ダンジョンメーカー。 ダンジョンメーカー ver.4.0~ 俺の備忘録【2020年保存版】

ダンジョンメーカー ver.4.0~ 俺の備忘録【2020年保存版】

ダンジョンメーカー

こんばんは。 なかなか急ですが、調整アップデートがきましたね。 最注目は「重複したスキルを持たないように変更」でしょう。 「性急」環境の終焉です。 早かったですね。 私は先日やっと「堕落した皇女」を入手しましたが、またしても全盛期に使うことはできませんでした。 さて、今回は伝説の堕落勇士編です。 ぶっちゃけどれもこれも強力ですが、何人かピックアップしてみたいと思います。 伝説が安定せず堕落勇士が入手できない!という方はこちらをぜひ参考にしてください。 伝説の堕落勇士を紹介! 堕落した阿修羅 固有スキル:堕落した阿修羅 盛りすぎじゃないですかねこれ。 アプデ前は50%upしてたらしいです。 敵を攻撃するたびに攻撃力も速度も上昇します。 魔王部屋に並べるもよし。 魔王前の最終防衛ラインにするもよし。 とにかく最優先で獲得しましょう。 堕落したヘビーガンナー 固有スキル:堕落したヘビーガンナー 以前に紹介しましたね。 「ヘビガンシステム」は健在です。 今後も大活躍してくれることでしょう。 堕落した巫女 固有スキル:堕落した巫女 全体攻撃スキルが相性がよく強力ですね。 加速要素を組み合わせることで火力も十分に確保できます。 「激憤」、「加速」の攻撃要員か魔王部屋のお守りとしての運用がいいでしょう。 堕落した降霊術師 固有スキル:堕落した降霊術師 敵のランダムスキルを封じることができます。 「恐怖」の付与は伝説2以降で非常に重要となります。 追加ダメージも大きく強力な勇士といえるでしょう。 ダンジョンに1人はおいておきたいですね。 「ヘビガンシステム」では必須の勇士となります。 ぜひ入手しておきましょう。 ここからは、前回のアップデートで追加された子たちです! 堕落した皇女 固有スキル:堕落した皇女 はい、今回の目玉勇士ですね。 安定感が尋常ではありません。 戦闘開始時から無効が付与されるため、ボス戦の女神の祝福に対応できます。 「性急」や「オーバースピード」を合わせて高速回転させましょう。 「精鋭天使」や「魔道学者」の宝玉を持たせるとなお良いですね。 早く「無限の時計」が欲しいものです。 堕落した 固有スキル:堕落した 裏切りやといったさせにくいデバフを使いますが、しっかり合わせたダンジョンを作ってあげると大活躍することでしょう。 とりあえず「プリズム」を並べていきたいですね。 前も言った気がしますが めっちゃかっこいいです。 堕落した死の魔女 固有スキル:堕落した死の魔女 前回の記事で紹介した「堕落した精鋭天使」と非常に相性がいいですね。 隣接させて並べて遊びましょう。 「不死の怒り」も蓄積されるとバカになりません。 有効活用していきましょう。 堕落した宝石術士 固有スキル:堕落した宝石術士 少し前に話題になった強力な勇士です。 全体攻撃スキルで勇士全員にデバフをばらまいていきましょう。 激怒が必要なのでそこだけはしっかり準備しておくといいでしょう。 もはや恒例ですが「性急」、「オーバースピード」、「熟練」あたりを積んでおきましょう。 はい、堕落勇士の紹介は以上になります。 伝説勇士はとにかく阿修羅って感じがしますね。 高難度に挑む前にしっかり集めておきましょう。 次回はおそらく「燃焼ポップコーン」のプレイ記録になります。 だいぶんお待たせした「堕落した火の君主」の登場です。 最後まで読んでいただきありがとうございました。 試練編 Edolphin.

