シクラメン の かほり 歌詞。 布施明のシクラメンのかほりの歌詞を教えてください。コピーできるので...

布施明 シクラメンのかほり 歌詞&動画視聴

シクラメン の かほり 歌詞

副業ので「シクラメンのかほり」を作ってしまう才能にはビックリするほかありません。 当時は 銀行員の副業がOKだったのでしょうか。 どちらもトップの成績を収める能力があれば、どちらかを止める必要もありませんね。 あまり見たことの無い花から受けた、 インスピレーションが生み出した曲。 その時シクラメンを飾った取引先にも感謝ですね。 偶然の出会いが誕生のきっかけとなる話はよく耳にします。 でもそこに才能も存在しなければ、は生まれません。 偶然を必然に変え、 イメージを膨らませるパワーは計り知れないものがあるのでしょうね。 数字がズラッと並ぶビジネスの話と、を編み出すために言葉を選ぶことが同時進行するなんて… 天から与えられた二物の最上級グレードですね。 セレブ系シクラメンなの? 真綿でくるむように育てられた、という使い方があります。 過保護でとても大切に育てられた、という例えです。 門限は7時という場合は該当しますね。 真綿色と話が逸れてしまいましたが、真綿色のシクラメンも 手をかけて育てた一鉢に思えます。 綿の色ですから、真っ白な白さではありません。 生成りは麻や木綿の色ですね。 その間の色ともいえるのですが、ファッション用語のオフホワイトとも言い切れない色。 光沢のある絹そのものより、 綿になった柔らかさのある姿。 そこに掛けた声は何だったのでしょうか。 全く知らない相手に声を掛ける手段として「ハンカチ落としましたよ」がありますが、この歌の中ではNGですね 笑。 『顔を知っているだけの相手に、勇気を出して声を掛けた』という設定にします。 働いている年代なら、取引先やオフィスの別フロアなどで見た顔が、心に残っていたなんてケースですね。 学生であれば、違う学年や塾の講習で見かけた、なんてこともあります。 夕方の時間帯ですが、とりあえずお茶にでもになるのでしょう。 恋の始まりが柔らかな白で描かれています。 声を掛けられた相手も、決して好意が0だった訳でもないようですね。 恥じらうように歩く二人の上に、心の色を表す夕焼けが広がるのが想像できます。 私もフリガナが無ければ読み間違えていました。 爽やかに気持ちよく、 清々 すがすが しく解説を続けます。

次の

シクラメンのかほり

シクラメン の かほり 歌詞

『シクラメンのかほり』には2つの間違いがあるんだって? 『シクラメンのかほり』の歌詞は 世間でゆーてるところの間違い ~その1~ かおり(香り)、あるいは、かおり(薫り)の旧仮名遣いは「かをり」であって「かほり」ではない。 って言われてみると、そーなの?、な感じではありますね。 世間でゆーてるところの間違い ~その2~ シクラメンに香りはない。 だから、曲のタイトル自体がオカシイ。 って言われてみると、そーなの?、な感じではありますね。 なぜ「かほり」にしたのか? しかしだ、小椋桂といえば東京大学法学部卒という学歴の持ち主である。 よもやそこを知らなかったわけではあるまい。 なぜ「かほり」にしたのか? それはちゃんと歌詞にも表現されているのでした。 ちゃんと歌詞には暗示されている 歌詞をもう一度読んでみてください。 シクラメン=君 なんです。 つまり、人。 それも何やら女性っぽい。 小椋佳、ズルいぞ! そうなんです。 小椋佳はある女性に向けて『シクラメンのかほり』を作っていたのでした。 ある女性とは? 小椋佳の奥さんだったのです。 なぜこれがわかっちゃったのかというと、 小椋佳さんの奥様のお名前が「桂穂里」なのだそうでして、 ひらがなで書くと「かほり」なんですよ。 つまり、小椋佳氏はシクラメンを奥様になぞらえて歌にしていたのです。 「もう、それ早く言ってよー!」 な話なんですけどね。 言わなかったところが小椋佳なんですよね。 桂穂里さん、幸せな女性ですよねー。 イントロがカッコイイ。 シャープでダイナミックな歌声が素晴らしいです。 アレンジが秀逸です。 『シクラメンのかほり』を弾き語りで楽しむときのベストな組み合わせはこれ オジさんは落ち着いたのが好きなんだよ 私ね、当初は布施明バージョンが絶対好きだったのですよ。 アレンジも声も派手でカッコ良かったのです。 若い人はみんなそんな価値観だったんじゃないかと思います。 しかしだ。 自分がオジさんになってくると好みが変化。 落ち着いてしっとり歌える本人バージョンが現在は絶対好きになりました。 弾き語りは良いとこ取りでやっちゃいましょう! ギターは布施明、歌は小椋佳 弾き語りするなら、この組み合わせがベストではないかと思っています。 布施明バージョンのオリジナルキーは確かEmの3カポだったと思うのですが、 カポ無しにして、イントロは布施明バージョン 歌は小椋佳バージョン この組み合わせでやると気持ちよく歌えます。 なぜなら、布施明はキーが高すぐる。。。 イントロのアコギは耳コピでいけるかなぁ。。。 ラッキーなことに私は覚えていたので記憶から取り出せたんですけどね。 何かの機会に紹介出来たら良いな、とは思っているのですが。。。 自分でやってみたいって方はこの本でやってみるのもヨロシイかと思います。 解説も詳しいし、著者は南澤大介さんだから充実の内容です。 まとめ 『シクラメンのかほり』っていうのは、奥ゆかしい愛情の深さを表現した名曲でもあったのですね。 一つの曲で男と女の愛がさらに深くつながっていく。 素敵ですよね。 そうとも知らず世間では、「かほりは違うよ」とか、「ニオイはないんだよ」とか騒いでいる。 そんな騒めきもお二人で楽しんでいたのでしょうね。 でもさー、 やっぱり「やられたっ!」って感じがしないでもない。 ま、いっか。 この事実を知った時、私の中では『シクラメンのかほり』はワンステップ上の名曲になりました。

