コロナ ウイルス たいした こと ない。 結局、新型コロナって大したウイルスじゃなかったわけね、旅行してきた

コロナ怖い怖いの人のために、コロナなんてたいしたことないのエビデンスを集めました

コロナ ウイルス たいした こと ない

家を安心して過ごせる場所にしよう。 住宅ローン返済を延滞する前に金融機関にまずは電話相談を! 住宅ローンは延滞する前に銀行に相談することが一番です。 金融庁への報告の関係から、積極的に住宅ローン相談に応じている銀行も多いのです。 外出自粛を考慮して電話相談を受けてくれる銀行、オンライン相談窓口を設けている銀行もあるそうです。 ネット銀行でも店舗で相談できる銀行もあります。 今住宅ローンを組んでいる銀行の支店に問い合わせてみましょう。 住宅ローン返済を延滞すると個人信用情報機関に載ってしまう 住宅ローン返済を銀行に事前の相談なく延滞すると、延滞情報が個人信用情報機関に載るので信用を失います。 その後に優遇金利を受けられなくなったり、借り換え、買い替えができなくなる可能性も高く、延滞金もかかってしまいます。 住宅ローン返済はどうすれば楽になる? 住宅ローンの相談を銀行にするときは、住宅ローン契約内容を確認してみましょう。 最近の住宅ローンは失業等、病気、けがなどに対し「長期所得補償保険」等をセットにできる住宅ローンもあるのです。 「団体信用生命保険しか入ってないよ」という場合、まず次のような条件変更を相談してみましょう。 ・一定期間返済額を減額 ・住宅ローンの期間延長 ・元金返済を一定期間据え置きし利息だけ支払う ・ボーナス返済を取りやめる 住宅ローンの返済特例(住宅金融支援機構) 住宅金融支援機構では、上記の、住宅ローン条件変更の他に、新型コロナウイルス感染症の影響により収入が減少し、住宅ローン返済が大変になった場合の「返済特例」があります。 収入基準が以下のうちどれかを満たせば、可能性がありますので確認してみましょう。 上記の条件を満たすと、返済期間が最長15年、完済時の年齢は最高80歳まで延長できる可能性があります。 新型コロナの影響で、団信特約料の払込期限の猶予も希望する人は申し出を! 住宅金融支援機構は、特約料の支払いが一時的に困難になったり、実質的に失業状態になったり、事業・勤務先に影響があり収入が減少した場合、団信特約料の払込期限を納付期限から最長6カ月猶予するそうです。 特例で所得制限をなくしているので、急場をしのぐなら、「緊急小口資金」をお住いの社会福祉協議会に申請してみましょう。 20万円以内の金額で借りられる可能性があります。 9月までの新築購入なら、居住が来年でも住宅ローン控除が使えます ちなみに、住宅ローン控除を使って節税している人にも朗報があります。 国土交通省で新型コロナウイルスの感染拡大を受けた税制面の支援策がまとめられましたが、令和2年9月までに新築購入であれば、令和3年中に住めば住宅ローン控除が適用できるよう期間が延長されました。 「お家で過ごそう。 」と動画が流れるご時世、住まいをしっかり確保するためにも、万一住宅ローンに不安を感じた場合、金融機関などに相談し、早めに手を打つのが得策ですね。 【関連記事】 【参考】.

次の

手越祐也(32)「コロナ大したことない。それより経済回した方がいい。」 ←反論できる?

