労働 災害 補償 保険。 労災保険と労働基準法の災害補償

「労働災害補償保険(労災保険・ろうさいほけん)」とは?|タウンワークマガジン

労働 災害 補償 保険

「労災」という言葉を聞いたことは誰しもがあると思います。 しかしながら、その詳しい内容についてはよく分からない、という方がほとんどではないでしょうか。 労災保険は正式には 「労働者災害補償保険」と呼ばれます。 労働者を守る、この労災保険について今回は解説します。 労災保険とは? 労災保険とは、業務中に病気やケガになったときに金銭的に補償してくれる公的保険です。 業務中の病気やケガを「労災(労働災害)」というので、「労災保険」と呼ぶのです。 労災保険は、金銭の給付だけでなく、労働災害にあった被保険者の社会復帰や遺族への援助も行っています。 一部の例外を除いて一人でも人を雇っていれば、 労災保険はすべての会社が加入しなければなりません。 なお、労災保険では業務中の病気やケガへの補償が基本ですが通勤途中での災害も補償の範囲に含まれます。 「業務に付随する行動」と見なされるからです。 これは 「通勤災害」と呼ばれます。 例えば、通勤途中で駅の階段で転んでケガをした場合でも補償の対象になるということです。 不幸にも、本人が死亡した場合には遺族への年金給付も行っています。 葬儀の費用も保険から給付されます。 健康保険との違いは? 健康保険の掛金は会社と労働者の折半ですが、労災保険は 会社が全額負担となっています。 また、病院での病気やケガの治療費は健康保険では原則3割自己負担ですが、労災保険は 自己負担が0割です。 保険の加入対象も違います。 健康保険は一定時間働いている社員が加入の対象ですが、 労災保険は全社員が対象です。 例えば、アルバイトやパートも加入対象なのです。 労災保険の給付にはどんなものがあるの? 沢山の種類の給付がありますが、主に下記の4つの給付が挙げられます。 病気・ケガの治療費(療養給付)• 病気やケガで休んでいる間の賃金の補償(休業給付)• 障害が残った場合の年金(または一時金)(障害給付)• 本人が死亡した場合の遺族への年金(遺族給付) 業務中に起きた病気やケガに対する補償をすべて備えていると言えます。 ただし、本人に過失があって病気やケガになった場合は全額の給付を受けられない場合もあります。 労災保険の給付の手続きは難しい? 健康保険の場合は保険証を見せて病院で治療を受ければ自動的に3割負担になりますが、労災保険の場合はやや複雑になります。 医師の診断書と必要書類を添えて、給付金請求書を 労働基準監督署に提出するのです。 個人で行なうのは難しいので通常は会社が手続きを代行します。 会社が労災保険に入っていなかったら? 本来は全ての会社が加入しなければならない労災保険ですが、加入していないところは現実には存在します。 では、そこで業務中にケガや病気になった場合には労災保険は下りないのでしょうか? 結論から言えば給付を受け取ることができます。 ただし、 会社は過去にさかのぼって労災保険料を支払わなければなりません。 合わせて追徴金の支払いも命ぜられます。 なぜ労災隠しが起きるの? 労災保険は損害保険の一種です。 労働者への給付が生じた場合、それは「事故を起こした」と見なされその結果会社が支払う 労災保険料が上がってしまうのです。 自動車の保険で事故を起こしたときに保険料が上がるのと仕組みが似ています。 よって、特に高額な給付が生じる病気やケガは隠そうとします。 労災隠し発覚した場合には、労働者への給付が遡って行われ会社へは 追徴金のペナルティが生じます。 これは退職してからも請求することができます。 まとめ 労災保険について解説してきましたが概要はつかめたでしょうか。 労災保険は労働者を手厚く保護し、その結果安心して仕事をすることができます。 会社が労災保険の手続きを自動的にしてくれるというのではなく、万が一のために 自分自身も理解しておくことが大切です。

