アメリカ コロナ デモ。 コロナより酷い、アメリカのデモ惨禍〜心おだやかに過ごすための工夫

netflixomatic.goodformandspectacle.com : 抗議デモ激化、新型コロナ感染者急増の恐れ 米

アメリカ コロナ デモ

(CNN) 全米各地で黒人男性死亡事件への抗議デモが激化している影響で、新型コロナウイルス感染者が急増するとの懸念が強まってきた。 デモの発端となった事件はミネソタ州で5月25日に発生。 その2日後、新型ウイルスによる米国内の死者は10万人を超えた。 米食品医薬品局(FDA)のゴットリーブ前長官は5月28日のテレビ番組で、大勢の人が集まるデモで「感染の連鎖に火が付いたことになるだろう」と警告を発した。 CNNのまとめによると、31日までの1週間に報告された新規感染者数は18の州で10%以上の増加、21州で減少、11州で横ばいとなっていた。 ミネソタ州では事件前から感染者が増加傾向にあった。 ワルツ知事は、デモの人出で感染者がさらに急増することは「避けられない」と懸念を示す。 デブラシオ・ニューヨーク市長は30日、大勢の人が密集するデモは感染の危険が大きいとして、マスク着用や対人距離の確保を改めて呼び掛けた。 ニューヨーク州のクオモ知事は同日の記者会見で、感染拡大のさなかでも市民にはデモをする権利があると述べる一方、「他人を感染させる権利はない。 人々の健康を危険にさらすような行動を取る権利はない」と訴え、参加者にマスクを着けるよう求めた。 クオモ氏は一方で、新型ウイルス感染では非白人、特に黒人に多くの死者が出て、長年の格差が浮き彫りになったと指摘した。 メリーランド州のホーガン知事も感染拡大に懸念を示し、「これで感染者が急増してしまうかどうか、2週間後に全米で判明する」と話している。

次の

なぜアメリカは新型コロナウイルスの感染が広がったのか?

アメリカ コロナ デモ

4月13日に行われたオハイオ州・コロンブスでのデモでは、参加者はトランプ大統領のスローガンである「Make American Great Again(アメリカを再び偉大に)」と書かれたグッズを身につけ、州議事堂の中庭にした。 同様のデモはテキサス州やカリフォルニア州でも行われた。 トランプ大統領は4月15日、「ピークは過ぎた」とし、翌日の16日には経済活動を再開させるを発表。 17日にはTwitterで「ミネソタを解放しろ」「ミシガンを解放しろ」「ヴァージニアを解放しろ」と、民主党知事の3州の名を挙げ投稿した。 共和党・民主党知事に関わらず、少なくとも40の州で外出制限が実施されている。 トランプ大統領の新たなプランは、規定を緩和する前に、州や地方の当局者は2週間にわたる感染者の減少や、検査実施の機能や医療機器の確保を確認することが推奨されている。 しかし複数の知事は、自分の州はそういった規定を満たしていない、と話している。 メリーランド州のラリー・ホーガン氏はに対し、「今すぐの再開を求める人々の苛立ちは理解できます。 私も苛立ちはあります...。 安全に再開できるよう、できること全てをやっています」と語った。 そして、トランプ大統領が、自身の政策に反するデモを推奨することは助けにならないと話す。

次の

新型コロナ 米国の抗議デモ激化で16州で増加

アメリカ コロナ デモ

アメリカ中西部ミネソタ州のミネアポリスで25日、黒人男性が白人の警察官らに拘束された際、首をひざで押さえつけられて死亡した事件で、警察は現場にいた警察官4人を免職の処分とし、このうち、ひざで押さえつけた元警察官について、地元の検察は29日、殺人などの疑いで訴追しました。 この事件を受けて、現地のミネアポリスでは連日、黒人を中心とした大勢の市民が抗議デモを行い、一部がスーパーなどで商品を略奪したほか、警察署を放火するなど過激化しました。 抗議の動きは全米各地に広がり、ニューヨークや首都ワシントンなど少なくとも11の都市でデモが行われています。 このうち黒人が多く住むジョージア州ではデモの参加者の一部が過激化し、複数の警察車両のガラスが割られたり、火をつけられたりしました。 デモではマスクをしていない人も多く見られたほか、人との距離が取られておらず、いわゆる「3密」の状況となっています。 アメリカでは新型コロナウイルスの感染が今も続く中、デモは人種間の憎悪の広がりとともに、新型コロナウイルスへの感染が拡大するおそれもあります。 29日、首都ワシントンのホワイトハウス前でも、黒人男性が死亡したことに対する抗議デモが行われました。 ワシントンではこの日、新型コロナウイルスの感染拡大に伴う外出規制が緩和されましたが、マスク姿の大勢の人たちが「黒人を守れ」とか「正義のないところに平和はない」などといったボードを掲げて、政府に対して人種差別をなくすよう求めていました。 参加した黒人女性は「道の真ん中で人が殺されるような国で子どもを育てたいとは思いません。 子どもたちが肌の色の違いで区別されたくないからです。 政府は私たちの声に耳を傾けて行動すべきです」と話していました。 また白人男性も「今の司法制度には人種差別が根強く残っているのでこの問題に対処しなければいけません。 みんなだまっていてはいけないと思い、ここに来ています」と話していました。 抗議が全米各地に広がったことについて、大統領選挙で野党・民主党の候補者指名を確実にしているバイデン前副大統領はビデオメッセージを発表し、名指しは避けながらトランプ大統領の対応を批判しました。 バイデン氏はこの中で、黒人への人種差別の歴史に触れ「この国の原罪は今も国を汚している。 私たちは時にそれを見過ごしてしまう」と指摘しました。 そのうえで「最大の悲劇は善人の沈黙だ」と訴えた公民権運動の指導者、キング牧師のことばを引きながら「問題から目を背けてはならない」と呼びかけました。 そして、「ツイートであおり、暴力を助長している場合ではない。 これは国家的な危機だ。 今こそ真のリーダーシップが必要だ」と述べて名指しはしなかったもののトランプ大統領の一連の対応を批判しました。 また、オバマ前大統領は、「これが『普通』のことであってはならない。 子どもたちが最高の理想の国で育つことを望むのであれば、私たちはよりよくなることができるはずだし、そうしなければならない」とする声明を出し、差別や偏見がない社会の実現を呼びかけました。

次の