新潟大学前 歯科。 わしざわ歯科大学前クリニック(新潟市西区/新潟大学前駅)【口コミ・評判3件】|EPARK歯科

交通アクセス|日本歯科大学新潟病院・日本歯科大学医科病院

新潟大学前 歯科

Message [ごあいさつ] Webサイトをご覧いただきありがとうございます。 — 歯科治療やお口の健康維持に対する考え方は、日進月歩で進化しています。 ご連絡、ご来院を心よりお待ちしております。 院内の様子(完成イメージ) Profile [経歴] 院 長 中村 輝保 teruyasu nakamura 歯科医師・歯学博士 —• 東京都西東京市出身• 東京都立武蔵高等学校卒業• 国立東京医科歯科大学歯学部卒業、歯科医師免許取得• 国立東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修了、博士(歯学)取得• 2004-2006年 国立東京医科歯科大学歯学部附属病院 義歯外来 医員• 2006-2015年 国立東京医科歯科大学歯学部附属病院 義歯外来 助教• 2008-2016年 株 TDK歯科診療室 非常勤• 2012年 オーストラリア シドニー大学歯学部 客員研究員• 2015年 国立東京医科歯科大学歯学部 部分床義歯補綴学分野 非常勤講師• 2015-2020年 医療法人ワンアンドオンリー 麻生歯科クリニック勤務• 2015-2020年 医療法人ひのき歯科赤羽医院(訪問診療)非常勤• 2020年4月 ふるまち歯科開院 副 院 長 中村 恵子 keiko nakamura 歯科医師・歯学博士 —• 新潟県新潟市出身• 新潟県立新潟高等学校卒業• 新潟大学歯学部歯学科卒業、歯科医師免許取得• 新潟大学大学院医歯学総合研究科修了、博士(歯学)取得• 2007-2008年 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部 医員• 2008-2010年 新潟大学医歯学総合病院冠ブリッジ診療室 助教• 2009-2011年 アメリカ合衆国ノースカロライナ大学歯学部 客員研究員• アメリカ合衆国ボストン大学歯学部 研究員• 2011-2012年 新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔解剖学分野 研究員• 2012-2016年 都内歯科医院(一般歯科、小児歯科、訪問診療)勤務• 2015-2019年 東京歯科大学パーシャルデンチャー補綴学講座 助教• 2020年4月 ふるまち歯科開院.

次の

院長・スタッフ│新潟市西区の歯科・歯医者|おおぬき歯科クリニック

新潟大学前 歯科

Message [ごあいさつ] Webサイトをご覧いただきありがとうございます。 — 歯科治療やお口の健康維持に対する考え方は、日進月歩で進化しています。 ご連絡、ご来院を心よりお待ちしております。 院内の様子(完成イメージ) Profile [経歴] 院 長 中村 輝保 teruyasu nakamura 歯科医師・歯学博士 —• 東京都西東京市出身• 東京都立武蔵高等学校卒業• 国立東京医科歯科大学歯学部卒業、歯科医師免許取得• 国立東京医科歯科大学大学院医歯学総合研究科修了、博士(歯学)取得• 2004-2006年 国立東京医科歯科大学歯学部附属病院 義歯外来 医員• 2006-2015年 国立東京医科歯科大学歯学部附属病院 義歯外来 助教• 2008-2016年 株 TDK歯科診療室 非常勤• 2012年 オーストラリア シドニー大学歯学部 客員研究員• 2015年 国立東京医科歯科大学歯学部 部分床義歯補綴学分野 非常勤講師• 2015-2020年 医療法人ワンアンドオンリー 麻生歯科クリニック勤務• 2015-2020年 医療法人ひのき歯科赤羽医院(訪問診療)非常勤• 2020年4月 ふるまち歯科開院 副 院 長 中村 恵子 keiko nakamura 歯科医師・歯学博士 —• 新潟県新潟市出身• 新潟県立新潟高等学校卒業• 新潟大学歯学部歯学科卒業、歯科医師免許取得• 新潟大学大学院医歯学総合研究科修了、博士(歯学)取得• 2007-2008年 新潟大学医歯学総合病院インプラント治療部 医員• 2008-2010年 新潟大学医歯学総合病院冠ブリッジ診療室 助教• 2009-2011年 アメリカ合衆国ノースカロライナ大学歯学部 客員研究員• アメリカ合衆国ボストン大学歯学部 研究員• 2011-2012年 新潟大学大学院医歯学総合研究科口腔解剖学分野 研究員• 2012-2016年 都内歯科医院(一般歯科、小児歯科、訪問診療)勤務• 2015-2019年 東京歯科大学パーシャルデンチャー補綴学講座 助教• 2020年4月 ふるまち歯科開院.

次の

交通アクセス|日本歯科大学新潟病院・日本歯科大学医科病院

新潟大学前 歯科

歯の診療科は、• 保存修復:う蝕=むし歯をはじめとした歯の疾患を診断・治療し、失われた歯の形、機能、外見を回復する。 歯内療法:歯髄=歯の神経と、根尖歯周組織疾患=歯根の先の疾患を診断・治療し、歯の機能を維持する。 以上を担当する外来です。 歯の疾患(むし歯など)、それに続発する歯髄疾患(歯の神経の病気)や根尖性歯周炎(歯根の病気)の診断・治療を行います。 具体的には、むし歯や折れた歯に詰め物を製作する治療、変色した歯の色調を改善させる治療、歯の神経を取り除く治療、根管治療(根管=歯根内部の細い管の中の細菌を取り除く治療)などを行っています。 特色ある治療 当診療科では、先端的器材・術式の導入や最前線の歯科治療の実践に取り組んでいます。 保存修復の分野では、「接着(歯と詰め物とを接着させる)」「ミニマルインターベンション(歯の切削を小範囲にとどめる)」「審美(白く美しい歯)」をキーワードとする専門的、先端的医療の提供を行っています。 歯内療法の分野では、診断や治療の精度向上を図るため「歯科用実体顕微鏡」を積極的に活用しています。 さらに、根管の切削や充填にもさまざまな先端的器材を使用して、専門的、先端的医療の提供に努めています。 取り扱っている主な疾患• 歯の疾患:う蝕(むし歯)、歯の破折・亀裂(歯が折れた)、咬耗・磨耗症(歯が磨り減った)、歯の形成不全、歯の変色・着色、象牙質知覚過敏症(歯がしみる)など• 歯髄疾患(歯の神経の病気;歯がしみる、痛い)• 再来は予約制ですが、急患受付も致します。 例えばむし歯の治療では、歯と詰め物とを接着させる 技術を積極的に取り入れ、切削量を大きく減らしながら美しく機能的な詰め物をお作りするように努めています。 また、根管治療は冠や詰め物を長く お使いいただくための大切な「基礎工事」であり、むし歯が進行した歯の保存のための「最後の砦」にも例えられます。 肉眼で観察できない歯の内部を手探りで削る難しい治療ですが、歯の診療科では「歯科用実体顕微鏡」を積極的に活用し、精度の向上を 図っています。 他院より紹介頂いた歯髄疾患や根尖性歯周組織疾患症例には多くの症例で、その診査・診断にコーンビームCT(歯科用CT を活用しています。 左写真:エイジング(加齢)に伴う歯槽骨(あごの骨)の吸収に伴って露出した歯根に発症した全顎的なむし歯。 いくつかは既に(充填処置)詰め物がされている。 歯根は、表層が軟らかくむし歯になりやすい。

次の