コロナ ウイルス たいした こと ない

死者数とか感染者数とかみても 10万人あたり6人とか7人とかな。 ほんと志村けんさんがコロナが流行りだした初期に新型コロナ肺炎でなくなったから 大きいインパクトがあったけど、もし志村さんがなくなっていなければ、なんの脅威もなかったような。 こんな程度のウイルスで2か月近く(5月31日まで宣言続けた場合)も休業させられてる店とかいい迷惑だよね。 スペイン風邪とか人口の3割4割死亡しましたし。 まさしくネット社会の弊害だね、世の中8,9割の他人なんて興味もないじゃないですか。 例えば最近も前沢ってzozoの社長してたやつ、あれがひとり親なんとかで100万ばらまくだやって、ネット上で売名行為だたたかれて、サッカーの本田とか長友とか、ああいったのが、売名行為のなにがわるいだの反論して、でもネット社会でなければ長友だの本田だのに興味ある人って少数、うちの会社でもサッカーみている人ってほぼ皆無だし、前沢元社長なんかも同じ、 たまにテレビみて、そんなのがいたなぁ程度だけど、ネット社会になり、 興味もないのに、嫌でもそういったのもSNS等で目に入るわけ。 だから余計他人というのは煩わしくなり世知辛い世の中になったわけ。 コロナもネット社会でなければ、たいしてさわがれなかったろうし、緊急事態宣言なんてだすような大げさなものでもなかったろうね。 イタリア、スペインだって大量の死者がでているといっても3万、4万で人口の数千人に1人、おそらくほとんどは高齢者とか、他の持病持った人の死がほとんどでしょ。 一昨日なくなった力士も糖尿病の合併症ですし。 で何十兆と税金つかって(オリンピックにかった費用の15倍ぐらい?) どうするんですかね。 電車はガラガラ、飛行機はガラガラ、観光地と例年の2割ほど、こんな最高の観光状態で 観光してた人は一生分たのしめたでしょうね、自分も少ししたけど。 で収束してみれば15000ぐらいが感染して12000ぐらいがすでに退院して。 何が脅威だったんだろうか? むしろそれにより大げさにして2か月も経済とめた事による大きな、大きな代償の方がけた違いにいたいだろうね、 東日本大震災の数倍の税金使ったし、さらに2か月も一部産業を休業させすでに200社前後の倒産。 今の日銀は株価をかいとって吊り上げているので吊り上げ相場であるから株価だけはさがってないけど。 でも、これは多くの客がゴールデンウイーク中の割高な運賃、ほぼ満席状態になるから、翌週は会社や学校などもはじまり需要が大きくへるから客も少なく一気に運賃や宿泊費もさがるわけで、 オリンピックおわれば、日本の需要も大きくさがるから飛行機代もホテル代も大きくさがるでしょう、それだけ大きく需要がなくなるからであって。 だから、多くのオリンピックした国がオリンピック前は外国人需要なので税収があがったり、経済もよかったのがオリンピックおわったら悪化していってますよね、イギリスやブラジルがよいれいで。 ブラジルなんてオリンピックおわった後からは相当景気わるいのでしょう。 アジアの国はどこもたいした感染者も死亡者もでてませんよね。 とてもじゃないけど、大半の国が途上国のアジア 大半の国が先進国のヨーロッパ。 感染防止政策だって普通に考えれば先進国の方が進んでいるはず。 多くの専門家とうがいっているみたいに 欧米のコロナと武漢コロナは別物だったのでは。 中国自体もあれだけ人があふれているのに 死者は数千人程度でしたし。 そもそもニューヨークより日本の方が感染対策しだしたの遅いですね 日本がすくなかったのは武漢ウイルスは風邪と大差ないものでしかなかったのか たまにきく アジア人はヨーロッパ人みたいにキスだのをあまりしない、家に入る時はくつを脱ぐなどの 生活様式がよかったのか、そのあたりにたどりつく。 ヨーロッパとか完全なロックダウンしたのに、あれだけ死んでる 日本なんて在宅勤務などにきりかえた労働者なんてせいぜい2割3割の世界で 平日の都心のあの人混みなんて2,3割しか減ってないわけで それでもワイドショーとか報道番組が毎日のようにずっと騒いでいるほどでもなかった。 報道番組なんかもむしろコロナ続いてくれた方が楽なのでは。 毎日同じコメンテーターよんで、毎日同じようなコロナ関連のニュースやってればいいだけで 最後の方に数分だけ天気と他のニュースを報道するだけですむので 製作費なんかも相当おさえられてるだろうし。 日本でなくなってる人って1000人以下 ほとんどは高齢者施設とか、入院患者の院内感染からの死者。 とくに持病もない60歳以下で死亡した人ともなればかぞえるほど 国際社会なんとかの三浦瑠偉さんもいってたけど 大した脅威でなかった、それなのに2か月も経済停滞させ、何十兆という借金を増やし、倒産も数百件も だした政府の責任逃れ的っていってたね ここで、結局、大した脅威でもないウイルスに2か月も非常事態宣言だしました、 こちらの過ちですなんて、言えないから 10万人あたり5人以下になるまで非常事態宣言続けるとか苦しい言い訳して 10万人あたり5人って・・・50万人に1人? 普通の風邪ですらこのくらいは重症化するんじゃないのですかね。 ちなみに欧米で数十万死亡したコロナウイルスとアジアで拡散したコロナウイルスって別物説が多いけど どうなんですかね。 東京なんてみてても、むしろロックダウンしたニューヨークの方がはるかに外出者はすくない しかしニューヨークは10万近くが死亡、東京は50人程度 いくら素晴らしい政策しても、これはありえないね ましてや人口密度もニューヨークの2倍なのに。 脅威を未然に防いだ? 全てごてごてだったし ほったんの横浜港のクルーズ船の客をたいした検査もせずに公共交通機関でかえらせて 各地にコロナが拡散、たしかこれがはじまりでしたね日本のコロナって。 東京とかも外出するな、するなとか騒いでいても せいぜい平日なんて3割減程度でしょ 東京の昼間にいる人間の数ってどのくらいよ 東京だけで1300万、神奈川とかからも200万ぐらいきて 1500万、それでいて感染したのは5000人、3000人に1人 さらに死亡までいたったのは200人程度。 率でいえば10万人に1人 むしろ邪魔なマイカーでも規制してくれた方がよほど死者数はへるよ。 ニューヨークが都市封鎖してほとんど車はしらなかったら 歩行者の事故死は0人、PM2,5の浮遊率は7割強減ですよ。 コロナで1か月あたり300人ぐらい死亡したのだろうか で、日本の車からみの交通事故死は月あたり500人ぐらいだよね、 邪魔でも経済の為に車増やさないといけないから日本はやってるわけで。

