有田 求人。 有田工業 株式会社のハローワーク求人|42030

有限会社 有田ゴム工業所のハローワーク求人|44060

有田 求人

職種 店舗・事務所・アパート等の 内装リフォーム。 未経験の方でも、まずは道具の名前を 覚えながら荷下ろし、壁紙を剥がす 作業から始めてもらいます。 天候は関係なく働けるので安定した 収入!とにかく稼げる!! ------------------------------------ 対象となる方・資格 未経験大歓迎!! 普免許お持ちの方優遇!! 勤務地 関東近郊 休日・休暇 日、祝、年末年始、お盆、GW シフト詳細 GW、お盆、年末には大型連休!朝は少し早起きですが、終わるのは17時。 多少の残業があったとしても、家へ帰るのが早いんです。 18時過ぎには家に着いて、家族とゆっくり夕食や子供とお風呂を取っている。 そんな日もあります。 「家でゆっくりテレビを観る日」、「友達と食事に行く日」などのプライベートを充実して過ごせる日も多いです。 交通費支給有無 …… あり• 規定 …… 規定支給 車やバイクでの通勤もOK!駐車・駐輪スペースには空きがあります。 採用担当からご連絡差し上げますので、連絡のつきやすい番号やアドレスの記載をお願い致します。 また、ご連絡の希望時間がある方はご記入ください。 電話応募 お電話での応募も受け付けております! 時間によっては繋がらないこともあるので、時間を改めて頂くかWEBからご応募ください。

次の

有田工業 株式会社のハローワーク求人|42030

有田 求人

職種 店舗・事務所・アパート等の 内装リフォーム。 未経験の方でも、まずは道具の名前を 覚えながら荷下ろし、壁紙を剥がす 作業から始めてもらいます。 天候は関係なく働けるので安定した 収入!とにかく稼げる!! ------------------------------------ 対象となる方・資格 未経験大歓迎!! 普免許お持ちの方優遇!! 勤務地 関東近郊 休日・休暇 日、祝、年末年始、お盆、GW シフト詳細 GW、お盆、年末には大型連休!朝は少し早起きですが、終わるのは17時。 多少の残業があったとしても、家へ帰るのが早いんです。 18時過ぎには家に着いて、家族とゆっくり夕食や子供とお風呂を取っている。 そんな日もあります。 「家でゆっくりテレビを観る日」、「友達と食事に行く日」などのプライベートを充実して過ごせる日も多いです。 交通費支給有無 …… あり• 規定 …… 規定支給 車やバイクでの通勤もOK!駐車・駐輪スペースには空きがあります。 採用担当からご連絡差し上げますので、連絡のつきやすい番号やアドレスの記載をお願い致します。 また、ご連絡の希望時間がある方はご記入ください。 電話応募 お電話での応募も受け付けております! 時間によっては繋がらないこともあるので、時間を改めて頂くかWEBからご応募ください。

次の

有限会社 ギャラリー有田のハローワーク求人|41040

有田 求人

店内に入ると、どこを向いても目に飛び込んでくるコーヒーカップ。 その数なんと2000客以上! 有田焼のギャラリー兼カフェレストランとして33年続く「ギャラリー有田」さんから「ブランドマネージャー」と「レストランスタッフ」募集のお知らせが届きました。 今回は福岡を飛び出して、お隣の佐賀県有田町からお届けします。 世界中で愛される有田焼 佐賀県の西部に位置する有田町は、世界に名だたる有田焼の生産地として知られ、人口約2万人の町民の7割ほどが、なんらかのかたちで焼き物に関わるという窯業の町です。 江戸時代には伊万里港から出荷されたため、IMARIの名でも知られる日本初の磁器・有田焼。 安価な海外製品に押され一時期低迷しましたが、現在では伝統的な作品のほか、国内外で活躍するデザイナーと組んで製品を発表するなど、進化を続けています。 町を歩くと、アジア圏のみならず欧米からの観光客の姿もちらほら。 通りには焼き物のギャラリーやお店、窯元が軒を連ね、他では味わえない独特の町の雰囲気と焼き物を求めて、いまや世界中から人が訪れています。 ギネスブックへの申請も準備中という2,000客以上のカップ&ソーサーのコレクションから、好きな器を選んで喫茶を楽しめる趣向に、器好きとしても心が浮き立ちます。 素敵なカップに囲まれながら、海外進出も視野に入れる代表取締役の久保田充昭さんやスタッフの方にお話を伺ってきました。 いつからこちらの代表をされておられるのでしょうか? 久保田さん:今年で34歳です。 いくつか事業をやっている父からここの運営を任されたのが2012年ですから、7年前からですね。 もともとギャラリー有田は、1986年に店舗を持たずに焼き物の行商をしていた父が、ギャラリー兼喫茶店として始めました。 いまも少ないですが、特に父が始めた当時の有田には喫茶店がほとんどなく、しかもずらりと並んだ有田焼のカップから自分で選んだ器でお茶が飲めるというかたちが珍しく、たくさんの方にお越しいただきました。 私が引き継いだ2012年頃、実はこちらの運営はあまりうまくいってなかったんです。 お客様自体は変わらず来てくださっていたのですが、運営する「店長」がいなかった。 アルバイトスタッフの都合でシフトが決まっていて、平日にはたくさんスタッフがいるのに、休日にいなかったり。 私の最初の仕事は、きちんとしたシフト表をつくることでしたね。 その状態からよくぞ、という感じですが、もともと有田でお父様の会社を手伝われていたのでしょうか? 久保田さん:大学の商学部を出てから、別の会社に入り、カラオケの店舗運営をしていました。 もともと飲食といった接客業が好きだったんです。 ギャラリーの運営については一から学びましたが、前職での経験が喫茶のほうで活きました。 時代に合わせて、喫茶店だけではなく地場のものを使ったカフェレストランとしたことも大きな変化です。 もともと集客自体はありましたので、運営を見直し、時代のニーズを取り入れたことで利益がきちんと出るようになりました。

次の