ホーエン シュヴァンガウ 城。 ホーエンシュヴァンガウ城。ドイツ、バイエルンの城

ノイシュバンシュタイン城+ホーエンシュヴァンガウ城+リンダーホフ城をたっぷり観光!ミュンヘン発1泊2日宿泊オプショナルツアー!<ホテル/朝食/ガイド付き>

ホーエン シュヴァンガウ 城

ノイシュヴァンシュタイン城 中央手前 周囲の風景。 左下に。 によってに建築された。 国境に近いの東南東方向(直線距離にて約4km)に位置し、近隣には、ルートヴィヒ2世が幼少時代を過ごし、彼の父親が所有していたがある。 ノイシュヴァンシュタインという名は、現在ホーエンシュヴァンガウ城のある地にかつてあったシュヴァンシュタイン城にちなみ、になって付けられた名であり(「ノイ Neu 」はで「新しい」、シュタインは「石」の意)、建設当時はホーエンシュヴァンガウ新城と呼ばれていた。 シュヴァンガウは、「白鳥地区」の意味の地名で、ホーエンシュヴァンガウは、上シュヴァンガウ村のことである。 伝統的な建築方式で造られているように見えるが、石造りではなく鉄骨組みのおよびで、の城館に本来は必ずあるべき小聖堂やがない。 これらの点から古建築保存を目的とするになっていないと思われてきたが、2015年にやとともにユネスコの世界遺産暫定リストに登録され、本申請を待っている。 現在はの終点として、人気のとなっており、内部を見学することができる。 膨大な額の援助を彼に施し、彼の楽劇を「私たちの作品」と呼んだが、狷介な性格のワーグナーはたとえ有力なパトロンであり国王であったとしても、作品に容喙することを許さなかった。 ルートヴィヒ2世はこの城の他にも、、の建設を始め、さらにはノイシュヴァンシュタインよりも高い岩山の上にさらに壮大なを建設する計画をたてており、その上風の宮殿も建設したいと考えていた。 これらの建設費用はによるドイツ統一を支持した見返りとしてから送られた資金などを中心に、ほぼ王室費から支出され、バイエルン政府のとは別会計ではあったものの、王室などを乱発して借金を積み重ねた。 プロイセンに対しの損害賠償を未だ抱えていたバイエルン政府はこれに危機感を募らせ、最終的に首相ルッツらは、ルートヴィヒ2世を形ばかりの精神病鑑定にかけ、統治不能としてに軟禁した。 その翌日、王は主治医と畔を散歩中に謎の死を遂げた。 王がノイシュヴァンシュタイン城に居住した期間は、わずかに172日間であった。 ルートヴィヒ2世の死後 [ ] ルートヴィヒ2世が亡くなった1886年6月13日の時点で、ノイシュヴァンシュタイン城は王の構想の一部を実現したに過ぎず、未完成部分を多く残していたが、建設工事はこの時点で中止された。 元来実用性の乏しい施設であったが、公的な施設として用いられることはなく、その直後から城と内部は観光施設として一般公開された。 構造 [ ] 空から見たノイシュヴァンシュタイン城 一見すると伝統的な建築方式で造られているように見えるが、石造りではなく鉄骨組みのコンクリートおよびモルタル製で、装飾過多であり、耐候性や耐久性も低かった。 この城は軍事拠点としての「」としてではなく、また政治や外交の拠点としての「」として建設されたものでもなく、後述のようにルートヴィヒ2世の趣味のためだけに建設されたもので、ドイツの城館に本来は必ずあるべき小聖堂や墓地がこの城にはなく、玉座を後回しにしてもヴィーナスの洞窟と名付けられた人工のが建設されるなど、実際の住居としての居住性はほとんど考慮されておらず、施設としての実用性は無視された設計になっており、居住にも政務にも(もちろん軍事施設としても)不向きな城である。 見学 [ ] 見学ツアーチケット売場 城は一般に公開されており、4~9月のは9~18時、10~3月のは10~16時の間見学が可能だが、城内の見学はツアーへの参加が必須となっており、麓のホーエンシュヴァンガウにあるチケット売場で事前にツアーのチケットを購入する必要がある。 城ではツアーチケットは販売されていない。 ホーエンシュヴァンガウの町までは、駅前からバスが運行されている。 麓から城までは坂道を徒歩で上がるか、チケット売場の先にあるバス停からマリエン橋近くまで運行されている、もしくはバス停近くから出発する(いずれも有料)を利用し、終点から城までを徒歩とするかのいずれかとなる。 なお、ペラート峡谷にかかるから見るのが最も美しいとされている。

