リウマチ 性 多発 筋 痛 症。 国の難病指定である「リウマチ性多発筋痛症」とは?

リウマチ性多発筋痛症|膠原病・リウマチ内科|順天堂医院

リウマチ 性 多発 筋 痛 症

-目 次-• リウマチ性多発筋痛症とは リウマチ性多発筋痛症は一般に50歳以上、とくに60歳以上の高齢者に起こる原因不明の病気です。 体の中心に近い部分(肩、腰周囲)の筋肉の痛みやこわばりが主な症状です。 線維筋痛症が血液検査でまったく異常を認めないのに対して、リウマチ性多発筋痛症では高度の炎症反応を認めるのが特徴です。 しかし、他にこれといった決め手になる検査がないため、診断は、感染症などを否定しながら総合的に行われます。 男女比は1:2とやや女性に多いといわれています。 リウマチ性多発筋痛症では、全身症状、筋肉症状、関節症状の3つが主な症状です。 前兆になるような感染症などはとくに知られていません。 体に近い部分の筋肉の痛みやこわばりから始まり、それが2週間以上続くのが特徴です。 ただし、関節がはれ上がるほどになることは少ないといわれています。 これらの症状が急速に出現して、2週間程の短期間に病勢はピークに達します。 筋肉症状としては、筋肉痛が、頚部、肩周囲、腰部、臀部、大腿部に見られ、この痛みは自分で感じられる痛み(自発痛)で、押さえたり、運動してもそれ程変わらないのが特徴です。 また、筋肉には赤みや腫れなどはなく、筋力が弱くなったと感じることもありません。 関節症状は、主として痛みが肩、膝、手首の関節やその周囲に見られ、関節そのものが腫れたりすることはほとんどありません。 リウマチ性多発筋痛症の診断 症状は、急に始まることが多いのですが、治療しないとそのまま続くため、数カ月にわたって徐々に進んだようにみえることもあります。 炎症反応を示す赤沈検査や血清CRP濃度が高値となり、そのほかに軽い赤血球数の減少と、白血球数および血小板数の増加がみられますが、この病気の診断を確定する特有な検査はありません。 一方、筋痛があるにもかかわらず、多発性筋炎にみられるような筋肉由来の血清酵素(CKなど)の増加はみられません。 また、リウマトイド因子や抗核抗体 こうかくこうたい などの免疫異常は、通常認められません。 特徴となる症状や検査所見などを組み合わせた診断基準が診断の助けになります。 いくつかの診断基準が提唱されていますが、いずれも高齢者であることが第一条件です。 しかし、高齢者の定義については、50歳以上とするものから70歳以上までまちまちですが、60歳以上とするのが一般的です。 ただし、実際には、50歳前後でも特徴的な症状がある場合は、この病気と診断されます。 側頭動脈炎を20~30%に合併しますが、このような場合はズキンズキンとした拍動性頭痛と圧痛を一方のこめかみに生じます。 リウマチ性多発筋痛症では側頭動脈炎を合併しない場合には、副腎皮質ステロイド薬が著効します。 関連コンテンツ.

