コロナ ウイルス トイレット ペーパー。 “マスク材料”の噂で…トイレットペーパー品切れ相次ぐ 「全くのデマ」|【西日本新聞ニュース】

トイレットペーパーなぜ消えた?新型コロナウイルス感染拡大での集合心理を分析①【社会心理学編】

コロナ ウイルス トイレット ペーパー

撮影=編集部 新型コロナウイルス感染拡大に伴い、消費者の行動にも大きな変化が生じている。 その代表として、 マスクやトイレットペーパーの品薄や、外出自粛要請による食品等の買い溜めがあげられる。 そもそもなぜ消費者は必要以上に物を買い溜めしてしまうのか。 こうした非日常的な心理を、立教大学経営学部教授の有馬賢治氏にマーケティング・消費者心理の観点から解説してもらった。 品不足を引き起こす「認知的不協和」と「過剰適応」 「なぜ品不足が起こったのかを学術用語で説明しますと、まず一つは今回のような非日常下では消費者の中で『認知的不協和』(cognitive dissonance)が生まれやすい点を指摘できます。 これはアメリカの心理学者レオン・フェスティンガーが提唱した社会心理学の用語で、人が自身の中で葛藤する認知を同時に抱えたときに覚える不快感を表します」(有馬氏) たとえば喫煙者の場合、「タバコを吸っている」という事実や「これからも吸い続けたい」という気持ちと、「タバコは体に悪い」という医学的情報が内的に葛藤する認知がそれにあたる。 そのため、「タバコを吸い続ける」のか「タバコを止める」のかのどちらかを選択する必要に迫られた時、止められない喫煙者は「タバコは体に悪い」という認知を抱えておくことで自身の中で不快感を抱き続けることになってしまう。 この不協和状態を解消するために、「タバコを吸っていても長生きする人はいる」などと自分自身で内的に反論することで、喫煙者は喫煙行動を正当化するのだ。 これと同じ心理が今回も消費者の中で生まれているという。 「今回のケースでは、『いつも通りの日常を送りたい気持ち』と、『外出して人の多い場所へ行けば感染してしまうかもしれない不安』から内的に葛藤が生じます。 しかし、それでも不安をできるだけ解消して日常を過ごさなくてはいけませんから、『マスクがあれば防御できる』『アルコール消毒すれば感染リスクが下がる』という情報を信じて、対象商品の購買に走るのです」(同) また、品不足を引き起こすもうひとつの消費者心理として「過剰適応」があると有馬氏。 「『過剰適応』とは言葉のとおり、一つの方針に過剰に適応しようとする態度です。 特に、トイレットペーパーで考えれば、家族単位でも12ロールぐらいで当面は大丈夫なのに、安心を得るためにその3倍も4倍も一度に購入してしまうという行動として現れています。 結果として、多くの人がそういった行動をとることで、一気に物がなくなってしまったのです」(同) 「認知的不協和」で多くの人が対象商品を買い求め、「過剰適応」でその対象商品を通常量よりも多く購入する。 そんな消費者心理が品不足に拍車をかけているのだ。 あらわになったメディアに対しての流通の脆弱性 メディア報道による弊害も少なくない。 トイレットペーパー不足に関するデマはTwitterが発信源といわれているが、この事象を取り上げたワイドショーやネットニュースによってさらに情報は拡散された。 デマと知っていても、在庫切れになるのではないかという漠然とした不安から、自分の分だけでも確保したいと考える人が10人に1人でもいれば、途端に街のスーパーやドラッグストアでは品切れが起こる。 メディアの煽りに対しての流通の脆弱性が、今回のコロナパニックで再認識させられた。

