読売新聞社 採用。 読売新聞社の採用大学と人気企業ランキング【2015年卒】

読売新聞社の新卒採用・企業情報|リクナビ2021

読売新聞社 採用

お店の連絡先は新聞代の領収書等をご確認いただくか、のページで検索してください。 フォームからお問い合わせをいただいても、回答までに長期間を要しますので、あらかじめご了承ください。 お問い合わせは電話でいただくか「」で回答をお探しください。 ご了承ください。 あて先 〒103-8601 日本橋郵便局留、読売新聞東京本社「気流係」 ファクス 03-3217-8229 メール (投稿文は添付文書とせずメール本文としてお送りください) フォームでも受け付けています• その場合は、メールアドレスにお送りください。 投稿規程など• 330字程度で• 写真、イラストもどうぞ• 職業、氏名、年齢、郵便番号、住所、電話番号(携帯番号も)を明記• 学校単位の投稿も歓迎します。 学校名、学年、氏名、年齢を記載し、お送りください。 封筒または送付状には、担当教諭名と電話番号を明記してください• 添削することがあり、原稿は返却しません• 匿名は原則不可• 掲載原稿は、読売新聞の電子メディアで公開し、読売新聞が作成もしくは許諾した出版物やメディアに掲載することがあります• 作品は未発表のオリジナルのみ。 類似作を含め他メディアとの二重投稿はお断りします あて先 〒530-8551 読売新聞大阪本社「気流」係 ファクス 06-6366-1890 メール (投稿文は添付文書とせずメール本文としてお送りください) 投稿規程など• 400字程度で• 郵便番号、住所、氏名、年齢、職業、電話番号(あれば携帯番号も)を明記してください• 添削することがあり、原稿は返却しません• 作品は未発表のオリジナルのみ。 類似作を含め、二重投稿はお断りします• 匿名は原則不可です• 掲載原稿は、読売新聞の電子メディアで公開し、読売新聞が作成もしくは許諾した出版物やメディアに掲載することがあります• 採否の問い合わせはご遠慮ください。 掲載の場合には、確認の連絡をします。 写真、イラストも募集しています。 応募の場合は、郵送でお願いします。 あて先 〒100-8055 読売新聞東京本社生活部「人生案内」係 フォームでも受け付けています• その場合は、投稿規程をご確認の上、はがきか封書でご投稿ください。 投稿規程など• 生活上の悩み全般が対象• 純粋な法律問題や病気・健康の相談などは取り上げません• 相談内容は、担当記者が規定の行数に整理して掲載します• 掲載は匿名ですが、氏名、住所、年齢、職業は明記してください• プライバシー保護のため、相談者への問い合わせや手紙の転送には一切応じません• 掲載分は電子メディアや出版物などで公開することがあります• 二重投稿はお断りします 「よみうり時事川柳」への投稿 あて先 〒103-8601 日本橋郵便局留、読売新聞東京本社「時事川柳係」 フォームでも受け付けています• その場合は、メールアドレスにお送りください。 投稿規程など• 1回の投稿は4句まで。 テーマを簡略に付記してください• 郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号を明記• 筆名がある場合は記入してください• 掲載原稿は、読売新聞の電子メディアで公開し、読売新聞が作成もしくは許諾した出版物やメディアに掲載することがあります• 添削することがあり、原稿は返却しません• 作品は未発表のオリジナルのみ。 類似作を含め、他メディアとの二重投稿はお断りします• 読売新聞東京本社「気流」面掲載分に薄謝進呈 あて先 〒103-8601 日本橋郵便局留、読売新聞東京本社「USO放送」係 ファクス 03-3217-8229 フォームでも受け付けています• その場合は、メールアドレスにお送りください。 投稿規程など• 郵便番号、住所、氏名、ペンネーム、年齢、職業、電話番号(携帯番号も)を明記• 作品は読売新聞の電子メディアで公開し、読売新聞が作成もしくは許諾した出版物やメディアに掲載することがあります• 作品は未発表のオリジナルのみ。 類似作を含め他メディアとの二重投稿はお断りします• 全国版に掲載された場合は図書カード3千円、月間賞には賞金1万円と記念盾を進呈 「CITY LIFE」への掲載 あて先 〒100-8055 読売新聞東京本社生活部「ぷらざ」係 ファクス 03-3217-9919 メール (投稿文は添付文書にせず、メール本文としてお送りください) フォームでも受け付けています• その場合は、投稿規程をご確認の上、はがきか封書、またはファクスかメールでご投稿ください。 投稿規程など• 題材は自由。 長さは400字程度でお願いします• 住所、氏名(ふりがな)、年齢、職業、電話番号(携帯電話もあれば)を明記• 添削することがあります。 原稿は返却しません• 掲載原稿は電子メディアや出版物などで公開することがあります• 二重投稿はお断りします• 採用分には記念品を贈呈します 「ティータイム」(大阪本社版)への投稿 あて先 〒810-8581 読売新聞西部本社社会部地域・生活課「気流」係 ファクス 092-715-5799 メール 投稿規程など• 「私の1枚」は犬や猫などの写真で、ペットの種類と名前、性別、年齢、性格、特技などを書いてください• 「私のアングル」は、祭りや自然風景などの写真で、タイトルと簡単な説明を書いて下さい• 郵便番号、住所、氏名、年齢、性別、電話番号(携帯番号も)を明記してください• 掲載原稿は、読売新聞の電子メディアで公開し、読売新聞が作成もしくは許諾した出版物やメディアに掲載することがあります• 添削することがあり、写真と原稿は返却しません• 作品は未発表のオリジナルのみ。 類似作を含め、他メディアとの二重投稿はお断りします 広告掲載案内 以下のうち、ご希望の工場へお問い合わせください。

