リボーン 債権 回収。 リボーン債権回収|債権回収会社からの督促電話に注意!無視するとどうなるのか?|あんしん債務整理の相談窓口.com

05053727272 / 050

リボーン 債権 回収

この業者の詳細や、連絡してしまった場合の対処方法をまとめてみました。 実在する会社名を詐称している場合もございます。 実在する同名の会社、業者、団体とは一切関係ありません。 悪質業者へ連絡してしまった時のリスクは? 連絡してしまうと個人情報が漏えいしてしまうリスクが非常に高いです!! 悪質業者の特徴と対処方法とは? 架空請求や不当請求にはいくつかの特徴があります。 記述が抽象的で具体的な内容が記載されていない。 請求元の住所や責任者名などの詳細が記載されていない。 書面ではなく、SMSやショートメールで送られてくる。 「法的措置に移行」や「法的手続き」など、焦らせるようなキーワードがちりばめられている。 具体的な請求金額が明記されていない。 このようなショートメールやメッセージが届いた場合、最初に気をつけなければならないことは【 決して慌てない】ことです。 突然「コンテンツ利用料の未納が発生しています」などと連絡が来たら、つい、「何のこと?」「何かの間違いでは?」と考えて、事実確認しようと折り返してしまいがちですが、これこそが悪質請求業者の心理的な罠そのものなのです。 身に覚えがないからこそ、一切折り返さない。 心当たりがないからこそ、一切電話しない。 決して慌てず、冷静に対処することがとても大切です。 もし既に折り返し連絡を入れてしまった場合は、早めに専門家へ相談しましょう。 インターネットのレスキュー隊では無料電話相談を承っております 電話受付 10:00~22:00 ご相談は完全無料です。 また、ご相談内容に関しましてもプライバシーポリシーのもと、個人情報保護法や関係法令を遵守し、秘密厳守で承っております。 気がかりな事や不安に感じることなど些細な事でも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。 怪しいショートメールの特徴は? 悪質な業者は無差別にショートメールやメッセージを送ってきます。 迷惑メール等であれば、迷惑メールブロック機能などがありますのでさほど気にならず、ご自身でも送られてきてる事にすら気付かない場合が多いのですが、SMSやメッセージメールだと直接携帯端末に届いてしまうので、慣れてない方だと何だろうと思ってしまいます。 相手業者の特徴を把握しておく事で、トラブルに巻き込まれる危険性も少なくなってきます。 悪質な業者が送ってくるショートメールの特徴として主な内容を確認しましょう。 請求メールの内容事例 有料コンテンツの未納料金が発生しています。 本日ご連絡なき場合法的手続きに移行します。 〇〇-〇〇〇〇-〇〇〇〇 業者名 このような内容のショートメールやメッセージ通知が届いたら悪質な業者からのメッセージ通知の可能性があります。 メール送信業者は、アマゾンやYahooなど大手有名企業の名前を騙ってあなたに折り返しの電話連絡をさせようと仕向けてくる事例が増えております。 ネットショッピングで買い物をした経験がある方や、有名な会社からの連絡なのでもしかしたら何かあったのかなと、警戒をせずについ連絡をとってしまう方がほとんどです。 悪質な業者は、無警戒に電話連絡をしてくる人を狙っています。 「法的手続き」・「少額訴訟」といったワードに惑わされてはいけません! 普通なら、仮に法的手続きになるような大きな問題が起こっているのであれば、ショートメールやメッセージ通知などではなく、事前に電話連絡があるか通知書がご自宅まで届きますよね? 冷静に考えればおかしいと誰もが思う事なのですが、当事者になると、つい慌てて動揺してしまうものです。 ましてや初めての経験となれば、余計に冷静さを保てなくなってしまうのかもしれません。 相手業者は「法的手続き」・「少額訴訟」・「消費者契約法」などあえてわかりにくい難しい言葉であなたを慌てさせすぐに電話連絡をさせるような文章を送ってきます。 