ランクル 300 スクープ。 【驚異的な下取り率!!】新型発売前にランクルは売っても買ってもお得か?

マガジンXは車のスクープ情報専用サイトです

ランクル 300 スクープ

こんにちは!名古屋のアーバンオフクラフト中川店です。 年が変わると新作ホイールの登場も待ち遠しいのですが、 " 新型車"の登場も見逃せないポイント。 毎月2回発行される新車情報誌ですね。 毎度スクープ記事も面白く、 新型車発売時期なども暫定ながら現実味を帯びた内容が面白い雑誌です。 追加情報がございましたら当ブログでもご紹介させて頂きます。 岐阜の四駆カスタムショップ、 アーバンオフクラフト岐阜長良店です。 元々20インチ装着車のFJクルーザーでしたが、 この度は17インチへのインチダウンで ホイール変更をお任せ頂きました。 レンコンデザインに加え、 センターへ落ち込んだコンケイブフェイスが際立つ、 渋めな最新四駆ホイールです。 取り替えと同時に、 純正の20インチセットは高価下取りさせて頂きました。 ご不要になった四駆のホイールセットは、 思いのほか場所も取るので 下取りは正に一石二鳥!! もちろんアルミホイールの買取も行っています。 気になった方はお問い合わせください。 さてさて本題に戻ります。 今回合わせたタイヤはBFグッドリッチのKO2。 迫力あるショルダーデザインや、 グッドリッチらしいトレッドパターンが 人気のオフロードタイヤです。 今回装着したAirGマッシヴと BFグッドリッチのKO2は、 基本的に常時在庫も置いている商品ですので 是非気になった方は店頭までお越しください。 下取りを使ってお得にカスタムするなら 当店にお任せください。 それではまた次回のブログもお楽しみに。 アーバンオフクラフト岐阜長良店でした。 craft-web. 本日紹介しますお車はコチラになります。 TOYOTA 70系 ランドクルーザー この丸目が好きな方も多いのでは無いでしょうか? 私もギリギリまで78プラドと悩みました 笑 やっぱり良いですね ナナマルにすれば良かった 笑 さて本日の作業ですが、長年に渡り車両を支えてきたある場所に スポットライトを当ててみましょう。 キャンプやBBQなど、車との楽しみが増えますね。 タイヤ交換でタイヤの大きさも、遊びの幅も大きくなりましたね。 こんにちは!名古屋のアーバンオフクラフト中川店です。 1年間の限定販売として復刻されていた70系ランドクルーザー。 ランクル生誕30周年記念として、GRJ76KのバンタイプとGRJ79Kのピックアップトラックが復刻。 2種類登場していたのも記憶に新しいですよね~。 マニュアル仕様オンリーという渋さも個人的にツボでした 笑 今回ご紹介させて頂くのはGRJ79Kランドクルーザー ピックアップトラック。 GRJ76Kのバンタイプとフェンダー形状が異なるナロータイプ。 の代表格がこのディーンクロスカントリー。 ディーンクロスカントリーのセンターオーナメントは2WAYタイプ。 GRJ76K・GRJ79Kそれぞれに合わせてのカスタムも当店にお任せください。 これからのシーズンに向けて愛車のカスタム妄想も悪くない。 皆様からのお問い合わせをお待ちしております。 2014年70系ランドクルーザーの復刻はファンを熱くさせました。 名作を新品で履けるのもオーナーとしては嬉しいポイントですネ。 背面スペアタイヤが装備されている車両の特権ともいえる5本仕様ですネ。 組合わせるタイヤは当店人気No. ホワイトレター裏履き仕様もじわじわと人気が出てきていますが、ホワイトレターの人気は健在。 足元にワンポイント。 回転時にもホワイトレターは映えますのでオススメです。 スポークトップにホワイトレターの文字をキレイに配置できるように組込み。 静止状態のスタイリングも捨てられませんので、ここも当店の拘りポイントです。 マットブラックのホイールにホワイトレター。 間違いない 笑 [BEFORE] [AFTER] タイヤサイズも純正に比べアップサイズで装着で悪路もガシガシ行ける仕様。 でも、街乗りもOKなオールラウンド感はファミリーユースでも楽しめるはずですネ。 コンケイブFACE4が履けるのもランドクルーザーの特権ですかね? 笑 さて、気になる背面タイヤは?といいますと… [BEFORE] [AFTER] 使用場面は少ないかもしれませんが、いざという時でも元のフォルムを崩さない。 そして、後ろから迫る車両への印象付けも抜かりなく。 クルマ好きの真骨頂です。 費用面の事だけを考えると「……。 」となりますが、それを上回る満足感は ノーマルの比ではないはずです。 4本より5本。 カスタムプランに一つ加えて頂ければと思います。 慣らし後は初期点検等でもお待ちしておりますので、 お気軽にお立ち寄りくださいネ。 クルマ遊びに終わりはない? 皆様からのお問い合わせをお待ちしております。 40系ランクルを彷彿とさせるクラシカルなフロントフェイスで根強い人気を誇るFJクルーザー。 ファイナルエディションの存在もあり、大切に維持されているオーナー様も多いですね。 というほどに人気な一本。 ホイールと同じクリムソン様からリリースされているシリコン素材のステアリングカバーです。 