エクセル 全て 選択。 オブジェクトを全選択・範囲選択する裏技と、ショートカット2つ

複数のシートに一気に同じ操作をする【Excel・エクセル】

エクセル 全て 選択

3 通常の選択方法 下図の図形が配置されている場合を例にします。 図形をクリックすると図形の周囲にハンドルが表示され、選択状態になります。 [Shift]キーを押しながら図形をクリックすると複数の図形を選択できます。 範囲選択でまとめて選択する 先の[Shift]キーを押しながらクリックする方法でも複数の図形は選択できますが、図形の個数が多いとクリックが面倒になります。 PowerPointの図形のように範囲選択で図形を選択する手順を紹介します。 ウィンドウのリボンの[ホーム]タブを選択し、リボンの[検索と選択]ボタンをクリックします。 ポップアップメニューが表示されます。 メニューの[オブジェクトの選択]をクリックします。 オブジェクトの選択モードになります。 Excelの表内でドラッグして図形を選択します。 選択した領域に含まれる図形がすべて選択されます。 一部を選択することもできます。 選択領域に図形がすべて含まれていた場合に限り選択状態となります。 一部が選択範囲に含まれる図形は選択されません。 選択モードの解除 メニューで[オブジェクトの選択]を選択すると、アクティブなセルの位置を示すカーソルが非表示になります。 元のセル編集モードに戻すには、オブジェクトの選択状態から[Esc]キーを押すか、図形でないワークシート内のセルの領域でマウスをダブルクリックすると、図形の選択モードが解除されます。

次の

エクセルでセルの範囲を選択するショートカットキー!時間短縮

エクセル 全て 選択

ちなみに、 Aは冒頭でも出てた ALLのAですね。 でも、これだけじゃ使い方がわからないですね。 ということで、どんな使い方をするのかを紹介していきますね。 ココをクリックしたのと同じ効果があります。 使い方ですが、 Ctrl を押しながら Aを2回押してください。 一回だけ押しても発動する時もあるんですが、条件を説明するのが めんどくs難しいので、全選択する場合は 「 Ctrl を押しながら Aを2回押す」 と覚えてもらって大丈夫です。 下の図のような感じで選択されます。 ひとつのまとまり(表とか)をコピペするときによく使います。 いちいちマウスでドラッグしなくてすむので、とても操作がスムーズです。 図形も全選択できます。 方法は簡単。 その後は、 ・ドラッグで図形をまとめて移動 ・Delete( Del)を押して図形をまとめて削除 したり、自由自在に操作できます。 ワードの場合 ワードの場合でも基本的な機能は同じです。 全文をコピペするときによく使います。 パワーポイントの場合 テキストや図形等を一気に全選択できます。 全選択して ・ドラッグで移動させる ・ Deleteを押してまとめて削除する 等の操作ができます。 エクセルで図形を全選択した場合と似たような感じですね。 ファイル操作の場合 エクセルやワードやパワーポイントだけではありません。 フォルダの中のファイルを全選択するときにも使います。 自分の場合、フォルダの中身を全て移動させるときやコピーするときによく使います。 操作が超速くなります。 まとめ ただ、セル・本文・図形・ファイルを全て選択するだけのショートカットです。 ただそれだけですが、応用範囲がとても広いショートカットです。 Microsoftが設定しただけに、その後に出てきたソフトも皆マネしてるんです。 選択してからどう応用するかはあなた次第です。 ________________________________________ エクセルに限らずビジネススキル全般を高めたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセル初心者に向けた本を5冊厳選して紹介してみました。 他のエクセルのショートカットについて知りたい方はこちらの記事をどうぞ! エクセルのショートカットの覚え方を知りたい人はこちらの記事をどうぞ!.

次の

範囲選択で複数の図形をまとめて選択する

エクセル 全て 選択

エクセルで空白だけを選択する方法のご紹介。 この表をまずご覧ください。 (今日は、画像てんこ盛りです(笑)) いきなりですが、問題です(笑) この「空白」のセル全てに「-」ハイフンを入力してください。 一緒に操作したいと言う方は、同じものを用意しましたので、 以下を開いて一緒にやってみてください。 さて、あなたなら、どうやって入力しますでしょうか。 ま、、、まさか、、 空白ひとつひとつのセルに、ひとつずつハイフンを入力していくでしょうか。 申し訳ないですが、それは、一番効率の悪いやり方です。 もし、この方法で今までずっとやっていたのであれば、 今日、知る内容は恐ろしく感動するはずです。 事実、初めて私も知ったとき、感動しましたから。 ではまず、この表のみを選択してください。 具体的には、A1のセルからF10のセルまでを マウスでドラッグして選択してください。 そこで 「F5」を押してください。 そうすると、以下画面が出てきます。 いわゆる、「 ジャンプコマンド」です。 出てきたら、その画面の左下の 「セル選択 S 」をクリックしてください。 次に、上記画面の「 空白セル」をクリックし、「OK」を押してください。 そうすると、以下のようになりますよね。 今、何をしたのか。 一度に選択する機能を使用して 表の中にある 空白セル「のみ」を選択したんですね。 今回は「 空白」にチェックを入れたので、 空白のみが選択されました。 「数式」にチェックを入れれば、 選択した範囲内にある数式で入力されたセルが全て選択されます。 「オブジェクト」にチェックを入れれば、 ワードアートなどのオブジェクトが一括で選択されます。 とまあ、 ジャンプコマンドはこういった便利な機能なんです。 では、続けます。 今は、選択した範囲の「 空白」が選択されているだけにすぎません。 今から、「-」ハイフンを入力するわけですが、 ここでも一括で入力する方法があります。 手順ですが、まず「-」キーを押す。 次に、通常ならEnterキーを押して確定させるわけですが、 このEnterを押す時に、「Ctrl」キーと一緒に押してみてください。 Ctrlが先。 (Ctrlキーはキーボードの一番左下付近にあります) Ctrlを押したまま、Enterキーを押す。 さて、どうでしょう。 いっぺんに「-」ハイフンが 空白セル全てに入力されましたよね。 以下、図のように。 感動しました? エクセルは、コツをつかめば、操作方法は10倍にも20倍にもはねあがります。 覚えていくとね、楽しいんです。 うぉーーー!!処理がすっげー早くなった!!! って自分自身で思いますから。 色々試してみてください。 難しい関数やマクロなどの機能を覚えるよりも前に、 エクセルの基礎を学べば効率よく作業するスキルは十分に身につくと思いますよ。 スポンサーリンク.

次の