その際非通知設定ではなく番号通知でかけてしまった。 このような状況になった場合は、もうこれ以上はご自身の判断での対処はしないように心がけましょう。 悪質な業者は、一度でも関わってしまうとそこに付け込んで次から次へと嫌がらせのようにアプローチを仕掛けてきます。 中には、脅しや圧力をかけられてさらに金銭を支払ったり、周りを巻き込んで状況が悪化してしまったケースもございます。 上記のような対処は、悪質な業者に恰好のターゲットにされてしまう可能性が高いので、絶対にしないように気をつけましょう。 もし既にこのような対処をしてしまった場合は、お一人で抱えずにすぐに専門家へ相談しましょう。 インターネットのレスキュー隊では無料電話相談を承っております 電話受付 10:00~22:00 ご相談は完全無料です。 また、ご相談内容に関しましてもプライバシーポリシーのもと、個人情報保護法や関係法令を遵守し、秘密厳守で承っております。 気がかりな事や不安に感じることなど些細な事でも構いませんので、まずはお気軽にお問い合わせください。 不当請求のパターンとご相談事例を一部抜粋します 「利用した覚えのない請求が届いたがどうしたらよいか」という不当請求に関する相談が多く寄せられています。 請求の名目は、コンテンツ情報番組の利用料が多く、請求手段は、電子メール、ハガキ、封書等多様です。 「運営業者様から債権譲渡を受けた」 「通信会社様から委託を受けた」 等債権譲渡を受けたとする請求、存在しない法令や公的機関の名称を用いた請求、法務大臣の許可を得た債権回収業者の名称を用いた請求や、 「信用情報機関へのブラックリスト登録、さらに給料差し押さえという法的措置を取らざるを得ない」 「裁判所に申し立てた後、強制執行、近隣調査等をすることになる」 等裁判手続をちらつかせる不当請求もあり、請求内容によって様々なパターンがあります。 相談事例一部抜粋 Q 昨日、大手検索サイトを名乗り、動画サイトの利用料が未納であるというSMSがスマートフォンに届いた。 あわてて電話をかけてしまったが心配だ。 Q 中央省庁の機関のような名前の組織から訴訟の最終通告と書かれているハガキが届いたが請求に身に覚えがない。 どう対処すればよいか。 Q 利用した覚えがない料金を請求するはがきが、公的機関を名乗って届いた。 心配になったので電話をかけたがつながらない。 どうしたらいいか。 SMSで送られてくるのはなぜ? SMS(ショートメッセージサービス)とは、電話番号を宛先にしてメールの送受信ができるサービスです。 今回の請求はこのしくみを悪用したものと思われます。 今回の件は個人情報が漏れたのではなく、ソフトウエアで自動的に電話番号と同じ桁数の数字を大量に作って宛先とし、膨大な数のメールを一斉に配信しているものと考えられます。 記載された文章によって返信するようにしむけ、個人情報を得ようとしているのです。 返信すると、相手に電話番号を知らせることになり、今度は電話という別の手段で請求してくるおそれがあるので、決して連絡をしてはいけません。 電子マネーやプリカを使った支払いには要注意! コンビニでの支払いを要求された!? 最近の業者は、支払い方法としてコンビニでギフト券や電子マネーを数か所回って購入するようにと指定してきます。 普通の業者が使う支払い方法としてはありえない方法です。 相手業者がギフト券や電子マネーで支払わせようとする理由としては、 ・ 購入履歴は残っても、誰に支払ったかがわからない ・ 何の支払いに使われたのか証拠が残らない ・ 業者の足がつかない という理由が推測されます。 足がつかないので、業者が捕まりにくくなってしまいますし、ギフト券や電子マネーは一度購入してしまうと返品ができません。 ましてやコードナンバーを相手に教えてしまうと、業者にそれを使われてしまった場合、取り返すこともほぼできなくなってしまいます。 以下の支払い方法を進められたら、絶対に購入したりコードナンバーを業者に伝えてはいけません。 