次の

【悲報】ビートたけしさん、うっかり本音を言ってしまう「コロナウイルスって本当は大したことないんじゃない?」

コロナ ウイルス たいした こと ない

緊急事態宣言 新型コロナウイルスの感染が拡大している。 世界保健機関(WHO)はついに、新型コロナウイルスによる肺炎を「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」(PHEIC)に該当すると宣言した。 私は医師(病理医)だが感染症の専門家ではないうえ、刻一刻と事態が変化しているので、このウイルスに関する詳しい解説等は他の専門家に任せる。 Yahoo! ニュース個人でも、感染症専門医のが詳しい解説をしているし、旧知の病理医である峰宗太郎先生も、詳しい記事を書かれている。 その他感染症界のエースと呼ばれる岩田健太郎先生も、などで発信されている。 こうした専門家の正しい情報をフォローし、過剰反応せず、かつ侮らず冷静に対処してほしいと願う。 インフルエンザのほうが死んでる というわけで、一介の病理医の私の出番などないわけだが、少し気になることがあって記事を書くことにした。 それは季節性インフルエンザと新型コロナウイルスを比較した報道が増えてきたことだ。 アメリカでは年間1万2千人がインフルエンザが原因で亡くなっており、2017年から2018年にかけての流行期には、45万人がかかり、6万1千人が死亡した。 それに比べれば、新型コロナウイルスによる肺炎などまだまだ大したことはないだろう、と言うわけだ。 それはその通りだ。 インフルエンザが死にどの程度影響を与えたか推定するのは難しいが、日本では大体年間1万人程度が亡くなっているという。 Q10. 通常の季節性インフルエンザでは、感染者数と死亡者数はどのくらいですか。 例年のインフルエンザの感染者数は、国内で推定約1000万人いると言われています。 国内の2000年以降の死因別死亡者数では、年間でインフルエンザによる死亡数は214 2001年 ~1818 2005年 人です。 また、直接的及び間接的にインフルエンザの流行によって生じた死亡を推計する超過死亡概念というものがあり、この推計によりインフルエンザによる年間死亡者数は、世界で約25~50万人、日本で約1万人と推計されています。 出典: コロナウイルスはまだ日本国内で死者が出てはいない。 インフルエンザのほうがよっぽど生命に影響を与えるので、インフルエンザに対する対策をしっかりすべきであるというのは当然だ。 感染症の専門家である岡部信彦氏は以下のように述べる。 新興感染症の報道は常にセンセーショナルですからね。 毎日報道されるのは、SARSやMERSの時と同じですが、それに惑わされて、足元にあるリスクを忘れてはいけません。 今、日本で普通に歩いている人は、新型コロナウイルスにかかる心配よりも、インフルエンザにかかって会社を休む可能性の方がずっと高いわけです。 それでもワクチンをうたない人はいます。 出典: 比べて良いのか ただ、新型コロナウイルスとインフルエンザを単純にかかった人の数や死者数だけで比べて良いのだろうか。 共にウイルスによる感染症であり、比較は容易いと思われるが、新型コロナウイルスはいまだ明確な治療法がなく、しかも次々と新しい情報が発信されているという、いわば「クライシス」(緊急事態)の状態にある。 こうした「クライシス」の時には、コミュニケーションの仕方に注意が必要とされる。 クライシス・コミュニケーションとは、 不測の事態を未然に防止するため 万一、不測の事態が発生した場合にその影響やダメージを最小限にとどめるための 「情報開示」を基本にした 内外の必要と考えられるさまざまな対象に対する 迅速かつ適切なコミュニケーション活動 のことです。 