純正ステアリングに対し、位置決めを行いスポッ!と被せるだけ。 貴重な車両ですので、アップデートしながら時間を共にするのも醍醐味の一つ。 また、初期点検等でもお待ちしておりますので、お気軽にお立ち寄りくださいね。 こんにちは!名古屋のアーバンオフクラフト中川店です。 今年もMASSIVEな愛車創りのお手伝いをさせて頂ければと思います。 さて、2019年当店にて装着件数が多かったホイールは令和2年も人気なはず。 組合わせるのはブリヂストン ブリザックDM-V3。 アクティブ発泡ゴム2を配合したSUV専用スタッドレスタイヤ。 海外ではフォーランナーとして活躍していますよね~。 SUV系サイズは本格的なシーズン時に入手が困難になりますので、早めの準備が重要です。 このシルエットで冬を乗り切ると夏は…? と思いがちですよね~。 実は、既に夏用セットもオーダーを頂いております 笑 しかも!RAYS製品。 早くも夏セット装着が見てみたいですね~。 ディーンクロスカントリーやディーンカルフォルニアなどが FJクルーザーや70系ランドクルーザーのオーナー様から人気。 クラシカルな雰囲気を際立たせるにはタイヤも超重要項目。 オートバイや自転車 マウンテンバイクなど のタイヤも手掛けるMAXXIS-マキシス-。 各部締結後、出庫致します。 FJクルーザーの持つクラシカルなデザインをそのままにドレスアップ。 数多くのおクルマをカスタムされてきたというお客様。 その際のご用命も是非お願いいたします。 深リムという言い方が正しいのでしょうか。 アーバンオフクラフト岐阜長良店です。 本日は前回の210サーフブログの続きをご紹介。 今回はホイールセットの装着。 ホイールはエクストリームJの16インチ、 タイヤはBFグットリッチのKO2をご選択頂きました。 装着後がこちらです。 迫力が出て一気に見違えました。 BFグットリッチのタイヤって横っ腹が結構出てくるんですが、 ここがミソでこのワイド感が更にお車をカッコ良くしてくれます。 色合いもマット系は四駆にこそ一番映えるカラー。 飾り気ではなく無骨なイメージでカッコ良さを更に引き出してくれます。 ホワイトレターのタイヤ自体も少なくなってきていますが、 好き好きはあってもKO2ならではのバランスは個人的に凄く好きで、 厚みのあるタイヤを四駆らしく飾ってくれます。 オーナー様、この度は当店のご利用誠に有難う御座います。 またアフターメンテナンスなどいつもでお任せください。 それではまた次回のブログもお楽しみに。 アーバンオフクラフト岐阜長良店でした。 アーバンオフクラフト岐阜長良店です。 本日は210サーフのご紹介です。 この度はタイヤ・ホイールセットの変更をお任せ頂きました。 お選び頂いたホイールはエクストリームJ。 四駆ホイールをお探ししたことがあるなら、 一度は目にした事があるホイールではないでしょうか。 マットブラックにアクセントとしてのピアスボルト装飾。 人気のお勧め四駆ホイールです。 タイヤはBFグットリッチのKO2をチョイス。 四駆自体がアメリカ文化だからなのでしょうか、 兼ねてから四駆乗りに本当に好まれる一番人気のオフロードタイヤです。 早速取り付けに取り掛かってまいります。 完成ブログは次回のお楽しみ。 それではまた。 アーバンオフクラフト岐阜長良店でした。 本日はハイラックスサーフの タイヤ交換をご紹介します。 アーバンオフクラフト鈴鹿店の大矢です。 初期のBFグッドリッチKOが装着されていますが、 しっかりと使い込まれていますね。 ヒビ割れもかなり進んでおりました。 交換するタイヤはBFグッドリッチ。 おクルマのイメージはそのままということで、 KOからバージョンアップしたKO2に交換していきます。 取付けは重要な作業となりますので、 十字レンチを使用し、ナット1本1本を丁寧に締めていきます。 その後はトルクレンチで規定トルクにて最終締め付け。 ブルーの保護剤を水で洗い流して完成です。 完成した姿はこちら。 タイヤ交換のみですが、古いタイヤからの 交換でしたので足元が生き返りました。 ホワイトレターも白くよみがえり雰囲気も復活! 全体がシャキッとしてクルマが新しくなりました。 新品だとここまでブロックがあるんです 汗 もちろん性能も復活。 やっぱりゴツゴツ系のタイヤはカッコイイですね。 本日はアーバンオフクラフト鈴鹿店を ご利用していただきありがとうございます。 またのご来店をお待ちしております。 デリカD:5・150プラド・ハイラックスなどに人気なのが デルタフォースオーバル。 MASSIVEでカッコイイんですよね~。 インチダウンのアーバンオフスタイルを目指します。 ・マットブラック ・マットブラックポリッシュ ・ブラックマシニング の3色設定があるデルタフォースオーバル。 今回はマットブラックをチョイス。 また、センターキャップオーナメントも ・カーキ ・オレンジ ・シルバー ・グリーン と4色の中から選択頂けます。 後ろ姿も妥協できませんよね? 笑 お次はリフトアップでしょうか? FJクルーザーの作業実績も豊富にございますので、 是非ご相談くださいね~。 前回のブログ、70系ランドクルーザーの続きをお届けします。 完成した姿がこちら。 