業者が指定してくる支払い方法一例 ・アマゾンギフトカード ・楽天ギフトカード ・ビットキャッシュ ・ウェブマネー ・電子決済 ・・・etc これらを購入するように指示されたら絶対に従ってはいけません! まとめ なぜ、未納料金請求ショートメールや架空請求メッセージが届くのか? 考えられる理由はいくつかあります。 《理由1:完全ランダムで送信している》 電話番号を一桁づつずらして送信しているケース。 ただし、このやり方はかなり効率が悪いので、最近の悪質請求業者はこの手法で連絡してくる可能性は低いです。 実際、「SMSが届いた携帯電話から番号通知のまま折り返したら、名乗っていないのに個人情報を言い当てられた」というご相談例もありました。 完全ランダムで、ピンポイントで個人情報を言い当てることは不可能でしょう。 《理由2:流出した名簿をもとに送信》 名前・住所・生年月日・電話番号などが記載された名簿を不正に入手して、名簿に対してショートメールを一斉送信しているケース。 一斉にメッセージをばらまいて、折り返し連絡があった人から狙っていくというやり方です。 最近のご相談例からも、この可能性が一番高いです。 この場合、もし SMSが届いた電話から番号通知のまま折り返しすると、トラブルに巻き込まれる可能性が一気に高まってしまいます。 なぜなら、折り返して電話番号を伝えてしまうことで、悪質請求業者側での名簿の情報が照合できてしまうからです。 意識的に自分の個人情報を漏らす人はいないと思います。 しかし、無意識に自分の個人情報を漏らしている方は、実はかなり多いです。 その最たる例はいわゆる「無料サイト」と呼ばれるものです。 メルマガに登録すれば「無料」で音楽がダウンロードできる。 電話番号を登録すれば「無料」でアダルト動画が閲覧できる。 お住いの都道府県や個人情報を入力すれば「無料」で画像がダウンロードできる。 確かにお金はかかっていませんが、お金の代わりにあなたの個人情報を払っている形になります。 漏えいしてしまった個人情報や名簿を、止めたり消したりすることは不可能です。 身に覚えがない請求・心当たりがない請求は一切連絡しないで無視をする! これがとても大切です。 もし「既に連絡してしまった!」「すでに個人情報を伝えてしまった!」「無視し続けるだけで相手が諦めてくれるのか不安だ」という方はインターネットのレスキュー隊の無料相談を強くお勧めいたします。 インターネットのレスキュー隊では無料電話相談を承っております 電話受付 10:00~22:00 インターネットのレスキュー隊 概要 東京都公安委員会届出済正規業者 東京都公安委員会 第30170027号 インターネットのレスキュー隊 ビオラ探偵事務所 TEL 10:00~22:00 東京都杉並区梅里2-40-20 第2志村ビル2階 当サイトについて 当サイトはご相談者様からの情報提供を元に注意喚起を行っております。 もし誤った情報がございましたら、お手数ですがまでご連絡下さい。 コメント欄をご利用いただいての情報提供も随時受付中です。

次の

050

リボーン 債権 回収

業者電話番号: 050-3198-3490に折り返し連絡してしまった際の危険度と詳細情報 まずは詳細情報をご確認ください 業者名称: リボーン債権回収 業者電話番号: 050-3198-3490 業者電話番号: 05031983490 実在する同名の会社、業者、団体とは一切関係ございません。 悪質な業者は実在する会社名を詐称している場合もあります。 折り返し連絡してしまった際の危険度診断結果は? 折り返し連絡してはいけません! 業者電話番号: 05031983490に折り返し連絡してしまった際の対処法 ある日、突然届いたメールに『裁判』と書かれていたら、誰しもが気になると思います。 しかし、通常であれば、メールで訴訟などの大切な通知をする事はありません。 悪質な業者が何かしらのカモリストをもとに連絡している場合は、相応の対処法を準備しておく必要があったのでは?と悔やまれる相談例もございます。 気がかりな点やご不安な方はお気軽にご相談ください! ネットのトラブル駆け込み寺では無料電話相談を承っております 電話受付 09:00〜22:00 架空請求の手口の中で、最近非常に多いのが未納料金をSMS・ショートメールで請求してくるというものです。 