としまえん プール 料金。 【2020年最新】としまえん割引クーポン4,300円→1,830円!最大57%割引でチケット購入する方法

【としまえんプール】割引クーポン&全プールを写真付きで紹介!

としまえん プール 料金

のりもの1日券 (入園+乗り物フリー) 区分 通常料金 PassMe! 料金 大人 (中学生以上) 4,300円 4,000円 子ども (小学生以下) 3,300円 3,000円• 利用期間:2020年1月2日~2月29日(利用除外日あり)• 休園日:2020年2月4~6日、12~13日、18~20日、25~27日はご利用いただけません。 3才未満のお子様は無料です。 イルミナイトパス (15:00以降利用OK) 区分 料金 大人 (中学生以上) 1,100円 子ども (身長110cm以上) 1,100円• パイレーツデー (前売り) 区分 通常料金 PassMe! 料金 大人 (中学生以上) 4,300円 3,200円 子ども (小学生以下) 3,300円 2,200円• 3才未満のお子様は無料です。 約30種類の、のりもので 楽しむことができます。 こどもの森 巨大な樹をイメージした空中迷路を中心に、各種スライダーや幼児向け遊具などを揃えた新感覚のフィールドアスレチック。 子供向け遊具だけでなく、誰でも気軽に利用できる健康遊具もあるので、3世代が一緒に楽しめます。 カルーセルエルドラド 1907年、ドイツのミュンヘンで名工といわれたヒューゴー・ハッセの手によって造られた歴史的な回転木馬です。 ヨーロッパ各地をめぐった後、アメリカのコニーアイランドにある遊園地へ渡り、1971年「としまえん」にやってきました。 コークスクリュー コルク栓抜きのようならせん状のコース。 急斜面を滑走した直後の2回転宙返りが、アクロバット飛行の醍醐味です。 これ以外にも多数のりもので 楽しむことができます!.

