ピンタレスト メール うざい。 Microsoft Edgeは使えない

通知について

ピンタレスト メール うざい

今回は、管理人がお絵描きアカウントにしようと検討している 画像・グラフィック系SNS『pinterest(ピンタレスト)』について、 アカウントの作り方・削除のしかたなどをまとめてみます。 以前、弁当やカップラーメンの画像を載せるのに使ったことがありましたが、 ユーザー属性が合わなくて&当時は日本人ユーザーが非常に少なかった(2012~13 インスタグラムですら流行ってなかった頃)ので反応が微妙でした。 しかし使えそうなコンテンツが見つかったので、再度進出してみます。 pinterest(ピンタレスト)のアカウントの作り方 まずは、トップページ に行きましょう。 アカウントがなくても少し写真をみることはできます。 しかしアカウントがあった方がトピックで写真探したり、ピンで保存とか、画像コンテンツ発信できるので、持ってて損はありません。 1:メールアドレスやパスワード指定 よくあるsnsアカウント登録と同様に、メルアドと好きなパスワードを入れます。 ここはだいたい一緒なので説明省きます。 特筆すべき点は、facebookやgoogleアカウントで入れること。 これをやると pinterestと、facebookやgoogleアカウントが連携した状態になります。 (イヤな場合はいちから作る。 あとで設定画面で連係解除しておく。 ) 2:ユーザー名や性別を ここはtwitterやyoutube,soundcloudとかで使っている芸名にしました。 キーワードとかを混ぜてもよいですが、 『画像コンテンツが充実している』ということが、アクセスやブランド力を上げる優先事項かもしれません。 3:興味のあるトピックを5個フォロー twitterでいうと『はじめに有名アカウント5個フォローしてみよう』と一緒。 これは好きなジャンルを選んでください。 ユーザー単位のフォローではないようです。 pinterest(ピンタレスト)のアカウントの削除方法 使わなくなった場合やその他もろもろの理由で、アカウントを削除したい場合はこちら。 1:プロフィールのページから、設定画面に入ろう PCビューですけど、右上のほうにアイコンがいくつかあります。 これは左から、『ピックアップ話題・プロフィールページ・お知らせ&メッセ』という内容でした。 真ん中の人の形をしたアイコンがプロフィールのページ。 ここから先に設定があります。 で、スパナとかレンチで回すボルトみたいなアイコンがあるので、ここから各種設定画面に。 2:アカウント情報の項目の『アカウントを解除』を アカウント情報のページ。 パス変更や検索プライバシー設定(検索エンジンの検索結果に非表示)、おススメのパーソナライズとかも設定可能。 このページの下のほうに『アカウントを解除』があります。 押すと『アカウントを一時停止しますか?』と聞いてきます。 削除する場合はそのまま『 アカウントを完全に解除する』をクリックします。 3:確認メールがくるので、ボタンを押して14日放置 これはfacebookとかのアカウント消す方法にもあったような気がします。 登録メールアドレスに確認メールがくるので、そのメールに記載されているボタンをおします。 あとは14日放置で、完全に解除されるようです。

次の

毎回「サインイン」という画面

ピンタレスト メール うざい

など)で メールをチェックする ・Pinterest の「設定」画面で 「お知らせメール」の設定を編集する ・Googleの「Gmail by Inbox」アプリを 使用している場合 「ソーシャル」タブをチェックする ・メールアドレスが Pinterest アカウントとリンクされて いることを確認します わからない場合は 自分のユーザー名または プロフィール名を 検索してみてください ・受信トレイ内で Pinterest からのメールを検索する (料理レシピで検索) Pinterest では 以下のメールアドレスより メールを送信しています ・pinbot info. pinterest. com (一般的な通知メール、ニュースなど) ・pinbot notifications. pinterest. com (すべてのお知らせメール) ・pinbot explore. pinterest. com (すべてのおすすめメール) ・pinbot inspire. pinterest. com (新着のピンと人気のピンに関するメール) ・pinbot account. pinterest. com (パスワードのリセットなど アカウントに関するメール) ・business pinterestmail. com (ビジネス向けのお知らせメール) (朝食で検索) Pinterest からのメールが 迷惑メールに設定されたり 送信したメールが差し戻された場合 Pinterest はメールの配信を停止します 上記の手順をすべて試しても Pinterest のメールが届かない場合は 詳細を調べますので カスタマーサポートまで 連絡してください と広報していますので 届かない場合は 問い合わせてみましょう 今回も最後まで読んでいただき ありがとうございました.