自らを「債権回収業者」と名乗り、未払い金を要求してくるのです。 仮に、あなたに未納料金があったとしても、はたして「SMS・ショートメール」といった不確かな方法で連絡をしてくるでしょうか。 心当たりのない未納料金を請求され、確認しようと連絡を取ることは非常に危険です。 本日のトピックス 特殊詐欺被害を未然に防ぐための方法などを不定期更新しています! 探偵社タイム ネットのトラブル駆け込み寺の悪質詐欺被害対策コラム15 先日、弊社の常識では考えられない内容のご相談例がございました。 広く注意を促す意味とその意義を考慮した上で、ご相談内容を一部公開させていただきます。 「どこに相談したらよいのかわからない」と悩んでいらっしゃる方は、是非ご確認いただきますよう強くお勧めいたします。 すると、業者Eの相談員らしき人物はこう言ったそうです。 『(不当請求を行っている) 相手業者に一度、あなた自身で電話をかけてもらって、その請求内容を確認してから再度ご連絡ください。 』 流石におかしいと感じたそのご相談者様は、早々に業者Eとの電話を切り、その後、弊社にご相談のお電話をいただき、「ある相談業者に相談したら『(不当請求を行っている)相手業者に一度、あなた自身で電話をかけてもらって、その請求内容を確認してから再度ご連絡ください。 』と言われたのですが、本当に電話しても良いものなのでしょうか?」と不安な気持ちを打ち明けられたのでした。 悪質請求業者に連絡を入れることは個人情報の漏えいにつながる恐れがありますので、絶対に連絡を入れるべきではありません。 なぜ業者Eは、常識的に考えて絶対にありえない内容のアドバイスを行うのか?その真意はどこにあるのか?と考察していきますと、とても恐ろしい現実が浮かび上がってきます。 それは、 不当請求を行っている業者と 無料相談センターを名乗る業者Eが裏で繋がっている可能性が高いという事実です。 最近、弊社のご相談例で同内容のご相談が急増していることを受け、弊社で独自に調査を行った結果、怪しい業者の特徴が浮かび上がってきました。 実際に確認を行ったところ、バーチャルオフィスであったり、酷いケースでは住居用アパートの住所だったという調査結果もありました。 【会社の所在を明らかにしていない=いい加減な話を言いたい放題、無責任に話したとしてもリスクが何もない】という事なのでしょうか・・・。 ビルの入り口に看板を出し、サイト上に記載された住所にキチンと事務所を構えて、尚且つ、会社の事務所で直接会って話が出来る所ばかりではないということでしょう。 どこに相談したらよいのかと悩んでいらっしゃる方は、是非お気を付けくださいませ。 まとめ 迷惑ショートメールや料金請求メッセージを送信している不当請求業者の目的が、「お金」であることは明らかです。 「いかに楽して、いかにズルして、いかにリスクゼロでお金を集めるか?」が悪質請求業者の基本的な姿勢・スタンスだと思われます。 また、「胡散臭いことをやっている・叩かれたらホコリが出る」ことも、当然、理解したうえでの確信犯である可能性も高いと思われます。 つまり、不当請求業者のターゲットは「誰でも構わない」けれども、「だれかれ構わずは狙わない」と推察されます。 迷惑SMSや料金請求メールに対して、折り返し連絡をしてしまうことは、悪質請求業者に「私を狙ってください!」と伝えることになってしまう恐れがあります。 逆に言えば、 折り返し連絡さえしなければ、ターゲットとして狙われない可能性が高いわけです。 【身に覚えのない請求に対しては、安易に連絡せずに、まず相手業者を確認する】 これこそ、被害を未然に防ぐ一番の対処法と言えるでしょう。 もし万が一、身に覚えがないと伝えるために連絡してしまった場合は、早急に専門家へご相談いただくことをお勧めいたします。 ネットのトラブル駆け込み寺では無料電話相談を承っております 電話受付 09:00〜22:00 探偵社タイム概要 東京都公安委員会届出済み正規業者 東京都公安委員会 第30140087号 ネットのトラブル駆け込み寺 探偵社タイム TEL 09:00〜22:00 日曜定休 東京都練馬区中村北1-13-13 3F 情報提供のお願い ネットのトラブル駆け込み寺では皆様からの情報提供もお願いしております。 