次の

朝日新聞社 航空部 l (2018年 報道パイロット 採用募集要項)

読売新聞社 採用

【新入社員研修】 新入社員は入社後すぐに、社会人として、新聞に携わる者として必要な知識やビジネスマナー等を2~3週間かけて学びます。 続いて、職種別に分かれて実践的な研修が始まります。 「取材記者(写真記者含む)」は、約2ヵ月間の「記者塾」で、取材や記事の書き方、記者パソコンやデジタルカメラの操作方法など、新聞記者としての基礎をしっかり身につけます。 6月ごろには、各地の総・支局に配属されて、記者デビューとなります。 【登用前研修 & 2・3年目研修】 入社の約半年後には登用前研修業が行われます。 職種別に業務を振り返りながら、フォローアップします。 取材記者の場合、ベテラン記者から自分の記事の講評を受けるなど、実践的な内容となっています。 入社2年目、3年目にも、それぞれ本社で研修を行います。 【その他】 入社10年目の全職種の社員を対象にした10年目研修、主任やデスクなどが対象となる管理者育成研修、部長級研修などがあります。 採用プロセスと選考方法 エントリー/採用方法 当社を志望されている方は、採用HPからエントリーをしてください。 詳しくは以下の採用HPをご覧ください。 yomiuri. その後のステップは書類選考を通過した方にお伝えします。 提出書類 エントリーシート 応募資格(学歴、学校種) 大学、大学院 卒業見込みの方 または 大学、大学院 卒業の方 原則として1993年4月2日以降(個別相談に応じます)に生まれ、国内外の4年制大学を卒業または2021年3月までに卒業見込みか、同程度の学力を有する方。 新卒・既卒、学部・学科は問いません。 社会人の方も歓迎します。 募集要項 初任給 初任給(2019年度実績) ・東京本社 月給26万円以上 ・大阪本社 月給25万8千円以上 ・西部本社 月給24万4千円以上 昇給・賞与・諸手当 【昇給】年1回 【賞与】夏期と冬期 勤務地 【初任地】 取材記者の初任地は、原則として採用された本社管内の道府県庁所在地など。 それ以外の職種は採用された本社。 勤務時間 職種によって異なりますが、事務系の職場では、休憩1時間を含め、9時半~17時半が原則です。 編集職場では、ローテーションによる夜勤・泊まりもあります。 福利厚生 【診療所】 東京本社にある読売クリニックには、内科、整形外科、皮膚科、耳鼻咽喉科、眼科などがあります。 【レジャー、生活支援など】 全国の宿泊施設やスポーツクラブ、育児サービスなど、多彩な福利厚生サービスが利用できる「ベネフィット・ステーション」に加入しています(読売健保契約)。 読売旅行を通じて予約した場合の補助制度などがあります(本社ごとに制度が異なります)。 休日休暇 年間休日106日。 (いずれの時期においても1週1日を下回らないこと) 有給休暇は初年度15日、最大30日。 永年勤続休暇、慶弔休暇など。 採用実績校 国内外の4年制大学、大学院など 採用予定学部学科 学部・学科不問 今年度採用予定数 約80名 昨年度採用実績(見込)数 2020年度採用実績(見込)は、東京、大阪、西部の三本社合わせて計80名程度 試用期間 あり 入社後6か月 その他条件は本採用時と変更なし 職場データ.