次の

【2020】としまえんの料金・アトラクション・プール・動物園など楽しみ方徹底解説

としまえん プール 料金

こんにちは。 ライターのとみーです。 「 夏休み、どこか連れてって~!」なんて、子どもにお願いされていませんか? 私も毎年「どこか」に悩んだことがありましたが、せっかくの夏休みだから夏しか遊べないところにしよう!と プールに連れて行くことが多かったです。 首都圏にお住まいの方なら、 交通アクセスの便利な「としまえん」のプールを考える方も多いのではないでしょうか。 都内にあって駅からも近い 「としまえん」は、子ども連れにはピッタリの遊園地ですよね。 「としまえん」には、波のプール、流れるプール、 ナイアガラプール、子どものプールや、ウォータースライダー、別途料金(1人1日1,000円/6月中の29日・30日を除く土日月の先行オープン期間は700円)が必要ですが小さいお子さん連れのご家族に大人気の ふわふわウォーターランドなど、1日いても飽きないほどバラエティ豊かなプールがあります。 こんなに色々なプールがある上に、 のりものも楽しめる「としまえん」に行くとなったら、子どもたちは大喜びすること間違いなしです。 でも、家族で行くとなると結構な 金額になってしまう点が気になりませんか? 私も 子どもが3人いる友達家族と一緒に出かけることがあったのですが、 子ども1人の我が家とはかかる料金が全く違い、「家族で行くと楽しいけど大変だよね~」と話したことがありました。 交通費や飲食代も考えると、入園料や プール入場料はできるだけ安く抑えて思いっきり遊びたいですよね。 そこで今回は、少しでもお得に「としまえん」のプールを楽しめる 割引券の入手方法をご紹介します。 割引で購入できる方法といえば 前売り券が一般的ですが、最近ではお得なサービスがたくさんあります。 身長110cm以上が 「子供A」料金、110cm未満が「子供B」料金となります。 だいたい5歳くらいで110cmを超えるので、お子さんがそのくらいの年齢の方は身長を確認しておくと安心ですね。 では、それぞれの 料金を紹介していきます。 プール入場券 としまえんの 入園券とプールの入場券がセットになったものです。 こちらのチケットでのりものに乗る時は、 別途のりもの券を購入する必要があります。 こちらの チケットにはのりもの乗り放題も付いていますので、プールものりものも両方楽しみたい!という方におススメです。 波のプールとナイアガラプールが営業エリアになりますが、ナイアガラプールはペアフロート専用なので遊泳はできません。 ナイトプールは上で紹介した「プール入場券」「夏の一日券」でも18:00以降そのまま楽しむことができます。 こちらの料金は 身長に関係なく、中学生以上の「大人」と、3歳から小学生までの「子供」、2種類の料金になります。 ・入園無料 ・のりもの乗り放題 ・プール入場無料 ・園内のレストラン10%OFF ・同伴者5名までチケット300円割引 ・としまえん隣の温泉施設「豊島園庭の湯」300円割引 (ただし、豊島園庭の湯は中学生以上しか利用できません) 年間フリーパスには、ファミリーカードとパーソナルカードの2つがあります。 <ファミリーカード> 2名までの保護者と中学生以下のこども(1人~3人)の 家族分を1枚にまとめたカードです。 家族の人数によって料金は異なりますが、プールだけを利用したとしても4回行けば、4人家族で8,800円、3人家族で4,040円お得になります。 ただしお子さんが3歳になっていない場合、プール入場料は 無料なのでファミリーパスに入会しなくて大丈夫ですよ。 また、2年目以降の 更新料は1年目の入会費より安くなりますので、さらにお得になります。 ファミリーカードの詳細は次の通りです。 大人・中高生・3歳から小学生までの子供・ 60歳以上に分かれています。 料金は以下の通りです。 年齢 入会費 更新料 大人 21,600円 18,900円 中学生・高校生 16,740円 14,580円 子供(3歳~小学生) 14,040円 12,420円 シルバー 60歳以上 5,400円 5,400円 プールだけの利用を考えると 大人は6回以上の利用で2,400円、中高生なら同じく6回の利用で7,260円お得です。 110cm以上の子供は6回以上の利用で3,960円、3歳以上で110cm未満の子供は8回以上の利用で1,960円お得になります。 パーソナルカードについては、 中高生が一番お得になり、110cm未満の子供は利用回数によっては当日券のほうがお得になることもあります。 パーソナルカードは 利用回数に合わせて考えたほうがいいですね。 年間フリーパスは、としまえん正門横の 「木馬の会」受付で申し込むと即日発行になります。 入会当日から利用可能ですが、プール営業期間は混雑が予想され発行に 時間がかかることがあるので注意してくださいね。 プールはもちろん、夏以外も「としまえん」でたっぷり遊びたい!という方はぜひ購入を検討してみてください。 SEIBU PRINCE CLUBカード会員になる としまえんでチケット購入時に 窓口のスタッフにカードを提示すると、のりもの一日券・プール入場券・キッズのりもの一日券が一般料金より大人・子供ともに400円割引になります。 カード1枚につき5名まで利用できます。 ただし、申し込みからカードが届くまで 2週間かかるので、早めに申し込みをしてくださいね。 西武鉄道や西武バス、西武グループの施設をよく使う方ならポイントもたくさん貯まりますし、その他の レジャー施設やホテルで割引や優待サービスが受けられます。 SEIBU PRINCE CLUBカードはクレジットカードだけでなく、 年会費無料でWebから申し込めるポイントカードも選べます。 割引対象の施設やポイントの貯まる 加盟店などの詳細は公式サイトをご覧ください。 asoview! アソビュー! に無料登録して、電子チケットをオンライン購入する asoview! は、 オンライン予約・電子チケットが購入できる全国のレジャー施設や体験教室などを紹介しているサイトです。 2019年5月現在、約2万件のレジャー施設を掲載しています。 Facebook、Twitter、LINE(スマホのみ)などの SNSやYahoo! JAPAN ID、メールアドレスとパスワードを利用して会員登録ができます。 登録後、電子チケットをオンライン購入すると、 割引料金になります。 チケット窓口でオンライン購入した スマホ画面を提示して、としまえんチケットと交換します。 こちらは クレジットカードでの支払いになります。 ただし施設の都合で前売りチケットが利用できない日があるので、購入前に必ず確認しておきましょう。 また、購入した 割引チケットには有効期限もありますのでご注意ください。 としまえんのプール以外の施設や体験の詳細は公式サイトでチェックしてみてください。 JAFの会員優待割引を使う 車を使う方で JAFに入会している方におススメの割引です。 