ご提供いただいた情報は、弊社にて調査を行った後に注意喚起記事として掲載する場合がありますが、注意喚起以外の目的で利用することはありません。 ここで提供された情報を他のかたと共有することで、少しでも被害を未然に防止できればと考えております。 ご協力よろしくお願いいたします。 カテゴリー• 8173 アーカイブ• 111• 135• 105• 105• 121• 128• 166• 196• 152• 180• 118• 172• 148• 140• 186• 276• 268• 171• 288• 324• 189• 198• 263• 335• 359• 336• 309• 360• 313• 322• 271• 296• 362• 378• 392 ネットのトラブル駆け込み寺.

次の

050

リボーン 債権 回収

リボーン債権回収という企業から、滞納したまま放置していたローンなどで取り立ての電話を受けている人は、この記事をよく読んで対処してください。 リボーン債権回収からの取り立て電話を無視し続けると、最終的には裁判になり、差し押さえによる強制的な返済を受けることになります。 この差し押さえは、裁判所からの処置なので法的効力を持つため避けられません。 差し押さえを受けると家族や会社に借金問題を起こしていることがバレてしまい、私生活に悪影響を及ぼす可能性があります。 リボーン債権回収は、スルガ銀行のローンサービスの「ダイレクトワン」、中古車ローン業者の「ミツクニ」、また奨学金の滞納を起こしている人に対して取り立てを行うことが多い業者です。 借金に心あたりがある方は、どのように対処するべきなのかを解説するため、よく確認してください。 リボーン債権回収からの取り立ての対策 リボーン債権回収は、取り立て業務を専門にした業者です。 取り立て専門の業者から連絡が来ている時点で、放置していた期間分の利子も重なり借金の額も膨らみ、問題も深刻化していることが多いです。 そのため、普通に返済することが難しくなり、裁判所を通した差し押さえなどの法的な強制力を持った回収行為が行われてしまう恐れもあります。 こうならないための対処法として、国が行っている債務整理という借金の救済手段を利用する方法が、有効な対策です。 債務整理という救済手段は、年間で100万人以上が利用する手段なので、対応できる専門家も多くいます。 この手続をするには、法律問題の専門家を通して行う必要があるため、まずは無料相談窓口を設けている場所に相談しましょう。 お金の問題は複雑で、滞納している側が弱い立場のことが多いです。 しかし、専門家が間に入ることで対等な立場で交渉することができ、借金の大幅な減額やそもそも借金を無効にするための手続きが取ることもできます。 また、仮に架空請求業者による詐欺の場合は犯罪に巻き込まれている恐れがあるため、そのリスクを避けるためにも弁護士や司法書士に相談することをおすすめします。 相談すること自体は無料で出来るため、早い段階で相談してみてください。 当サイトでは減額制度を利用するなら、国家資格を持った専門家への無料相談をおすすめしています。 というのも、信頼出来るだけではなく、お金の問題の専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているのでこちらの事情をわかっているからです。 少し詳しいボランティアと、これまで10万件以上の相談を受けた専門家、どちらが頼りになるでしょうか? 当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つはたの法律事務所をおすすめしています。 はたの法律事務所は、事情を深く理解しており誰にも知られずにいくら減額してくれそうかを教えてくれます。 リボーン債権回収とは ここで、リボーン債権回収について解説します。 