次の

リウマチ性多発筋痛症|診察室でよくみる大人の病気

リウマチ 性 多発 筋 痛 症

原因 はっきりとした原因はわかっていません。 おそらくはもともとの遺伝子異常に加えて、加齢によるホルモンバランスの乱れやウイルス感染などが引き金になり発症するのではと考えられています。 また悪性腫瘍・癌が発症の引き金となっていることもあります。 PMRを疑ったらまずは悪性腫瘍の検査を行う必要があります。 症状 PMRを発症すると下記のような症状がみられます。 「主な症状」 ・全身の関節痛が出現 ・手が上げづらい ・太ももがいたい ・太ももがはばったせいで立ち上がりづらい ・発熱 ・体重減少 …など 検査と診断 診断は除外診断と言って、他にこの症状に当てはまる疾患をすべて除外(具体的にはその他の膠原病・悪性腫瘍・感染症・薬の副作用など)し、初めて診断となります。 まずは採血です。 一般的な項目に加えて、ALPやMMP-3が診断の役に立ちます。 PMRではこの2項目が症状することがしばしば見られます。 PMRは特に悪性腫瘍に否定が重要です。 時に悪性腫瘍があるときにこのような症状を呈することが多いからです。 ですので、PMRの診断には少なくとも全身のCT 造影が望ましい ・胃カメラ・便潜血(大腸カメラが望ましい)が必要と考えられます。 治療 治療はステロイドがよく効きます。 ステロイドを15㎎~30㎎が初期量としては一般的です(炎症の強さや年齢、体格で初期量を決定します)。 一部の方にはMTXなどの免疫抑制薬の併用が必要なケースも有ります。 詳しくはをご覧ください 合併症 側頭動脈炎 PMRに頭痛などを認めた場合は、この側頭動脈炎の合併を考える必要があります。 なぜなら、側頭動脈炎は治療が遅れると失明してしまうからです。 治療はやはりステロイドですが、初期量は30㎎以上、またステロイドパルスが必要な症例も多く認めます。 一般的に欧米人で多く合併する傾向にあり、日本人は少ないとされています。 類似疾患 RS3PE 両側対称性に手足のむくみを伴った関節炎があります。 手足の症状以外はPMRと酷似しています。 治療はやはりステロイドですが、PMRと比較し少なく済むケースが多いです。 医師からの一言 PMRは実はかなり多くみられる疾患です。 50歳以上だと2000人い一人くらいの割合ではないかと推測されています。 もしかしたら多くいらっしゃる印象もあります。 なぜか?整形外科などで関節リウマチと誤診をされているケースが多く存在するからです。 PMRは存在を知らなければ絶対に診断できません。 また、背景に悪性腫瘍が存在していることもあります。 PMR発症により癌を早期に発見治療できたケースもあります。 この疾患は割と多く存在するのですが、診断がとても難しい疾患です。 なぜなら、この疾患は除外診断と言って、症状の原因として考えられるすべての疾患を否定し最終診断しなければならないからです。 きちんと診断出来たPMRは、ステロイドの投与により劇的に症状が改善いたします。 症状が当てはまる方は、まずはお近くのリウマチ科をご受診いただければと思います。 「参考サイト・参考文献」 日本リウマチ財団HP: 【関連記事】.

次の

リウマチ性多発筋痛症

リウマチ 性 多発 筋 痛 症

発症年齢はほぼ50歳以上であり、70代でピークを迎えます。 また、男女比は1:2? 3と女性に多く、家族内発症はまれです。 発症は急性発症が多く、しばしば発症日の特定が可能です。 また、他の随伴症状として、45分以上持続する朝のこわばり、非対称性の関節腫脹、倦怠感、食欲低下、体重減少、抑うつ、微熱などを自覚する場合もあります。 また、好発時期がMycoplasma pneumoniae、Parvovirus B19、Chlamydia pneumoniaeの流行時期に重なることから、感染の関与も示唆されています。 画像検査としては滑膜包炎の評価のため関節超音波検査やMRIが応用されており、特に簡便に施行できる関節超音波検査は後述する分類基準にも取り入れられています。 近年、合併する側頭動脈炎を合わせて検出可能なFDG-PETの有用性も指摘されています。 以前はChuangら、Birdら、Healeyらによる診断基準が用いられてきましたが、鑑別診断に十分でなかったことから、2012年にEuropean League Against RheumatismとAmerican College of Rheumatologyによって新しい分類基準(Dasgupta B et al. , Arthritis Rheum, 2012)が発表されました( 表)。 表 European League Against RheumatismとAmerican College of RheumatologyによるPMR診断のための暫定分類基準 (Dasgupta B. et al. , Arthritis Rheum. 2012 一部改変) 超音波基準を用いない場合は4点以上、用いる場合は5点以上をPMRと分類する。 また、必須項目ではないものの、初めて超音波検査の結果も基準に盛り込まれました。 側頭動脈炎では失明の危険性があることから、PMRと診断した時点で頭痛、顎跛行、視力障害の有無などを確認し、その合併がないか評価する必要があります。 20mgのプレドニゾロンが第一選択ですが、プラセボと比較した臨床試験はまだありません。 一般的に、ステロイド投与後数日で症状が消失し、1? 2年間で漸減・中止できるとされます。 さらに、長期間のステロイド使用には合併症が多いことから、他の免疫抑制剤の効果も検討されていますが、明確なエビデンスはありません。 その際は、症状の持続時間や誘因の確認、心電図変化の有無などが両者の診断に有用です。

次の