クラシカルな雰囲気、カクカクボディはこの時代ならでは。 リフトアップと2サイズ外径を大きくしたことで ワンランク上のワイルドな仕上がりに。 ちょっと大きいかな!?と思ったタイヤも フェンダーとの干渉もなくクリア。 このあたりは個体差も出ますので オフ仕様にする時は一番神経を注ぐ部分ですね。 ホイール: ディーンクロスカントリー サイズ : 8. なかなか珍しい光景でした(笑) それにしても70大きいな・・・ 本日はアーバンオフクラフト鈴鹿店を ご利用していただきありがとうございました。 またのご来店をお待ちしております。 こんにちは、アーバンオフクラフト鈴鹿店の大矢です。 本日はランドクルーザーをお届けします。 根強いファンの多い70ランクルは 生誕30周年記念で復刻再販されました。 その一台がこちらです。 こちらのおクルマはすでにリフトアップ済み。 当店にはホイールのご相談をいただきました。 ご要望は「クラシカルな雰囲気に仕上げたい」とのこと。 僕が支えているこのタイヤはオフロードレースの ノウハウをフィードバックするBFグッドリッチ。 ランクルの足元にふさわしい一本です。 悪路、ウェットな路面、舗装された路面など まさにオールラウンダー。 さすがにちょっと重いです!? 僕の悶える姿に店長が横で笑っていましたが 笑 作業はナットを一本ずつ手締めし、最後はトルクレンチで規定のトルクで締め。 ハブセンターの高い70ランクルもホイールが車種専用設計になっているため センターキャップも干渉無く取付け可能です。 続きは次回~。 こんにちは。 アーバンオフクラフト岐阜長良店です。 本日はランドクルーザーのヘビーデューティモデル、ランクル70のご紹介。 本日はタイヤ交換でご来店頂きました。 70ランクルって未だに人気があり古さも感じさせない凄い車ですよね。 バグガードまでもオシャレなお車。 30周年記念に復刻なんて前代未聞の再販でしたが、 TOYOTAも想像を超えるバックオーダーを抱え、 海外向けの生産枠を国内に振り分けるなど正に歴史的なお車。 もちろん長く愛されただけあってカスタムの幅も広いお車です。 この度は外形を少し上げてMTタイヤを装着していきます。 タイヤはTOYOのオープンカントリーMT。 最近メキメキと支持を集めている銘柄です。 四駆タイヤにシフトをバッチリきっているメーカーでもあるので、 オープンカントリーは性能や見た目も含め一番お勧めさせて頂いております。 完成です。 外形が大きくなった影響もありますが、 MT独特のゴツゴツしたトレッドやショルダーパターンでかなりイメージが変わりました。 ちなみに70ランクルには背面も付いています。 ですので、こちらもご一緒に変更させて頂きました。 これでリアビューが一変します。 四駆車って本当にタイヤでイメージが変わります。 もちろん走行面でも大きく変わるのですが、 やっぱりこの迫力が堪らないんですよね。 TOYOのオープンカントリーMTは只今店頭でも展示中。 サイズによっては在庫の用意も御座いますので、 MTタイヤをお探しの方は是非ご相談ください。 (ATタイヤもあります。 ) ではではまた次回のブログで。 それではまた。 アーバンオフクラフト岐阜長良店でした。 こんにちは、アーバンオフクラフト鈴鹿店です。 KM2からKM3となりホワイトレターレスとなりましたが 逆にそこからオーダーが増えた気がします。 オトコクササ満点のマッテレはハンドルを切ったときの このインパクトですよね! 真正面からが画になる画になる 笑 リフトアップと相まって強烈な大きさに見えます。 オプションのプロテクターリングを付けることで 擬似ビードロック感が味わえるのですが この質感が凄く良くて、リング自体もずしりと重く、 チープさは皆無です。 何かとプラドと比較されますが FJクルーザーの良さを引き出すなら16インチ化がオススメ。 ご相談はアーバンオフクラフト鈴鹿まで。 ありがとうございました。 16インチ&マッテレ化でアーバンオフスタイルを狙います。 こんにちは、店長の 小林 です。 FJクルーザーの16インチ化と言えばこのホイール。 プラドが目立ちますが当店では意外と多くの ご相談があるのがFJクルーザー。 リフトアップから補正パーツ、 インチダウンに幅広タイヤまで大歓迎です。 ~MCは純正で20インチ仕様。 USラグジーなノリですとこれでもOKですが リフトアップ済みというのもあって明確なコンセプトのもとに・・・ ドカン!とインチダウン&タイヤ太履き仕様。 プラド同様「285幅を履きたい」方が多いですね。 仕様にもよりますがプラドよりも干渉の心配が少なく リフトアップにTGSホイールであれば 更に問題なく履けちゃいますよ。 僕の好きなワンショット。 シャコタンのソレと同じく一気変貌が楽しくて 笑 フロントがTGS16インチ、リアが純正20インチ。 アライメントも同時にご依頼いただきました。 完成は次回!お楽しみに~。 プラド・デリカに続き、カスタムのご用命が増えてきている 70系ランドクルーザー。 背面タイヤもNEWセット同様に揃えることで、 リアビューもMASSIVE! いざという時のスペアタイヤですが、雰囲気も大切。 サイズによっては 海外専用サイズもある一品でツウな方からのご指名も増えてきています。 