次の

【画像・グラフィック系SNS】pinterest(ピンタレスト)をはじめる~アカウントの作り方や削除のしかた

ピンタレスト メール うざい

GoogleChromeを使っているとデスクトップに通知がくることがあります。 便利に感じる人もいれば、煩わしく感じる人もいる通知設定ですが、これは「 自分が許可したサイトからの通知」が表示されるようになっています。 具体的に見ていきましょう。 GoogleChromeの通知をオフにするとデメリットはある? 煩わしいからとGoogleChromeの通知をオフにすると何かデメリットはあるのでしょうか。 「あまり分からないのに気軽にオフにしてしまっても大丈夫なのか」 不安に思うようなことをまとめてみました。 やっぱり通知を受け取りたくなった時は? ブラウザに突然表示される通知はびっくりして許可しないを選択する人がほとんどだと思いますが、一度拒否した場合でも後から許可することで再度通知を受け取れるようになります。 こういったことから、通知をオフにすること自体はあまり深く考えなくても良さそうです。 「通知が邪魔だからオフにする!」くらいの気持ちでやっちゃいましょう。 サイトにアクセスできなくなる? 通知をオフにすることでサイト自体にアクセスできなくなるのでは?という不安を抱く方もいるかもしれません。 しかし、あくまで通知をオフにするだけです。 サイト自体の利用はできますし、何かしらの機能が制限されるといったこともありません。 該当サイトの通知が不要だと感じたらオフにしてしまってよいでしょう。 後から思い返して再度オンにする場合も設定から簡単に変更することができます。 大切なメッセージが受け取れなくなることも 本来ウェブサイト側がユーザーへ向けて情報を発信するための機能です。 ユーザーにとって有益な情報である可能性も否定はできません。 たまたま訪れただけのサイトであればオフ安定だと思いますが、頻繁に訪れるニュースサイトなどでは通知をオンにしておくのも良いかもしれません。 Twitterなどでは、いいねやフォローといった何かしらのアクションを受け取った時に、ニュースサイトやまとめサイトでは、ユーザーが興味を抱く記事の更新などがあった時に通知にて知らせてくれます。 通知のオンオフ切り替えはサイト毎にできますので自分が受け取りたい通知と不要な通知を個別に設定していきましょう。 WEBサイトからの通知 GoogleChromeの通知設定をオンにすれば、WEBサイトからの通知を受けられるようになります。 手順は下記の通りです。 トピックタイトル• 通知を求めるサイトにアクセス• 「〜が次の許可を求めています 通知の表示」のポップアップが表示される• 「許可」を選択 通知を許可すると、その後、WEBサイトから新着情報などがある場合にChromeから通知がくるようになります。 Chromeでは、通知設定で全体をオフにしていない場合、このように通知許可に関して尋ねる画面が表示され、許可をすることでそのWEBサイトからの新着情報等が表示されるようになっています。 WEBサイトを訪れた初回時にChromeから通知をこないようにする方法 GoogleChromeでWEBサイトを開いた際に表示される通知は、下記の方法で非表示にすることが可能です。 通知が煩わしく感じる場合は、非通知にしておきましょう。 「ブロック」をする Chromeを開いた時に表示される「通知の許可」を求める通知には、「ブロック」と「許可」を選択できる項目があります。 (すべてのサイトで表示されるわけではありません) この場合、「許可」を選択すると、そのサイトからの通知を認めてしまうことになるため、通知を受けたくない場合は「ブロック」を選択しましょう。 一度ブロックをすることで、同じサイトからはブロックを解除しない限り通知が表示されなくなります。 突然出てくるデスクトップ通知をオフにする方法 Chromeが届く通知は、簡単な方法でオフにすることができます。 全面的にオフにする方法やサイトごとにオフにする方法を把握し、Chromeからの通知を止めましょう。 GoogleChromeの通知を全面的にオフにする方法 Chromeからの通知全面的にオフにしたい場合は、下記の手順で設定をします。 Chromeのメニューボタンをクリック• メニューから「設定」を選択• 「設定」画面から「詳細設定」をクリック• 「プライバシーとセキュリティ」欄から「コンテンツの設定」をクリック• 「通知」をクリック• 「通知」画面の上にある「送信する前に確認する」をオフにする• 「オフ」にすることで、表示が「ブロック」に変わり、通知を止めることができます この方法で、WEBサイトの通知を止める全体設定をすることができます。 しかし、WEBサイト毎の個別の通知設定で許可をしているものは引き続き通知が届くことになります。 個別サイトの通知をブロックするする設定方法は次の項目でご紹介します。 