次の

読売新聞社の過去の採用・募集情報

読売新聞社 採用

種類 日刊紙 サイズ ブランケット判 事業者 株式会社読売新聞東京本社 本社 100-8055 一丁目7番1号 代表者 (代表取締役社長。 の代表取締役社長を兼任。 概要 [ ] 、読売新聞グループの再編により、の読売新聞発行本社であったがグループ及び読売新聞社の法人事業継承会社として株式会社と、読売新聞社の編集・発行事業継承会社として株式会社読売新聞東京本社の2社にした。 同時に、株式会社が運営していたとも会社分割による独立会社として読売新聞グループ本社の完全子会社となった(よみうりは持株会社移行に伴い解散した)。 本社・支社所在地 [ ] 読売新聞中部支社の旧社屋(名古屋市中区、2017年7月17日まで) 東京本社• 一丁目7番1号 郵便番号100-8055 に2代目大手町社屋として竣工。 、9月に仮移転していたの旧本社ビルから移転して業務開始。 地上33階・地下3階、高さ200mの高層ビル である。 1971年に竣工した初代大手町社屋は2010年9月まで使用された。 北4条西4丁目1 郵便番号060-8656• 下関町4番5号 郵便番号933-8543 中部支社• 一丁目2番1号 郵便番号460-8470 旧社屋(名古屋市中区栄1-17-6)は「中部読売新聞社」の本社社屋としてに竣工。 、旧社屋から200メートル北側の沿いに面した場所に建設された「納屋橋東地区市街地再開発」()の商業・業務棟の3〜5階に移転。 東北統括本部• 二丁目1番2号 NMF仙台青葉通りビル5階 郵便番号980-0811 読売新聞のにおいての販売促進と文化事業の強化のため、2018年11月に新設。 総支局 [ ] 総局 [ ] ()のみ 支局 [ ] 北海道支社管内 、、、、、、、 東北統括本部管内• 、、、 本社直轄• 、、、• 、、、• 、、、• 、(内)、()、• 江東()、、、、• 、、(横浜市)、、()、• 、郡内()• 、、 北陸支社管内• 、、、• 、()、() 中部支社管内• 、、、()• (・・)は、までは東京本社の管轄だった。 系列紙の「中部読売新聞」が読売本体との合併に伴い「読売新聞」と題号を変更した同年から中部本社の管轄に変更されたが、2002年の読売グループ再編で中部本社が東京本社の支社に格下げされて14年ぶりに東京管轄に"復帰"した。 また、読売本体では東京管轄だった三重県は中部本社発足の日と同時にの管轄に変更された。 なお中部読売が読売本社と合併するまでは、東京本社製作の東海版と、中部読売が併売されていた。 なおは静岡県西部向け「遠州版」を流用したため、民放の1番手は在静局のものから掲載されていた。 、など他のは三重県では沿岸部から以北までは管轄で、読売を含めた伊賀地方及び読売以外の(以南)は管轄となるが、読売だけは東紀州地方も東京本社傘下の中部支社管轄となる。 のうちは、大阪本社発足以前は東京の管轄だったが、に大阪でも読売新聞を発行するようになってからは、に近いことから福井県のみ大阪管轄に変更された。 とでは、、当時の社主であったの出身地に近いに北陸支社を設立し、現地印刷を開始した。 富山・石川の2県では読売新聞、(系)、(含む)の3グループがしのぎを削っている。 ちなみに富山県では唯一の完全地元紙であるに次いで読売新聞の読者が多い。 地方版 [ ] ここでは東京本社発行の地方版のみ記述。 関東地方 [ ] 東京都• 都民版• 江東版• 武蔵野版• 多摩版 神奈川県• 横浜版• 川崎版• 田園都市版• 横須賀版• 相模版• 湘南版 千葉県• 千葉中央版• 京葉版• 東葛版• 房総版 埼玉県• 埼玉中央版• 埼玉東部版• 埼玉西部版 その他の県版• 茨城版• 栃木版• 群馬版 静岡・甲信越地方 [ ] 静岡県• 中部版• 東部・伊豆版• 遠州版 長野県• 北信版• 中南信版 その他の県版• 山梨版• 新潟版 東北地方 [ ] 宮城県• 仙台圏版• 宮城版 その他の県版• 青森版• 岩手版• 秋田版• 山形版• 福島版 工場 [ ] 東京・神奈川に6か所ある読売新聞東京本社直接子会社であると、中部支社管内の愛知県内にある「東海プリントメディア」の工場を除けば、外部企業や地方紙への印刷委託を取っている。 