偶然駐車中の73ランドクルーザーと2ショット。 時代は違えど角ばったフォルムのクルマって渋い。 こんにちは、アーバンオフクラフト鈴鹿店 店長の小林です。 アライメントの様子と同時に こちらのFJクルーザーに装着した リフトアップ補正パーツをおさらい。 フロントには TGSフロントスタビライザーリロケートキット でスタビライザーの取り付け位置を底上げ。 バンザイを補正し適正位置へと持って行きます。 同じくリアはTGSアジャスタブルスタビリンク。 効果はフロント同様でスタビの位置補正です。 前後装着が基本ですが、前も後ろも8,000円 税抜取付別 ですので値頃感もありますね。 FJクルーザーのリフトアップではマストなパーツです。 リフトアップしたFJクルーザー MC~ には 必須のパーツとなります。 テールランプ内にある純正バックランプを機能停止し この位置で光るようにします。 専用設計ですので純正バンパーへとスマートに インストールできるのも人気です。 さて、ホイールの方も最終メイクアップです。 こちらはTGS-XF08専用のプロテクターリング。 プラではなく、アルミのしっかりとした質感で 重量もズッシリと。 これがスゴいんです。 ホンモノのビードロック感が出ます。 めちゃくちゃ雰囲気ありますね。 Wheel:TGS XF-08 8. マッドテレーンで迫力のブロックパターンも備わり、 足元にアイポイント集中させるカスタムです。 ご指名の多いBFグッドリッチはオールテレーンが殆ど ですが、「見た目と走破性」においてはマッドテレーンが 際立ちます。 KM3になってホワイトレターではなくなり ましたが、それがまた硬派ってのなんの! シャコタンはサイドからが美しいですが 笑 リフトアップなアーバンオフスタイルは正面が最高です。 女性にもウケが良いんですよね~!これも高ポイント 笑 フロント約50ミリのアップで水平化。 補正パーツをふんだんに取り入れることで ふらつき抑制、リフトアップによってかかる 各所パーツへの負担を和らげます。 JAOSのリフトアップキットは安心の国内生産 ですので、メーカー公表値も誤差の範囲です。 狙い通りの高さにしっかりと持っていくことができます。 FJクルーザーのインチダウン&285化は このパターンで決まり! 拘りと安心のパーツチョイスは我々にお任せください。 遠方、滋賀県よりありがとうございました!• さて前回の続き、FJクルーザーのリフトアップに 16インチインチダウンカスタムの模様をお伝え。 一先ず大変な 笑 フロントパートが終了。 285幅のBFマッテレがイイ感じですよね~。 同時進行でインテリアパーツの装着です。 ドライブ中にグラついては元も子もないので 内装を加工してしっかりと取り付けができる 仕様となっております。 マスキングを駆使して位置決めし穴あけ加工。 エアコン送風部分に取り付けますので ドリンクの温度管理もOK! ドリンクホルダーとしては少しお高いですが 手に持つとズッシリ感じる重みと 上質な質感がスゴイんです。 純正っぽい自然なインストールですね。 運転席と助手席側にセットしました。 お次はルームランプ。 JAOSから車種専用のものが出ております。 釣りが趣味であるオーナー様には必需品でしょうかね。 さて、補正パーツに戻りましょう。 リアセクションにもスタビライザーがあります。 FJクルーザー MC~ はリフトアップをすると 純正位置のバックランプでは保安基準を 満たしません。 これ、ちゃんと車種専用なんですよ。 他メーカーからも出ていますが、後付け感が出たりするんです。 それがこの通り! 配線をしてあげれば本体はキレイにボディへと 収まってくれるのです。 完成は次回。 ド迫力のFJクルーザーを紹介します!• こんにちは、店長の 小林 です。 アーバンオフクラフト鈴鹿では連日 プラドやデリカがお店を賑わせていますが 意外とご相談が多いのがコチラのおクルマ。 FJクルーザー MC~ でございます。 アフターパーツはプラドに負けず劣らず抱負にございますので カスタムベースには持って来いなのです。 滋賀県より、当アーバンオフクラフトをご指名で ご来店いただきました!ありがとうございます。 カスタムメニューとしてはリフトアップ、 リフトアップ補正パーツ、インテリア、タイヤ&ホイールと 一気に仕上げますよ。 ボディを大きく見せるにはタイヤ・ホイールよりも リフトアップがより効果的です。 C 固定式でフロント50ミリ、リア30ミリのアップとなり 理想の水平車高バランスに仕上がるリフトアップキット。 メイドインジャパンで性能も安心です。 作業はフロントパートからご紹介。 リフトアップに伴いスタビライザーのズレを正常位置に補正する パーツも取り付けます。 このように位置を下にずらすことによって スタビライザーのバンザイを補正。 突っ張り感を解消します。 TGSがFJクルーザー用に開発した専用ホイールは サイズ感もさすがの貫禄。 肉厚がすごいですね。 それもそのハズ。 16インチへのインチダウンなんです! タイヤは285幅! 太けりゃいい?いや、まさにその通りかと 笑 リフトアップし、インチダウンで285幅を 履けるよう設計されたFJクルーザー専用ホイール。 