リボーン債権回収は、債権回収会社という不良債権の取り立て業務を専門とする企業です。 この債権回収会社(サービサーとも呼ばれる)は、法務大臣からの許可がなければ正式に営業活動が出来ないため、違法な取り立てや法外な金利によって借金を背負っている人を苦しめるようなことしない、クリーンな企業です。 実際ににも載っています。 そのため、いきなりの聞いたこともないリボーン債権回収からハガキや電話が来ても、詐欺だと思って無視してはいけません。 リボーン債権回収は、基本的に貸金業者や定額で支払うサービスを提供している企業が抱える不良債権の回収を行っています。 会社名 リボーン債権回収株式会社 設立 2008年6月16日 営業許可 2008年12月 法務大臣許可番号 第115号 資本金 5億5525万円 リボーン債権回収を名乗る詐欺に注意 リボーン債権回収を含めた債権回収会社から連絡が来たら、まずは先程紹介した債権回収会社一覧の中にある債権回収会社なのかを調べてください。 債権回収会社は国から許可を得ないと行えない、非常に厳しい審査を通り抜けないと営業ができない業種です。 そのため、認められている債権回収会社の数は実は少ないため簡単に確認できます。 もし、自分宛てに債権回収会社からの通知がきたら、必ず業者名と住所の詳細が確認してください。 通知の内容から、本当に正式に法務省から許可を得ている債権回収会社かどうかを確認してください。 近年、債権回収会社を名乗った架空請求業者も出てきており、正式な債権回収会社名を名乗る紛らわしい詐欺行為を行う業者もいます。 こういった業者は、SMSやショートメールなどで連絡することが多いため注意してください。 また、自分で判断できないときは専門家にすぐに相談しましょう。 犯罪行為に巻き込まれてしまう前に、早めに対処しましょう。 リボーン債権回収に依頼する業者と奨学金請求 リボーン債権回収は、2017年に新生債権回収と合併し、より多くの業者や業態からの債権回収を行っています。 主に、新生銀行グループの債権を回収することが多いですが、他にも銀行などの金融機関や、奨学金の請求 なお、具体的に委託が確認されている企業は以下の企業です。 スルガ銀行(ダイレクトワンというキャッシングローンサービス)• ミツクニ(中古車ローンの販売業者)• 日本学生支援機構 このほかにも、奨学金の回収業務も受けています。 そのため、名前が出ていたところで支払い遅れを起こしていて、放置しがちだった場合はリボーン債権回収からハガキや電話が来ることになります。 これらの企業は、サービス利用時の契約書や利用規約などに、債権譲渡に関する記述が記載されているため、請求元がリボーン債権回収となっていても違法ではありません。 そのため、後から知らなかったと主張することはできません。 リボーン債権回収から奨学金の取り立てがきたら リボーン債権回収から奨学金の返済について連絡が来たら、まずは奨学金の返済先が日本学生支援機構にあるのか、それともリボーン債権回収にあるのかを確認しましょう。 なぜなら、債権がリボーン債権回収に売却されている場合と、代理で取り立てをしている場合があるからです。 代理の取り立ての場合は、まだ金利によって増える借金の金額も大したことはありませんが、もしリボーン債権回収に債権が移っている場合は危険です。 長期間の滞納状態の債権は債権回収会社に売却されることがあるからです。 長期間借金の支払い遅れが起きてしまうと、その金利や遅延損害金という返済遅延による違約金によって大幅に借金が増えている状態の場合が多いです。 そのため、増えすぎた借金の場合は普通に返済することが困難になります。 分割で払えばなんとかなると思うかもしれませんが、5年や10年という長期間返済し続けなければいけない状態になっていることもあります。 このような場合も専門家に相談しましょう。 専門家に相談して、国の借金救済制度を利用することで借金の減額や利息のカットによって、返済する期間を大幅に減らせる可能性があります。 当サイトでは減額制度を利用するなら、国家資格を持った専門家への無料相談をおすすめしています。 