次の

ノイシュヴァンシュタイン城

ホーエン シュヴァンガウ 城

ロマンチック街道の終点はバイエルン王の夢の世界だった ノイシュヴァンシュタイン城 この城は、王や騎士たちが活躍する時代が過ぎ去った1869年、第4代バイエルン王ルードヴィヒ2世の命により着工されました。 18歳の若さで国王の座についた彼には、人生経験も政治的な経験もありませんでした。 プロイセンとの戦争で敗れた彼は、多額の賠償金を請求されてしまいます。 そのためバイエルン王国は権威を失っていくことになるのです。 とにかく芸術を愛しており、中世の騎士の姿や考え方、その伝説に対して憧れすら抱いていたルードヴィヒ2世。 そんな彼が、やがて争いや政治から逃れ、自分だけのファンタジーワールドに生きようとすることも無理はないことだったのかもしれません。 そんな彼の描いた世界観は、夜中に伝説の人物の格好をしてソリに乗る、などという奇行に表れていたともいえるでしょう。 そのルードヴィヒ2世が、自分の描く理想的な世界として建てられたのがです。 ちなみに、彼のファンタジー感を象徴するかのように、後にこの城はシンデレラ城や眠れる森の美女の城のモデルにもなったという説があります。 残念なことに、彼が亡くなった1886年、城の工事は中断されてしまいます。 財政難にあえいでいたには余力がなく、工事を継続させることはできず、現在に至りました。 そのため、今でも多くの箇所が未完成のままとなっているのです。 しかし、そうした中にも彼の思いはしっかりと残されているのが、この城の魅力ともいえるでしょう。 ワーグナーの音楽に心酔していたルードヴィヒ2世は、そのオペラを上演するためだけに「歌人の間」を造りました。 城内の至るところ、寝室や居室などにはそうしたオペラを象徴した壁画が描かれています。 中でも「ローエングリン」や「パルジファル」が有名な作品として知られています。 妄想の世界に耽ることでも知られるルードヴィヒ2世は、そのために人工の洞窟まで造らせたといいます。 そしてその発想こそ「タンホイザー」からヒントを得たといわれています。 ただ、ファンタジーな世界観だけが描き出されていたわけではありません。 その権力を象徴するかのように、王座の間の天井は一面黄金製。 重さが900kgを超えるシャンデリアもあり、権力の一端も見え隠れしているのです。 白鳥城とも呼ばれるこのノイシュヴァンシュタイン城ですが、その名のとおり華麗で美しい佇まいでも知られています。 そしてもっとも驚くのは、この城を建てたのは建築家ではなく、彼が愛してやまなかったオペラの舞台装置や美術を手掛ける画家だったこと。 そのため、構造的なことよりも、彼の描いていた世界観のほうが強く反映された城として、世に送り出されることになったのです。 随所に彼のファンタジックな片鱗を残しているノイシュヴァンシュタイン城の中で、もっとも美しいと評判なのがマリエン橋。 深い谷の間にかかる吊り橋なので揺れると怖いですが、断崖に悠然とそびえ立つ城の姿を、周りの風景とともに一枚の絵画のように見ることができる絶景スポットです。 橋の上から城の全景を眺めることもでき、白鳥城の佇まいを体感できることでしょう。 ホーエンシュヴァンガウ城 ルードウィッヒ2世に関連して見ておきたい城として、ホーエンシュヴァンガウ城があります。 ホーエンシュヴァンガウ城はノイシュヴァンシュタイン城から歩いて行ける距離にあり、麓のチケットセンターで共通チケットを購入できます。 この城のある場所は「白鳥の里」という地名でオペラ「白鳥の騎士(ローエングリン)伝説」ゆかりの地でした。 ルードヴィヒ2世の父親は古城であったこの城を改築し、19世紀ドイツ・ロマン主義に傾倒していたことから、壁画にも多くのゲルマンの騎士伝説が描かれ、幼き日を過ごしたルードヴィヒ2世がその騎士伝説に影響を受けていったと言われています。 リンダーホーフ城 ルードヴィヒ2世が存命中に唯一完成したは、バイエルン州南西の森の中にあります。 この城は、完成後に彼が長い期間過ごしたことでも知られています。 内の大を手本に建てられたルネサンス様式の建物ではあるのですが、ルードヴィヒ2世の手によってバロック様式の装飾が加えられています。 そのため、彼の作品であるというとらえ方も強くあるようです。 城内には権力を誇ったルイ14世とその息子であるルイ15世、ポンパドゥール夫人やマリー・アントワネットの像が置かれており、彼は像に向かって、これらが生きているかのように挨拶したり話しかけたりしたといわれています。 こうした時間は彼にとってとても大切なものだったため、使用人たちがその妨げとならないよう、城には工夫がされています。 その代表的なものが、人の出入りの多い食事の準備を1階で行い、用意が整ったテーブルをそのまま2階のルードヴィヒ2世が食事をする部屋へとせり上げる装置です。 このように、彼のファンタジー感というものを誕生させ、育み、創作させたといえるのがこの三つの城なのです。 ヨーロッパの古城巡りというと、タペストリーや建築様式が着目されがちですが、その城を建てた人物について知ることも、観光スポットの魅力を知ることになりそうですね。