TGSパーツは当店でお取り扱いOKですよ。 次回はリアパートをご紹介。 こんにちは!名古屋のアーバンオフクラフト中川店です。 使用する機会が少ない背面タイヤですが、雰囲気作りにも欠かせませんからね。 デリカD:5、プラドだけでなくFJクルーザーのご用命も多い当店。 また、最大の特徴がコチラ… 最大限のコンケイブフェイス!こちらを実現するために車種専用設計が施され、 リムエンド部から中心にかけてその迫力はMASSIVE。 Baja1000を始めとするオフロードレースノウハウを詰め込んだ直系タイヤ! オフロード走行性能に加え、ディープサイプをトレッド面に採用することで ウェット路面等でのグリップ力も確保。 詳しくは店頭スタッフにお問い合わせください。 新名神高速道路が開通されたことで関西方面 大阪・京都・滋賀 からのご来店が増えいます。 特別色のベージュに20インチ。 ver. A~ver. Cの設定があり ver. A:前後約50mmアップ ver. B:前後約30mmアップ ver. C:フロント約50mmアップ・リア約30mmアップ と3タイプから選択が可能。 また、前後で14段の減衰力調整機能があり、任意で調整が可能です。 見た目・機能とバッチリな一品です。 熟練スタッフによって足回りが組みつけられる中、 我々はコチラの準備に取り掛かります。 ご指名率No. 1のMASSIVEタイヤ。 あのタイヤです。 WORKクラッグ T-GRABIC2。 フロント:トゥ・キャンバー・キャスター 左右合計6か所をフル調整。 各部調整後、ハンドルセンターを確認し完成です! 前後で水平フォルムになるようにver. Cを選択頂きましたので、 皆様のご来店をスタッフ一同お待ちしております。 スタッフ一同心よりお待ちしております。 1年間の限定販売として復刻されていた70系ランドクルーザー。 ファンも多く、中古車相場も高値維持のまま推移している人気車。 キレイなままで乗り続けることもいいですが、 折角の愛車なら自分色に染めて見たいですよね? 70系ランドクルーザー 30thモデル。 MASSIVEフォルムになるようタイヤサイズと銘柄を選定。 といってもサイズ上闇雲に大きくしすぎるのもNG。 皆様からのお問い合わせをお待ちしております。 撥水系の素材なので、汚れもそうですが濡れてもOK! そのため、このマットがドロッドロに汚れても水洗いOK なのでメンテナンス性もバッチリ。 フロアライナーは車種専用設計だからフィッティングも最高。 固定用クリップホールもあり、置き換えるだけで装着可能なのも 嬉しいポイントです。 カラーバリエーションは ブラック・グレー・タンの3色ラインナップ。 こんにちは!名古屋のアーバンオフクラフト中川店です リアゲートウインドウに散りばめられたステッカー類。 このような小物類からも雰囲気が醸し出されてイイですよね パッと見でこの人が何を好んでいるかも分かりますし 笑 恐らくアウトドアがお好み? 本日は215系ハイラックスサーフをご紹介。 ルーフラック、グリルガード、MKWにBFグッドリッチ…。 好きさが凝縮された一台で、一見完成しているようですが リフトアップをしたい!とのご用命です。 その際に人気ブランドなのが JAOS。 JAOS BATTLEZ リフトアップセットを今回装着します。 チタン配合剤を使用したヘタリ保証付きコイルスプリングと ハーモフレック機構ダンパーの組合せはリフレッシュにも最適 まずは、入庫時の車高チェックから。 足回り換装時にどれだけリフトアップしたか。 を 知るためにも必要な工程です。 詳しくは店頭スタッフまで。 取付へ 今回、ハイラックスサーフに取付ける場合、 リフトアップ量はフロント・リア共に約50mmアップが メーカーさんでは想定されています。 足回り換装後、車高チェックの後アライメント作業へ ハイラックスサーフの場合、 フロント:トゥ・キャンバー・キャスター 左右合計6カ所を調整します。 こんにちは!名古屋のアーバンオフクラフト中川店です 本日は珍しいおクルマがピットイン中 トヨタ TUNDRA-タンドラ-。 北米トヨタが販売しているフルサイズピップアップトラック。 2代目にあたるモデルのダブルキャブモデルがピットイン中です ご入庫時に装着されていたのはBFグッドリッチ。 タイヤ摩耗のため、タイヤ交換作業のご用命ですが、 "普通にタイヤを変えるのは面白くない。 "と 変化球で攻めさせて頂いたのがコチラのタイヤ TIRE:マキシス MT772 RAZR マッドテレーン。 この度のご用命誠にありがとうございました アーバンオフクラフトでした• こんにちは!名古屋のアーバンオフクラフト中川店です 個性的な可愛らしい外観が特徴的なFJクルーザー。 車両がもつクラシカルなデザインを更に生かすにホイールが DEAN CROSS COUNTRY-ディーン クロスカントリー-。 次なる計画はリフトアップでしょうか? 尽きぬ構想がある限り、愛車との関係は続きますからね またのご相談をお待ちしております。

次の

【新型ランクル300ついにデザイン判明】「デビューは2020年秋」今わかっていることすべて!!!