次の

労保連労働災害保険の活用について

労働 災害 補償 保険

「労災」という言葉を聞いたことは誰しもがあると思います。 しかしながら、その詳しい内容についてはよく分からない、という方がほとんどではないでしょうか。 労災保険は正式には 「労働者災害補償保険」と呼ばれます。 労働者を守る、この労災保険について今回は解説します。 労災保険とは? 労災保険とは、業務中に病気やケガになったときに金銭的に補償してくれる公的保険です。 業務中の病気やケガを「労災(労働災害)」というので、「労災保険」と呼ぶのです。 労災保険は、金銭の給付だけでなく、労働災害にあった被保険者の社会復帰や遺族への援助も行っています。 一部の例外を除いて一人でも人を雇っていれば、 労災保険はすべての会社が加入しなければなりません。 なお、労災保険では業務中の病気やケガへの補償が基本ですが通勤途中での災害も補償の範囲に含まれます。 「業務に付随する行動」と見なされるからです。 これは 「通勤災害」と呼ばれます。 例えば、通勤途中で駅の階段で転んでケガをした場合でも補償の対象になるということです。 不幸にも、本人が死亡した場合には遺族への年金給付も行っています。 葬儀の費用も保険から給付されます。 健康保険との違いは? 健康保険の掛金は会社と労働者の折半ですが、労災保険は 会社が全額負担となっています。 また、病院での病気やケガの治療費は健康保険では原則3割自己負担ですが、労災保険は 自己負担が0割です。 保険の加入対象も違います。 健康保険は一定時間働いている社員が加入の対象ですが、 労災保険は全社員が対象です。 例えば、アルバイトやパートも加入対象なのです。 労災保険の給付にはどんなものがあるの? 沢山の種類の給付がありますが、主に下記の4つの給付が挙げられます。 病気・ケガの治療費(療養給付)• 病気やケガで休んでいる間の賃金の補償(休業給付)• 障害が残った場合の年金(または一時金)(障害給付)• 本人が死亡した場合の遺族への年金(遺族給付) 業務中に起きた病気やケガに対する補償をすべて備えていると言えます。 ただし、本人に過失があって病気やケガになった場合は全額の給付を受けられない場合もあります。 労災保険の給付の手続きは難しい? 健康保険の場合は保険証を見せて病院で治療を受ければ自動的に3割負担になりますが、労災保険の場合はやや複雑になります。 医師の診断書と必要書類を添えて、給付金請求書を 労働基準監督署に提出するのです。 個人で行なうのは難しいので通常は会社が手続きを代行します。 会社が労災保険に入っていなかったら? 本来は全ての会社が加入しなければならない労災保険ですが、加入していないところは現実には存在します。 では、そこで業務中にケガや病気になった場合には労災保険は下りないのでしょうか? 結論から言えば給付を受け取ることができます。 ただし、 会社は過去にさかのぼって労災保険料を支払わなければなりません。 合わせて追徴金の支払いも命ぜられます。 なぜ労災隠しが起きるの? 労災保険は損害保険の一種です。 労働者への給付が生じた場合、それは「事故を起こした」と見なされその結果会社が支払う 労災保険料が上がってしまうのです。 自動車の保険で事故を起こしたときに保険料が上がるのと仕組みが似ています。 よって、特に高額な給付が生じる病気やケガは隠そうとします。 労災隠し発覚した場合には、労働者への給付が遡って行われ会社へは 追徴金のペナルティが生じます。 これは退職してからも請求することができます。 まとめ 労災保険について解説してきましたが概要はつかめたでしょうか。 労災保険は労働者を手厚く保護し、その結果安心して仕事をすることができます。 会社が労災保険の手続きを自動的にしてくれるというのではなく、万が一のために 自分自身も理解しておくことが大切です。