次の

ダンジョンメーカー攻略wiki Wiki*

ダンジョンメーカー

ゲームの見どころ ・やり出したら止まらない!! 病みつきになる中毒性 ・選択と配置で決まる、簡単操作で奥深い戦略性 ・負けたら最初からやり直し!? SLGとはいっても、キャラを育てるRPGの要素あり、レアアイテムを引くガチャ(無料)の要素あり、TRPGの要素あり。 キャラだってかわいいビジュアルでドット絵に萌え萌えだ。 これだけの要素が盛りだくさんで買い切り360円(2018年5月25日現在)。 ゲーム内にも課金要素はあるが、無課金で入手できないものはない。 360円の、たった一度の購入でずっと遊べるというのも、本作の大きな魅力のひとつだ。 やり出したら止まらない!! 病みつきになる中毒性 ゲームを始めると、ふたりの魔王のうちからひとり、主人公を選ぶ。 どちらを選んでも大差ない。 見た目の好きなほうで選んでよい。 また魔王はプレイのたびに変更することができる。 レッツチャレンジ誰か! こうしたガチャは数百円払って引くのが現在のゲームでは一般的である。 しかし、『ダンジョンメーカー』ではガチャに課金要素は一切ない。 戦闘のたびに卵を開けて、レアキャラを期待する快楽を何度も味わうことができるのだ。 犯罪的な中毒性である。 ボス以外のモンスターはやられても何度でも復活し、HPも回復するので、どんどん精鋭戦闘を行い、質の高い報酬を得ていくのがこのゲームのコツである。 思わぬ強力モンスターが仕上がったときは胸が躍る。 「こんごともよろしく」 そもそも戦闘部屋や罠も、敵が踏んでいない場所に設置していなかったか? など、考えることは多岐に渡る。 負けたら最初からやり直し!? 魔王のHPがゼロになるとゲームオーバー。 育てた迷宮は破壊され、世界は平和になったのだろう。 たぶん。 しかし、魔王は滅びない。 転生し、新たな迷宮をイチから作り直すことになる。 むしろ「つぎこそうまくやってやろう」とかえってモチベーションが上がるのが、この『ダンジョンメーカー』。 このあたりの中毒性は『トルネコの大冒険』などのローグライクRPGと似ている。 そして、ゲームを進めていくうちに育てたモンスターや迷宮をつぎのプレイに引き継ぐことができるようになり、そうすると一気にダンジョンでの生存率は上がっていく。 そうやって精魂こめて作ったダンジョンやモンスターへの愛着は果てしないのである。 もし、 微課金でスキマ時間にがっつりやり込めるゲームがないかなぁ……と考えている人には強く強くおすすめしたい。 逆に、忙しい人、いまやっているゲームだけで手いっぱいという人には絶対におすすめしない。 中毒性が非常に高く、時間を奪いすぎ、日常生活に支障をきたすほど楽しすぎるからだ。 買い切りSLGの大傑作、『ダンジョンメーカー』。 読者の皆さんは心してインストールしてほしい。 (BY ).

次の

‎「ダンジョンメーカー」をApp Storeで

ダンジョンメーカー

名作が生まれた背景とは? AppStoreの有料ランキング1位に輝き、有料アプリとしては異例のトップセールス入りを果たしたダンジョン経営RPG『ダンジョンメーカー』。 本作は、主人公が魔王になってダンジョンを作り、モンスターを配置し、罠を設置し、つぎからつぎへと侵入してくる勇者たちを撃退するゲームだ。 プレイヤーの選択で無限に広がるゲーム性と、個性の出るダンジョンづくり、1回のプレイ時間の短さなどからドハマリしてしまう人が続出している。 『ダンジョンメーカー』は日本国内で稀に見るヒット作となっていますが、これまでの反響を受けていかがですか? A. ここまでの反応は期待していなかったので、本当に嬉しい気持ちと驚きでいっぱいです。 期待以上の関心と愛情を皆さまからいただいたので、コンテンツ制作を頑張ることでお返しできればと思っています。 本作開発にあたり、構想からどの程度の作成期間を要しましたか? A. 『ダンジョンメーカー』以前に8個の失敗したプロジェクトがあったので、世界観の設定には自信がありました。 そして9番目のプロジェクトを始めた時、これが『ダンジョンメーカー』になるわけですが、最大限軽くて便利なプロジェクトを目指して 2週間弱のアイディア会議で今の形が確定されました。 実際のプロジェクトの開発期間は約4ヶ月です。 本作の開発コンセプトはどういったものだったのでしょうか? A. スマホでプレイしやすくするため操作は最低限にし、選択の面白さとローグライク特有のプレイの繰り返しの設定を持ってきました。 結果的には気軽にプレイできるダンジョンビルドゲームになりました。 ゲーム開発はどういった規模のチームで行っていましたか? A. 今のチームの規模は5人です。 新人のドットデザイナー1名、新人のグラフィックデザイナー1名、新人のプログラマー1名、ビジネスと経営担当の1名、総括1名です。 現在1番やりこんでいる人はどこまで進んでいるのでしょうか? A. 4000日ぐらい進行している人がいます。 つぎのアップデートでは、ゲームプレイ中の難易度を調整し、長く生き延びることより短い時間で高い点数を出せるように改善する予定です。 かなりやりこまないと解放されない限定機能がほしいです(要望)! A. すごく難しい実績とそれにふさわしい報酬を考えています。 おもしろさを感じられる要素ならなんでも入れるつもりです。 今後バランス調整や、追加要素などのアップデートをする予定はありますか? A. バランスは調整する予定です。 6月内に新たな難易度とカードパック、新たな実績、魔王の見た目を変更するアバターシステムなどを追加する予定です。 続編を作る予定はありますか? A. 現時点では続編の計画はありません。 小さいインディーズゲーム開発チームですので アップデートに全力を尽くすつもりです。 おまけ アップデートで追加予定の魔王アバターの例をいただいたので、先行して紹介。

次の