ランクル 300 スクープ

これまでランドクルーザーのフルモデルチェンジ(次期型ランドクルーザー300の発表)は、「今年(2020年)夏頃」という情報が入っていた。 これは一昨年頃から販売店幹部にもたらされていた情報で、一部有力顧客にもそのようにアナウンスされていたそう。 しかし今年に入ってから販売店幹部に取材を重ねていった結果、最新の有力情報では「新型ランドクルーザーの発売は、2021年夏頃」だとわかった。 以下、本企画のために改めて集めた情報をすべてお伝えしたい。 今回は燃費の測定方法を従来のJC08モードから、WLTCモードに切り替える。 この他の部分はほとんど変更ないと思われる。 WLTCモードに切り替えるだけといっても、メーカーにとっては新たなモードにするために綿密な測定のし直し作業をするわけだから、かなりの手間暇がかかる。 (ランドクルーザー200の前回の改良は2017年7月の一部改良、2018年4月の安全装備変更) 2015年8月時点でフロントマスクを改良した現行型ランドクルーザー200。 トヨタブランドで最高峰のSUV 改良モデルは3月末にも車両本体価格、オプション&付属品の価格を決め、4月上旬から見積書の事前作成が可能になる見込みで、これが実質的な発売開始となりそう。 正式な発売スタートは5月中旬頃になる。 生産立ち上がりは6月初めを予定している。 これを受けて、全国の販売店では(従来モデルの)新規の販売受付を絞っている。 販売台数は3月中旬現在、全国で30台程度と極端に減少中なこともあり(2020年1月のランドクルーザー200の月販台数は170台)、現時点で購入を考えている方は、改良モデルを待ったほうがお勧めといえるだろう。 仕様変更といってもモデルそのものは古いので、車両本体から25万円引き程度からの購入交渉の立ち上がりとなるはず。 次期型である「ランドクルーザー300」(仮称)は現行200の現行モデルの登場が2007年9月18日であったから、実に14年ぶりのフルモデルチェンジとなる。 ベストカー編集部による、次期型ランドクルーザー(300)の予想CG 次期型は(外観デザインは)あくまでキープコンセプトでの世代交代だが、中身はガラリと変える。 国際的に信頼度の高いラダーフレーム構造は引き継ぐものの、トヨタの新しいクルマ作りの考え方である「TNGA」によるプラットフォームを採用。 ボディシェルは直線と曲面を融合させたSUVデザインで仕立てる。 フロントマスクはトヨタの最近の大型グリルではなく、従来モデルのオーソドックスな横長小型グリル枠に横線基調とさらに小さめの横長アンダーグリルをバンパーに埋め込み、両側に配置したヘッドランプも横長のグラスケースに3眼LEDヘッドライトのデザインでまとめている。 歴代ランドクルーザーのワイルド感よりもかなりシンプルで落ち着いた佇まいといえる。 次期型ランドクルーザー(300)のリアスタイル予想CG。 全体的にキープコンセプト ボディサイズは現行モデルの全長4950mm、全幅1980mm、全高1870mm、ホイールベース2850mm、トレッド1635~1650mmに大幅な変更はない。 あるとすれば全高が若干低くなるくらいである。 全長は5m、全幅は2mといった制約を守りたいとの願いがあるためだ。 最低地上高の225mmも維持し、引き続き国産ラフロードSUV最高の走破性を確保することになる。 シートレアウトは2列シート5人乗りと3列シート8人乗りは従来モデルを引き継ぐ。 パワーユニットは現行の4. 5L、V8を廃止し、3. 5L、V6ガソリン+モーターのハイブリッド、3. 5L、V6ターボの純ガソリン仕様、それに2. 8Lのクリーンディーゼルターボと多彩なラインアップを展開すると思われる。 注目のクリーンディーゼルは弟分のランドクルーザプラドに搭載しており、これが好評なことから、新型の兄貴分にも移植する。 駆動方式は引き続き全グレード4WDで、ディーゼルは6AT、V6は8ATとの組み合わせとなる。 写真は現行型ランクル(200)のシートレイアウト。 これまでランドクルーザーシリーズはトヨタ店の専売モデルだったが、今年5月から全国規模で全系列店併売に拡大する。 これは全車種規模の問題だったのだが、ランドクルーザーについては少しだけ事情が複雑だ。 つい最近までは、他系列店の多くが、サービス工場でのリフト機械の設備が重量のかさむ「大型用」が設置出来ないことから、しばらくトヨタ店の専売継続とする方針だった。 