というのも、信頼出来るだけではなく、お金の問題の専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているのでこちらの事情をわかっているからです。 少し詳しいボランティアと、これまで10万件以上の相談を受けた専門家、どちらが頼りになるでしょうか? 当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つはたの法律事務所をおすすめしています。 はたの法律事務所は、事情を深く理解しており誰にも知られずにいくら減額してくれそうかを教えてくれます。 債権譲渡通知が事前に来る 突然リボーン債権回収から通知がきて驚いているかもしれませんが、通知が来る前にもともと借りていた業者から債権譲渡通知という書類が自宅あてに送られてきています。 法的なルールのもとで、債権回収会社に債権を以上するときは、債務者(借金を負った人)に対して「債権譲渡通知」という書類を送付します。 この書類は自宅あてに必ず送られるものです。 債権譲渡通知は、債権の所有者が変わったことを知らせる通知という役割だけなので、請求書ではありません。 借金や支払い遅れのある未払い料金の債権譲渡の場合、譲り受けた債権回収会社のものとなります。 そのため、請求はそれまでの債権者だった貸し手ではなく、債権回収会社から来ることになります。 このような債権の譲渡、延滞を起こしてから少なくとも3ヶ月以上の期間が経過した時に起こります。 基本的に、原債権者は自身で借金を回収しようとしますが、債務者がいつまでたっても返済しない場合や返済能力が低く、長期にわたって回収困難な状態が続くと、取り立てに使うコストの削減のために、リボーン債権回収のような取り立ての専門業者に債権を譲渡します。 リボーン債権回収の取り立てについて リボーン債権回収が扱う債権は、一般的に企業が返済の催促をすることを諦めた不良債権です。 基本的には、債権回収のプロだとしても、督促状や電話を無視していると、回収はできません。 債権回収会社の取り立て業務は法律で決められているので、リボーン債権回収のようなきちんとした業者なら違法な取り立てをすることはありません。 ただし、無視をしても取り立てを行うことで後から法的な強制力を持って回収することができるようになります。 基本的に、取り立て行為は督促状のハガキや電話によって行われます。 取り立ての専門業者と聞いて、闇金まがいの恐喝のような取り立てを想像するかもしれませんが、基本的には原債権者と変わらない、ハガキや電話による取り立てが行われます。 ただし、消費者金融やクレジットカード会社などと比べて貸金業務がない分、取り立て業務に集中できるため頻繁に連絡が来ます。 リボーン債権回収の督促電話番号 実際に使われているリボーン債権回収の電話番号をいくつか紹介します。 取り立ての電話に注意といっても、どの電話番号がリボーン債権回収からの電話なのかわからなければ対策出来ません。 また、もし無視し続けている番号があるけれど、その番号がリボーン債権回収かわからないという人もいるかと思います。 そこで、現在わかっている範囲でリボーン債権回収の督促に使われている電話番号を紹介します。 03-6418-3919• 06-6225-5267 リボーン債権回収を相手に時効は出来るか? 時効の中断とは、借金の時効を防ぐことを意味します。 消費者金融やカード会社などの借金の時効は最後に返済した日から5年と定められています。 債権回収会社から取り立てを受けるような借金の場合は長期間放置されているものが多く、残り数年で時効になるものもあります。 この時効の制度ですが、実は債務者からの債権の承認を受けることによって途中で期間をリセットすることができます。 これは、この期間中に1度でも返済したり、電話口などで借金の存在を認めてしまうと承認になります。 また、内容証明郵便という通知を送付したこと郵便局側が証拠として持つことができる方法で送られた督促状も認められることになります。 取り立てる側としては、借金が踏み倒されることが一番避けるべきことです。 