基礎体温 測り方。 基礎体温の測り方

体温計の【実測式と予測式】はどう違う? 体温の正しい測定方法とは?

基礎体温 測り方

出典: 生理開始日から排卵日までは低温期になります。 そして、排卵日にグッと体温が下がり、その後は高温期に入ります。 低温期と高温期の差は0. 3~0. 低温期の平均が36. そして、また月経が始まると、体温は下がって低温気になるんです。 低温期の期間は生理周期によって変わりますが、高温期は生理周期に関係なく14日前後と決まっています。 生理前の体温が高い理由 生理前になると、熱っぽく感じたり、顔がほてったり、発熱した時のように体がだるく感じることもあると思います。 これは、生理前は先ほど説明したように体温が高くなるからです。 生理前に熱っぽくて風邪かなぁと思っても、喉の痛みや咳、鼻水などの症状がなかったら、風邪ではなく、ただの高温期である可能性が高いです。 では、なぜ生理前になると体温が高くなるのでしょう?それは、プロゲステロンという女性ホルモンのせいです。 排卵日以降は、エストロゲンが減少し、プロゲステロンの分泌量が多くなります。 関連記事 ・ ・ 基礎体温を測るメリット 生理前の体温は高めが続きますが、「生理前だから体温が高いな」と分かるためには、普段の基礎体温を知っておく必要があります。 あなたは、基礎体温を測っているでしょうか? 女性は基礎体温を測っておくと、様々なことがわかるのです。 基礎体温を測るメリットをご紹介します。 生理予定日がわかる 基礎体温を測るメリットの1つ目は、生理予定日がわかることです。 生理前に体温が高いのは、高温期だからですが、高温期は生理周期に関係なく14日前後続きます。 そのため、基礎体温を測っておくと、高温期に入ってから何日目かが分かりますので、「そろそろ生理が始まるな」と言うのがわかるのです。 妊娠しているかどうかの予測ができる 基礎体温を測っておくと、妊娠しているかどうかの判別ができます。 先ほども言いましたが、妊娠していない時の高温期は14日間前後です。 ということは、妊娠している場合は、高温期が14日間以上続いて、さらに生理が来ないことになります。 ただ単に、生理が遅れている場合は、低温期が長いというケースが多いんです。 普段から基礎体温をつけておけば、高温期が何日間続いているかがわかりますので、妊娠しているかどうかがある程度わかるのです。 ホルモンバランスの乱れがわかる 基礎体温を測っておくと、ホルモンバランスの乱れがわかります。 低温期と高温期の2層にキレイに分かれていれば、ホルモンバランスが整っているということになります。 でも、低温期と高温期の差があいまいで、0. ホルモンバランスが乱れて無排卵だと、妊娠したくてもできません。 そのまま放っておくと、将来的に不妊になってしまいますので、早めに婦人科を受診すべきなのです。 また、更年期に入ると、ホルモンバランスが乱れてきます。 普段から基礎体温を測っておくと、「そろそろ更年期だな」ということがわかるのです。 妊娠しやすい時期がわかる 基礎体温を測っておくと、妊娠しやすいタイミングもわかります。 基礎体温を測っておくと、低温期が何日間くらい続いて、いつ頃が排卵日なのかを推測することができます。 妊娠しやすい時期は排卵日の5日前から排卵日翌日です。 これは、精子の生存期間が2~5日間、卵子のの生存期間が24時間(受精可能なのは8~10時間)であるからです。 そのため、妊活中の人は、排卵日を推測すれば、妊娠できる時期がわかりますので、妊活が進みやすくなるのです。 ・婦人用体温計を使う ・朝起きてすぐに測る ・グラフにする この3つを守らないと、毎日基礎体温を正しく測ることができないのです。 婦人用体温計を使う 基礎体温を測る時には、一般的な体温計ではなく、小数点第2位まで測れる婦人用体温計を使いましょう。 婦人用体温計を使うことで、より正確に基礎体温を測ることができます。 細かく正確に基礎体温を測ることができれば、今が低温期から高温期への変化、逆に高温期から低温期への変化をしっかり把握することができます。 朝起きてすぐに測る 基礎体温を測るタイミングは、朝起きてすぐに測ります。 枕元に婦人用体温計を用意しておいて、目が覚めたら、起き上がる前に基礎体温を測るようにしましょう。 朝起きてすぐが一日の中で、最も体温が安定している時間帯です。 毎日同じ条件で体温を測ることで、基礎体温を正確に測ることができるのです。 また、できれば毎日同じ時間帯に起きるようにしたいですね。 不規則な生活をしている人、例えば、夜勤に入るような看護師さんは、毎日同じ時間に同じ条件で測るのが難しいかもしれません。 グラフにしましょう 基礎体温を測ったら、それをグラフ化しましょう。 毎日細かくグラフ化する必要はありませんが、1週間に1度くらいは、データをまとめてグラフ化しておくと、パッと見ただけで、基礎体温の変化がわかるようになります。 最近は、アプリを使ってパソコンやスマホと連動させて、簡単にデータ転送し、自動的にグラフ化できるものもありますので、面倒なことが苦手な人は、そのようなアプリを利用すると良いと思います。 生理前に体温が高い理由・基礎体温を測るメリット・方法の総まとめ ・生理前に体温が高いのは、女性ホルモンのプロゲステロンが増加するから ・基礎体温を測るメリット 「生理予定日がわかる」「妊娠予測がわかる」「ホルモンバランスの乱れがわかる」「妊娠しやすい時期がわかる」 ・基礎体温の測り方 「婦人用体温計を使う」「朝起きてすぐに測る」「グラフにする」「毎日同じ時間に同じ条件で測る」 生理前に体温が高い理由や基礎体温を測るメリット、正しい測り方をまとめました。 生理前に体温が高いのは、プロゲステロンの作用によるものです。 生理前に熱っぽいと感じた場合、それが高温期によるものなのか、風邪によるものなのかは風邪の症状があるかどうかだけでなく、基礎体温を測っておいて、体温の変化を把握しておくことでもわかります。 女性は、自分の体調やホルモンバランスを知るためにも、基礎体温を測る癖をつけておくようにしましょう。