次の

まるでオイルショック、新型コロナによる「買い占め」はトイレ紙にも:日経ビジネス電子版

コロナ ウイルス トイレット ペーパー

こんにちは!丸富製紙です。 各地でトイレットペーパーが不足するなど、一部報道されておりますが、当社倉庫には在庫が潤沢にございますので、ご安心ください! 今後も通常通り、生産・出荷を行なっていく予定です。 こうした対応には、ユーザーから「こういう発信大切ですね!応援します」との反応が寄せられている。 同時に、「我が家はデマと言うのを信じて冷静に買いだめなどしなかった結果…あとワンロールも無いです」といった声も寄せられている。 梶山経産相は、早期の品薄状態を解消するため、店頭の状況などを把握し、必要な対応を行なうと発表。 物流や販売の状況をみながら、すみやかに品薄状態を解消したと強調した。 関連ニュース• ソーシャルネットワーク上のユーザーアカウントを通じてスプートニクのサイトでユーザー登録および認証を受けたという事実は、本規約に同意したことを意味する。 ユーザーは自らの振舞が国内法および国際法に違反しないようにしなければならない。 ユーザーは議論の他の参加者、また読者や、当該記事の題材となっている人物に対し尊敬をもって発言しなければならない。 サイト運営者は記事の基本的内容に用いられている言語とは異なる言語でなされたコメントを削除できる。 sputniknews. comの全言語バージョンで、ユーザーが行ったコメントの編集が行われる可能性がある。 以下に該当するユーザーのコメントは削除される。 記事のテーマにそぐわないもの• 憎悪を煽り立て、人種・民族・性・信教・社会的差別を助長し、少数者の権利を迫害するもの• 未成年の権利を侵害し、倫理的損害等、何らかの形態の損害を未成年に与えるもの• 過激主義、テロリズムを内容に含み、または、何らかの非合法活動を教唆するもの• 他のユーザー、個人ないし法人に対する中傷や脅迫を含み、その名誉や尊厳を傷つけ、または社会的評判を貶めるもの• スプートニクを中傷し、または貶める発言• プライバシーや通信の秘密を侵し、第三者の個人情報をその人の許可なく拡散させるもの• 動物への虐待・暴力シーンを描写し、またはそうしたページへのリンクを張ること• 自殺の方法に関する情報を含み、または自殺を教唆するもの• 商業的目的を持った発言、適切でない広告、違法な政治的宣伝または、そうした情報を含む別のサイトへのリンクを含むもの• 第三者の商品またはサービスを、しかるべき許可なしに宣伝するもの• 侮辱的ないし冒涜的表現およびその派生的表現、またはそれら表現を匂わせる字句の使用• スパムを含み、スパムの拡散やメッセージの大量配信サービスおよびインターネットビジネスのための素材を宣伝するもの• 麻薬・向精神薬の使用を宣伝し、その作成法や使用法に関する情報を含むもの• ウィルスなど有害ソフトウェアへのリンクを含むもの• そのコメントが、同一または類似の内容を持つ大量のコメントを投下する行動の一環をなす場合(フラッシュモブ)• 内容の稀薄な、または意味の把握が困難ないし不可能なメッセージを大量に投稿した場合(フラッド)• インターネット上のエチケットを乱し、攻撃的、侮辱的、冒涜的振舞を見せた場合(トローリング)• テキストの全体または大部分が大文字で又は空白無しで書かれるなど、言語に対する尊敬を欠く場合 サイト運営者は、ユーザーがコメントの規則に違反した場合、または、ユーザーの振舞の中に違反の兆候が発見された場合に、事前の通告なしに、ユーザーのページへのアクセスをブロックし、又は、そのアカウントを削除する。 ユーザーは、にメールを送り、自分のアカウントの復元、アクセス禁止の解除を申請することが出来る。 手紙には次のことが示されていなければならない。 件名は、「アカウントの復元/アクセス禁止解除」• ユーザーID• 上記規則への違反と認められ、アクセス禁止措置が取られる理由となった行動に対する説明 モデレーターがアカウントの復元とアクセス禁止の解除が妥当であると判断した場合には、アカウントは復元され、アクセス禁止は解除される。 再度の規則違反があり、再度のアクセス禁止が行われた場合には、アカウントは復元されず、アクセス禁止は全面的なものとなる。 モデレーター・チームと連絡を取りたい場合は、電子メールアドレスまで。

次の

デマ拡散、トイレットペーパー消えた 「在庫は十分」 [新型コロナウイルス]:朝日新聞デジタル

コロナ ウイルス トイレット ペーパー

ネット、とくにSNSの影響力が強まったと言われるが、まだまだテレビが人々に及ぼす影響は大きい。 の流行に伴う混乱のなかで、テレビ報道によって出現した現象について、ネットニュース編集者の中川淳一郎氏が読み解く。 * * * 有事の際、報道はいかにあるべきかが新型コロナ禍の中、ネットではしきりと議論されるようになった。 その筆頭は2月末に発生した「騒動」だが、4月末になってもトイレットペーパー及びティッシュペーパーの品薄状態は収まっていない。 この件の発端は、ツイッターで発せられた「紙製品を作っている中国の工場がストップしたからトイレットペーパーがなくなる」といった説とされている。 だが、東京女子大学現代教養学部教授で社会心理学者の橋元良明氏は『女性セブン』の取材に「今回の買いだめ行動は、SNSよりも圧倒的にテレビの影響が大きいと見ています」と述べている(4月23日号)。 つまり、「棚から消えています!」という報道をテレビが一度でもしてしまうとドラッグストアに開店前から列ができる状態になってしまう、ということだ。 コロナ報道で物議を醸したのがこの「棚からなくなってます!」報道に加え「若者がこんなにたくさん江ノ島を訪れています!」「高齢者がこんなにたくさん巣鴨の縁日に来ています!」といった「混んでます!」報道だ。 こうした報道により「な〜んだ、大丈夫じゃん。 この件だが、前週末の大混雑を受けて各自治体は県営・市営の駐車場の多くを閉鎖するという措置を取った。 この事実を知らない人々が車で江ノ島近くに殺到し大渋滞を起こし、地元住民から総スカンとなったということだ。 そもそも江ノ島がある神奈川県も「自粛」が要請されているんだから、遊びに来るってどーなのよ? なんてことを思う。 ネットには「これからコロナに感染するのは自粛しなかった人達だからもう検査しないでいいだろw病院も満員だし保健所で断ればいい」という極端な書き込みがあったが、結局強権発動できない日本の政府と各自治体の弱さが今回のような有事で明らかになったということだろう。 トイレットペーパー不足の時は「マスゴミは空っぽの棚を映すのではなく、倉庫に在庫がたくさんある様子を映せ!」「混雑している様子ではなく、ガラガラの様子を映せ!」といった批判がネットではあった。 2次被害を減らすためには至極真っ当な意見である。 あとはネットのスピードの速さも感じたのが「新型コロナは26〜27度で死滅するから白湯を飲め」という説が突然登場した時のことだ。 すぐに「体温より低いだろ!」とツッコミが入り、以後「36〜37度」「56〜57度」という形でウイルスの如くこのデマも変容を遂げながら「ンなワケねぇ!」と適宜ツッコミを食らい続け、この珍説は消えた。 一方、テレビが何を言おうが、その場ではツッコミ役はあまりいない。 出演者も「割って入るのはどうかと思う……」的な大人の対応をする。 それが結果的に純粋バカの暴走に繋がってしまうのである。 ネットで発生する諍いや珍事件をウオッチしてレポートするのが仕事。

次の