しかし大型リフトについては業者とのリース契約が可能になり、対応できるようになったことで、他の扱い車同様にランクルも同時に全系列店併売に切り替えることにしたようだ。 したがって今回の仕様変更も全系列店併売がほぼ同時に事前受注をスタートさせる。 そうなると、今後ランドクルーザーのトータル販売台数はかなり増えることが予想される。 とはいえ同モデルは世界で年間約38万台が販売されるなかで、日本の需要は約3万台。 中近東が約13万台、欧州約5. 4万台、オセアニア約4. 6万台、(日本を除く)アジア4. 5万台、北米約3. 6万台と、完全な世界戦略モデル。 発表時期や細かい仕様、細部デザインは、こうした世界需要を見ながら細かく調整される可能性もある。 なお、姉妹モデルであるレクサスLXの次期型については、まだ何も情報が入っていない(ランクル300登場後1~2年後のフルモデルチェンジと予想されるが)。 こちらも合わせて、新情報が入り次第、順次お伝えします。 現行型ランドクルーザー200。 4,826,800~6,974,000円と高額車ではあるものの、唯一無二の走破能力とステイタスで、世界中で堅調な販売をキープしている。 昨年(2019年)世界累計販売1000万台を突破した。 とはいえ、中近東、東南アジアなどを中心としたグローバルでは引っ張りだこの人気の高さを誇っており、また根強いファンも多数抱えており、丈夫でオフロード走行に強く故障しないので、高いリセールバリューを維持している。 キープコンセプトでの世代交代するのはこのためであろう。 トヨタ全系列店併売になって、トヨタ系列店同士の販売競争が激しくなる。 他の量販モデルと違い、車両価格が高いことや保有期間が長くなることなど、右から左に簡単に売れる車種ではなく、それなりのアフターケアが必要になるので、引き続きトヨタ店中心の売れ方になると予想している。

次の

ランクル70再販あるか?? マジで出るの?? 2020年にまさかの…?

ランクル 300 スクープ

この記事の目次• ランクル新型300系への世代交代が近づく! 現行の200系は2007年に登場。 度重なる改良によって商品力を保っていますが、ライバルである最強オフローダー、メルセデスのゲレンデヴァーゲンやレンジローバーは全面改良済み。 ランクルも黙って後塵を拝するつもりはなく、2020年にフルモデルチェンジを計画しています。 ランクル300 気になる。。 っとおもう — まお。 知っているか知らないかで、損するかしないか変わるかもしれません。 知らなかった!と後から思っては、もったいないと思いませんか? 新設計のラダーフレームを採用 乗用車の主流はボディーとプラットフォームが一体化したモノコック構造。 一方ランドクルーザーは、世界的にも希少なラダーフレームを採用するラフローダーです。 ラダーフレームは梯子状になっていて、凸凹道でクルマに常に負荷がかかるような環境で走っていても、ボディへの負担を抑えることができます。 日本ではそのような悪路を走行する機会はほとんどないですが、未舗装路が多い新興国や途上国では効果が発揮されます。 新型も当然ラダーフレームを踏襲。 さらに性能をアップすべく新設計されます。 外装はキープコンセプト。 スパイショットの存在は? 残念ながら、現時点でランクル300のスパイショットは出ていません。 外形デザインは大きく変更されず、キープコンセプトとなる見込みです。 無骨で貫禄のある風貌はそのままに、先進的な灯火類やバンパーを取り入れると思われます。 次期型もロングライフ車となるでしょうから、普遍的なスタイリングが軸となるでしょう。 現行ランドクルーザー ちなみに、2015年の大幅改良では• LED化された新意匠ヘッドライト• グリルバーの上下にメッキパーツ• 躍動感のあるバンパーデザイン などを採用し、なかなかのイメチェンを図っています。 大きなフロントグリルは4本のスモークメッキルーバーによる立体的な構成。 ヘッドランプは下方が目尻に向かってシェイプする形となりスタイリッシュな印象です。 バンパーは現在の水平基調でプレーンなものとは打って変わってアグレッシブな造形に。 ボディサイドには、ヘッドライトからリアコンビランプへと連なる直線のプレスラインが走っています。 ちょいと押し出し感が強いな…という意見もありそうですが、個人的にはとても完成度が高いCGだと思います。 普通にカッコいいし、売れそう! ランクル300 フルモデルチェンジ後の大きさ ボディサイズはほぼ据え置きです。 プラットフォームが新しくなり、ホイールベースは長くなるでしょう。 足元が広くなり、同乗者にも喜ばれそうですね。 