次の

基礎体温の測り方|女性のカラダの変化を体温グラフで読み取る見方

基礎体温 測り方

妊娠を意識するようになったら、まず 基礎体温の計測を始めましょう。 基礎体温は女性の体の状態を知るとても大切なツールです。 今回は、基礎体温のグラフの見方から、測り方、基礎体温がガタガタな場合の妊娠について、さらに毎日の基礎体温管理が簡単になる人気のアプリ5選もご紹介します。 基礎体温とは? 基礎体温とは、体を動かしていない最も安静な状態の体温です。 朝目覚めた直後、体を動かす前の状態で測ります。 この基礎体温を毎日同じ時間帯に測定・記録することで、月経の時期や排卵の有無、妊娠しやすいタイミングなど体の状態を把握することができます。 妊娠を計画している女性や生理不順の女性は毎日つけることをおすすめします。 また、基礎体温は生活のリズムや測り方によって変化してしまうほど、非常にデリケートなデータです。 睡眠時間が4時間以下の場合は、本来の基礎体温とは異なる体温が計測されてしまう可能性があります。 最低でも4~5時間以上の睡眠を取るようにして測りましょう。 なお、計測前にお布団から出てトイレに行ったりしても体温は変わってしまうので、枕元に体温計を置いて、目が覚めたらすぐに測るようにしてください。 低温期と高温期 基礎体温には、排卵前の「低温期」と排卵後の「高温期」があります。 個人差はありますが、体調不良や過度のストレスがあるときを除けば、この「低温期」と「高温期」を約0. 3~0. 基礎体温は体内ホルモンの動きをよく反映しており、「高温期」には黄体ホルモンの影響で排卵が起こると体温が上がります。 日々の基礎体温をグラフ化すると数字の変化から排卵があった時期が分かるのです。 基礎体温グラフの見方と妊娠しやすいタイミング 基礎体温表のグラフを見ていくと、低温期の中でも、最も基礎体温が低い日があります。 この最低体温日から、数日以内に排卵が起こる可能性が高いことが読み取れます。 この最低体温の日を含めた3日間が排卵の確立が高く、妊娠しやすくなります。 ただし、排卵は必ずしも最低体温日に起こるとは限りません。 次の月経の14日前に排卵していることが多いので、何周期かを記録することで排卵時期を推定しやすくなります。 また、排卵日以降の高温期は、14日ほど続くと次の周期に入ります。 しかし、低温期に入らずにそのまま高温期が14日以上続くときは、妊娠している可能性が高いと言えます。 妊娠時と非妊娠時の基礎体温の違い 基礎体温は妊娠しているときと、していないときでは異なってきます。 1.非妊娠時 こちらのグラフは妊娠していないときの例です。 非妊娠時は月経から排卵日まで低温期が続き、排卵後約2週間高温期が続きます。 そしてまた月経がはじまる頃に基礎体温は下がり、低温期になり次の周期に入っていきます。 このように最も体温が下がる排卵日を境に、生理から排卵までの低温期、排卵以降の高温期で二相に分かれる形になります。 ただし、基礎体温には個人差があるのできれいな二相になっていなくても排卵のある人もいます。 2.妊娠時 一方で、妊娠したときの基礎体温グラフがこちら。 妊娠すると体温を上げる黄体ホルモンの働きで、排卵後の高温期が低温期になる時期になってもそのままずっと続きます。 この黄体ホルモンは妊娠に必要な役割を持っていて、妊娠後期まで増え続けるため、妊娠すると高温期が続きます。 基礎体温がガタガタだと妊娠しにくいの? 正常な基礎体温だと、上でご紹介したグラフであったように二相のグラフになりますが、中には基礎体温の変動が不安定な人もいます。 ガタガタな基礎体温グラフだと妊娠しにくいと思われがちですが、そんなことはありません。 先程の図のように、日々の変動がないような人は通常いませんので、実際に記録すると、かなりガタガタのグラフになります。 