次の

シクラメンの歌詞一覧リスト

シクラメン の かほり 歌詞

『』とは?... 1975年4月にさんのシングル曲としてリリースされた名曲。 作詞・作曲は小椋 佳。 編曲は。 歌詞はこちらにあります。 「小椋 佳」 (ら・けい)って?... 1944年生まれの大御所シンガーソングライターです。 最近では2014年に「コンサート」をしたことが話題になりました。 ・ さんは東大卒業後、に勤めながら音楽活動をしていましたが、93年に銀行を退職。 それまでサラリーマンと音の「二足のわらじ」をしていたわけですから、すごい経歴の持ち主ですよね。 名曲は数知れず、特に有名なのは「愛燦燦」、「俺たちの旅」、「夢芝居」、「愛しき日々」... 等々があります。 1976年10月、ホールにて初のコンサートを行いました。 兼業の音だったため、なかなか表舞台には登場しないさんは当時の音楽雑誌などで「まぼろしのスーパー・スター」と形容されていたようです。 満を持して初めて公の場に登場したのがこの初コンサートだったわけですね。 そのときの貴重な映像と思われるのがこちら。 どうでしょう? さんをまったく知らない人がこの映像を観たら、たんなるそのへんにいる典型的なおじさんがただ歌っているだけ、と感じるかもしれません(さんが超イケメンだっただけに... まさかこんなサラリーマンのおじさんぽい人が「まぼろしのスーパー・スター」と呼ばれていたなんて...... 信じられない... と思うかもしれない。 しかし、こういうときにこそ声を大にして言いたい。 人は見た目じゃないのだ、と! さんの存在じたいが「人は見た目じゃない」の証左になっているのです。 『』に隠された「への想い」 私はずっと『』の「かほり」は「香り」だと思っていたのですが、つい最近それが誤解だったことが判明しました。 という花にはほとんど「香り」がないというのです。 しかも「かほり」という表記は本来「かをり」と書くのが正しく、「かほり」と表記するのは間違いらしい...。 実は、『』の「かほり」とは、さんの初恋の相手で、のちに結婚することになる妻の名前「佳穂里=かほり」を「」にたとえてあらわしている歌だったらしいのです。 しかも (事実関係の裏取りはできていませんが)小学校の頃に出会った初恋相手の佳穂里 (かほり)さんから一度、別れを告げられており、二人は一旦は別れたらしいのです。 そのときの「別れたくない」というさんの想いと佳穂里 (かほり)さんへの未練の愛情がこの歌を生んだというのです。 その後、二人は再会し結婚します。 これが本当ならなんとドラマチックな展開でしょう。 これを知って以来、私はますますこの歌が素晴らしい歌に思えてきました。 私はリアルタイムでさんを知ったわけではないので (映像はほとんどで知った)、正直、さんをどこか「たんなるおじさん」のように見ていたのでした。 だから、もちろん『』はずっとさんのバージョンが好きだったのです。 しかし、『』に隠されたエピソードを知ってからは、さんが歌う『』がたまらなく好きになりました。 逆に、今ではさんが歌うバージョンはちょっと情熱的すぎるかなぁと思うようになっています。 イケメンのさんが歌う情熱的な『』よりも、素朴でサラリーマン風の典型的なおじさんのような風貌で、朴訥と歌っている飾らないさんの『』の方が、なぜか感動的なのです。 番外編:「夢芝居」について... 最近、なにかと話題の。 その最大ヒット曲がさん作詞作曲の「夢芝居」 (1997年リリース)です。 (この歌のイントロは神!ですね。 ) 私にとって「歌」というのは、かつては以上の年上の方々とコミュニケーションをとるさいの「ネタ」、あるいは「ツール」以上のものではなかったのですが、なんとアラサーになってから突如として歌や演歌が「聴ける曲」になりました。 それまで歌 (!)や演歌 (!)のような曲はまったく聴けない(生理的に耳が受付けない)までした。 父のような年配のおじさんが何度となくカラオケで「夢芝居」を歌っていた頃はどうしようもなく「クサイ曲」だったのですが......。 人それぞれの「感受性」というものは摩訶不思議。 ある日突然、変容するもののようです。

次の