読売新聞グループの印刷会社• 清澄(同上)• 江東木場(同上)• (読売プリントメディア)• (同上)• (同上)• (工場)• (光村印刷)• (同上)• 清澄(同上)• 江東塩浜(アサガミプレスセンター)• (印刷センター)• ( ) 大手町の旧本社時代には同工場で(発行)の都心向け紙面の印刷を受託していたが、取り壊し・改築のためにこの受託印刷も中止となった。 仙台工場は、かつてに所在していたが、に発生したにより工場が被災して使用できなくなった為、仙台市にあるの工場で受託印刷を行っていたが、に仙台市郊外のに新工場が完成して稼動を開始、同時にと(いずれも産業経済新聞社発行)の受託印刷も開始した。 夕刊の有無 [ ]• の道央を中心とした一部地区 、及び(を含む)と、、 、 はセット版(夕刊あり)。 他の地区は朝刊(統合版)のみ。 静岡版は地理的・企業上の関係により、東部・伊豆・中部向けの朝刊が、西部向けの朝刊、及び全域向けの夕刊は の工場で発行。 またセット版の都県であっても離島・山間部(東南部などの地域)など一部朝刊(統合版)のみの場合がある。 番組表 [ ] 最終面 [ ] 首都圏版(茨城・栃木・群馬を含む) [ ] の完全移行に伴い、在京の並びが順に再編された。 なお、、、、などの首都圏版でも、リモコンキーID順に再編されている。 なお後述する首都圏以外の版については、首都圏版とは異なりリモコンID順の配列とはなっておらず、最初は日テレ系各局、次にそれ以外の放送局を開局した順に配列している。 BS各局は首都圏版と同じ配列での収録である。 フルサイズ…()、(東京)、、、、、• ハーフサイズ…、、• 宮城版 [ ]• フルサイズ…NHKテレビ()、NHK Eテレ(仙台)、、、、、 福島版 [ ]• フルサイズ…NHKテレビ()、NHK Eテレ(福島)、福島中央テレビ、、、、テレビ東京 長野版 [ ]• フルサイズ…NHKテレビ()、NHK Eテレ(長野)、、、、、テレビ東京 新潟版 [ ]• フルサイズ…NHKテレビ()、NHK Eテレ(新潟)、、、、、テレビ東京 山梨版 [ ]• フルサイズ…NHKテレビ()、NHK Eテレ(甲府)、、、フジテレビ、テレビ朝日、テレビ東京 静岡版 [ ]• フルサイズ…NHKテレビ()、NHK Eテレ(静岡)、、、、• ハーフサイズ…テレビ東京、 中面 [ ] 中面は都県域地上波・BS・CS・AM・短波・FM各局の番組表が掲載されているが都県ごとに構成が異なる。 首都圏版(茨城・栃木・群馬を除く) [ ]• BS…WOWOWライブ・シネマ、1・2・3、、、、、、、1・2・3・4、、、、• CS放送…、、(日テレNEWS24は他2チャンネルから見てさらに小さいサイズとなっており、その下段にこれらのチャンネルがスカパー! 、ケーブルテレビで視聴できる旨のお知らせと、その問い合わせ電話番号を記載している)• 地上波テレビ…1・2、、、、、NHK Eテレサブ• AM・短波ラジオ…、、、、、、、、、• FMラジオ…、、、、、、、 首都圏北版 [ ]• 地上波テレビ…、、テレ玉、チバテレ、TOKYO MX1・2、NHK Eテレサブ、NHK総合ローカル(・・)• AM・短波ラジオ…NHK第1、NHK第2、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ日本、栃木放送、茨城放送、ラジオNIKKEI• FMラジオ…NHK-FM、TOKYO FM、J-WAVE、、、NACK5、bayfm 福島版 [ ]• 地上波テレビ…日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビ、ミヤギテレビ、NHK Eテレサブ• AM・短波ラジオ…NHK第1、NHK第2、、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ日本、TBCラジオ、、ラジオNIKKEI、AFN• FMラジオ…NHK-FM、、TOKYO