GoogleChromeの通知をサイト毎に個別設定する方法 GoogleChromeからの通知をサイト毎にオフにしたい場合は、以下の手順でおこないます。 Chromeのメニューボタンをクリック• メニューから「設定」を選択• 「設定」画面から「詳細設定」をクリック• 「プライバシーとセキュリティ」欄から「コンテンツの設定」をクリック• 「通知」をクリック• 画面右上の「追加」をクリック• 「サイトの追加」画面でURLを入力して「追加」をクリックすれば通知が再開されます もし、通知を止める際に「ブロック」にしていた場合は、該当URLの「設定」から「許可」をクリックすれば、すぐに再開できます。 Android端末でGoogleChromeからの通知を止める方法 Android端末を使っていて、Chromeからの通知を止めたい場合は、以下の手順で設定をします。 AndroidでGoogleChromeからの通知を全てのサイトで止める方法 Androidで通知をサイト毎に止める• AndroidスマホでChromeアプリを起動• 通知を止めたいサイトを開く• 「メニュー」から「情報」を選択• 「サイトの設定」を選択して「通知」をタップ• 「ブロック」を選択すればサイトからの通知を止めれます 通知をオフにしても確認ダイアログが表示される場合 ほとんどの通知はChromeの設定からオフにすると表示されなくなりますが、一部例外もあります。 なんとChromeの通知設定が効かないダイアログも存在するのです。 どうやら「PushCrew」というサービスを利用しているようです。 これはChromeの設定ではどうにもできないので「Adblock」の力を借りましょう。 AdblockはGoogleChromeの拡張機能です。 過剰なポップアップや迷惑なウェブ広告などを非表示にするためによく用いられます。 導入していない方は インストールしてください。 Adblockの設定からブロック• Adblockの 設定 を開く• 詳細設定 を開く• マイフィルターリスト に 「cdn. pushcrew. com」 を追加する 以上の手順でブロック完了となります。 再度訪れてみてダイアログが表示されなくなれば対処完了です。 AdblockはGoogleChromeの拡張機能の中でもかなり優秀なものです。 コンテンツにかぶさるように設置されているような悪質な広告なども非表示にできますのでぜひ活用してみてください。 「PushCrew」の通知はGoogleChromeの通知と比較すると、通知の許可を求める際にメッセージを添えられるという違いがあります。 どのような情報を発信するのかユーザーに対して事前に知らせることができるので通知を許可してくれる可能性が高いようです。 このことから「PushCrew」を採用するウェブサイトも増えてきているようで最近よく目にする気がします。 対処法を知らないまま一度許可してしまうと際限なく通知がきてしまいますので注意しなければいけません。 ウェブサイト側からすればアクセス数を増加させるために、ユーザーに対してアピールしなければいけないのは分かりますが、突然表示される通知はヘイトが高い印象があります。 しかも通常の方法でオフにできないとなるとなおさらですよね。 現在は「PushCrew」以外に有力なサービスがないようなので個別に対処できますが、今後疑似サービスが増えるかもしれないと思うと頭が痛いですね…。 いちいちフィルターリストに追加するのは骨が折れそうです。 「PushCrew」以外のサービスが出てきたらとりあえず「マイフィルターリスト」に追加して対処していきましょう。 「シークレットモード」ではGoogleChromeからの通知はこない GoogleChromeは、「シークレットモード」を利用すれば、Chromeからの通知を防ぐことができます。 シークレットモードでプライベートブラウジングをする場合は、閲覧内容が記憶されませんし、通知も表示されません。 シークレットモードを開く方法は以下のとおりです。 (パソコンの場合)• Androidでインターネットを... 404,439件のビュー• Android端末を利用している... 377,558件のビュー• iPhone6、iPhone6P... 329,440件のビュー• パソコンでテレビを視聴できるよう... 288,224件のビュー• iPhoneの重要な用途のひとつ... 238,185件のビュー• スマホで音楽を聴くことが当たり前... 228,903件のビュー• 今では多くの人が手にしているiP... 226,598件のビュー• Windowsを利用していると「... 219,968件のビュー• パソコンとアンドロイド端末をケー... 210,158件のビュー• 単体でもアプリで遊んだり、カメラで撮影し... 192,972件のビュー.

次の