JAF会員証または、デジタル会員証をチケット購入時に窓口で提示するとプール入場券・夏の一日券が 300円割引で購入できます。 (他の優待券や割引券との併用はできません) 同伴の方5名まで割引になります。 インターネット入会すれば、加入手続き後に仮会員証のサイトに接続できるメールが届きます。 会員証が届くまで約2週間かかりますが、 仮会員証で優待サービスが受けられます。 JAFにはロードサービスや、「としまえん」を始めとした全国のテーマパーク、 観光施設などの割引があります。 入会金(2,000円)や 年会費(4,000円)がかかりますが、車を持っている方なら持っていて損のないカードですし、多くの施設で会員証を上手に利用すればお得になります。 会員優待が受けられる施設や入会方法は公式サイトでご確認くださいね。 Yahoo! デイリーPlusの会員になる お出かけやお買い物の時、マメに お得情報を調べるのが好き」という方におススメです。 「としまえん」の他にも、 100万件以上の施設を割引料金で利用できる月額540円の会員サービスです。 会員登録すれば、 二親等までのご家族や友達も会員価格で利用可能です。 会員登録をした最初の月は 会費無料で使用できます。 定期的に最大2カ月無料キャンペーンもありますので、タイミングが合えばさらにお得ですね。 月初めに入会しても月末に入会しても1か月とカウントされますから、入会しようと思っている方は月初めの入会をおススメします。 こちらのデジタルチケットだとプール入場券、夏の一日券のチケットが全種類 1,700円割引になり、かなりお得です。 デジタルチケットはweb限定サービスで、 スマホ専用です。 入金確認後、メールでチケットが届きますが、入金確認に 約3日(土日、祝日を除く)かかるので、利用日までに余裕を持って入金してください。 入会登録に必要な Yahoo! JAPAN IDをお持ちの方は、他の優待や割引対象施設も公式サイトでチェックしてください。 dエンジョイパスの会員になる 会員登録後すぐに利用できるので、その日に使う!という方におススメです。 docomoが運営している月額500円の会員サービスですが、docomo以外のユーザーも利用できます。 「としまえん」の他、5万件以上の施設を割引料金で利用できます。 こちらのサービスは会員登録後、 初回31日間無料お試しできます。 「としまえん」では、300円の割引クーポンが使えますし、プール入場券・夏の一日券のデジタルチケットをYahoo!デイリーPlusと同じ1,700円割引で購入することができます。 (こちらのデジタルチケットもスマホ専用になります) そして「としまえん」のプールに関する割引ではありませんが、なんと500円で としまえんのりもの一日券(入園料と乗り物乗り放題を含む)を手に入れることもできちゃいます! ただしこちらの ワンコインチケットは購入できる期間が決められており、先着200枚限定で1アカウント1枚のみの申し込みに限られています。 まだ「としまえん」のプールを利用できるワンコインチケットの情報はありませんが、気になる方はこまめに チェックしてみてくださいね。 登録や特典などの詳細は公式サイトをご覧ください。 金券ショップで購入する お店によって 取り扱い価格が違いますが、プール券、夏の一日券ともに約1,000円割引になっていました。 プール付きのチケットは、すぐ売り切れになってしまうため、こまめなチェックが必要です。 近所の金券ショップやお出かけ先で 金券ショップがあったら在庫と金額をチェックしておきましょう。 オークションで購入する オークションのサイトはたくさんありますが、ヤフオク、モバオク、メルカリなど出品数が多いサイトで探すと 掘り出し物が見つかることがあります。 オークションですから 入札価格が変動するので注意が必要なのはもちろんですが、入金の際の手数料や送料込みでの金額で落札してください。 プールのシーズンが近くなると金券ショップやオークションへの出品やお得なチケット情報も増えてきますから、 割引券を手に入れるチャンスも増えそうですよね。 「としまえん」に行くことが決まったら、まずはお出かけの前に紹介した サービスをチェックしてみてくださいね。 気になる「としまえん」のプールの混雑状況 無事に安くチケットを手に入れたら、次に気になるのは 混雑状況ですよね。 大人気の「としまえん」ですが、どのくらい混んでいるのか、動画をご覧ください。 シーズン最終日で天気もあまり良くないようですが、これだけ混雑していますよ~! VLOG としまえんプールで大はしゃぎ!寒さとの闘い?! 前編 最終日でも、こんなに混雑していますが、プールを目いっぱい楽しむために、 休憩場所をしっかり確保したいですよね。 できれば日陰の涼しいところで思いっきり遊んだ子どもを休ませたいし、自分も日焼けをしたくない…という方には次の記事がおススメです。 SPONSORED LINK まとめ としまえんのプールに利用できる 割引券の入手方法を8種類ご紹介しましたが、すぐに割引が使える方法やサービスに登録し有料会員になることでその分安くなる方法など、色々ありましたね。 最近ではオンライン決済ができて並ばずに入場できる 電子チケットが主流になり、とても便利になりましたよね。 来園までに時間がない、すぐに割引券が欲しい!という方は、登録後すぐに利用できて 1700円お得に購入できるdエンジョイパスの電子チケットが一番おすすめです。 JAF、SEIBU PRINCE CLUBカード、Yahoo! デイリーPlus、dエンジョイパスであれば、割引が利用できる他の施設もがっつり活用するとお得感が増しますね。 dエンジョイパス以外はそれぞれ登録・入会してからサービスの 利用開始までに一定の日数がかかりますので、日にちに 余裕を持って準備してください。 また、これからプールだけでなく何度も 「としまえん」を楽しみたい!という方には、木馬の会への入会がお得です。 我が家の娘も今や高校生ですが、小さい時行った海やプールのことを「そういえばさ~」なんて話すことがあります。 「としまえん」のプールの 思い出がより特別なものになるよう、こちらの割引情報をぜひ役立ててください。 こんにちは。 ライターのsaochiです。 夏といえば、やはり「プール」ですよね。 猛暑続きの天候 ライターの市(いち)です。 夏と言えば、子供たちにとっては楽しみな夏休みがあります。 暑 こんにちは、ライターのnya-coです。 夏になると、家族で楽しめるレジャーの1つとしてプール こんにちは、ライターの川口です。 皆さんは「としまえん」と聞くと何を思い浮かべますか? こんにちは。 ライターののりをです。 家族みんなで楽しめる夏の代表レジャーのひとつにプールがあり ライターの市(いち)です。 夏になるとお子さんのいるご家庭では「プールに行きたい!」というセリ みなさんこんにちは、ライターのなつです。 せっかくの夏休み、子どもたちには思い出に残るものにし.