次の

労災上乗せ保険(労働災害総合保険)|政府労災保険との違い

労働 災害 補償 保険

みなさんは「法人契約の労働災害総合保険」と聞いて、建設業や製造業の作業員などの肉体労働者を思い浮かべると思います。 しかし、法人契約の労働災害総合保険は、 オフィスで働く人のストレスを原因とするうつ病などにも対応しているのです。 法人契約の労働災害総合保険は、政府労災保険に上乗せされて補償を受けることができるのですが、政府労災保険とはどのような点で異なるかしっかりと理解していますか? そこで本記事では、 法人契約の労働災害総合保険について• 法人契約の労働災害総合保険の2つの補償内容• 労働災害総合保険の保険金の受取人• 政府労災保険と労働災害総合保険の3つの違い 以上を中心に解説します。 この記事を読んでいただければ、法人契約の労働災害総合保険に加入するとどのようなメリットとデメリットがあるのか吟味する上で役立つと思います。 ぜひ、最後までご覧ください。 法人契約の労働災害総合保険では、保険金の受取人を必ず「会社」にするようにしましょう。 その理由は以下の 2つです。 労災者や遺族に会社の誠意を見せるため。 保険金を示談に使用するため。 保険金の受取人が労災者や遺族に直接支払われてしまうと、労災者や遺族は「会社からは何も支払われていない」と考えてしまいます。 保険に加入しているのは会社なので、労災者や遺族からこのような勘違いをされてしまうと、せっかく保険金を支払ったのに損をしてしまいます。 そこで、受取人を会社にしておいて、会社から労災者や遺族に対して支払うことにより、 会社の誠意を見せることができるのです。 また、受取人が会社ではなく労災者や遺族にしておくと、保険金を示談金にすることができません。 法人契約の労働災害総合保険で支払われる保険金は示談金に充てることもできるため、受取人を会社にしておくことで、労災者や遺族への示談金を支払うことができるのです。 法人契約の労働災害総合保険で支給される保険金は、政府労災保険の保険金に上乗せすることができると確認してきました。 しかし、法人契約の労働災害総合保険は単なる政府労災保険の不足分を補うためのものではなく、政府労災保険とは 制度上異なる点もあります。 例えば、法人契約の労働災害総合保険への加入が任意であるのに対して、 政府労災保険では、従業員が1人でもいた場合には加入は法的義務となっています。 では、政府労災保険と法人契約の労働災害総合保険は、それぞれどのように異なるのでしょうか? ここからは政府労災保険と法人契約の労働災害総合保険の違いについて、以下の 3つの観点から解説していきます。 給付される「内容」の違い• 対象となる「事業」の違い• 対象となる「労働者」の違い 政府労災保険 労働災害総合保険 治療費 療養給付 二次健康診断給付 なし 休業になった際の費用 休業給付 傷病年金 休業補償 後遺症が残った際の費用 障害給付 介護給付 後遺障害補償金 死亡した場合の費用 遺族給付 葬祭費 死亡補償金 災害付帯費 これらの内容のうち、いくつか詳しい説明が必要なものがあるので、解説していきます。 二次健康診断給付 健康診断などで過労死に関わる項目に異常値が発見された場合、それらの項目を改めて診断するための給付です。 休業給付および休業補償 従業員が怪我や病気によって休業している間、会社に変わって支払われる給与のことです。 傷病年金 療養を始めてから1年6ヶ月経過しても治らなかった場合、その障害の程度に応じて支給される給付のことです。 災害付帯費用 従業員が死亡した場合に、遺族に支払う葬祭費として支給される給付のことです。 政府労災保険と法人契約の労働災害総合保険では、補償の対象となる事業は以下のように異なっています。 政府労災保険=従業員を雇用する事業全て• 法人契約の労働災害総合保険=政府労災保険に加入している事業 政府労災保険は、従業員を雇用している事業では必ず加入しなければなりません。 それに対して、法人契約の労働災害総合保険では、 政府労災保険に加入している事業でないと加入できないことに注意してください。 例えば、ある経営者が金融業とコンサルタント業を営んでおり、金融業では従業員を雇用し、コンサルタント業は経営者一人で行なっているとします。 コンサルタント業で政府労災保険に加入しない場合、コンサルタント業では労働災害総合保険に加入できず、金融業でしか加入できないということになります。 法人契約の労働災害総合保険について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか。 今回のこの記事のポイントは• 法人契約の労働災害総合保険には「法定外補償」と「使用者賠償責任補償」の2つの補償内容がある。 労働災害総合保険の保険金は受取人を「会社」にする。 政府労災保険と労働災害総合保険では、給付の内容、補償の対象事業、補償の対象労働者が違う。 でした。 政府労災保険があるのだから、それで十分だろうと考えてしまいがちですが、実際には補償額が不足することが多いことを知っておきましょう。 法人契約の労働災害総合保険に加入しておけば、もし政府労災保険の補償では足りなくなったときも安心です。 ほけんROOMでは他にも読んでみたい記事をたくさん掲載していますので、ぜひご覧ください。

次の