貸金業法も、貸した側が損しないように踏み倒しを防げるように、債権の承認は簡単に行えるようになっているため、踏み倒しを狙うようなことはしないで下さい。 万が一、踏み倒しを狙っていることが債権回収会社側に知られた場合、自宅訪問による取り立てを受ける可能性があります。 裁判所からの連絡を放置してはいけない 債権回収業者からの支払い督促が裁判所を通して来ている場合は、より慎重な対応が必要になります。 なぜなら、裁判所から督促がきているということは、近いうちに差し押さえを受けるという意味だからです。 裁判所からの訴状 リボーン債権回収は、何度取り立てを行っても反応がない場合、裁判所に訴訟を起こします。 この訴訟を起こすことによって、近い将来差し押さえによる強制的な借金の回収が行えるようになるからです。 訴えられた場合、答弁書で反論をしないと相手の主張が認められてしまいます。 裁判所からの支払督促 訴訟を起こされると、裁判所から支払督促という書類が届きます。 この書類には給料の差し押さえなどが行われる旨が記載されています。 防ぐためには異議申し立てを行い、通常訴訟へを起こす必要があります。 ただし、裁判所から通知が来た場合の対処には専門的な知識が必要です。 そのため法律の専門家でないと正しい対処をするのは難しいでしょう。 加えて、債権回収会社も日ごろから裁判所を通した取り立てを行っているため慣れています。 そのため、素人が対処しようと頑張るよりも、法律の専門家の無料相談を利用して、どうしたら良いか聞いてみることをお勧めします。 取り立てを止めるなら債務整理 債務整理とは、借金の額や返済方法を見直し、借金の負担を軽くする国が定めた借金の救済手段です。 債務整理の手続きには、借金をした人の返済能力によって出来る手続きの内容が変わります。 例えば、• 収入があり、金利や遅延損害金を0にして、毎月の返済額も減らせば3年以内に返済できる場合には「任意整理」• 借金額が収入と比べて多く、減額することで3年以内に返済できそうな場合は「個人再生」• 収入が無く返済するだけの能力が無いという場合は「自己破産」 というような形で手続きが行われていきます適用されます。 自己破産と聞くと、人生の終わりのような、今後生きていくうえで大きなデメリットがあると思うかもしれませんが、債務整理にはデメリットの少ない別の手続きがあります。 例えば裁判所を介さずに債権者と個別に交渉する任意整理や、裁判所を通して借金を減額する個人再生(民事再生)などもあります。 自己破産や個人再生をすれば、滞納した借金や遅延した分の違約金として請求されている遅延損害金が免除されます。 また、大幅に減額される以外に、今後も請求されるはずの利息もカットすることができます。 債権回収会社から督促を受けたにもかかわらず、返済も債務整理もしないで放置していると債権回収会社から、遅延損害金も含めた全額を一括で支払うことを求める裁判を起こされてしまいます。 そうなると、分割での返済には応じてもらえず、自己破産しか選択肢がなくなってしまう可能性が高くなります。 そのため、少しでも早く専門家に相談すべきと言えます。 専門家に債務整理を依頼すると、専門家が、債権回収会社に対して依頼を受けたことを通知します。 通常は郵便で送るのですが、すでに厳しい取り立てを受けている場合には、電話やFAXで依頼を受けたことを通知します。 併せて正式な受任通知を郵送するといった工夫をすれば、最短なら即日にでも、債権回収会社からの督促や債権回収会社への返済を止めることができます。 当サイトでは減額制度を利用するなら、国家資格を持った専門家への無料相談をおすすめしています。 というのも、信頼出来るだけではなく、お金の問題の専門家はこれまでに多くの人の問題を解決しているのでこちらの事情をわかっているからです。 少し詳しいボランティアと、これまで10万件以上の相談を受けた専門家、どちらが頼りになるでしょうか? 当サイトでは、10万件以上の相談実績を持つはたの法律事務所をおすすめしています。 はたの法律事務所は、事情を深く理解しており誰にも知られずにいくら減額してくれそうかを教えてくれます。

次の