全高だけ少し高くなる見通し。 今かかっている維持費を少しでも安くし、その分メンテナンスにかけるのもいいかもしれませんよ。 おすすめは、車の保険料の見直しです。 中には5万円以上安くなるという方も! 是非チェックしてみてくださいね! 搭載エンジンを刷新!ハイブリッド車も設定 ランクル300の搭載エンジンは、従来の4. 6リッターV8エンジン(1UR-FE)から刷新され、ダウンサイジングターボに置き換えられるというのが濃厚です。 ディーゼルエンジンは廃止の可能性が強いようです。 プラドに追加設定されたクリーンディーゼル車の導入に期待する方もいるでしょう。 しかし、ハイブリッドとディーゼルのダブルラインナップは考えに上に、環境問題的に難しいディーゼルは次期モデルに設定されない方向性が高いと見られています。 時代の流れには逆らえませんよね。 レクサスLSの[3. 5リッターV6エンジン]を改良して採用。 インタークーラー付きツインターボであれば、レクサスLSで最高出力422PS、最大トルク600Nmを発揮しているので、次期ランクル300ではそれ以上のパフォーマンスが見られるかもしれません。 しかもハイオク…。 ランクル新型の燃費は、• 気にしないとはいえ、二桁台になると気持ちに余裕ができますよね。 先進予防安全システムを装備 〜 一般道での自動運転を実現か 2018年に入って、トヨタの衝突回避支援パッケージの「トヨタセーフティセンス」は第2世代に突入。 地図データ、交差点、交通信号のデータも認識することで実現するのだとか。 ここまでくるといよいよ自動運転と呼べるレベルですね。 もし計画どおりに開発が進めば、フラッグシップ車のランドクルーザーだけに新型に搭載されるかもしれません。 レクサスLSの後期型か次期MIRAIへの初搭載が有力ですが、タイミング的に新型ランクルが第一号になるチャンスもあるかも。 ランクル新型の予想価格 現在の新車価格は472~683万円。 最上級SUVだけあって完全に高級車プライスですね。 新型はハイブリッドはじめ、先進技術を採用することになるので、グレードによって20〜50万円ほどの価格上昇が予想されます。 新型の予想価格:495〜720万円 現行で国内販売終了という噂も…本当なの? ここまでランクルの新型についてご紹介してきましたが、一部の情報では、現行200系を最後に国内販売は終了かと噂されています。 なんでも、2020年にデビュー予定の新型レクサスLXに吸収され、プラドだけが残る。 環境規制に対応するパワーユニットを搭載するとLXとの値段差が小さくなり、差別化ができないからとか…。 レクサスLX たしかに、2メートルに達しようかという車幅はかなりゴツく、日本の道路では持て余します。 実用性に欠け、販売台数も月200台ほどと限定的。 でも、ランドクルーザーという固有名詞は、トヨタだけでなく国産SUVのフラッグシップとして確固たる地位を築いています。 目先の利益だけでは判断できない、ブランドの象徴としての役割りは確実にあるはず。 筆者の意見としては、 ちゃんとフルモデルチェンジする可能性が高いと思います! 新型ランドクルーザーに対するネットの声 ランクル300系!?!? ハイブリッドにターボ… 欲しいな😅 — フカヤん BtZn6 「豪勢」「斬新(奇抜)」を念頭におきすぎた残念デザインの高級車にならないで! 展開地域的にHVの需要ある?V8ツインターボディーゼルを載せてほしい。 私の場合、車販売店ディーラーでは30万円の下取りが、 買取業者では88万円になりました。 約60万GET しました。 ーーーーーーーーーーーーーーーーーー 詳しくはこちらで解説しています。 ディーラーで働く友人に聞いたディープな値引きの裏情報などを暴露しています。 実際に私がセレナを最大値引き額 50万円 を勝ち取った方法を無料公開中。 なぜなら、市場の競争の原理として 買取業者同士で勝負してもらうことで買取額が吊り上がるからです。 一社だけに買取査定を依頼すると、比較する業者がいないので 必ず最安値の買取額を提示されます。 必ずです。 そうならないために一括査定を使います。 大手買取業者10社以上が勝手に競ってくれます。 無料でその場で スマホで 90 秒で愛車の最高額がわかる! [新登場]スマホで写真を撮るだけ?? 一瞬で高額査定!! 電話営業一切なしで一括査定より速い!! あのDMMから新サービス!! 一括査定よりも早く相場が知れる!• 面倒な電話も無し!• ササッとお車査定!• スマホで写真を撮るだけで買取相場がわかる!.

次の