1990年頃におきた「イタ飯ブーム」により本場の形が知られるようになりました。 アレンジパスタはもちろんのこと、ぜひシンプルなペペロンチーノもマスターしてくださいね。 この記事では、ペペロンチーノの基礎知識に加え、基本のペペロンチーノ、キャベツを使ったペペロンチーノ、しらすを使ったペペロンチーノ、ブロッコリーを使ったペペロンチーノ、きのこを使ったペペロンチーノにカテゴリを分けて紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 チーズケーキは、ケーキの中でも代表格の1つ。 プレゼントや手土産としても人気ですよね。 大きく3種類の作り方があるチーズケーキですが、その歴史は古く、なんと古代ギリシャまでさかのぼります。 日本でポピュラーになったのは、1960年代。 クリームチーズが発売され、冷蔵庫の普及とともに、チーズケーキが家庭でも親しまれるようになりました。 この記事では、チーズケーキの基礎知識から始まり、チーズケーキの種類、チーズケーキのコツに加え、ベイクドチーズケーキ、レアチーズケーキ、スフレチーズケーキ、スティックチーズケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。 パンケーキは、ヨーロッパ発祥の食べ物で、小麦粉に、卵や牛乳、砂糖、ベーキングパウダー等を加え、鉄板等で焼いた料理です。 日本では長年ホットケーキの名で親しまれてきました。 近年は、カフェのようなパンケーキを家でも作りたいという方が増え、レシピ数も非常に多いので、どの作り方が良いのか迷ってしまいますよね。 この記事では、パンケーキの基礎知識に加え、基本のパンケーキ、ふわふわパンケーキ、厚焼きパンケーキ、もちもちパンケーキ、和風パンケーキ、お食事パンケーキのカテゴリに分けてレシピを紹介しています。 たくさんあるレシピの中から、特に人気のあるレシピを紹介しているので、ぜひ毎日の料理に取り入れてみてくださいね。

次の