ですから、それを気にする必要はありません。 全体のパターンが大切なので、1日1日の温度やガタガタのことを気にせずに、記録していきましょう。 基礎体温には個人差があるので、あまり神経質にならないでくださいね。 ただし、基礎体温のガタガタで二相性(低温期と高温期)がはっきりわからない場合、生理はあっても無排卵月経の可能性もあるので、一度産婦人科や不妊治療の専門クリニックで相談するとよいでしょう。 妊娠だけじゃない!基礎体温でわかること 基礎体温は妊娠したかどうかの判断だけでなく、多くの情報を教えてくれます。 体温だけを記録するのではなく、腹痛や不正出血、体調不良、イライラなど自分の身体や気持ちの気になることも一緒に記録していくと、どんな時期に体調が崩れやすいかなど、だんだん自分自身のリズムがわかるようになってきます。 もちろん、腹痛や不正出血が気になるときは産婦人科を受診してみるのがよいでしょう。 毎朝決まった時間に基礎体温を計測し観察することで、体調や肌状態を左右する女性ホルモンのリズムが読み取れるようになってきます。 妊娠を計画していなくても、生理不順で悩んでいる人や体調管理したい人にとって、基礎体温を計測し自分のホルモンバランスを知ることは大切といえるのです。 基礎体温の測り方 それでは、基礎体温の測り方をご紹介します。 まず、基礎体温を正しく測るために、一般的な体温計ではなく、専用の婦人体温計を用意しましょう。 基礎体温を測るときは、少しの動作でも体温は上がってしまうので、朝目覚めたらそのまま寝た状態で測ります。 婦人体温計は枕元など手の届く位置に置いておきましょう。 (1)目覚めたら体を起こす前にすぐ体温計を口にくわえる (2)口を軽く閉じ、体温計を指で押さえて測定 (3)基礎体温表に記入する 基礎体温の測り方のポイント 基礎体温の測り方にはいくつか注意点があります。 誤った測り方をすると誤差が出てしまうので、ポイントをおさえて正確に測るようにしましょう。 婦人体温計を使用する• 毎朝なるべく同じ時間帯に測る• 目覚めてから計測終了まで、起き上がったり動いたりしない• 舌下のつけ根の左右どちらかにあて、ずれないように密着させて測る• 計測後は必ず記録する 細かい温度の変化を調べるために小数点第2位まで計測します。 専用の婦人体温計を使用して正しく測りましょう。 基礎体温は毎日計測し観察することが重要です。 しかし、うっかり忘れてしまったときや、測る時間がばらついたり、起き上がったりしたとしても大丈夫。 続けることが大切なので、あまり神経質にならずに記録していきましょう。

次の

【低温期】生理前の基礎体温&測り方と測るメリットまとめ【高温期】

基礎体温 測り方

基礎体温は、婦人体温計を使って、口の中で測ります。 忙しい人には、検温時間が短い予測式がおすすめです。 朝、目覚めたら、 体を動かさず床の中で寝たままの状態で検温します。 あらかじめ枕元に婦人体温計を準備しておきましょう。 まず、婦人体温計の感温部を舌の裏側の付け根に当てます。 婦人体温計を舌で押さえ、口を閉じたままで測ります。 検温中は口で息をしないようにします。 検温後は、基礎体温表などに記録しておきます。 続けるコツ• 朝起きたらすぐにはかる 基礎体温は、毎朝できるだけ同じ時間に測るのが理想ですが、もし1~2日測り忘れても気にしないで。 続けることが大切です。 起床時間がまちまちな場合も、起床後すぐに測りましょう。 基礎体温表を用意する 基礎体温表は、病院や薬局のほか、インターネットでも手に入ります。 まずは1周期分、トライしてみて!• 気づいたことはメモを 体調が悪かった日や夜更かしをした日、性交があった日など、いつもとは違うことがあった場合は、その内容を基礎体温表に記載しておくのがおすすめ。 どんなことが体温に影響するかがわかりやすくなります。

次の