出典: こうしたクライシスの状態では、安易なリスク比較は危険だとされている。 新型コロナウイルスはインフルエンザよりも死者は少ないので、大したことない、全然怖がる必要ないと言い切ってはいけないということだ。 感染症の広がりや死亡率のリスクは様々な要素に左右され、過去の感染症とは人の動きなども著しく変わっているので、現時点では今後どうなるか、まだ見通しがつかないというのが正直なところです。 出典: インフルエンザの感染が大きな問題であるのは事実だが、新型コロナウイルスと比較して強調するのではなく、それはそれとしてきちんと啓蒙し対策を立てていくことが重要だ。 新型コロナウイルスに関しては、WHOや中国政府、そして日本政府は、分かっていること、分かっていないことを包み隠さず公開していくことが、「クライシス・コミュニケーション」として求められていると言えるだろう。 そして、それを受けて、メディアも冷静な情報発信を続けてほしい。 追記 クライシス・コミュニケーションに関しては以下のページが参考になる。 追記(2020年2月14日) 次第に新型コロナウイルス(SARS-CoV2)とその感染症(COVID-19)と季節性インフルエンザの違いが見えてきた。 東北大学の押谷仁教授は以下のように述べる。 少々長いが引用させていただく。 我々は今、非常に厄介なウイルスを相手に戦っている。 「過度に恐れずにインフルエンザと同じような対応を」というメッセージを伝えるだけでこのウイルスにたち向かうことができるとは私は考えていない。 そもそも、このウイルスは明らかに季節性インフルエンザと同じではない。 日本でも、毎年高齢者を中心に多くの人が季節性インフルエンザで亡くなっている。 しかしその死亡のほとんどはインフルエンザ感染の後に起こる細菌性肺炎やインフルエンザ感染をきっかけに寝たきりの高齢者などが心筋梗塞など別の原因で亡くなるインフルエンザ関連死と呼ばれる死亡を含んだものである。 このため、インフルエンザは高齢者の最後の命の灯を消す病気と言われている。 しかし、この新型コロナウイルスはまったく違う。 重症化する人の割合は低いが、重症化した人ではウイルスそのものが肺の中で増えるウイルス性肺炎を起こす。 重症のウイルス性肺炎は治療が困難で、日本でも救命できない例が出てくる可能性は十分に考えられる。 寝たきりの高齢者などにとってもこのウイルスはもちろん危険なウイルスであるが、中国では50-60代の人も多く亡くなっており、30-40代の人の死亡も報告されている。 多くの人にとっては、季節性インフルエンザと同じ程度の病気しか起こさないウイルスだからといって、決して侮ってはいけないウイルスである。 出典: 追記2(2020年3月15日) 1月に書いたこの記事がいまだ多くの方々に読まれているので、追記する。 WHOもパンデミックを宣言した。 生活にもおおきな影響が出てきている。 それでもいまだ「まだ10人くらいしか死んでいない」「他のことの方がもっと影響ある」「騒ぎすぎ」という声が聞かれる。 季節性インフルエンザとの比較は減った印象だが、他のリスクとも比較が行われている。 繰り返すが、不明なことがまだ多い現在進行形のクライシスの中で、数字だけを比較してはならない。 数字は未確定であり、これから増えていく。 死亡率が低くとも、今年中に例えば日本人の半数、6000万人が感染すれば、死亡率が1%で60万人、0. このように見れば、確定した他のリスクの数値と比較するのは適切ではないことはお分かり頂けるだろう。 こうしたミスリードは、対策を遅らせることにもつながる。

次の