FM、J-WAVE、 長野版 [ ]• 地上波テレビ…日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビ、、NHK Eテレサブ• AM・短波ラジオ…信越放送、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ日本、、、ラジオNIKKEI、AFN• FMラジオ…NHK-FM、、TOKYO FM、J-WAVE、、 新潟版 [ ]• 地上波テレビ…日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビ、テレビ信州、NHK Eテレサブ• AM・短波ラジオ…NHK第1、NHK第2、新潟放送、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ日本、信越放送、、山形放送、ラジオNIKKEI、AFN• FMラジオ…NHK-FM、、、TOKYO FM、J-WAVE 山梨版 [ ]• 地上波テレビ…日本テレビ、TBSテレビ、tvk、TOKYO MX1・2、Daiichi-TV、NHK Eテレサブ• AM・短波ラジオ…NHK第1、NHK第2、YBSラジオ、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ日本、SBSラジオ、信越放送、ラジオNIKKEI、AFN• FMラジオ…NHK-FM、FM-FUJI、TOKYO FM、J-WAVE、、FM長野 静岡版 [ ]• 地上波テレビ…tvk、日本テレビ、テレビ朝日、TBSテレビ、フジテレビ、NHK Eテレサブ• AM・短波ラジオ…NHK第1、NHK第2、SBSラジオ、TBSラジオ、文化放送、ニッポン放送、ラジオ日本、CBCラジオ、東海ラジオ、ラジオNIKKEI、AFN• FMラジオ…NHK-FM、K-mix、TOKYO FM、J-WAVE、FM AICHI、ZIP-FM ラジオ各局については、東北全県と、山梨、長野、新潟、静岡県の各局は局名カットの箇所は親局の周波数を掲載し、それ以外については掲載収録地域の主要放送支局・中継局の周波数を地域ごとの一覧で掲載している(中部支社版、北陸支社版、北海道支社版も同様) 備考 [ ]• (欧州・アジア地区にて展開)では、上記首都圏向けの内容をそのまま収録している。 夕刊版。 まではの扱いとして、向けにも放送。 新聞社との資本整理後はの終了まで日テレ系を中心として、夕刊の記事を抜粋して放送した。 ただし(大阪本社)に限り、から番組終了の2000年9月までは扱いで自社制作し、「は~い夕刊」への改題後も「読売新聞ニュース」のままで放送した)• 深夜版。 タイトルの通り翌日の朝刊から記事を抜粋して伝えた。 1996年改題 2000年10月、夕刊共々終了)• どれどれトーク• カルチャー• 読響名曲の散歩道• 読売スペシャル• とことん! 歴史館• 言い得て妙• シネマの小箱 発行物 [ ]• (東京本社・北海道支社・北陸支社・中部支社管内)• (、、、で現地印刷)• (旧ザ・デイリー読売)• (2011年3月創刊)• (2014年11月創刊)• 中部版(においては株式会社ではなく、読売新聞中部支社からの発行。 いわゆるフランチャイズ契約。 、旧・中部読売新聞社時代に『報知スポーツ』として創刊。 に現在の題字になる) 過去の発行物 [ ]• 雑誌は現在発行していないが、書籍に関しては「読売新聞社」名義で一部刊行されている 脚注 [ ] [] 1NNS非マストバイ(非フルネット)局。 5加盟局が運営・出資する(CSチャンネル)。 2020年現在では日本テレビのみが運営・出資している。 6開局、閉局。 7太字はNNN・NNS双方に加盟。 細字はNNNのみに加盟。 8旧NTVは2012年に現NTVに放送免許を譲渡。 9加盟当時はSKT静岡県民放送。 10CTV開局後はNNSのみダブルクロス。 11母体新聞社及び加盟局と友好関係のある新聞社。

次の