次の

としまえん のりもの1日券割引料金で販売中!|PassMe! おでかけ割引チケット 日帰りレジャーのパスミー!

としまえん プール 料金

2019年度は、としまえんプール割引ではJAF割引が使えます。 JAFカードでの入園はできないので注意してください。 枚数に限りあり、お早めに! 他に有効なものとしては、年間フリーパス「 木馬の会」に入会すると、入園料金無料、のりもの乗り放題、夏季プール泳ぎ放題などなど…他にも特典が盛りだくさんです。 年間に何度も、としまえんに行く人にはおすすめです。 入会は無料なので、登録してみてはどうでしょうか。 割引クーポンは、種類によって対象となる施設が違います(プールがない場合もあり)入会時期のタイミングによっては、その月のメールが届かなかったりするので、ご注意ください。 裏技?としては、 ヤフオクでチケットを購入するという方法もあります。 結構たくさん、されていますので、目的のものを探してみてみてください。 値段の付け値は、それぞれなので思わぬ激安な値段で落札できる可能性もゼロではありません。 テントの持ち込みはできるの? 豊島園のプールでは、テントの持ち込みは禁止されていません。 ただし、周りに迷惑にならないようにとのことです。 また、強風時にはテントの使用を断られる場合があります。 危険物や、酒類、ガラス製ビン、シュノーケル、フィン、水中マスクの持ち込みは禁止となっています。 スポンサーリンク としまえんプールの混雑状況はどれくらい? どこもそうですが、土日祝、連休、お盆時期は大変混雑します。 しかも夏休みですから当然ですよね。 夏休み中のとしまえんプールの混雑に関して、口コミなども含めて状況をお知らせします。 としまえんは、遊園地もありますが、夏の期間のみ営業するプールの混雑が酷いです。 特に、午前中の混み具合は相当。 エリア内の日陰になる範囲も限られていますので、場所取りは結構たいへんなんですね。 しかし、としまえんではテントの持ち込みが禁止されていません。 日陰ポイントを確保できなくても、テントを持参し、とりあえず場所取りさえできれば、一安心というところです。 そうはいってもまずは豊島園に早めに到着するのが前提です。 できれば、開場とともに中に入って、場所取りしましょう。 混雑具合は、お盆時期がピークで、どこを見ても人、人…と言う状況で、スライダーもかなり並びます。 日程を調整できるのであれば、夏休み前の平日がよりベストですが…、なんのための夏休みだ…ってことになるので、せいぜい夏休み中の平日あたりが、混雑度は多少マシになります。 大抵の人はプールで遊んで、その後遊園地といったパターンをとりますので、空き始める14時くらいからプールで遊ぶという方法もあります。 toshimaen. html としまえんプールでは、利用する人数によって、いろんな種類のタイプの有料席の用意があります。 場所取りの煩わしさなく、ゆっくりと過ごしたい方にはおすすめです。 プールサイド有料席の1人用のデッキチェアは1,500円(平日)からとお手頃です。 家族向きの高いものになると6,500円(平日) ウォーラースライダーを何度も利用したいのなら、ハイドロポリス有料席(平日3,500円)が良いですよ。 有料席は予約ができません。 プール利用当日の受付となるので利用を考えている場合は、満席になる前に確保しましょう~有料席の詳細は 夏の期間のレジャーはプールがお決まりなので、若干の程度の差はあれ、何処へ行っても混雑していますよね。 それを少しでも回避するためには、やはり早めの行動です。 目的地にとにかく早く到着することから始めるのが賢明です。 混雑するのは、そういうものだと思って諦めてしまえば気が楽かもしれませんし。 準備万端計画をして、スムーズに行動し、楽しんでくださいね。 ただ屋外プールは、直射日光が当たるので日焼けや熱中症などにはくれぐれもご注意を。

次の