次の

ミュンヘンからイノシュバンシュタイン城日帰り・チケットの予約方法や受け取り方

ホーエン シュヴァンガウ 城

城を楽しむ!! 見学のコツ 交通の不便な山奥に世界中から観光客が殺到する。 事前に予約した上で時間にも余裕をもち、早めの行動を心がけたい。 ハイシーズンは混雑必至!事前の予約は必須 夏場などは非常に混雑し、当日券だと入場までに数時間待たされることも珍しくない。 事前に行く時間を決めて、インターネットで予約しよう。 URL 移動にも時間がかかるので見学時間は半日を確保 ガイドツアーの所要時間は1時間足らずだが、チケットセンターから城への移動、おみやげの購入、マリエン橋での写真撮影など、いろいろと時間がかかる。 少なくとも半日はとるようにしておきたい。 ルートヴィヒ2世が幼少期を過ごした城も近接している 王の人格形成に影響を与えたといわれるホーエンシュヴァンガウ城が近くにあり、割引のある共通入場券もある。 2つの城を見比べることで、ルートヴィヒ2世の世界観がより理解できるだろう。 築城の歴史を教えて 1869年から17年の歳月をかけ建設。 切り立った斜面に建てる困難な作業、王のたび重なる変更指示のため長期間の工事となった。 王の死により城の完成像は不明に、建設は 未完のまま中止となった。 城の魅力はどこ? 城名は直訳では「新白鳥石」という意味で、石灰岩を化粧張りした 白鳥のような白亜の外観が美しい。 城の内部は 贅を尽くした装飾が施され、王の愛した白鳥のモチーフも随所に見られる。 見学はガイドツアーで!! 城内見学はガイドツアーでしか行けないので、まずは城から離れたホーエンシュヴァンガウにあるチケットセンターを訪れてツアーを予約。 1時間後のツアーから購入できる。 集合場所は城の中庭だ。 2階から入り、「玉座の間」がある4階、「歌人の間」がある5階の順に進んでいく。 ツアーは英語かドイツ語なので、日本語のオーディオガイドを中庭から建物に入ったところにある受付で借りよう。 城に入場するまでのアクセス フュッセンからチケットセンターへ フュッセンからのアクセスは 市営バスが一般的で、駅南側に乗り場がある。 ノイシュヴァンシュタイン城まで行くバスはなく、チケットセンターのあるHohenschwangauホーエンシュヴァンガウで下車。 60)。 ロマンティック街道バス フュッセン駅南側に乗り場があり、4〜10月は毎日1便運行。 利用する場合は、ホテルのフロントを通して呼んでもらおう。 80)。 メールで送られてくる予約証を、予約の1時間前までにチケットセンターで提示する。 ホーエンシュヴァンガウ城と共通のコンビチケットは割引料金になる(1日有効)。 チケットセンターから城へ移動 城へのアクセス方法は以下の3種類。 チケット購入後、集合場所の城の中庭までは徒歩なら約40分かかるので、余裕をもって行動しよう。 先にマリエン橋から城の全体像を眺めておくのもおすすめ。

次の